彼に冷められた!?年上彼女に冷めるのってどんな時?予防法は?

年下の彼と付き合っていて、幸せな日々を過ごしている方も多いでしょう。

しかし、年上彼女×年下彼氏のカップルでは、同い年カップルや年上彼氏×年下彼女のカップルとは違った難しさもあるようです。気を付けなければ、彼に冷められてしまうかもしれません…。そして、別れの日が来てしまうかもしれません…。そんなことになったら寂しいですよね。

年下の彼氏に冷められないためには、「いくら年下でも彼を一人の男性として認めること」「大人の女性らしさをアピールすること」が有効なようです。

年下の彼にもプライドがありますから、それを立てることで彼の彼女を守りたいという気持ちを刺激して、関係が良好になります。

また、大人の女性としての一面を見せることで、彼の周りにはいない特別な存在として彼の目に映るようになるのです。

彼に冷められたら…

年下の彼は、可愛らしかったり、頼もしいギャップを感じたりと、同い年の彼や年上の彼にはない特別な魅力がありますよね。

そんな彼との生活は幸せに溢れているかもしれません。

しかし、気を付けていないと彼に冷められてしまうかもしれません。

年下の彼は、結婚を焦っているわけでもないでしょう。一旦冷めてしまえば、すぐに別れて別の彼女を作って楽しもうと思ってしまうかもしれません…。

今までと同じようにしていては、彼に冷められてしまい、挙句の果てには別れを突き付けられてしまう…。

そんなことがあなたの身にも起こってしまうかも。

年下彼が年上の彼女に冷めてしまう理由

彼氏が彼女に冷めてしまうことは、どのカップルにも起こりえる事態です。

その原因は様々です。

この文章を読んでくれている方は年下の彼氏と付き合っている方が多いでしょう。

そこで今回は、年下彼氏×年上彼女のカップルだからこそ起こりやすい原因について探っていきましょう。

その中でもついついやってしまいがちなことです。ぜひご確認ください。

年下だからと…上から目線で接している

ついつい彼のことを「まぁ、年下だし…」といった視点で見てしまっていませんか?あなたにはそんなつもりがなくとも、年下の彼にとっては、馬鹿にされていると感じてしまい彼女に冷めてしまうこともよくあるのです。

同年代にはない年下彼の素直さやまっすぐさ。それが可愛くて、魅力的と感じている方もいるでしょう。

もちろん、そこに惹かれること自体は悪いことではありません。

その反面、年下だと思うあまり、「今のうちに仕事のスキル高めておかないと大変だよ」「簡単な書類くらいすぐ作れなきゃ」など、ついつい先輩風を吹かせてしまってはいませんか?

また、「仕事の内容を相談しても分からないだろうな」と頼ることをあきらめてはいませんか?

しかし、いくら年下といえ、男としてのプライドを守りたい、彼女には頼られたいし甘えられたいと思っている男性もたくさんいます。

そんな彼に対して、上から目線で接してしまうと、彼はあなたを可愛い彼女として見ることができなくなります。

このように、年下だから…と彼に上から目線で接することで、彼のプライドを傷つけ、彼に冷められてしまうこともあるのです。

若作りがイタイ…

年下の彼に見合う女性になろうと、無理して若々しくしてしまう女性も多いようです。

似合っていればいいのですが、無理をしている感が強くなると、若作りがイタイな…と彼に冷められてしまいます。

「年下の彼と付き合うからには、彼の横を歩いても恥ずかしくないように、外見に気を遣おう!」この発想自体は悪いものではありません。

しかし、年下の彼に合わせようとするばっかりに、昔着ていた服を引っ張りだしてきて、年齢に合わないカラーやレースの若いファッションをしてしまってはいませんか?にあってればいいのですが、無理しているなぁというのが彼に伝わってしまうと、一気にイタイ存在になってしまいますよね。

このように、年下の彼に合わせようと思うあまり、無理をして若作りをしてしまうことで彼にイタイと思われ冷められてしまうこともあるのです。

どうしたら冷めずにいてもらえる?

年下彼氏×年上彼女ってうまくいかないのかも…と落ち込んでいる方もいるかもしれません。

しかし、悪いことばかりではありません!年下の彼氏だからこその魅力があるように、年上の彼女だからこその魅力もたくさんあります。

ここからは、彼に冷められないための予防策をみていきましょう。

そして、今回は、今記事を読んでいるあなた方のように、年上の彼女がするからこそ効果を発揮する予防策に重点を置いてみていきます。

特に先ほどの原因に心当たりがある方にはぜひ試していただきたい方法です。

年下彼氏を認める

ついつい上から目線で接してしまっていた…という方はぜひ年下であれ彼氏を認めるようにしてみましょう。

年上のあなたが彼を認めるからこそ、彼の自信に繋がり、彼が彼氏としてのプライドも保つこともできます。ですから、彼との関係が良好になり彼に冷められてしまう危険性も減るのです。

年下彼氏は可愛らしい存在に見えてしまいますよね。しかし、彼のプライドも保つようにしましょう。

例えば、仕事の話をしていて「そのくらいできて当然でしょ」と思うことがあるかもしれません。

それを伝えては、彼のプライドを傷つけてしまいます。その発言を「そんなにたくさん仕事任されていてすごいね」と彼を認める発言に変えれば彼の自信も高まり、プライドも保てます。

「そのくらいの資料すぐ作れるよ」でなく「工夫して作ってあるんだね」、「こんなことも調べてやってるの」でなくて「勉強していて偉いね」など、言葉かけ1つで彼の気持ちは大きく変わります。

また、仕事以外でも重いものを運ぶのを手伝ってもらったり、自分から甘えてくっついたりすることで、彼の男としてのプライドを保つことができますね。

このように、言葉がけや彼への接し方を少し変えてみるようにしましょう。

彼女が「仕事頑張っていて尊敬するな」と彼を認める発言をしたり、「これ持つの手伝ってくれる?」「ちょっと甘えさせてもらってもいい?」と彼に頼る姿を見せることに心がけたとします。

すると,彼も、「年上の彼女に褒められるって自信が持てるな」「自分の方が年齢は下だけど、彼女を守ってあげたいな」と自信を高めたり、プライドを保つことができます。

その結果、関係が良好になっていくのです。

しかし、デメリットもあります。ただ言葉だけで「凄い!」「頑張ったんだ!」と繰り返しても、彼は余計に馬鹿にされているように感じてしまうこともあります。

彼のことをよく観察して、彼が頑張っていることを見つけたり、彼を心から尊敬できることを探したりしましょう。それを褒めることで、彼もきっと喜んでくれます。

このように、ついつい上から目線で話してしまっていた人も、彼を認める発言をすることで、彼の自信を高めることができたりプライドを保つことができたりするので、彼との関係が冷めることなく、良好なものへと変化していくはずです。

大人の女性らしさを魅せる

無理して若作りしてしまっていた…という方は、すぐにやめて、大人の女性としての魅力で勝負しましょう。

年上の彼女だからこそ、彼の周りにいる同年代の女性や年下の女性には出せない大人の女性としての魅力を出すことができます。

ですから、彼は自分の身の周りいない、あなたの特有の大人の雰囲気に魅力を感じるようになります。

そして、彼に冷められてしまうということもなくなるのです。

年下の彼の隣を歩く際には、どうしても年齢差が気になってしまいますよね。

しかし、だからといって無理をして若いファッションをしていては、彼の目にも魅力的には映りません。

年上の大人の女性だからこそ似合う服ファッションだってありますし、大人の女性だからこそ出せる魅力だってあります。

無理をするのでなく自分の年齢に合ったファッションやメイクをそれを上手く取り入れるようにしましょう。

若作りをするのでなく年上彼女だからこそできる、大人の女性に似合うファッションをしたとします。

すると、彼は「自分の周りにいる同世代の女子にはない魅力があるな」とあなただからこそ出せる魅力に気づいてくれるようになります。

そして、その魅力に気づいた彼は、あなたは彼の周りの女子とは違う特別な存在として大切にしてくれるようになるのです。

デメリットとしては、いつも大人の女性としての綺麗目なファッションばかりだと魅力が半減してしまう可能性が挙げられます。

たまには、カジュアルダウンしたり、童心に帰れるアクティブなデートもすることで、メリハリがでて彼も楽しめるデートができるでしょう。

このように、大人の女性だからこそ似合うファッションをしてみたり、大人だからこそ出せる魅力を見せたりすることで、彼に「周りの友達にはいない素敵な大人の女性だな」と思ってもらうことができ、特別な存在として魅力的に映るようになるはずです。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

年上だからって冷められないために

年下の彼と幸せな生活を送っているという方も多いでしょう。

しかし、気をつけていなくては彼に冷められてしまい、別れを選択することになるかもしれません。

年下だからといって上から目線で接してしまったり、彼に合わせようと若作りをしてしまったりしては彼も冷めてしまいます。

そうならないように、「彼を認めること」「大人の女性としての魅力をみせる」ことを意識してみましょう。

年上である彼女から認められることで彼の自信も高まりますし、プライドも保たれます。

また、大人の女性としての魅力は彼の周りにいる同年代の女子には出せないものなので、特別な存在として彼の目に映るようになります。

その結果、彼はあなたに冷めることもなくなり、より良い関係を気づいていくことができるはずです。