忙しい彼氏との最適なlineの頻度とは?やり取りのペースを掴もう!

今までは結構彼氏と毎日くらいlineで連絡がとれていたけれど、最近は仕事が忙しそうだし、連絡頻度は落とすべき?減らすにしてもどれくらいの頻度がいいのだろう…

彼氏が忙しい時には、そういった連絡頻度の悩みも発生します。彼氏の邪魔にはなりたくないけれど、全く連絡をしないのも心配で寂しくもあるもの。

そんな時は、彼氏のペースに合わせながら程よい連絡頻度を探ることです。

適切な連絡頻度は、人それぞれ違うもの。2人の間の適切な頻度を見つけて、無理なくやり取りを続けていきましょう。

彼氏が忙しそうだけどlineの頻度はどれくらいにすればいい?

好きな人とはたくさん会ったり連絡を取ったりしたいと思うものですが、最近異動したり、新しいプロジェクトが始まったりして彼氏が忙しい時は、それが難しい事も。

そんな時は会ったり電話したりはできなくても、lineでの連絡だけでも続けていきたいものです。

そこで問題となるのは、忙しい彼氏にとって最適な連絡頻度がどれくらいなのかという事。

今までは毎日暇があればメッセージを送っていたとしても、忙しい時はそこまで送らない方がいいのかもしれない。しかし、どれくらいの連絡頻度ならちょうどいいものなのか。

はっきりさせるために彼氏に直接聞いても、忙しい時はかえってそれに答えるのを面倒に思われてしまうかもしれない。

このようにlineの頻度に悩みすぎると、メッセージを送るのに毎回躊躇してしまい、結局送るタイミングが掴めず、彼氏と連絡が取れなくなってしまうこともあります。

lineの頻度に悩む理由:彼氏の負担になりたくないけど少なすぎても心配!

彼氏が忙しい時は、何となくlineの頻度は控えめにした方がいいような気がしつつも、だいたいどのくらいにすればいいのかは難しいところです。

頻度が多すぎると、彼氏の仕事の邪魔になってイライラさせてしまうかもしれませんし、鬱陶しいと思われて嫌われてしまう危険性も。

または、疲れているためできるだけゆっくりとしたい所、何度もlineを送ったら余計に疲れてしまい、あなたとのやりとりが億劫になってミュートやブロックにされてしまうかもしれません。

かといって少なすぎると彼氏との接点も少なくなり、今彼氏がどんな状態なのかも分かり辛くなってしまいます。

彼氏から連絡があるまでlineは送らない方がいいのではないかと思っても、忙しい時の彼氏は今の仕事をやり遂げることで精一杯。

あなたからlineがあったら返すことはあっても、なかなか自分からlineを送ろうという考えには至らないことが多いのです。

そうなると、彼氏が忙しさから抜け出した頃にはすでに忘れられてしまっているのではないか、このまま自然消滅ということもあり得るのではないかなどの心配が頭から離れなくなる事も。

さらに、実は適度に連絡は取った方が彼氏の心の支えになれるのかもしれないし、完全に放っておいたら冷たいと思われてしまうかもしれないなど、lineを送る頻度は様々なことを考慮しなければならず、考えるほどにどれが一番いいのか分からなくなってしまいがちです。

このように、彼氏の負担にもならず、接点がなくなってしまうことも避けたいと思うと、lineを送る頻度が多すぎても少なすぎても問題がありそうで、なかなか最適なペースが掴めずに悩んでしまいます。

忙しい時も最適な頻度は人それぞれ!彼氏へのlineはまずは1日1回から!

適切なlineの頻度が全員同じなら話は簡単なのですが、残念ながら忙しい時でも、ちょうど良いと感じる頻度は人それぞれ違います。

あなたの彼氏も、lineが息抜きになるので仕事の合間に多少のやり取りはしたいタイプかもしれませんし、逆に仕事のこと以外はできるだけ考えたくないタイプかもしれません。

そこで、まずは彼氏にとっての最適な頻度を探るために1日1回、仕事が終わるくらいのタイミングでlineを送ることを3日ほど続けてみましょう。

忙しかったとしても、基本的に1日のうちのどこかでスマホを見るタイミングはあるはず。

そして、見やすいのが仕事が終わったタイミングです。あなたも、そういうタイミングで、一度誰かから連絡が入っていないかスマホを見ることはないでしょうか。

一旦仕事がひと段落したタイミングなら、そこまで邪魔に思うこともなく、余裕があれば返信しようと思うはず。

そのため、そういった時間帯に一度“お疲れ様“などのシンプルなlineを送り、彼氏の反応を見てみます。

それが1日だけなら、いつもそうとは限らないけれどたまたますぐに返信できた、逆にちょうどその日は残業があって返信できなかったなどということもあります。

しかし、3日間続けることで大体の傾向は掴めてくるはず。

大体乗り気で返信してくれる、または毎回素っ気ない感じだった、一度だけ返信がなかったけれど概ねあるみたいだったなど、彼氏の傾向を掴んだらそこから連絡頻度を調整していきましょう。

もしあまり傾向が掴めずに迷ったら、下記の1~5の中で頻度の少ない方に合わせておく方が安心です。

彼氏からすれば、忙しい時にあまり連絡がなくても少し寂しいくらいで済みますが、連絡が(彼氏的には)多すぎるようだとイライラしてしまうこともあるからです。

最適なlineの頻度1.すぐに返信があって反応も良い→そのまま楽しくやりとりを

仕事終わりに彼氏にlineを送ったらすぐに返信があって、その内容も“お疲れ様“に対して“そちらもお疲れ様“だけのシンプルな返信ではなく、今日の出来事や、行ってみたいデートスポットの提案など、プラスアルファの一言がある場合は、そのままやりとりを続ければ大丈夫。

忙しいのにやりとりを続けても大丈夫なのだろうかと思いがちですが、彼氏はあなたとのlineが息抜きになっていたり、あなたとのやりとりを楽しみにして仕事を頑張っている可能性が高いのです。

lineの内容はあなたの愚痴など暗くなってしまう話は避け、今度デートで行きたいおいしかったランチの店や、最近気に入っているアーティストの話など、明るい話題にすることが大切。

仕事が終わったら楽しいやりとりができると思うと、彼氏も忙しい日々に負けずに仕事を頑張ろうと思えますし、ひと段落いたときに会うことも楽しみになります。

また、特に話したいことがなくなっても無理にやりとりを長引かせるのではなく、きりの良いところで終わらせることも必要です。彼氏の方にもできるだけあなたとのやりとりを続けたいという気持ちがあっても、忙しい時に無理をしてしまうと長続きせず、連絡頻度を減らさないといけなくなってしまう事も。

忙しい状況でも、仕事終わりのlineにはすぐに返信があって反応がいい場合は、この時間に何ターンかlineのやりとりをする習慣にすることで1日の中でもメリハリがつき、無理なくこの状況を乗り切れるはずです。

最適なlineの頻度2.すぐに返信はあるけれど反応が薄い→しばらくそのままで

仕事終わりくらいの時間帯にlineを送ったら、割とすぐに返信はあるけれど“お疲れ様“に対して“お疲れ様“だけの返信だったり、スタンプ1つでの返信など、反応が薄いという事もあるかもしれません。

そんな時は彼氏は仕事の忙しさで疲れており、あなたと連絡を取りたい気持ちはあっても、返信の文章を考える気力はあまりない可能性が。

しかし、自分からlineを送る気力はなくても気にかけてくれているのは嬉しいという場合もあります。

そこで、“お疲れ様!”“体に気をつけてね“などの返信のいらない労いの言葉を1日1回送るという事をしばらく続けましょう。

“また、言葉だけではなくて猫が寝ている姿などの可愛い写真や、綺麗な空の写真など、特にいろいろ考えなくても素直に心に入ってくるような画像も労いには良いものです。

しばらく1日1回の彼氏を気遣う連絡を続け、もしもスタンプなども返ってこない日が多くなるようなら、頻度を1日置きなどに減らしていきましょう。最初は手探りで頻度を探ることになるため面倒に思う時もあるかもしれませんが、そうする事で彼氏の負担にならず、放置しすぎる事もないペースが徐々に掴めていきます。

最適なlineの頻度3.彼氏の方から日中も連絡がある→連絡があったら返す形で

あなたから仕事終わりにlineを送ったら返信があるというだけではなく、昼休みなどの日中にも連絡があるという場合は、時々は気持ちを仕事モードから切り替えて楽しくあなたとやりとりをしたいと思っているはず。

彼氏がこのようなlineの送り方をする場合は、自分からタイミングを考えて送らなくても、彼氏からのlineに返信するだけで大丈夫です。

自分から連絡をしないのは心配だと思うかもしれませんが、そういうとき彼氏は忙しい時も積極的にあなたと接点を持ちたいと思っているので、彼氏からの連絡が途絶えてしまって自然消滅してしまうという危険性は低いのです。

もし彼氏からの連絡がなくなったら、本当に忙しくて連絡する余裕がないということなので、しばらくそのまま見守るようにしましょう。

また、仕事が不規則で決まったタイミングに連絡することができないため、送れるときに送っておこうというスタンスである可能性も。

そのため、連絡があってすぐに返信しても、次の彼氏からの返信はだいぶ後になってしまうということもあります。

返信速度にばらつきがあったりして不安に思うかもしれませんが、あまり彼氏からのlineがいつ送られてくるかは気にせず、あなたの方も返せるときに返すようにしましょう。

lineの内容は、仕事の状況を聞いたりするよりも、共通の趣味があればその話をするなど、息抜きになれそうな話題がベストです。

最適なlineの頻度4.返信がすぐはない→1日置き~1週間に2日くらいに減らしてみる

彼氏からの返信がすぐにはなく、lineが送られてきたのが翌朝以降だったという時は、彼氏の方にはlineを返す余裕があまりない可能性が。

そういう時は、1日1回の連絡でも負担に感じてしまう恐れがあります。

そこで彼氏がゆっくりできるように、1日置き~1週間に2日くらいに減らしましょう。新しい服を買おうと思うけれど何色がいいか、明日ランチを食べに行くのはどちらの店にしようか迷っている、などの微妙に返信が必要そうな内容は避け、

  • 大変だと思うけれどいつも応援している
  • いつも頑張っていてかっこいいと思う

など、なかなか連絡が取れなくても見守っているということが伝わる内容が良いでしょう。

また、“返信は不要です“などのメッセージが入っている面白いスタンプと一緒に送るのもlineが彼氏にとって負担になりにくくするためには効果的。

lineを送っても彼氏からなかなか返信がないと不安になったり、頻度を少なくするのも寂しかったりするものですが、あなたの思いやりはきっと彼氏にも伝わり、彼氏にとってあなたはこれからも一緒にいたいと思う相手になるでしょう。

最適なlineの頻度5.全然返信がない→しばらく見守る

彼氏にlineを送っても既読もなかなかつかず、ついても返信はない…そんな時は、彼氏は本当に仕事の事にしか労力を割く余裕がないかもしれません。

lineを見てもその時にはすでに仕事の事を考えなければならなかったり、疲れていて何もしたくなかったりして、気づいたら時間がだいぶ過ぎてしまっていたという事も。

彼氏がこういった状況なら、しばらく連絡は控え、遠くから見守るスタンスでいることが必要。

特に“今日はどうだった?“などの漠然としたたわいない質問などは避け、1週間に1度くらいのペースで、買い物中の面白かったエピソードや、SNSで見つけた面白い写真などの楽しいメッセージを中心に、時々彼氏を気遣う内容も混ぜながら送るようにしましょう。lineを送る時も、この内容なら返信してくれるだろうという期待はせず、返信がなくても気にしないでいることが大切です。

時々は彼氏からの返信があるかもしれませんが、

全然連絡が取れないので心配した

など、責めたりする意図が感じられそうな内容は送らないようにしましょう。

彼氏のことが心配だったり、このままでは全く連絡が取れなくなってしまうかもしれないなどの不安があったりもするかもしれませんが、無理に連絡を取ろうとすることによってあなたの存在自体が彼氏にとって負担になってしまう危険性の方が高いのです。

ここは一歩位下がって連絡を控えめにすることで、彼氏はあなたのことを自分の仕事を理解してくれて、安心できるパートナーだと思うようになるはず。

なかなか連絡が取れないのは寂しいものですが、一緒にこの時期を乗り越えていこうという意識を持って見守っていきましょう。

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気!
恋愛悩みは人それぞれです。でも人に気軽に相談できないため、一人で抱え込むことになってしまうのです。そんな悩みに的確なアドバイスをくれるのが電話占い。進むべき未来へのヒントをもらえるので、ネガティブな恋愛をポジティブに変えることができます。[続きは下記]

併せて読む

「いつも恋愛がうまくいかない…」と悩んでいませんか? 恋愛は楽しいことばかりではありません。 片思いはもちろん、両想いであっても悩みは尽きません。 倦怠期、マンネリ、喧嘩、嫉妬など、さまざまな問題に悩まされているでしょう。 […]

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気おすすめ3選!

忙しい彼氏へのlineの頻度は相手に合わせて調整しよう!

彼氏の仕事が忙しくなったら、今までのように頻繁に会ったり電話したりすることは難しくなってしまう事も。

そんな時でもlineなら好きな時間に気軽に送ることはできますが、送る頻度をどうするかという問題が発生します。

多すぎても少なすぎても問題がありそうで、なかなか適切な頻度はすぐには掴めません。

このように彼氏が忙しくてlineの頻度に悩んだら、まずは1日1回仕事が終わるくらいの時間にlineを送ることをしばらく続けましょう。

そのうちにこの頻度が多すぎるのか、もしかしたら少ないのかが掴めるようになり、そこから適切な頻度を調整していけば大丈夫です。忙しい時でも、適度なlineは息抜きや励みになるもの。

彼氏のペースに合わせて、うまく活用していきましょう。