彼氏から連絡が来ない時は何日待つ?連絡するまでの適切な日数とは!

今までは普通に連絡が取れていたのに、今回はLINEに既読はついているけれど全然返事 が来ない…そういった事があると、なんだか不安になって悩んでしまいますよね。

特に悩みがちなのが、そんな時は何日このまま彼氏から連絡があるのを待てばいいのかではないでしょうか。

連絡をただ待つだけなのは辛いので、大体どれくらい待てばいいのかという目安は知りたいもの。

まずは自分から連絡をする目安の日数を知って、適切なタイミングで彼氏に一度連絡をしてみる事が必要。その時の結果によって、次に取るべき行動は変わってくるのです。

彼氏がなぜ連絡をくれないのかも考えながら、連絡するタイミングと連絡の仕方を知って心配事をうまく乗り越えましょう。

彼氏から連絡が来ない…何日このまま待てばいいのか分からない!

彼氏からの連絡を待つのは楽しいものですが、いつもはその日中にはあったLINEの返信が、既読はついているのに2日経ってもない…という事があったら、何かあったのか気になってしまうものです。

特に付き合い始めた頃なら、彼氏についてまだ知らない部分も多いので、自分が何か悪いことをしたのか、それとも単に忙しいだけなのかと色々考えてしまうもの。

特に気になるのが、何日くらいこのまま待てばいいのかというところです。

彼氏が今は連絡をしたい気分ではなかったり、忙しかったりするなら、焦って連絡をしても嫌がられてしまうかもしれない。

かといってこのまま待っていても連絡がずっと来ずに、自然消滅してしまうかもしれない。

そう悩み出すと、一日中そのことばかり考えて彼氏からの連絡がないかソワソワしてしまい、他の事が手付かずになりがちです。

彼氏から連絡が来ない原因とは!故意にそうしているとは限らない!

彼氏から連絡が来ない時は、彼氏が故意に連絡をして来ない場合と、故意ではないけれど連絡をして来ない場合があります。

前者は彼氏があなたに対して何らかの理由で怒っているというパターン。この場合は、連絡が途切れる前にどことなく不機嫌そうだったり、様子がおかしかったりする事も。

普段からそんなに喧嘩したりしないタイプに多く、あえて連絡をしないことで怒っていることを表現しているのです。

後者は、連絡をしたくないわけではないけれど、忙しかったり、面倒がってタイミングを逃したりして、なんとなく連絡が途切れてしまっているパターン。

特に不機嫌だった様子もないのに連絡が途切れている時はこちらの可能性が高いです。

連絡が来ない原因1.怒りの現れ

連絡が来ない原因のひとつとして考えられるのが、彼氏が何らかの理由で怒っているため連絡を取らずにいるというパターンです。

大喧嘩をしたなどのわかりやすい理由があれば、怒っているのだろうという予想はつくのですが、そうではなくて気付かないうちに怒らせていたという場合も。

あなたが浮気をしていると誤解していたり、大切にされていないと思い込んでしまっているなど、気持ちのすれ違いが起きている事もあります。

普段から怒った時には面と向かっていうタイプなら、あまりメールやLINEの返信をしない事で怒りを表現するという事はありません。

しかし、はっきり自分の思った事を言わないタイプだと、いつの間にか怒りが蓄積していて、その怒りに気付いてほしいと思っていることがあります。

または、その怒りによってあなたに返信する事が嫌になってしまい、今は冷静になるために一旦音信不通になっているという可能性も。

このように、怒りの大小は様々でも、怒り→連絡したくない→音信不通となってしまっているのです。

連絡が来ない原因2.他の事に熱中している

あなたに対して嫌だと思っているわけではなくても、他に夢中になっている事があるため、連絡が途切れてしまっているというパターンもあります。

彼氏の中では恋愛よりも他の事に時間を割かなければならない日々が続いているのかもしれません。

例えば仕事が忙しくて疲れてしまっているため連絡する気力がない。

または、仕事や趣味がとても面白くて、その事で頭がいっぱいなためあなたに連絡する事が後回しになっている。

このように、連絡したくないというよりも、気づいたら連絡しないまま時間が過ぎてしまい、今に至っているという状態です。

連絡が来ない原因3.なんとなく面倒

わざと連絡しないわけではないけれどあなたへの連絡が途切れてしまっているという時は、仕事や趣味で忙しいなど、何か特定の事情がある場合が多いのではないかと思うかもしれません。

そのため、忙しいはずなのにSNSには投稿しているのを知って、彼氏に腹が立ってしまうことも。

しかし、そういった理由がなくても、なんとなく面倒で連絡しないままでいるというパターンも結構あるのです。

あまりまめではないタイプの男性は、最初の頃は頑張って頻繁に連絡をとっていても、段々あなたとの付き合いにも慣れてくると、そんなにこまめに連絡しなくても、この人なら分かってくれそうだから大丈夫と思ってしまいがち。

そんな状態の時は、今日はこんな1日だったという単なる報告など、返答の仕方がよく分からないと思えてしまう内容のLINEを受け取ったら、返信が面倒になってしまうことも。

また、返信はしようと思っていても、元々が乗り気ではないので気づいたら忘れてしまっていて、連絡するタイミングを逃したという可能性もあります。

忙しいから連絡が来ないのではなくて、なんとなく面倒で放置し続けてしまった結果、連絡が来ないままになってしまっているのです。

彼氏から連絡が来ない時は何日待つ?→3日経ってから一度連絡しよう!

彼氏から連絡が来ない日が続くと、そろそろこちらから連絡した方がいいのではないかと思うようになるもの。

問題はどれくらいたってから連絡するかですが、まずは3日経ったタイミングで一度連絡してみましょう。

「元気にしてる?」など、シンプルに一言だけ送れば大丈夫です。

怒っていたり、忙しくてバタバタしていたり、何か緊急事態があったとしても、3日経てば気持ちも冷静になったり、一度くらいスマホを見るタイミングもあったりするものです。

おそらく、彼氏からの連絡が来なくなった原因を考えても、はっきりとした理由はすぐには分かりません。

そこで原因を考えていつまでも悩むよりも、一旦シンプルなメッセージを送る事で、様子見をすると良いでしょう。

もしかしたら、彼氏はただ忘れていたり、その時体調が悪かったりして送るタイミングを逃してしまっていただけで、今回は普通に返信が来るかもしれません。

「出張だったから返事できなかった。ごめんね」

など、納得できる返事が返ってきて、いつものやり取りが続くようなら特に問題はありません。

問題は、それでも既読がつくだけで返事がなかったり、なんだかいつもより素っ気なく、やりとりを続けたくなさそうな返事だったりする場合です。

この場合は、さらに次の連絡をどうするかも考える必要があります。

連絡が来ない彼氏への対処1.怒っている→自分を振り返って1週間後再度連絡を

3日後に彼氏に連絡をしても既読がつくだけで返事がなかった時は、ますます心配になってしまうもの。また、返信はあったものの、

  • 元気だけど何?
  • ごめん忙しい

など、なんだかトゲがある返信だったり、いつもは絵文字があるのになかったりといった雰囲気の時も、不安になってしまいます。

この場合は、あなたに対して怒っていたり、あまり連絡をしたくないと思っている可能性も。

彼氏から連絡が来ない原因の中で一番問題なのは、彼氏があなたに怒っているというもの。これは対応に失敗すると、最悪の場合別れにつながってしまう事もあります。

そのため、まずはこの可能性を考えておきましょう。

直接あなたに怒るのではなく、怒りを気づいて欲しいと思っていたり、怒りによって連絡するのが嫌になってしまっている状態なので、その怒りの原因がなんなのか突き止めて解消する必要があります。

しかし、今彼氏とは連絡が取れていない状態なので、すぐにできることは自分の今までの彼氏への接し方を振り返ってみること。

あなたも、彼氏にして欲しいことを言ってそれを実行してもらうよりも、彼氏が自ら気づいて行ってくれる方が嬉しいのではないでしょうか。

同様に彼氏の方も、自分が指摘するのではなく、あなたが自分で自分の悪かったところに気づいたというのが重要なのです。

最近の彼氏に対する言動を振り返って、何か彼氏がイライラしたり、不機嫌になったりするタイミングはなかったでしょうか。

例えば何回か遅刻をしてしまって、最初は笑って許してくれていたのに最近は謝ってもあまり反応がない。

彼氏が考えたデートプランに、面白くない、退屈だったなどのネガティブな発言をした。

など、思い当たる事を考えてみましょう。

一つの大きな落ち度があったわけではなく、普段からあまりありがとうと言わない、小さなものを借りて返さない事が何回かあったなど、いくつかの原因が積み重なっている可能性もあります。

もし思い当たる事があれば、最初の軽いメッセージを送った後に

・最近はこういったことで迷惑をかける事が多くて申し訳なく思っている、謝りたいと思っている
という内容のメッセージを送り、1週間程度彼氏から連絡が来るのを待ちましょう。

1週間ほどあれば、あなたに対する気持ちの整理もつけやすくなり、整理できた気持ちを連絡してきてくれる可能性が高いです。

謝りたいという趣旨を伝える事が大切なので、自分が悪いのはわかっているけれど、連絡はしてほしいという彼氏を責める内容な送らないように気をつける必要があります。

もしも彼氏があなた自身に怒っているのではなく、単に機嫌が悪いだけだったりすれば、何日か経つ事で彼氏の方にも自分を振り返る時間ができて、あなたに変な態度をとってしまって悪かったと思うようになるはず。そうすれば、

・特に怒ってはいないし、こちらの方こそ悪かった

という内容のメッセージをくれるでしょう。

実際に怒っている場合は、あなたに対して言いたい事を言えるチャンスなので、怒っている内容を送ってきてくれるはず。

彼氏から何か連絡があったら、これからどうしていくのか具体的に伝えましょう。

例えば遅刻が原因なら、ギリギリに家を出るのはやめる、またはむしろ絶対に自分が遅刻しない時間を待ち合わせ時間にするなど、実際にできそうな提案をする事で、あなたが真剣に考えている事が彼氏にも伝わります。

さらにそれでも1週間以上連絡がなかったら、連絡がないのは寂しいけれど、自分を見つめ直すという内容のメッセージを一度だけ送り、後はひたすら待つようにします。

彼氏が怒っていて連絡をしてこない時に、何度も連絡を取ろうと試みると余計にイライラさせてしまったり、あなたが悪くなくても、薮蛇のように彼氏の中で関係ないことへの怒りも復活してしまったりすることがあるからです。

もしかしたら彼氏はただの八つ当たりや、価値観の違いなどあなたにとってはどうしようもない事で怒っているのかもしれません。

これだけのメッセージを送っても連絡が来なかったら、後は気持ちを切り替えて自分の趣味に打ち込むなどして、彼氏から連絡が来ない事に囚われないようにしましょう。

彼氏がはっきり悪いところを言ってくれればいいのに、自分から自分の悪いところを思い出して彼氏に伝えるのは気が進まないと思うかもしれません。

しかし、彼氏のことが好きなら自分の悪いところはこの機会に見つめ直しておくことも必要。

そうすることで連絡が来ないからと言って無闇にイライラしたり不安になったりするだけではなく、彼氏とのこれから付き合って行くならどうしたらいいのか、具体的に考えることができるようになります。

自分を見つめ直すのは辛いものですが、連絡が来ない日々を乗り越えて彼氏との交際を続けていくために、もう一度今までのことを振り返ってみましょう。

そうすることで、彼氏から連絡が来ないまま自然消滅という可能性を小さくできるのです。

連絡が来ない彼氏への対処2.他のことに熱中→長い目で見て!

3日後に連絡をしてみても、既読はついているものの返信はやはりない。

しかし、考えていても今まで不機嫌そうだったり、様子がおかしかったということはない。

そんな時は、彼氏は何か別のことに熱中していて忙しい可能性があります。

彼氏との共通の友達がいればさりげなく聞いてみたり、彼氏の趣味に関するイベントが近々ないのか調べてみたりすると、彼氏が忙しい原因が確定する事も。

彼氏が仕事や趣味が忙しくて連絡してこないというときは、焦って再度連絡をする必要はありません。

しかし連絡をしないまま時間が過ぎてしまうと、彼氏の中であなたの存在が小さくなりすぎてしまう事も。

かと言ってしつこく連絡をしてもうっとおしがられてしまい、今後も既読無視が続いてしまう危険性があります。

そのため、うっとおしがられないように気を付けつつ、彼氏のこともしっかり考えているということを伝え、しっかりと接点を保つことが必要。

そこで既読無視の1日後くらいに彼氏が返信しやすそうなタイミングで

「忙しそうだけど体には気をつけてね!」

など、さらっとした内容のメッセージを送ったら後は放っておきましょう。

忙しい時に何度も連絡しても返信が来る可能性は低いですし、逆に彼氏をイライラさせてしまう危険性も。

あなたが彼氏にとって大切な存在なら、仕事や趣味がひと段落したら連絡をくれるはず。

もし連絡があっても、今まで連絡が取れなかった事を怒るのではなく、

・少し寂しかったけれど、元気そうでよかった

といった彼氏を気遣う内容をメインにしましょう。

いくら忙しくても連絡はしてほしいし、連絡が取れないまま長い事待つのは嫌だと思うかもしれませんが、男性は基本的に、彼女に仕事や趣味に干渉される事が好きではありません。

長く無理なく付き合っていくためにも、彼氏のライフスタイルは尊重しつつ、連絡が取れなくなってしまうのは寂しいので、時々は連絡が欲しいという事を落ち着いて伝えましょう。

どちらかが我慢しすぎるのではなく、お互いのちょうどいいペースを見つけられたら、無理なく連絡を取り合い続けることができるのです。

それでもいつまで経っても連絡が来なくて、もう待ち続けるのは限界だと思ったら、思い切って楽しそうなデートを提案してみましょう。

今度映画を見に行こうという漠然とした内容ではなく、

「来月この映画を見に行きたいけれど、何日が都合がいい?」という風に彼氏が答えやすい形で聞いてみると、彼氏も忙しくて行けないのか、そろそろ忙しさも落ち着きそうなのかと言った今の状況を教えてくれるはず。

また、映画なら彼氏が好きそうなジャンルを選ぶなど、興味を持ってもらえそうなデートを提案すると効果的です。

連絡がない時間は不安で悩んだり焦ったりするよりも、デートプランを考えてポジティブに過ごしましょう。

そうすることで連絡が来ない辛い日々に苦しめられる時間が減り、彼氏からの連絡を楽しみに待つことができるようになるのです。

連絡が来ない彼氏への対処3.なんとなく面倒→翌日一度電話してみる

彼氏から連絡が来ない理由で意外と多いのが、“特に嫌いになったわけではないけれど、連絡をするのがなんだか面倒“というものです。SNSはたまに更新しているし、仕事がすごく忙しいわけでもなさそう。

付き合い始めた頃と比べてみると、連絡の頻度は減っているかもしれない。

などの場合は、このパターンである可能性が高いのです。

この場合は連絡が来なくても深刻になる必要はないのですが、あまり何度もLINEを送りすぎると、あなたのこと自体が面倒に思われるようになってしまう危険性もあります。

しかし、寂しいだけではなく色々心配もしてしまうので、なんとか連絡は撮りたいものです。

そこで、LINEではなくて一度電話してみましょう。

当日は本当に忙しくて返信ができなかったかもしれないので、翌日などに少し時間を置いてから連絡する方が安心です。

私の彼氏もそうでしたが、なかなかLINEには返信がなくても、電話の場合はすんなりと出てくれることがあります。

なぜLINEは面倒で電話は面倒ではないのかと疑問に思うかもしれませんが、彼氏が言うには、

・LINEやメールは文章を考えなければならないけれど、電話はノリで話せるから楽

・文字を打つときはそちらに集中しないといけないけれど、電話は作業しながらでも会話ができるから良いとの事。

実際に既読無視がずっと続いていても、電話してみたら何事もなかったかのように話が弾むという事も多々ありました。

もちろん電話した時にあまり会話が弾まず乗り気ではなさそうだったら、ちょうど疲れているのかもしれないので、早めに切り上げましょう。

また、普段からスタンプだけを送ったり、あまり内容のない短文を連続で送ったりしていると、あなたからの連絡=特に意味がないので返信はしなくても大丈夫と思われてしまう事も。

彼氏から積極的にLINEを送っては来ないという場合は、LINEは業務連絡くらいにして、何気ない会話は電話でする方がお勧めです。

彼氏から連絡がない時に改めて電話をするのは緊張しますが、かけてみると案外なんともなくスムーズに会話が続く事も。

もしあまり会話がはずまなくても、彼氏の今の状況がどんな感じなのか、忙しくて大変なのかそうでもないのかある程度把握できます。

連絡がなくて不安な時は、思い切って電話してみるのも一つの方法です。

彼氏と連絡が取れないと不安で仕方ないものですが、たとえ電話した時にさほど会話が盛り上がらなくても、一旦連絡が取れれば彼氏に心配していたことも、今後はずっと既読無視を続けるのはやめて欲しいということも伝えることができます。

それによって、今後のスムーズなやり取りも可能になるのです、

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

まとめ

いつもは連絡をくれる彼氏からしばらく連絡が来なかったら、色々不安に思って落ち着かないもの。

待っているだけでは辛いので、自分から連絡をしようは思っても、一体何日くらい置いてから連絡をしたらいいのかも悩みどころです。

そんな時は、まずは3日間待ってからこちらから連絡をしてみましょう。

3日間あれば忙しさがひと段落したり、彼氏の気持ちも少し落ち着いたりしている可能性が高いのです。

そして連絡した後の彼氏の反応がどうだったかによって、その後取るべき行動は違ってきます。

連絡が来なくて辛い日々を終わらせるために、正しい対処法を知って実践していきましょう。そうすることで、これからの彼氏との付き合いもより良いものになっていくはずです。