彼の誕生日をきっかけにして倦怠期を抜け出すお祝いの仕方とは?

彼と長年の付き合いもマンネリ化してしまい、倦怠期を迎えている。そんな中、彼の誕生日を迎えてしまったが、どのようにお祝いすればいいのかわからない。

お祝いしても、喜んでもらえる自信がない。そんな悩みをお持ちの女性はいらっしゃいませんか?

倦怠期の中、彼の誕生日を迎えると、以前みたいにお祝いすることをためらってしまう原因は、あなた自身がお祝いする気持ちになれず、誕生日プレゼントや、シチュエーションにも迷ってしまうからです。

これらには、「彼の誕生日をお祝いしたいという気持ちを持つ」「プレゼントはあなたにしか渡せない彼らしいものを選ぶ」「2人の好きな場所でゆっくり過ごす」というポイントを押さえることで、迷うことなくお祝いをすることができるようになります。

倦怠期だからこそ、上記のポイントを押さえ彼のことを一番に考えてお祝いすることによって、彼にもその気持ちが伝わり、倦怠期を抜け出すきっかけとなり得るでしょう。

倦怠期に入ってからの行動を思い返してみる

倦怠期に入ってからのお互いの行動を見直すことで、どうしてお祝いをためらってしまうのかが分かるようになります。

メールの頻度が減ったり、彼といるとき素直に楽しめなかったり、彼に冷たく当たられたりと、倦怠期に思い当たる部分もたくさんあるかと思われます。

倦怠期の自分を見直すことで、彼の誕生日のお祝いするのをためらってしまう原因が明確になってきます。

原因を突き止めず、お祝いする気になれないまま過ぎてしまうと、せっかくの誕生日をお祝いすることができず、倦怠期を悪化させてしまうことにつながりかねません。

誕生日をお祝いしないことで、彼は、改めて倦怠期を実感することとなり、倦怠期を抜け出すきっかけをさらにつかみにくくなってしまいます。

倦怠期での彼の誕生日はお祝いムードにならない

倦怠期に多く見られる現象は、相手の嫌な部分が目につきやすい、デートの優先順位が低くなる、連絡頻度が減る、一緒にいてもつまらないと感じてしまうなどです。

お互いがこのような倦怠期のなか、彼の誕生日を迎えてしまうと、お祝いムードになれずあやふやにしてしまうことが多いです。

その中でもとくにお祝いをためらってしまう原因は、「あなた自身の気持ちが上がらない」「誕生日プレゼントに困る」「どのようにお祝いすればいいのかわからない」この3点です。

誕生日をお祝いするにあたって、まずこの3点を解決しなければ、そもそも彼の誕生日のお祝いをすることができません。

そうすると、せっかくの倦怠期を抜け出すチャンスを逃してしまうこととなってしまいます。

倦怠期の彼の誕生日、あなた自身の気持ちがあがらない

倦怠期中に彼の誕生日を迎えてしまうと、あなた自身もお祝いする気持ちを失ってしまうことが多いです。

倦怠期の彼の行動により、以前よりも「彼を喜ばせたい」という気持ちが少なくなってしまっているからです。

彼の冷たい態度などから、「どうせお祝いしても喜んでくれないだろう」という憶測まで立ててしまうことで、サプライズなど手の込んだお祝いを実行しにくくなってしまいます。

倦怠期を抜け出したいと考えていても、そもそも自分自身のやる気がなければ、彼に喜んでもらえるお祝いをすることができず、倦怠期をだらだら続けてしまうこととなってしまいます。

倦怠期の彼の誕生日はあなた自身の気持ち次第でお祝いの仕方が変わってきます。自分のモチベーションが下がったままだと、決して彼が嬉しいと思えるお祝いをすることができませんよね。

倦怠期の彼への誕生日プレゼント、何を選べばいいかわからない

倦怠期の最中だと、プレゼント選びも難航してしまいます。倦怠期じゃないときと比べると、彼の喜ぶ顔がイメージしにくいからです。

誰かにプレゼントを贈るとき、相手の喜ぶ顔を想像しながら選ぶ人も多いのではないでしょうか?

彼に冷たい態度をとられていたり、会話が少ない状態だと、喜ぶ顔がイメージしにくくなってしまいます。

また、倦怠期の最中に、誕生日プレゼント何が欲しいか尋ねると、「別になくても良いよ」「特にほしいモノはない」などといった否定的、もしくは曖昧な返事しか返ってこないことが予想されます。

彼がいま欲しいモノを直接聞くことができれば、迷うことなくプレゼントを選ぶことができるのですが、この方法も使いにくくなってしまっています。

誕生日プレゼントは、言葉では表せない思いを伝えることに役立ちます。

何を選べばいいのかわからないからと言って適当に選んでしまったり、そもそもプレゼントを渡さなかったりすると、彼にあなたの思いを届けることが難しくなってしまいますよね。

倦怠期で彼の誕生日を迎えた場合、どのようにお祝いすればいいのかわからない

倦怠期の最中に彼の誕生日をお祝いしようと考えている場合、どのようにお祝いするのがベストかどうかわからないことが多いです。

倦怠期の影響で、お互いデートの優先順位が下がってしまっているため、「旅行に連れていく」「オシャレなディナーを楽しむ」「友人を巻き込んだサプライズをする」などのよくあるお祝い方法が使いにくくなってしまうからです。

倦怠期は、恋愛においてとてもナイーブになってしまっている時期です。

誕生日に、お互いが無理して大がかりなこと(旅行やサプライズなど)をしてしまうと、どちらかがしんどい思いをしてしまうことがあります。

せっかくの楽しい誕生日なのに空回りしてしまうと、余計に倦怠期を悪化させてしまうこととなってしまいます。

倦怠期によりお互いの優先順位が下がっている中で、どのようなお祝いするのが彼にとって最適なのか彼自身に聞くことも出来ず、抱え込んでしまうとあなた一人がしんどい思いをしてしまいますよね。

誕生日という特別な日をきっかけにして倦怠期を抜けだす意気込みで

誕生日という特別な日をきっかけに、倦怠期を抜け出すためには、彼の誕生日をお祝いし、喜んでもらう必要があります。

そのためには、「まずあなた自身が彼に、お祝いしたいという気持ちを持つこと」「誕生日プレゼントは、あなたにしか渡せない彼らしいものを選ぶ」「無理をせず2人の好きな場所でゆっくり過ごす」を意識してお祝いしてみるといいでしょう。

このポイントを意識することで、自然と彼のことを考える時間が増えてきます。

彼のことを一番に考えてお祝いすることで、今まで伝えられなかった彼への気持ちを改めて彼に示すことができるのではないでしょうか?

倦怠期の彼の誕生日は、「お祝いしたい」という気持ちを持つことが大切

倦怠期の彼の誕生日に「お祝いしたい」という気持ちを持つためには、まず今まで彼が自分にしてくれたことで嬉しかったことを思い出してみましょう。

そうすることで、彼に対して感謝の気持ちを生むことができるからです。

倦怠期の彼の誕生日をお祝いするためには、彼に対してお祝いする気持ちを持つことが大切です。

あなた自身のやる気がなければ気持ちのこもったお祝いをすることができないからです。彼に対して感謝の気持ちを持つことで、「せっかくの誕生日だし彼を喜ばせたい」というお祝いする気持ちにつなげることができるからです。

しかし、お祝いしたいといっても、倦怠期のさなかですので、無理に手の込んだお祝いをする必要はありません。

手の込んだお祝いやサプライズをしようとすると、あなた自身が疲れてしまうことがあるので注意しましょう。

まず、今一度、彼との会話やデートの記憶を呼び起こしてみましょう。

付き合いたての頃の誕生日でもらったものや、してくれたこと、初めて旅行に行ったときのことなどを、写真を見ながら思い返してみましょう。

楽しかった思い出や嬉しかった思い出に浸ることで、倦怠期だけど、やっぱり彼のことを大切にしたいと思えるようになります。

そして、今まで彼があなたにしてくれたことを思い返すことで、感謝の気持ちが沸いてきます。

その気持ちを、誕生日にお祝いするという形で伝えられるように、彼の誕生日までにモチベーションをあげることが大切です。

一方で、彼との思い出を思い返すことにより、「前は優しかったのに」「前はどこに行っても楽しかったのに」と、過去と現在を比較してしまい悲観的になってしまうことがあります。

そのときは、誕生日のお祝いをきっかけに、倦怠期を経て更なる理想の関係になることを目標としてみるのがいいかもしれません。

悲観的にならず、倦怠期は将来の自分たちのために必要な期間だと前向きにとらえることが大切です。

実際に私も、倦怠期で彼の誕生日を迎えた際、いつもよりお祝いする気になれないときがありました。

そして、倦怠期さなかに彼との思い出を見したとき、「あの時は何するにも2人一緒だったのになあ」と過去がうらやましくなったこともあります。

しかし、私は彼との将来を考えていたため、「絶対に倦怠期を抜け出してもっと良い関係を築きたい」と思うことができました。

そのため、彼の誕生日の日には、彼が主役の日だということを忘れずに、倦怠期ながらも必死に彼のことを考えお祝いをしたため、とても喜んでくれました。

結果、彼との倦怠期を抜け出すことに成功し、今はお互い自立していてもお互いのことを思い合う関係へと成長することができました。

倦怠期は、前の関係に戻ることだけがベストなのではなく、倦怠期を経てさらにお互いが理想とする関係へと成長することもできるのです。

このように、倦怠期を抜け出し、さらに良い関係へ成長するためのチャンスとして、ぜひ誕生日を活用してみてはいかがでしょうか?

倦怠期だからこそ、彼への誕生日プレゼントはあなたにしか渡せない彼らしいものを選ぶ

倦怠期中の彼に誕生日プレゼントを渡すためには、まず、彼との会話の機会を少し増やしてみましょう。

忙しくて会えない場合は電話でも大丈夫です。

会話の機会を増やすことで、彼の近況や置かれている状況を知ることができ、直接何が欲しいか聞かなくても、それがプレゼント選びのきっかけにもなるからです。

また、長年付き合いから、彼の好きなブランドや商品など、すでに知っている情報を駆使しましょう。

そうすることで、あなたにしか選べないプレゼントを彼に渡すことができるようになります。

長年付き合っているあなたにしかわからない彼の好みや特徴を踏まえてプレゼントを選ぶことで、彼に「自分のことを理解してくれている」と改めて実感させることができます。

倦怠期であっても、あなただからこそ贈れる彼らしいプレゼントがきっと見つかるはずです。

ポイントとしては、「男性への誕生日プレゼントランキング」のようなネットに掲載されている記事だけを見てプレゼントを選ぶよりも、彼に合ったものを選んでみると良いでしょう。

例えば、「彼がゴルフにハマっている→ゴルフウェアをあげる」「財布が古くなっていて困っている→財布をあげる」「彼がデスクワークに疲れている→リラックスグッズをあげる」というように、プレゼントを選んだ理由がハッキリしていると、彼が喜んでくれやすいです。

ネット上に載っているランキングの定番商品の中から選ぶのではなく、彼が求めているもの、好きなものを選ぶことがポイントです。

そうすることで、彼に、本当に自分のことを考えてプレゼントを選んでくれたと思わせることができるからです。

具体的に何を買うかが決まったあと、どこのお店で買うか迷った場合は、もともと彼が好きだったブランドやお店があればそこで買うと良いでしょう。

実際に私も、現在の旦那と付き合って数年目のとき倦怠期を迎えていました。前ほど誕生日を重要視しなくなっていたため、そもそもプレゼントを買うかどうか迷っていましたが、せっかくなので、何か渡そうと考えていました。

そこで、遠距離で1人暮らししている彼が自炊にハマっているという話を以前から聞いていたため、彼に少し高価な名前入りの包丁をプレゼントすると、「センス良いね。」と言ってとても喜んでくれました。

「料理人でもない男の人に包丁をプレゼントするのって変わってるね」と友人に言われたこともありますが、私は彼がこのプレゼントを気に入ってくれると確信をもっていました。

彼のことを一番よく知っているのはあなたなのですから、自分が選んだプレゼントにぜひ自信を持ってみてくたさい。

一方で、倦怠期期間のため、以前よりも会話の機会が減ってしまい、電話や直接会うことが難しくなっているカップルも多いと思われます。

そのときは、過去の会話の記憶を頼りに、彼の好きなもの、喜ぶものをプレゼントしてみましょう。

一番重要なのは、彼のことを考えて選んだという事実ですから、それが彼に伝われば問題ありません。

ランキングに載っている定番のプレゼントよりも、彼のことを考えて選んだ、「彼らしいプレゼント」のほうが、倦怠期中のカップルにとって、心に響くものがあります。

あなたの思いが詰まった、彼らしいプレゼントを贈ることで、倦怠期中の彼を喜ばせてみてはいかがでしょうか?

倦怠期中の彼の誕生日は、2人の好きな場所でゆっくり過ごすと良いでしょう

彼の誕生日にゆっくり落ち着いて過ごすためには、まずお互いのスケジュールを調整しましょう。

どちらかが仕事で忙しい時や、極度に疲れているときは、無理に誕生日の当日に会わなくても大丈夫です。

次に場所ですが、周りに気を使わない場所を選びましょう。

どちらかの家などが理想的です。

もし一緒にいることがつまらないと感じてしまっても、家では自分の時間を楽しむこともできますし、一方でテレビやゲームなどで2人の時間を共有することもでき、選択肢が広がるからです。

お互いに倦怠期だと、過密なスケジュールでの移動や、遠出は疲れてしまうことがあります。

心に余裕がない状態で会うことで、さらに倦怠期を悪化させてしまうことにつながりかねません。

まず、日程の調整ですが、誕生日当日に会うのが難しいようでしたら、誕生日近くでお互いが休みの日などを提案してみましょう。

仕事がある日とない日では、一緒にいられる時間が大きく変わってくるからです。

そして、誕生日当日は、会う予定がなかったとしても、何かしらの手段で、「誕生日おめでとう」との一言は伝えておきましょう。

会えないからこそ、気持ちを伝えるのが大切です。

お祝い当日は、家中にサプライズを仕掛けて、彼を驚かせようとするのもいいですが、あなた自身が疲れてしまうと意味がありません。

一番効果的なのは、手料理です。彼の大好物やあなたの得意料理を作って振舞ってあげることで、彼に喜んでもらいましょう。

「倦怠期の中、彼女が自分のためを思って料理をしてくれた」この事実だけで、彼は久しぶりのときめきを感じること間違いなしです。

実際に私の友人も、誕生日に手料理をふるまった経験がある人が多いです。その経験談を聞くと、「ケンカしていたけど、誕生日、仕事終わりに家に来てもらって手料理を準備していたら仲直りできた。」「料理がすごく苦手だけど、倦怠期中の誕生日に初めて手料理を彼に食べてもらったら、一転して同棲のきっかけになった。」など、明るい話を聞くことができました。手料理は、女性が思っている以上に男性の心に響きます。

手料理を少し苦手だと思っている方も、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

一方で、もともと同棲しているカップルや、家で過ごすことの多いカップルだと、この方法は、いつもの日常と変わらない新鮮味の欠けたお祝いとなってしまうこともあります。

その場合は、彼の大好物を作ってみる、手作りのケーキを作ってみるなど、いつもと少し違った味を出してみるのも1つの方法です。

また、落ち着いた雰囲気のお店に前もって予約して出向いてみたり、行きつけのお店でコース料理を頼んでみたり、無理のない範囲でお祝いをしてみるのもいいですね。

お互いゆっくり時間があるときに、家などの落ち着いた場所で手料理を食べながら彼の誕生日をお祝いすることで、幸せを感じること間違いなしです。

心を込めて彼の誕生日をお祝いし、倦怠期を抜け出すきっかけを作ってみましょう。

ライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

倦怠期の中での誕生日をきっかけにして倦怠期を抜け出す

彼と長年の付き合いもマンネリ化してしまい、倦怠期を迎えている。

そんな中、彼の誕生日を迎えてしまったが、どのようにお祝いすればいいのかわからない。お祝いしても、喜んでもらえる自信がない。

そんな悩みをお持ちの女性はいらっしゃいませんか?倦怠期の中、彼の誕生日を迎えると、以前みたいにお祝いすることをためらってしまう原因は、あなた自身がお祝いする気持ちになれず、誕生日プレゼントや、シチュエーションにも迷ってしまうからです。

これらには、「彼の誕生日をお祝いしたいという気持ちを持つ」「プレゼントはあなたにしか渡せない、彼らしいものを選ぶ」「2人の好きな場所でゆっくり過ごす」というポイントを押さえることで、迷うことなくお祝いをすることができるようになります。

倦怠期だからこそ、上記のポイントを押さえ彼のことを一番に考えてお祝いすることによって、彼にもその気持ちが伝わります。

彼の誕生日をきっかけに、ぜひ倦怠期を抜け出してみてはいかがでしょうか?