彼女に冷められたかも?!再び燃え上がらせるためにあなたがすべきこと

なんだか彼女が自分に対しての態度がいつもと違い冷められたかも?と感じていませんか?

一緒にいても、楽しくなさそうだし、会話の返事もテキトーな感じ。自分はなにか怒らせるようなことをした心当たりもない。どうしたらいいのかわからず悩みは深まるばかりです。

それもそのはず、彼女はあなたが無意識にしていた行動を見て冷めた可能性があるからです。

このままでは、あなたがどんなに考えたところで彼女の気持が冷めた理由は見つかりません。無意識に彼女の覚める行動を繰り返していると、覚めるどころか気持は離れるばかりです。

だから彼女が冷めた理由を知るには、客観的に自分の行動を見直す必要があります。

あなたが変われば彼女の気持にも変化が訪れるはずです。自分の行動を客観的に見るのは難しいので、本記事を自分のことだと思って読み進めてください。

あなたが気付かぬうちから彼女の気持は冷め始めていた

彼女の気持が冷めたかも?と思い始めたきっかけはなんですか?

付き合ったばかりのときと、時間が経過して慣れてきたときでは二人の関係が変化するのは当然のことと言えます。

なぜなら、人は必ず慣れる生き物なので恋愛初期のドキドキは続かないからです。

ドキドキが続かない事自体は悪いことではなく、安心できる関係となって長く交際できるカップルもいます。

しかし、「慣れた」ではなく「冷めた」と感じるのは話が違います。

冷めるということは気持ちが離れていることを指すからです。

気持ちが冷めた時の代表的な行動として、

  • 連絡の返信が遅い(数日後、数週間後に返ってくる)
    淡白(うん、わかった、了解短い等、返事でやりとりがで終了)
    返事がない、既読無視
  • スキンシップを拒否される
  • 会う頻度が減った
  • 一緒にいてもずっとスマホを見ている

などがあげられます。

これらは付き合った当初から同じ状態であれば元からの性格の可能性もありますが、最初はこまめにしていたのに頻度が落ちていたら注意です。

ある程度、慣れると最初よりも落ち着いてきますが恋人同士でスキンシップが減ったり、一緒にスマホを見ているのは彼女からあなたを拒否している気持が見られます。

結婚して夫婦になってもセックスレスは立派な離婚理由となっています。

仕事でも、お客様が話しているのに店員がスマホを見ていたり、お客様の話を無視するといったことは会社の存続が危ぶまれるくらい失礼なことですよね?

つまり、あなたは彼女から対等には見られていないのです。

そんなのひどい!と思うかもしれませんが、彼女に冷めたきっかけがあったはずです。

そのきっかけにあなたは気付いていなかったのです。だから、彼女は態度であからさまに「冷めた」というアピールをしなければならなくなったのです。

つまり、あなたが「冷めた」と気づく頃には彼女の気持ちはかなりあなたから離れています。

「まあ、ほっとけば機嫌も直るでしょ」と呑気にこの状態を放っておくと、彼女の気持は戻らないでしょう。

彼女の冷めた気持に気付かないのは男心と女心のズレ

不満があって態度に出すくらいなら、口に出して教えてくれればよかったのに!と思っていませんか?

それで解決できれば、彼女もそうしていたはずです。

しかし、おそらく彼女が不満を伝えていてもあなたはそれすらも気付いていなかった可能性があります。

今こそ彼女の言動を思い返し、気付かなければあなたは変われません。

そこであなたが無意識に彼女にしていた冷められる行動を紹介します。

これらはあなたが悪気なく行っていた行為ですので自分で気づくのは難しいでしょう。

以下のあなたがしていた彼女を冷めさせる行動を読んで自分の行動を省みなければなりません。

彼女が冷める行動①彼女といることに慣れ、女性として扱わなくなった

同じ時間を過ごすほど、彼女といることに慣れてきます。最初はデートの約束をするだけでもドキドキしたのに、いつしかかの彼女の前で平気でオナラやゲップをしたり、彼女がせっかくお洒落してきたのに褒めるのが恥ずかしくてからかってみたり。

残念ですが、そんなことが許されるのは幼稚園児までです。

確かに、家族のように一緒にいることに慣れてしまった人に対していつまでも気を使っているのは疲れますし、改めて褒めるのも気恥ずかしく感じてしまう男性が多いでしょう。

恋愛初期ならそうしてからかっていたとしても、それさえも「子供っぽくてかわいい」と思えるでしょう。

ですが、からかわれたり、そっけない態度をとられるのはいい気持ちがするものではありません。

毎度毎度ちょっとずつ「からかわれて嫌だな、面倒くさいな」という気持ちが積み重なり確実にストレスとなります。

彼女の方も最初は「もーやめてよー」とあなたの機嫌を損ねないようにやんわりと「やめて」といっていたはずです。

あからさまに冷めた態度になるまでも、おそらく「やめて」というようなことは言い続けていたでしょう。

しかし、それでやめていたら彼女の気持は冷めなかったでしょう。

あなたがいつもの一連の流れだと思い聞き流し、行動を改めないでいた為、彼女のストレスはどんどん貯まったのです。

これは自分の意思をずっと無視され続けている状態なので「言っても直してもらえない」と彼女はあなたに伝えることを諦めてしまったのです。

言ってもわからないので、態度に出して示すしかなかったのです。

こうして、あなたが彼女に慣れたことによりいいかげんな態度を取り続けたことで彼女の気持は冷めてしまった原因なのでしょう。

彼女が冷める行動②彼女にしてもらうのが当たり前になり、甘えすぎた

デートするにしても、女性の場合は服を選んだりヘアメイクをしたり男性よりも気を使うことが多いです。

それなのに、彼女にデートコースを決めてもらったり、夕飯を作ってもらったり、お風呂の用意をしてもらったり彼女に依存しすぎていると、負担が重すぎて彼女の気持が疲れてしまいます。

彼女が色々と気を使ってくれることに対して、感謝し「あとは俺がやるよ」と言えたなら彼女の気持は冷めるまではいかなかったでしょう。

「好きな人のために尽くしたい」という女性もいますが、見返りを求めずなんでもしてくれるのは自分の母親だけだと思ってください。結婚もしていない他人のあなたにに会うたびに尽くしているのに、感謝の気持ちも表さいない人と一緒にいるのはストレスです。

また、あなたが面倒臭がって「なんでもいいよ」と言うので彼女がやらざるを得なくなる場合も、彼女の負担が大きいです。

心理学でも「決断疲れ」という現象が証明されているぐらい、ものごとを選択して決断することはつかれることなのです。
(参考:決断疲れWikipedia

「あなたが決めてよ」「自分でやってよ」と彼女に言われても適当に聞き流していませんでしたか?

なんだかんだ最終的には彼女がやってくれるから放っておいた結果、彼女の気持は冷めていったのかも。

本来恋人といることは楽しいはずなのに、あなたといると彼女はどんどん疲れてしまいます。

疲れすぎると関係を良くしようと努力するのさえも、気力が起きません。

だから他力本願なあなたの態度を見続けた結果、冷めてしまう事になるでしょう。

彼女が冷める行動③自分のことを優先した

あなたにも仕事や趣味など彼女以外の予定もあるでしょう。

彼女もあなたの仕事が忙しい時は会う頻度を減らして気を使ってくれていたでしょう。

しかし、その気遣いが当たり前になり「彼女なら許してくれる」と勘違いしていると彼女に対して感謝の気持ちがなくなります。

あなたの都合を優先させるということは、彼女は我慢している状態です。我慢はいつか限界がきます。

仕事などのどうしようもない理由だと彼女もさすがに「仕事やめてよ」とまでは言えません。

また仕事が理由ではなく「ゲームがしたかったからデートドタキャン」や「付き合いで合コン」など、あなたの気持ち次第でやるやらないの決断ができるものを優先しているのが続くと、彼女は「私って大事にされてないのかな?」と思います。

あなたにとっては「どうしても今やらないといけないゲーム」や「付き合いで断りにくい合コン」でも、一度なら許してくれても何度も許すことはできません。

彼女に対して時間を使わないということは、彼女の優先順位がそれだけ低いということだからです。

そういった行動を繰り返していると、彼女も自分の優先順位が低いことを察します。

例え、あなたがどんなに彼女のことが好きでも行動でそう思われます。

そのため彼女の不満は溜まる一方です。

そうした行き場のない不満を抱えることに疲れてしまい、気持が冷めてしまう原因に。

冷めた気持ちを再び燃え上がらすには、継続するしかない

冷めた気持は時間をかけてつくられたものだということがわかりましたね?

ということは、一度冷めた気持ちを再び燃え上がらせることは簡単なことではないことが想像できると思います。

まずは、時間がかかることとあなたが誠心誠意頑張ることを決意しなければなりません。

なぜなら、彼女の冷めた気持を取り戻すにはどんなに冷たい態度をされても継続しなければ意味がないからです。

継続することで、彼女の冷めた気持も少しずつ変わる可能性があります。

覚悟ができたら、どんな行動を継続でしたら彼女の気持を復活させることができるのか、方法をまとめたので参考にしてください。

気持を復活させる方法①彼女の話をちゃんと聞く

まずは今すぐ彼女が話している時は、スマホを見ているなら見るのをやめてとにかく彼女の話に集中してください。

身体も彼女の方に向けましょう。

そして、彼女が話している間は話を遮らずに最後まで聞くことです。極力彼女の意見を否定せず、肯定しながら聞くことが大切です。

そうすれば、彼女も「いつもと違う」と必ず気づきます。

あなたも彼女の話をちゃんと聞くことで、彼女がどんな気持で自分と過ごしていたのかわかります。

気持がわかれば、あなたもいい加減な態度をとるような真似はしなくなります。だから、彼女を大切にしているとわかってもらうには、話を聞くことが重要なのです。

人間は言葉でコミュニケーションする唯一の動物です。それほど言葉とは私達人間には無くてはならないものです。彼女からの言葉をちゃんと理解し、話をしているときも彼女の方を向いてくれている人なら「この人はわたしのこと見てくれている」とコミュニケーションが成立し、冷めた気持ちからずっといたいという気持に変わるでしょう。

そもそも男性と女性は話す目的が違います。

男性は話の結論を知ることが重要ですが、女性は話すこと自体に意味があって内容にはそこまで重きを置いていません。

その原因は人間がまだ狩りをして暮らしていた時代に「獲物を得る」ために言葉を話していた男性と、集団の中で子育てをし「情報を得るため」に言葉を話していた女性の違いという説があります。

【参考】
アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ『新装版 話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く』主婦の友社、2015年

このことからわかるように、目的が違うのでそもそも男女での会話は成り立ちにくいのです。

だから、どちらかが相手の話し方に合わせる必要があります。

具体的にどうしたらいいかわからない場合は、Youtubeで「会話術」と検索すれば異性との会話の仕方の動画が出てきます。

その中でもホストやホステスを職業としている方たちは、会話のプロです。人がどうしたら喜ぶのか本気で研究して職業にできている選ばれた人たちです。できそうなことから技術を真似してみてください。

このことから会話とは、何億も生み出す商売となるほど価値のあることなのだとわかります。

さらに、夫婦の会話を研究した番組もあり、

“「話題」や「話し方」、「仕草」を変えることで、会話の満足度が向上し、夫婦の絆も深まるというものだった。”
引用:NHK クローズアップ現代 2019年6月25日

会話によって関係もよくなることが証明されています。だから会話は大事なのです。

会話を大事にすることで、彼女がなぜ自分に冷めたのかもわかり、以前よりもきちんとコミュニケーションがとれるカップルになるでしょう。

気持を復活させる方法②彼女を第一に考える

次にあったときには彼女を第一に考えて行動しましょう。

自分のために行動してくれる人は、両親以外はそんなにたくさんはいないものです。

だから、数少ない自分を最優先してくれる人になることで彼女の気持ちを取り戻すことが出来るのです。

そのためには、まずは、自分でできることは自分でしましょう。

デートプランを決めてもらったり、身の回りのことをしてもらったりというのをスッパリやめてください。

そうすることで、彼女の負担が減ります。

その結果、彼女はあなたの変化に気づきます。

あなたが自分のことは自分でしてくれるので、あなたといるのが疲れなくなります。

すると、あなたとまだ一緒にいたいと思い直してくれる可能性があります。

具体的には、まず次のデートをあなたが全て計画してください。デートの内容も彼女の好みに合わせて、今まで行ったことのない場所にしましょう。

今まで行ったところだと、どんなに楽しい場所でも「手抜き感」が出るので新しい場所を調べるところから頑張りましょう。

デート中も最後までしっかりエスコートしましょう。

  • 道路では車道側を歩く
  • 彼女の歩くテンポにあわせる
  • 重い荷物は持つ(女性のバックを無理やり持つのはNG)

など、なんでもない時に気遣うのが大切です。いわゆるレディファーストですね。

気をつけたいのは「俺、頑張ってるアピール」をしないことと、彼女が嫌がってるのに無理やり自分の思い通りにしようとしないことです。

自分本位のままでいると彼女の気持ちは冷める一方です。あくまで彼女優先ということを忘れてはなりません。

しかし、冷めた状態のときにいきなりされても言葉は悪いですが「今更されても気持ち悪い」と思われるでしょう。

それでも、継続することです。一回で終わるのは絶対に、冷めた気持ちは戻りません。一生やり続けるつもりで頑張らなければ戻らないと思ってください。

モデルの梨花さんは、交際していた男性と一度別れた後どうしても気持ちが忘れられず何度もどんなにそっけなくされても「会いたい」と伝えたそうです。その後、結婚されています。

俳優の山本耕史さんは、堀北真希さんに6年間片思いをしていたそうです。

その間、ずっとアピールをしていたそうですが全て嫌がられていたそうです。しかし、その思いが実り結婚されています。

気持ちが冷めている人を振り向かすには、芸能人の美男美女でも大変なのです。

根気よく彼女に自分の気持ちを伝え続けるしかないのです。その根性を見て、「ここまでしてくれるなら」と思ってくれれば彼女はあなたを見直して気持ちが再熱するでしょう。

そこで気を緩めず、継続していくことが二人の関係を良いものにするには不可欠です。

気持を復活させる方法③彼女に感謝と謝罪の気持を伝える

彼女に感謝と謝罪の気持を伝えることは、今すぐにでもできます。

どんな小さなことでもいいので、感謝の気持を伝えましょう。Lineでもいいです。

そのためには、彼女の行動をよく見ていないと彼女がしてくれていることには気付けません。

それこそが、今まであなたができていなかったことです。

自分のことに夢中なあまり、彼女が何をしてくれているのか目が向いていなかった。

だから、してもらうのが当然でどれだけのことをしてもらっていたのか気付けなかったのです。

この理屈がわかれば、彼女への接し方は必ず変わります。

それに彼女も気付いてくれるはずです。

だから、感謝と謝罪の気持ちを伝えることが重要なのです。

例えば、家でご飯を食べる時にあなたは自分で箸や茶碗をテーブルまで持ってきていますか?

そして食べ終わった後も、自分で洗い場まで持っていっていますか?してもらった場合は感謝の言葉を述べていますか?

もし、してもらうのが当たり前のようなら「上げ膳据え膳」で旅館のお客様状態です。

旅館に行ったときでも仲居さんにお礼をいうのがスマートですよ。

私の夫もですが、父、義父、祖父、上げ膳据え膳夫は本当に多いです。日本の亭主関白が当たり前の時代から、自分の父親を見て育ったため代々受け継がれてしまったのかもしれませんが男女平等の今の時代の考え方にミスマッチです。

ですので、どんなことでもまず口に出して「ありがとう」と言いましょう。

会う予定がないならlineでもいいので、気持を送りましょう。とにかく伝えることです。

私も夫が感謝の気持を言わないので「今のありがとうだよね?」「ありがとうは?」としつこく言いました。

そして徐々に言えるようになってきたので習慣化が大切です。一時的なことで終わってしまうと、再び彼女の気持は冷めて二度許してくれることはないでしょう。

まずは、彼女に会ったらひとつ感謝の気持を伝えましょう。

会ってくれるだけでも、彼女はあなたのために時間を作ってくれているのですから「今日は来てくれてありがとう」でもうひとつ言えますよね。会う予定が遠い場合は、すぐ連絡しましょう。

今までしてもらったことをしっかり思い出してください。「いつも一緒にいてくれてありがとう」はいつでも使えますよね。

ただ、急に言うと彼女の気持が冷めているので「何いきなり?」と引かれます。そんな時は謝罪の気持ちを伝えるしかありません。

彼女も大好きだった彼のことに冷めてしまって辛いのです。原因を作ったあなたが、そのことについてしっかり謝罪しましょう。

実際に、国を動かす政治家でも不祥事を起こせば国民に謝罪します。

お金出して、辞職しても人々は「反省している」と受け取ることはできません。

どんなに立派な人でも「感謝」して間違ったことをすれば「謝罪」します。

つまり、それが人の心に一番伝わるということです。だから、冷めた気持ちの彼女には気長に感謝と謝罪の気持ちを伝えることが重要なのです。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

彼女に冷められたら、自分の行動を見直して

彼女に気持を取り戻してもらう方法を改めて見てください。「相手を大切にすること」「自立すること」「感謝」と男女の仲というより、人間同士の関係として基本的なことではないでしょうか。

人と接するにあたって基本的に気をつけなければならないことを、あなたは彼女にしていなかったのです。

それでは冷められても当然です。あなたは彼女に対してまるでお母さんのように甘えていたのでしょう。

しかし、彼女の冷めた態度に対し「冷められたかも?」と不安を覚え、こうして解決策を模索しているあなたなら、彼女の気持を取り戻すことが出来るかもしれません。

なぜなら本当に自分のパートナーを大事にしていない人なら、その彼女が冷めた状態すら気付かないでしょうし、都合の悪いことは彼女のせいにして関係を改善しようとも思わないでしょう。

彼女の冷めた気持を取り戻すためにはのんびりしていられません。

今すぐにまずは感謝の気持ちを伝えましょう。そして今までの行動を反省し、繰り返さないようにしてください。

そうすれば、一つの山を乗り越えた2人には以前よりも絆が深まった関係になっているはずです。