交際5ヶ月で倦怠期に突入した女性必見!乗り越える方法を大公開!

付き合って5ヶ月。

彼氏のことは好きで、今後も付き合っていきたいと思っている。

しかし付き合い当初と比べると、あなたの気持ちは落ち着き、彼氏にドキドキしたり、ときめきを感じたりすることがなくなってしまっているのではないでしょうか。

デートがマンネリ化し、お家デートも増えてきて、彼氏と一緒にいてもつまらない。

一方、彼氏も最初の頃と比べると、あなたに対する態度が素っ気なくなっていると感じ、不安な気持ちもあるでしょう。

今までは、自分の気持ちを少し我慢して、彼氏に合わせていることもあったのではないでしょうか。

例えば、異性との付き合い方であったり、仕事や彼の友人とあなたとのバランスであったり。

ですが付き合って5ヶ月が経ち、徐々に今まで心に溜めていた不満が募ってきてしまい、彼氏にぶつけてしまうこともあるでしょう。彼氏はそんなあなたに対し、「いきなり何だよ」と思ってしまい、二人の気持ちがすれ違ってしまうことに。

このような状況は、お互いにとって好ましくありません。どうやら倦怠期に入ってしまったものの、付き合って5ヶ月目の倦怠期を、どうすれば乗り越えることができるのか分からず、悩んでいませんか?

分からないけれど時間が経てば解決するだろう、倦怠期はすぐに終わるだろうと、思い込んでいるのではないでしょうか。

しかし、そのまま放置していると、別れに繋がることもあるのです。

本記事では、交際5ヶ月で倦怠期に突入してしまったあなたが、5ヶ月目の倦怠期を乗り越える方法を、2つ公開しています。読んだらすぐ行動に移すことが大切です。

5ヶ月目の倦怠期を乗り越えれば、彼氏とさらに深い関係を築いていけるようになるはずです。

交際5ヶ月目の倦怠期を放置したままだと、別れに繋がることも

彼氏のことは好きで、これからも付き合っていきたいと思っている。

しかし、あなたの気持ちは落ち着き、彼氏にドキドキしたり、ときめきを感じたりすることがなくなってしまっているのではないでしょうか。

デートがマンネリ化してしまい、楽しいと感じることが減ってしまった。

そして、気づけばお家デートが増えてしまっている。彼氏と一緒にいても、つまらないと感じる時がありませんか?

一方の彼氏も、あなたに対する態度が、付き合い当初と比較すると素っ気なくなってしまい、「ひょっとしたら、私に冷めてきたのかな?」と不安に感じることもあるでしょう。

以前のように、良い関係に戻りたい。

ですが付き合って5ヶ月目の倦怠期を、どうすれば乗り越えることができるのか分からずに、悩んでいるのではないでしょうか?

乗り越え方が分からない、時間が解決するだろうと思い込み、そのまま放置していると、別れに繋がることもあるのです。

交際5ヶ月目の倦怠期を乗り越える方法が分からない

彼氏とこれからも付き合っていきたいと考えているけれど、付き合って5ヶ月目の倦怠期に突入してしまい、一体どうすれば5ヶ月目の乗り越えることができるのか分からずに、悩んでいませんか?

付き合って最初の頃は、ランチやディナーで色々なお店に行ってみたり、ショッピングデートや公園をお散歩したり。

ですが付き合って5ヶ月も経つと、いつも行くお店でご飯を済ませたり、いつも行くお店でショッピングしたり公園を散歩したり。

デートが完全に、ワンパターンになってしまっているのではないでしょうか。

決まった場所やお店に飽き飽きしてしまい、彼氏と一緒にいても楽しいと思えなくなっているのでしょう。

そして最初の頃は、自分の気持ちを少し我慢し、言いたいことを抑えて、彼氏に合わせていませんでしたか?

また、最初のころと比べて彼氏の態度が素っ気ないと感じてしまい、さらにモヤモヤ。

5ヶ月が経ち、あなたの心に溜まっていた不満が募って耐えられなくなり、彼氏に不満をぶつけてしまうこともあるのではないでしょうか。

彼氏からすると、「今までそんなこと言ったことなかったじゃないか」「いきなりその言い方は何だよ」と感じてしまうでしょう。

以上のことから、交際5ヶ月目の倦怠期を乗り越える方法が分からない原因を、下記2つにまとめました。

原因①デートがマンネリ化している

付き合って間もないころは、全てが新鮮。付き合い当初は二人とも燃え上がり、様々なデートスポットに出かけていたでしょう。

しかし5ヶ月も経つと、概ね行き尽くしてしまい、ネタ切れとなっているのではないでしょうか。

そのため、お家デートが増えてしまうこともあるでしょう。

デートするときも、お決まりのお店で食事したり、いつも行くお店でショッピングしたり公園を散歩したり。

単調なデートになってしまい、つまらないと感じていませんか?

彼氏と一緒にいるよりも、友人と遊んだほうが楽しいと感じることもあるのではないでしょうか。

しかし、デートがマンネリ化してしまい面白くないと思っているにも関わらず、あなたが楽しいデートにしようとしないことが原因なのです。

ワンパターンとなってしまい、お家デートにも飽き飽きしているのであれば、あなたがデートプランを積極的に考える必要があります。

デートプランは、彼氏が考えるものだと決めつけてはいけません。

そのような態度や気持ちは、彼氏にも伝わります。彼氏は、そんなあなたに対し嫌気がさし、面倒くさいと感じてしまうかもしれません。

デートがマンネリ化していることに気づいているならば、まずは自分で工夫しようと努力しなければ、倦怠期に入ってしまった今の状況が、好転することはありません。

原因②気持ちのすれ違いが生じてくる

最初の頃は、デートの頻度、仕事や友人とあなたとのバランスなど、彼氏に合わせていませんでしたか?

言いたいことも抑え、自分の気持ちを少し我慢して、彼氏に気を遣っていたでしょう。

しかし、付き合って5ヶ月が経ってくると、今まで心に溜めていた不満が少しずつ募ってきて、耐えられなくなってしまっているのではないでしょうか。

そのため、「彼氏が悪い」「私は今まで我慢していた」というふうに、彼氏に不満をぶつけてしまっていませんか?

彼氏は、突然そのように言われても理解することができず、「いきなり何だよ」「そんな言い方はないだろ」と、二人の間に気持ちのすれ違いが生じてしまうのです。

お互いつい心無い言葉を言ってしまい喧嘩になったり、傷ついたりしてしまうこともあります。

そして、一方的に不満をぶつけたところで、解決するどころか関係が悪化することになることもあるのです。

彼氏に変わってほしいと思っても、相手を変えることは難しいもの。

なので、まずあなたが彼氏に歩み寄る努力が必要です。自分の不満をぶつけるのではなく、どう感じているのか、どうすればお互い気持ちよく付き合っていけるか、冷静に話し合おうとしない限り、気持ちのすれ違いは大きくなってしまい、最悪の場合、倦怠期を乗り越えることができずに、別れることもあるのです。

交際5ヶ月目の倦怠期を乗り越える方法を実行する

彼氏のことは好きなので、これからも付き合っていきたいと思っている。けれどもデートがマンネリ化してしまったり、気持ちのすれ違いが生じてしまったり。

この状況で一体どうすれば、付き合って5ヶ月目の倦怠期を乗り越えることができるのか分からず、悩んでいませんか?

今回は、様々なサイトで調査したうえで、交際5ヶ月目の倦怠期を乗り越える方法を、2つご紹介しています。

なぜこの2つの方法を取り上げたかというと、この記事を読んだ後にすぐ取り掛かることができるからです。

恋愛だけではなく人生において、相手任せにするという姿勢ではなく、まず自分が変わり行動するという姿勢が大切です。

この2つの方法には、そういった大切なことが含まれているため、彼氏との付き合い方はもちろん、今後あなたの人生においても役立つと信じています。

それでは早速、交際5ヶ月目の倦怠期を乗り越える方法を、2つご紹介します。

乗り越える方法①まだ行ったことがない場所を探してデートする

デートがマンネリ化し、お家デートも増えていることに不満を感じているのであれば、まずは、あなたがデートプランを考えましょう。

今まで行ったことのない場所をインターネットで調べたり、友人におすすめの場所を聞いたりして、メモしましょう。

そして、その場所に行くまでの時間、何があるのか、下調べをしましょう。

デートする場所の近くに、食事するお店はどんなジャンルのものがあるのかも、調べることを忘れずに。

案外、自分で調べて計画を立てることは、楽しいと感じることもあるでしょう。

一方で、自分で一から調べてメモすることは、手間がかかり面倒であることは否めません。

自分で計画を立てることは、苦手で億劫だと感じる人もいるかもしれません。

しかし、こういった努力がデートのマンネリ化を解消することに繋がるのです。

この解決策を取り上げた理由は、彼氏に感謝の気持ちが芽生えるきっかけになるからです。

なぜかというと、最初の頃、彼氏がデートプランを考えてくれて、色々な場所に出かけたことを思い出すことができます。

忙しい中、彼氏がデートプランを考えていてくれたことに気づくことができ、その大変さを実感することができます。「ありがとう」という想いがこみ上げてくるでしょう。

では一体、どのようにデート場所を探し出かければいいのか。

インターネットで穴場スポットを調べたり、友人におすすめの場所やお店を聞いたりして、自分が行ってみたいところを3つほどに絞りましょう。

下調べし、行ってみたい順にメモに書いて並べます。そして彼氏に、「今までデートプランを任せてばかりでごめんね。

考えてくれてありがとう。私、デート場所を考えてみたんだけど、聞いてくれる?」というふうに彼氏に提案してみましょう。

1つではなく3つ提案することで、彼氏もその中から選ぶことができ、選ぶ楽しさもあるでしょう。

今回はこれで、時間はそこに行こうと盛り上がるきっかけにもなるのです。

あなたがデートプランを一生懸命考えたことに、喜んでくれるでしょう。

また、もちろん遠出することで、いつもと雰囲気が変わっていいのですが、食事するお店をいつもより少しお洒落なお店に変えるだけでも、気分は変わります。

もしくは、いつも散歩している公園ではなく、行ったことのない公園を散歩したり、お弁当を作って公園で食べたり。それだけでも、新鮮さを感じることができるはずです。

私の友人は、付き合って5ヶ月が経ったとき、倦怠期に突入したとのこと。

デートのマンネリ化が、とても大きいと言っていました。友人は、付き合って5ヶ月目にして初めて、自分でデートプランを計画したそうです。

正直、取り掛かるまでは、デートプランを考えることは面倒で抵抗を感じていたそうですが、自分で下調べして計画を立てることの楽しさに気づいたようです。

また、いつも彼氏に時間がかかることを任せていたんだという申し訳なさと、感謝の気持ちを痛感したのだとか。

そして、彼氏に3つデートプランを提案したところ、「こんなに考えてくれて本当にありがとう!全部行ってみたいね!今回はここに行ってみようか!」と喜んでくれたそうです。

そしてそこから、二人で倦怠期を乗り越え、今も仲良く交際を重ねています。

この対策は、すぐに取り掛かることができます。

そして何より、自分で一から考えることの大変さ、楽しさを実感することにも繋がり、彼氏に対して感謝の心が芽生えるのです。

相手任せではなく、自分が主体となり積極的に行動するという、恋愛だけではなく人生において大切なことに気づくきっかけになるのです。

交際5ヶ月目の倦怠期を乗り越える方法として、まだ行ったことがない場所を探してデートすること。

積極的に計画を立て提案することは、自分だけではなく相手の喜びにもなるのです。

そして、デートのマンネリ化が解消され、交際5ヶ月目の倦怠期を乗り越えることに繋がるはずです。

乗り越える方法②二人でしっかり話し合い、歩み寄る

あなたの不満をただぶつけるだけでは、自己中心的な人間だと思われてしまいます。

そうならないためにはまず、彼氏に対して何に不満を感じているのかを整理しましょう。

頭の中で考えるより、紙に書くことが大切です。

書き出すことで、自分の気持ちが整理しやすくなります。

頭の中で考えているだけでは、ぐるぐると同じことを考えてしまい、言いたいことがまとまらなくなってしまう恐れがあります。

紙に書き出すという作業は、一手間必要になるという、デメリットが生じます。

面倒だと感じてしまうことも否めません。しかしその一手間が、自分の気持ちを整理し、まとめることに繋がります。

書き出すことで、自分はこんなふうに感じているんだという気持ちを、客観的に見つめ直すことができます。

それは、相手と意義のある話し合いをするうえで、重要なことなのです。

この解決策を取り上げた理由は、彼氏に感じている不満を整理し話し合うことで、気持ちのすれ違いが少しずつ解消されていくからです。

何が嫌なのかはっきりと分かり、そのために自分はどうすればいいのか、彼氏にはどのように説明すればいいのか、考えることに繋がります。

これからも付き合っていきたいのであれば、感じている不満に対して、お互いが納得するまで話し合い、歩み寄る姿勢が必要不可欠なのです。

では一体、どのように二人でしっかり話し合い、歩み寄っていけばいいのか。

まず、あなたが彼氏の何に不満を感じているのか、紙に書き出しましょう。

例えば、あなたとのデートよりも、友人と遊ぶ割合が多いことに不満を感じている場合。

なぜ不満なのか書き出すのです。「寂しいから」「自分は必要ないんじゃないかと不安」というように、不満を感じる理由を明確にしましょう。

そしてこれに対して自分はどうしたいか。例えば「友人と遊ぶ割合と自分とデートする割合を、せめて同じ割合にしてほしい」と考えた場合。彼氏にはどう説明するか考えるのです。

例えば、「私とデートするよりも、友人と遊ぶ割合の方が多いことに、本当は寂しいと感じていた。

今までは嫌われたくなくて、いいよって言っていたけど、私はあなたにとって必要じゃないのかもしれないと不安を感じている。

だからせめて、友人と遊ぶ割合と私とデートする割合が同じくらいにしてほしいです。

あなたはどう思っている?」というように。何に対してどう思っているか、結論から伝えましょう。

そしてその理由を言った後で、あなたがどうしていきたいかを話し、彼氏はそれに対してどう思う?

と質問するのです。彼氏はあなたが何を言いたいか分かりやすく、理解しやすいはずです。

それに対して彼氏は「不安にさせて、寂しい思いさせてごめん。言われて初めて気づいた。分かった。

これからは、一緒に過ごす時間を多くするね」というふうに言ってくれるかもしれません。

ひょっとしたら、「ごめんね。土日は二日間一緒に過ごせるから、それ以外は仕事終わりに友人との付き合いを大切にしていた。これからも友人との付き合いは大切にしたい。

だけど、平日仕事終わりも二人で予定を決めて、毎週は無理かもしれないけど、2週間に1度は食事しよう」というふうに、彼氏から提案をされるかもしれません。

彼氏が何か提案してきたら、否定せず、一旦受け入れて歩み寄る努力を忘れないでください。

歩み寄り、しばらく実行してみること。どうしても違和感があるなら、もう一度話し合う。

話し合うことは時間がかかり、楽しいことではありません。

ですが、交際5ヶ月目の倦怠期を乗り越えるために、話し合うこと、少しでも歩み寄る姿勢をとることで、乗り越えるきっかけになるのです。

私の友人は、彼氏が異性と二人でランチすることに不満を感じていました。

付き合って最初の頃は、彼氏に嫌われたくないから、「大学から仲良しのA子とランチ行ってきていい?」と聞かれた時に、「うん!楽しんできてね!」と答えていたようですが、5ヶ月が経ち、モヤモヤしていた気持ちが爆発しかけたそうです。

何でモヤモヤするのか紙に書き出したところ、「大学からの友人なら、自分よりも付き合いが長いし、いくら友達とは言え、ひょっとしたら恋に発展するかもしれない」という不安からモヤモヤしていたことに気づきました。

そして彼氏に、「実は、あなたがA子ちゃんとランチに行くことに、嫌だと感じているの。

あなたに嫌われたくなかったから、行っていいよって言っていたけど、ひょっとしたら、恋愛に発展するんじゃないかと不安で、ずっとモヤモヤしている。だから二人で会うことはやめてほしいと感じているんだけど、どう思う?」と伝えたとのこと。

彼氏は「今までごめん!そんな思いをさせているとは、本当に思っていなかった。

そんな関係になることは絶対にない。

A子と二人でランチに行くことはやめる。

ただ、A子は良い奴だから、紹介させてほしい」と言われ、A子ちゃんと3人で会うことに。

A子ちゃんはサバサバしていて、とてもいい子だったようです。そこから友人は安心し、「A子ちゃんと二人で、ランチ行っていいよ」と伝えたとのこと。

彼氏は、A子ちゃんとランチするときは友人にも必ず声をかけ、友人が行けない時はA子ちゃんと二人でランチし、友人が行ける時は、3人でランチしていたそうです。

友人も、ストレスがなくなり、良い関係を築くことができたと話していました。

この対策は、自分が感じている気持ちと向き合うことができるので、冷静に見つめ直すことができます。

そして自分が感じている気持ちに対して、彼氏はどう思うのか話し合うこと。

彼氏の気持ちに歩み寄る姿勢をもつことで、気持ちのすれ違いを解消していくきっかけとなるのです。

交際5ヶ月目の倦怠期を乗り越える方法として、二人でしっかり話し合い歩み寄ること。

話し合いにはエネルギーが必要です。しかし本音を相手に伝えなければ、心に溜まった不満がやがて爆発し、関係を修復することは困難となるでしょう。

これからも付き合っていきたいのであれば、お互い納得するまで話し合い、相手に歩み寄ることが大切なのです。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

交際5ヶ月目の倦怠期を乗り越える方法を実行する

彼氏のことは好きだから、これからも付き合っていきたいと思っている。

しかしデートがマンネリ化し、気持ちのすれ違いが生じてしまい、ぎくしゃくしてしまっている。

一体どうすれば、付き合って5ヶ月目の倦怠期を乗り越えることができるのか分からず、悩んでいませんか?

何もしないまま放置していては、乗り越えることはできないばかりか、最悪の場合、そのまま別れに繋がることも。

そうならないために、5ヶ月目の倦怠期を乗り越える方法は2つ。

1つ目は、まだ行ったことがない場所を探してデートすること。自分で一からデートプランを計画することで、大変さに気づき、彼氏に感謝の心が芽生えるきっかけになるのです。

2つ目は、二人でしっかり話し合い、歩み寄ること。

何に不満を感じているのか話し合い、彼氏に歩み寄ろうとする姿勢があれば、気持ちのすれ違いが解消されていくことに繋がるのです。

今回取り上げている5ヶ月目の倦怠期を乗り越える2つの方法は、デートのマンネリ化や気持ちのすれ違いを彼氏のせいにするのではなく、自分が主体となって行動するという共通点があります。

これは、恋愛だけではなく、今後のあなたの人生においても大切なことです。

まず自分が変わる努力をすることで、5ヶ月目の倦怠期を乗り越えるきっかけとなり、彼氏と良い関係を築いていくことができるはずです。