大工の彼氏は忙しい。忙しい大工の彼氏と上手な付き合い方を伝授!

彼氏の仕事は大工。大工をしている彼氏はとても忙しそうで、なかなか二人で過ごす時間を取ることができず、悩んでいませんか?特に繁忙期になると、休日返上で働かなければならないため、会うことはおろか連絡さえもなかなか取ることができません。

朝は早く、夜が遅くなることもしばしば。大工という仕事は肉体労働のため、仕事が終わるとぐったりと疲れていることも多い。

本当はもっと連絡を取り合ったり、一緒にお出かけしたり、二人でゆっくり過ごしたいと感じているあなた。

周りを見渡せば、彼氏と幸せそうに手を繋いでデートをしていて、「羨ましいな」「彼氏に会えなくてつらいな」と、心を痛めていませんか。

恐らく彼氏も、本当はあなたともっと会いたいと思っているはず。

しかし、生きていくうえでもちろん仕事は大切です。また、彼氏は大工という仕事を極めて、高みを目指しているかもしれません。

あなたは頑張っている彼氏を応援したい気持ちもあるものの、どうすれば上手く付き合っていけるのか分からず、不安に感じているのではないでしょうか。

本記事では、大工の仕事が忙しい彼氏との上手な付き合い方を2つご紹介しています。

この2つを実行することで、少しずつ付き合っていくことへの不安が解消され、より良い関係を築いていくきっかけになるはずです。

大工という忙しい仕事をしている彼氏との上手な付き合い方を知り、行動に移しましょう!

大工の繁忙期は休日返上。そんな忙しい彼氏と付き合っていくことに不安を感じている

大工をしている彼氏はとても忙しく、二人で過ごす時間を取ることができず、悩んでいませんか?

特に繁忙期には、納期があるため休日返上で仕事をしており、疲れ切っている彼氏。朝は早く夜が遅いこともあり、彼氏は家に帰ってシャワーを浴び、そのまま爆睡ということもあるでしょう。

大工の仕事が忙しい彼氏とデートすることはおろか、連絡を取ることもほとんどできません。

そんな大工をしている忙しい彼氏と、これからも付き合っていくことができるか不安に感じているのではないでしょうか。

そんな不安を感じたまま付き合っていても、良いお付き合いはできないでしょう。

やがて、あなたの心が消耗してしまいます。これからも彼氏と付き合っていきたいという気持ちがあるならば、あなたが感じている不安を払拭する必要があります。

二人で過ごす時間が滅多にない

大工という仕事をしている彼氏はいつも忙しそうで、二人で過ごす時間を取ることができず、このまま付き合っていくことができるのか不安を抱いているのではないでしょうか。

彼氏がしている大工という仕事は、朝早くから現場に入り作業をし、残業が発生することもしばしば。

また、繁忙期は休日返上で働くことも。大半は肉体労働のため、疲れ切っている彼氏。会うことはおろか、連絡さえもなかなか取ることができず、あなたは寂しさやつらさを感じていませんか?

本当はもっと二人で過ごしたいと思っているけれど、現実的に難しい状況です。

以上のことから、二人で過ごす時間が滅多にない原因を書き2つにまとめました。

二人で過ごす時間が滅多にない原因①朝は早く、夜も遅いことがある

朝は遅くとも8時までに、現場に入って作業をします。18時頃に終わることもありますが、翌日の準備や作業をしなければならない日も多々あり、夜遅くなってしまうことも。

となると、夜に彼氏の声が聞きたい、話したいと思っても、朝が早い彼氏は先に寝てしまっていることもしばしば。

やっと彼氏と会うことができた日も、翌日朝が早いため遅くまで一緒に過ごすこともできません。

そのためあなたは、いつも自分が我慢しているというふうに捉えているのではないでしょうか。

しかし彼氏もきっと、あなたに悪いなと思う気持ちもあるはずです。

連絡が取れないこと、思うようにゆっくり会えないことに不満を感じたままでは、これから良いお付き合いはできないでしょう。

二人で過ごす時間が滅多にない原因②繁忙期は休日返上で働いている

繁忙期は休日返上で働かなければならないため、デートをする時間などありません。

また、大工という仕事は危険が伴うもの。カンナやノコギリなど、刃物を用いた作業もあれば、高所での作業も頻繁にあります。

そんな状況で毎日働いているわけですから、繁忙期は心身ともに疲労困憊になっているはずです。

そんな繁忙期に、連絡が取れないことや会えないことを嘆いたり不満に思ったりしていては、彼氏もうんざりしてしまいます。

彼氏もあなたのことを好きになり付き合っているのです。本当は彼氏も、あなたと二人でゆっくり過ごしたいと思っているでしょう。

彼氏の気持ちや大工という仕事の忙しさ、状況を理解しなければ、大工をしている忙しい彼氏と上手く付き合っていくことはできません。

忙しい大工の彼氏との上手な付き合い方を実行する

大工という仕事をしていて忙しい彼氏と、滅多に二人で過ごす時間を取ることができず、悩んでいませんか?

寂しさ、つらさ、不安を感じているでしょう。

どうすれば上手く付き合っていくことができるのか分からずにいるのではないでしょうか。

これからも彼氏と付き合っていきたいのであれば、大工という忙しい仕事をしている彼氏との上手な付き合い方を実行しましょう。

今回は、様々なサイトで調査したうえで、2つご紹介しています。

取り上げた2つの方法ですが、1つ目は大工という忙しい仕事をしている彼氏と付き合っていくうえで何よりも大切であること。

2つ目は大工という仕事の特性を活かすことができること。以上のことから選定しています。

それでは早速、忙しい大工の彼氏との上手な付き合い方をご紹介します!

忙しい大工の彼氏との上手な付き合い方①繁忙期を理解し、支える

まず大工という仕事の繁忙期を、理解しましょう。

多くが、入居時期として好まれやすい年度初めやお盆、年末年始に納期が集中します。

よって業務量が膨大に。また、1日に現場で作業することができる時間は限られていますので、結果、休日返上で働かなければなりません。そしてこの繁忙期を理解したうえで、彼氏を支えてください。

この解決策は、まず彼氏の大工という仕事を根本的に理解することに繋がります。

あなた自身が大工の仕事の繁忙期を知っていることで、今は彼氏も仕事が忙しくて、自分とのデートや、彼自身が他にやりたいことも我慢して頑張っていると理解することができるのです。

そして危険を伴う大工という仕事を一生懸命頑張っている彼氏を支えることで、彼氏の心が満たされるだけではなく、あなた自身の喜びにも繋がり、相乗効果となるのです。

では一体、どのように支えたらいいのか。朝から夜遅くまで肉体を駆使して働いている彼氏は、家に帰ってから料理を作る気力は残っていないでしょうから、近くのお弁当屋さんでお弁当を買ったり、コンビニで弁当を買って帰ったりすることも多いでしょう。

そんな食生活を続けていると、栄養が不足してしまいます。繁忙期は、あなたが1週間分の作り置きをしてあげたり、タッパーにおにぎりとおかずを入れて渡してあげましょう。

彼氏は喜んでくれるはずです。自分のことを気遣ってくれるあなたに、感謝の気持ちでいっぱいになるでしょう。

一方で、料理が苦手な人もいるかもしれません。そういう人にとっては、この対策は面倒に感じたり、躊躇してしまうことは否めません。

そういう人は、栄養ドリンクを差し入れしたり、シップや汗拭きシートなど、彼氏が喜んでくれそうなものを想像して差し入れしてください。

私の友人が、大工をしている彼氏と付き合っていました。友人は、あまり料理が得意ではなかったため、繁忙期に栄養ドリンクを差し入れしていたそうです。

いつも栄養ドリンクだと芸がないので、市販で売っている、目が温かくなるアイマスクも差し入れしたそうです。

彼氏は「栄養ドリンクもありがたいけど、アイマスクは意外でびっくりした(笑)アイマスクをつけて寝ると、疲れがさらに取れる気がする。本当にありがとう」と喜んでくれたそうです。

彼氏が喜んでくれている姿を見た友人は、彼女自身の心も満たされとても嬉しかったそうです。

自分が彼氏の支えになっていると感じることができ、今でも大工をしている彼氏と良いお付き合いをしています。

忙しい大工の彼氏との上手な付き合い方として、繁忙期を理解し支えること。繁忙期はとにかく忙しく、彼氏は心身ともに疲れ切っているはずです。その彼氏を支えることができるのは、彼女であるあなたなのです。

彼氏が喜んでくれるだけでなく、あなたの喜びにも繋がっていくことに。

今まで感じていた不安が少しずつ解消され、あなたの心に余裕が生まれるきっかけになるでしょう。

忙しい大工の彼氏との上手な付き合い方②閑散期にたくさんデートする

大工には、閑散期というものもあります。現場仕事は天候に左右されますので、梅雨の時期はもちろん、急な雨で突然休みになることも。雪が多い地域ですと、冬は休みが続くこともあります。

そういった時期に、普段忙しくて一緒に時間を過ごせない分、二人の時間を大切にしましょう。

この解決策は、普段大工をしている忙しい彼氏にとって、有難いと思ってもらえるからです。

彼氏の立場になって考えることが大切です。閑散期はたくさん時間があるので、あなたとゆっくり過ごすことができます。

大工という忙しい仕事柄、あなたが彼氏に合わせる努力は欠かせません。

彼氏に、「普段はなかなか二人で過ごす時間が滅多にないから、閑散期に入ったらデートしようね」と一言伝えておきましょう。彼氏も、理解してくれるあなたを愛しく思うでしょう。

ただ、閑散期は先ほど書いたように、梅雨の時期や冬の時期が多い物です。そういった時期は、雨が酷い可能性があったり、寒くて耐えられない可能性があり、なかなか外でデートすることが難しいかもしれません。

しかし、例えば梅雨の時期は水族館や映画館、ショッピングなど、冬はスキーやスノボに挑戦したり、イルミネーションを見に行ったりするなど、できることはたくさんあります。閑散期に二人の思い出を作るきっかけとなるのです。

先ほど取り上げた私の友人ですが、雪が多い地域に住んでいないため、その彼氏は冬の時期も働いているそうです。

もちろん、繁忙期に比べると週2日休めることもあるとのこと。

また、やはり梅雨の時期は閑散期となり、予定がない日が何日も続くこともあるのだとか。その時期に、毎日のように会っているそうです。カラオケに行ったり、ボーリングをしたり。

また家の中で、二人でゲームをして楽しんでいるとのこと。友人は彼氏から「いつも我慢させてごめんね。

雨の日にしか、なかなか休みが取れないけど、一緒に過ごすことができるだけで嬉しい。ありがとう」と言われて、涙が出そうなほど嬉しかったと言っていました。

忙しい大工の彼氏との上手な付き合い方として、閑散期にデートをすること。閑散期は休みが何日か続くこともあるため、二人で過ごす時間を取ることができます。

そのときに、たくさん会って会話して、思い出を積み重ねていくことで、二人の絆を深めていくことに繋がるでしょう。

忙しい大工の彼氏との上手な付き合い方を実行する

大工をしている忙しい彼氏。繁忙期は休日返上で働かなければならないため、デートすることはおろか連絡さえなかなか取ることができない。

そんな忙しい彼氏と、上手く付き合っていくことができるのか分からず、悩んでいるのではないでしょうか。

忙しい大工の彼氏との上手な付き合い方は2つ。1つ目は、繁忙期を理解し支えること。

繁忙期を理解することは、大工という仕事の根本的な仕事を理解することになります。

そして、頑張っている彼氏を支えることで、あなた自身の喜びにもつながるのです。

2つ目は、閑散期にたくさんデートすること。閑散期は何日も休みが続くこともあり、彼氏にとってデートしやすい時期だからです。

彼氏の立場に立って考えることが大切です。普段なかなか二人で過ごす時間を取ることができない分、会えた時の喜びは大きいもの。

閑散期にたくさんデートすることができるという希望があれば、あなたが抱えていた不安は少しずつ解消され、大工という仕事をしている忙しい彼氏と上手く付き合っていくことができるでしょう。