草食系男子との冷却期間はどれくらい?彼とやり直すための注意点!

草食系男子は優しくてガツガツしていないところが魅力ですが、本当は何を考えているのか分からないという一面も。

そんな彼に突然別れを告げられたら、どうしたらいいのか戸惑ってしまいますよね。

激しく喧嘩をして別れたわけでもないので、

「しばらく冷却期間を置けば元に戻れる?」

と考えたりもしますが、

「いつまで待っていればいいの?そろそろやり直そうって言ってもいいのかな?」

など、冷却期間中は不安がいっぱい。

そんな時は焦るよりも、どれくらいの時間が経てば彼との冷却期間を終わってもいいのかという目安をたて、今までの自分を振り返って待ちましょう。

草食系男子は恋愛に対してのめり込むよりも、穏やかな関係性を気づいていきたいと思っている人が多いので、彼のペースを尊重すればやり直せる可能性も高くなります。

大好きな彼との復縁を目指すために、冷却期間をうまく利用していきましょう。

草食系男子に別れを告げられた…やり直したいけど冷却期間はどうしたらいい?

いつも穏やかで、デートもあなたの意見を尊重してくれてそんなに怒ったりする事もない草食系男子の彼氏に

「付き合っているのに疲れたから別れたい」

「1人になりたいから離れよう」

などと言われてしまったら、

「えっ?どうして?」

と焦ってしまいますよね。

喧嘩をして別れたわけでもないなら、しばらく冷却期間を置いてみれば元の関係に戻れるのではないだろうかと思うかもしれません。

しかし、一度冷却期間を置いてみたとしても

「この期間はいつまで続くんだろう?」

「そろそろ、もう一度付き合いたいって伝えてもいいのかな?」

「あまり会わない日が続くと彼に興味をなくされてしまうかも…」

といった不安に襲われることも。

大好きで別れたくはなかった彼と距離を置いて冷却期間を過ごすのは、先も見えず非常に辛いものです。

草食系男子と別れた後の冷却期間はどれくらい置いたらいい?待っているだけでは不安…

彼に別れを告げられ、一旦彼の言う通りに離れてみてやり直すための冷却期間を置くことにしても、この期間は悩みが尽きません。

  • いつまで耐えればいいのか
  • 合わない時間が長すぎたらやりなおせなくなってしまうのでは?
  • すぐにまた付き合いたいと言っても迷惑かもしれない
  • ただ彼の気持ちが変わるのを待っているだけでいいのか
  • 彼とは連絡を取らないほうがいいのか
  • 冷却期間を置いたとしてその後やり直す事はできるのか

様々な悩みが出現しますが、この時期の悩みは大きく3つに分けられます。

1.冷却期間の長さ→どれくらい期間を置いたらいいのか、長すぎたり短すぎたりしたらうまくいかないかもしれない

2.冷却期間の過ごし方→待つことしかできないのか、全然連絡は取らないほうがいいのか

3.冷却期間後はどうするのか→再度アプローチしたいがどのようにすればいいのか

では、冷却期間の問題を整理するためにも、1~3を詳しく見ていきましょう。

草食系男子との冷却期間中の悩み1.どれくらい置けばいいか分からない!

恋愛に消極的な草食系男子は、たとえ別れた彼女ともう一度やり直したいという気持ちがあっても、自分からアプローチする事は少ないものです。

例えば、彼と付き合う事になったきっかけを思い出してみましょう。

あなたの方から

「今度遊びに行こう!」

と誘ったりして、彼をリードする事が多かったのではないでしょうか。

逆に彼の方からはそんなに積極的にデートのプランを提案して、次の約束を決めるという事はなかったのでは?

そんなあまり自己主張しない彼なので、一度別れてしまったらなおさら向こうからのリアクションはあまり期待できません。

怒っているのか、もう会いたくないと思っているのか、そうでもなく実は少しはやり直したい気持ちがあるのかといった彼の本心が見えないので、どれくらい冷却期間を置けばいいのかという目安が掴みにくくなってしまいます。

あまり長い間会わなかったら、もともと恋愛に対してそこまで熱中しない彼なので、冷却期間中にあなたへの興味を失ってしまうのではないか。

また、十分な冷却期間を置かずに再度アプローチしたら今度こそ完全に嫌われてしまい、二度とやり直す事はできないのではないか。

彼の気持ちが分からないと、冷却期間もどれくらい置けばいいのかわからず、悩み続けてしまう事に。

草食系男子との冷却期間中の悩み2.どう過ごせばいいか分からない!

彼と別れてしまった後の冷却期間は、どう過ごせばいいのか悩んでしまうもの。

どんなふうに行動すればいいのかわからず、彼からのリアクションもない日々を耐えて過ごすだけというのは辛いものです。

「少しは連絡を取ったほうが忘れずにいてくれるかな」

「でも迷惑がられるかもしれないしやっぱりやめておこうか…」

このように、草食系男子ならではのはっきりしない彼の気持ちを予測しながら、1人で悩んでしまう事に。

ひたすら彼の気持ちが戻るのを待つしかないのかもしれませんが、草食系男子は気持ちが戻ったかどうかがなかなか分かりづらいもの。

どうやって毎日を過ごしたらいいのか分からないと、余計に冷却期間を長く感じて、気持ちだけ焦ってしまう事になります。

そうなると十分な冷却期間を取れず、彼の感じていたあなたへの不満が落ち着かないうちに再度アプローチして、復縁に失敗するという危険性もあるのです。

草食系男子との冷却期間中の悩み3.その後のアプローチの仕方が分からない!

冷却期間は、一旦距離を置いてお互いの気持ちを落ち着け、もう一度やり直すために設ける期間です。

しかし、冷却期間は置いてみたものの、それが終わったらどうやって彼にアプローチして行けばいいのかは悩んでしまうもの。

ある程度の冷却期間を置けば彼の方から連絡があるというパターンもあるのですが、相手が草食系男子の場合はなかなかその可能性は低いのです。

更に草食系男子は自分からアプローチしていくのは苦手ですが、それなら自分の方からどんどんアプローチしなくてはと思って、あまりにも積極的に迫りすぎると引いてしまうことも。

あなたと付き合っていた時も、あなたがデートに積極的に誘ったりして彼をリードしようとしても、関係性が進展しそうになったら彼の方が一歩引いてしまうという事があったはず。

あなたもそんな彼の性格は知っているからこそ、どうやってアプローチすればいいのか悩むのでしょう。

アプローチの仕方を間違えると、二度と彼とやり直す事はできないかもしれないというプレッシャーもありますし、どうしても考え込んでしまうところです。

草食系男子とやり直したいなら1~2ヶ月の冷却期間が必要!自分を振り返ってからアプローチを!

草食系男子の彼から別れを告げられたという事は、彼がひとまずはあなたとは離れたいと思ったと考えて間違いありません。

さらに、元々草食系男子は恋愛をそこまで生活の中心にしたいとは思わない傾向にあるので、あなた自身だけではなく恋愛というもの自体から離れたくて別れを告げたという可能性が高いのです。

そんな時の彼は「恋愛」のことは考えたくもないと思っていることが多いため、1~2ヶ月の十分な冷却期間が必要。

冷却期間の間に彼と別れる事になってしまった原因を振り返り、アプローチはその原因を改善できてからするのがベストです。

上記の1~3の悩みを解決し、効果的な冷却期間とアプローチ方法を取る事によって彼とやり直せる確率を上げていきましょう。

草食系男子との冷却期間のポイント1.どれくらい置けばいい?→1~2ヶ月は置こう!

草食系男子は恋愛のゴタゴタが苦手なので、別れることは付き合い始めることよりもストレスがかかってしまいます。

別れた直後は非常に疲れていて、一旦恋愛のことは忘れてすべてリセットしたいと思いがち。

「一緒にいるのが疲れた」

「一旦離れたい」

と言った時の彼は、あなたの事が嫌いになったというよりも疲れが先行しているはず。

まずは心の平穏を取り戻すために1人の時間を作り、趣味や仕事に打ち込もうとします。

そのため、彼が疲れている状態から通常の戻るためには1~2ヶ月は冷却期間が必要。

1ヶ月ほど経つと、ようやく彼も恋愛疲れのストレスが薄れて、平常心を取り戻しやすくなるものです。

例えば、ある草食系男子が彼女に別れを告げたのが10月。それからゲーム三昧の日々を送り、一通りのゲームをやり終えると、2ヶ月目ぐらいから彼女のことを気にするように。その間特に彼女からの連絡はなかったけれど、

「そういえば今何しているかな」

など時々話題にも出すようになった。この流れなら、彼女がクリスマス頃に彼に連絡すれば、自然になんとなく受け入れてもらえる可能性が高くなります。

友人の草食系男子もそうですが、大体1ヶ月ほど経つと彼女の悪い印象が薄れ始める事が多いのです。

未練や復縁したいという気持ちはなかったとしても、もう会いたくないという気持ちさえなくなれば、連絡を取ってみるチャンス。

連絡する時は

「そういえば前好きだって言ってた漫画の続編が出るみたいだよ」

など、恋愛というよりは彼の趣味に絡めた内容にすると、彼も返事をしやすくなります。

「1~2ヶ月では長すぎたり、短すぎたりする場合もあるのでは?」

と冷却期間中も心配にはなりますが、多少冷却期間を長く取ってあなたの印象が薄くなりすぎて、恋愛モードがなくなってしまったとしても、草食系男子は元々情熱的な恋愛をするタイプではないので誤差の範囲内です。

また、草食系男子が自分から新しい恋愛に飛び込んでいくことは少ないので、冷却期間中に他の人にアプローチされて付き合う事になる可能性も低いのです。

逆に冷却期間が短すぎたらどうなるかというと、彼の恋愛疲れが解消されないうちにアプローチしてしまい、彼が恋愛にさらに嫌気が差してしまって余計に復縁が遠のくという危険性が。
よって、目安を1ヶ月以上として考え、それを超えたあたりで上記のようなさりげない短いメールかLINEを送って判断してみましょう。

返信があればOKですし、なければもう少し冷却期間はおく必要があります。

1~2ヶ月というのは結構長い期間なので焦ったく思ったり、気持ちが焦ってしまいがちですが、十分な冷却期間を置く事で、彼があなたの再アプローチを受け入れやすい状態を作る事ができます。

焦らず、最低1ヶ月は十分冷却期間を取って彼とやり直せるチャンスを掴みましょう。

草食系男子との冷却期間のポイント2.どう過ごせばいい?→自分を見つめ直して!

冷却期間を置く事にしたものの、この期間にどう過ごせばいいのかは悩みどころ。

実は彼とやり直すためには、冷却期間を効果的に利用することも大切なのです。

彼とやり直した時のためにも、今度は同じ失敗をして別れてしまう事にならないように、冷却期間には自分を振り返ってなぜ彼に別れを告げられてしまったのかを考えてみましょう。

草食系男子はなかなか不満をはっきり口にしない傾向にあるので、普段からあなたに対して不満を抱えていたけれど、それをしっかり伝えていなかった可能性が高いのです。

「一緒にいるのが疲れた」

という言い方だけでは漠然としていますが、なぜ彼は疲れたのか考えてみると、思い当たる事があるかもしれません。

例えば

・毎日連絡はしてほしいと言った
・彼の趣味よりも必ずデートを優先させていた
・今どこにいるかなど、頻繁に聞いていた。

など、束縛しすぎていなかったか。

・全然リードしてくれない!など責める事があった。
・もっと男らしくしてほしいとよく言っていた。
:「好きって言ってくれないなんて私のこと好きじゃないの?」など好きだと言わせようと迫る事があった。

など、草食系男子ならではの特徴を否定する言動がなかったか。

・「この服よりこっちがいいよ!」
・「仕事はこうやってやると効率がいいのに」

など、世話をやきすぎるところがあった。

草食系男子はいつも穏やかですが、それでも表情が曇ったり、反応が曖昧になったりする瞬間があったはず。

その瞬間を思い出して、思い当たることをリストアップしていきましょう。

彼と別れる事になってしまった原因の見当がついたら、その原因をどうしていくか書き出してみるのです。

・彼を束縛しすぎていた
→こちらから連絡はするけれど、彼からの連絡の強制はしない。

彼の趣味の時間は干渉しない。自分も新しい趣味を見つける

など、これから彼に対してどう接していくのか決め、手帳のポケットに入れるなどして人には見えないように持ち歩くと、いつも意識できて効果的です。

これで、同じ失敗を繰り返すことなく、彼と再度付き合った時は前回よりも素敵なカップルになれるはず。

また、冷却期間に彼に連絡をするのは避けましょう。

1.で伝えたように、別れた直後の彼は恋愛自体に疲れています。そんな時に連絡をしても余計に恋愛やあなたの事が嫌になってしまう危険性があるのです。

彼と連絡を取ることもできず、自分の反省点を振り返るという期間は非常に気が滅入るものですが、彼とやり直すためには大切なステップです。

この冷却期間を効果的に使って、彼と楽しい日々をもう一度送るための糧にしましょう。

草食系男子との冷却期間のポイント3.その後のアプローチは?→焦らず友達から!

冷却期間が終わったら、いよいよ彼とやり直すためのアプローチ期間です。

しかし、連絡が取れるようになったからと言って焦って急激に距離を縮めようとしたら、逆に再度距離が開いてしまう恐れがあります。

草食系男子は積極的な恋愛モードが苦手。通常時でさえそうなので、一度別れた相手なら、いくら嫌なイメージが薄くなったとはいえ、積極的すぎるアプローチをされたら、警戒心が強くなってしまいます。

「もう一度付き合ってほしい!悪いところは直すし、すごく好きだから!」

のように、冷却期間に伝えたくて伝えられなかった熱い思いをぶつけたら、

『そういう恋愛はもういいんだよな…」

と彼が思ってしまい、せっかく連絡は取れたのに再度拒絶されてしまうことも。

彼に伝えたいことはたくさんあるはずですが、草食系男子とやり直すためには、彼が引いてしまわないアプローチをしていく必要があります。

むしろ、アプローチをされていると彼が思わない方が、無理なく連絡を取り続ける事ができ、距離も縮まりやすいのです。

そのためには恋愛モードをごく控えめにして、もう一度友達から始めるつもりで彼と関わっていきましょう。

「お腹空いたからラーメン食べに行こう」

というような気軽な食事や、

「前言ってた漫画の新刊を買ったけど読んでみる?」

という趣味に関する物の貸し借りなど、気軽な友達のように接していくのです。

一緒に遊びに行く仲のいい友達くらいになれたら、夜景を見に行く、お酒を飲みに行くなど少しずつ恋人っぽさを混ぜていきましょう。

アニメの話→ファストフード→カフェ→花火→告白

というようにある程度流れを考えておいてもいいですが、用意したプランを優先するよりも彼のペースに合わせることが大切です。

ここでのポイントは、誘った時に彼の反応が

「うーん…どうしようかな…」

のように歯切れの悪い物だったら一旦

「でも仕事あるしね!また今度にしよう」

という風に、しつこくは誘わずさらっと切り上げる事です。

デートが自然にできるようになったら、重くならず

「もう一度付き合ってほしいです」

というようにシンプルに告白しましょう。

一度は付き合ったのに、もう一度友達からじっくり関係性を進めていかなければならないというのは、焦ったく思ってしまうものです。

しかし友達のように接していく事で彼の中にあなたといて楽しいという気持ちが生まれ、

『もしかしたら、もう一度付き合ってみてもいいかもしれない』

と思いやすくなるのです。

そして2.で考えたように、自分の悪かったところを改善していけば、今度はもっとお互いに楽しい付き合い方ができますし、長く一緒にいる事ができるはずです。

彼の性格やペースを尊重して、ずっと幸せなカップルを目指しましょう。

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気!
恋愛悩みは人それぞれです。でも人に気軽に相談できないため、一人で抱え込むことになってしまうのです。そんな悩みに的確なアドバイスをくれるのが電話占い。進むべき未来へのヒントをもらえるので、ネガティブな恋愛をポジティブに変えることができます。[続きは下記]

併せて読む

「いつも恋愛がうまくいかない…」と悩んでいませんか? 恋愛は楽しいことばかりではありません。 片思いはもちろん、両想いであっても悩みは尽きません。 倦怠期、マンネリ、喧嘩、嫉妬など、さまざまな問題に悩まされているでしょう。 […]

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気おすすめ3選!

草食系男子とやり直すには冷却期間が重要!彼のペースも大切に!

ふだん穏やかで、楽しく付き合えていたはずの草食系男子から別れを告げられたらショックは大きいですよね。

なんとかしてやり直したくて一旦冷却期間を置いても、なかなか先が見えず辛いものです。

実は草食系男子と復縁するためには正しい冷却期間が重要。十分な冷却期間を取り、その間に自分を振り返る事で彼とやり直せる可能性は高まります。

草食系男子の特性を理解して、もう一度楽しく彼と付き合っていくために冷却期間をしっかり耐え、今までより素敵なあなたになって彼にアプローチしましょう。

そうする事で、前回よりもお互いを思いやれる良いカップルになれるのです。