同棲中に彼が倦怠期を迎えてしまった!別れずに乗り越える方法とは?

同棲を始めてから、彼が倦怠期を迎えてしまった。そんな彼と別れずに今後も同棲を続けていきたいと思っている女性はいらっしゃいませんか?

まずは、彼が倦怠期になってしまった原因を探ってみましょう。

同棲により2人で過ごす時間が多くなり、彼があなたとの生活に慣れてしまい倦怠期になってしまった場合は、「初心に戻るきっかけを作る」ことが大切です。

いつもの日常に刺激を与えることで、あなたの良さを再認識させることができます。

次に、彼が仕事や人間関係に疲れてしまい、余裕がなくなってしまった場合は、「居心地の良い環境を作る」ことを心がけてみましょう。

外で疲れてしまった彼を癒してあげることで、頼られる存在になれるからです。

最後に、同棲生活において価値観のズレを感じてしまった場合は、「理想の家庭について話し合う」ことが大切です。

それぞれの価値観を理解し、協力することで、一体感が生まれ倦怠期の解消につながります。

倦怠期の原因を探るために、まずは彼を観察してみましょう

あなたが彼の倦怠期を感じてしまうのは、過去と現在で彼の態度や行動が変わってきているからです。

同棲を始めて、なぜ彼が倦怠期になってしまったのか?

原因を探るために、まずは倦怠期になる前と後の彼の行動を比較してみましょう。

彼の行動を比較し、観察することで、今まで気づかなかった彼のメッセージに気づくことができるかもしれないからです。

彼の些細な変化、メッセージに気づくことで、自然とあなたの彼の倦怠期の原因が浮かび上がってきます。

同棲中の彼が倦怠期を感じてしまう原因は大きく分けて3つあります

原因は人それぞれですが、その中でも特に、同棲を始めたカップルによくある原因を3つ取り上げました。

それは、「彼があなたとの生活に慣れてしまった」「彼がほかのことで手一杯になっている」「同棲生活における価値観のズレを感じている」の3点です。

同棲により一緒に過ごす時間が増えたことから、今まで見ることがなかった一面を見ることが多くなり、これらの原因が倦怠期につながっていると考えられます。

同棲中の彼が倦怠期になったのは、あなたとの生活に慣れてしまったから?

同棲し始めたころは、テレビを見る、ゲームをする、料理をするなど、何をするにも2人一緒だったのに、今では一人で携帯ゲームをするばかりで会話やスキンシップも減ってしまった。

そのような変化があるあなたの彼は、あなたとの生活に慣れてしまっている可能性があります。

同棲し、毎日時間を共有することは、私生活をさらけ出すことと同じです。ノーメイクの顔や、見られたくないだらしない姿などを目にされることも増えるはずです。

そうすると、以前よりも彼がときめきを感じる機会が少なくなってしまいます。

このように刺激のない毎日を送ることで、あなたとの生活に慣れてしまい、一緒にいてもつまらないと感じてしまったり、他の女性に目移りしてしまうことにつながりかねません。

同棲中の彼が倦怠期になったのは、彼が他のことで手一杯だから?

彼が仕事から帰ると、ごはんを食べてすぐに寝てしまう。家での口数が減り、会話が進まない。

休みの日もあまり外に出かけようとしない。このような変化を感じた場合、彼が仕事や人間関係で疲れてしまっている、もしくは何か大きな問題を抱えているかもしれません。

同棲を始めることにより、仕事で疲れ切っている彼や、何かに追われて余裕のない彼など、いつもとは違った表情の彼を目にすることが多くなります。

また、男性は女性とは違い、疲れているとき、余裕がないときなど、口に出して相談することが少ない傾向があります。

そのため、彼の本心に気づくことができず、「自分に冷めてしまっているのでは?」と不安に思ってしまう女性も多いのではないでしょうか。

同棲を始める前は、お互い余裕があるときに予定を合わせて会うことが多いため、そのような彼の一面を見たことがないこともそう感じる要因の1つです。

彼の気持ちを汲み取ることができず、あなた自身の不安だけが大きくなってしまうと、倦怠期のわだかまりを大きくしてしまうこととなってしまいます。

同棲中の彼が倦怠期になったのは、生活における価値観のズレが生じたから?

同棲をすることにより、彼から口出しをされることが多くなった。逆に、口出しすることが多くなった。

ケンカが増えた。

このような変化を感じた場合、彼があなたとの生活における価値観のズレを感じていることがあります。

金銭感覚や、家事の方法、家での過ごし方など、育ってきた環境によって違いがあるのは当然です。

価値観の違いを目の当たりにすることで、妥協できないことや許せないことが出てきてしまいます。

彼がそう感じている場合、あなたの言動に1つ1つに対しイライラしてしまい、彼もあなたもしんどい思いをしてしまいます。

また、あなたが価値観のズレを感じてしまった場合も、彼にあなたのイライラが伝わってしまい家での雰囲気を悪くしてしまうこととなってしまいます。

妥協できない範囲の価値観のズレは、そのままにしておくと同棲の解消につながってしまうこととなってしまいます。

同棲中に倦怠期になってしまった彼と別れないためには原因に応じて対策を考える

同棲を始めると、生活が一変するため倦怠期に陥るカップルも多いです。なぜ彼が倦怠期になってしまったのか?彼を観察し、気持ちを汲み取ることで、それに応じた対策が浮かびあがってきます。

2人で過ごす時間が多くなり、彼があなたとの生活に慣れてしまい倦怠期になってしまった場合は、「初心に戻るきっかけを作る」ことが大切です。いつもの日常に刺激を与えることで、あなたの良さを再認識させることができます。

次に、彼が仕事や人間関係に疲れてしまい、余裕がなくなってしまった場合は、「居心地の良い環境を作る」ことを心がけてみましょう。

外で疲れてしまった彼を癒してあげることで、頼られる存在になれるからです。

最後に、同棲生活において価値観のズレを感じてしまった場合は、「理想の家庭について話し合う」ことが大切です。

それぞれの価値観を理解し、協力することで、一体感が生まれ倦怠期の解消につながります。

同棲中に倦怠期になっている彼と別れないためには、初心に戻ってみる

同棲を始め、2人で過ごすことが多くなり、彼があなたとの生活に慣れてしまったときは、外でデートをすることをおすすめします。

外でデートをすることによって、付き合いたての頃の気持ちを取り戻すことができるからです。

付き合った当初の気持ちを呼び戻すことで、ドキドキ感や、ときめきを再び感じるきっかけとなります。

このドキドキ感や、ときめきは、同棲により倦怠期に陥ってしまったカップルにとって、とても良い刺激を与えてくれます。

同棲を始めると、毎日顔を合わせるため、デートのために外に出ていく必要がなくなります。

家で過ごす時間が多くなることにより、かつてデートしていたころのようなワクワクや、ドキドキ、ときめきなどを感じなくなってしまいます。

そのため、2人で外出し、付き合いたてのころのようなデートをすることで、当時の気持ちを呼び戻してみましょう。

外でのデートは、近所のスーパーやファミリーレストランではなく、なるべくデートらしいプランを考えて提案してみるといいでしょう。

例えば、水族館やテーマパークなどの施設に行ってみるのも一つの方法です。

このような施設は、訪れる目的が決まっているため、途中でグダグダしてしまうことなく楽しいデートをすることができるのでとても魅力的です。

また、少し背伸びして、大人っぽいレストランや、雰囲気の良い居酒屋にディナーをしにいくのも良いでしょう。

落ち着いて話をする場を設けることで、改めて2人の中を深められるからです。

時間に余裕があるときは、2人でプチ旅行を計画してみるのも良いかもしれません。

家ではなく、温泉旅館やホテルに泊まることで、いつもと違った雰囲気を味わうことができます。

同棲に慣れてしまったカップルは、このような気分転換を定期的に行うことで、より充実した毎日を送ることができるでしょう。

私の友人は、付き合って7年、同棲を始めて2年のベテランカップルなのですが、月に一度、必ずお出かけデートをしているそうです。

家ではいつも化粧をせず、ダラけてばかりいるそうなのですが、お出かけデートの日は、とびっきりのオシャレをしてデートをするそうです。

私生活丸見えの姿ではなく、月に1度だけ特別な姿を見せることで、今でもそのデートの日に「とても可愛いね」と彼から褒めてもらえるそうです。

付き合って7年経った彼から、可愛いと褒めてもらえることなんて、なかなか珍しいことではないでしょうか?

また、その日だけは、初心に戻ってデートをすることがお決まりだそうで、家族のような存在でありながら、きちんと恋人として接することが大切だそうです。

この特別なお出かけデートのおかげか、私の友人は、付き合って7年、同棲して2年経った今でも、ラブラブカップルです。

一方で、初心に戻りデートすることで、「付き合いたてのころはもっとラブラブだったのに」「手すらつないでくれなくなった」など、彼の態度の差を感じてしまうきっかけにもなってしまいます。

しかし、この差に落ち込む必要はありません。カップルは長く付き合えば付き合うほど、家族のような存在になります。

スキンシップをとらなくなったり、人前でイチャイチャしなくなったのは、大人になった証拠だとも言えます。前向きにとらえることでさらにデートを充実させましょう。

同棲に慣れてしまい、彼が倦怠期を感じているなと思ったら、初心に戻り、特別なデートをすることで、いつもの日常に刺激を与えましょう。

同棲に慣れてしまうことは、決して悪いことではありません。

あなたといる日常が当たり前になるということは、家族のような存在になったということでもあります。

「家族でもあり、恋人でもある」そんな関係を築くことで、倦怠期を抜け出し、将来を見据えた長い付き合いを実現することができるでしょう。

同棲中に倦怠期になっている彼と別れないためには、居心地の良い環境をつくる

同棲中の彼が、仕事や外の人間関係に疲れたり、余裕がないときは、まず彼の気持ちを一番に考えることを優先しましょう。

彼の気持ちを一番に考え、行動することで、彼がリラックスできる環境を作ることができるからです。

外で疲れている彼が家では落ち着いてリラックスできるような環境を作ってあげることで、彼の疲れを癒してあげることができます。

また、仕事の期日に追われていたり、大きなプロジェクトを任されていて、彼に余裕がないときは、あまり干渉せずにそっとしておいてあげましょう。

このような彼の態度から、「私のことが嫌いになった?」と不安になってしまい、彼に問いただしたり、悪態をついたりしてしまうと、彼の焦りや疲労がさらに蓄積されてしまうこととなってしまいますので注意しましょう。

ポイントとして、彼にいつも以上の気遣いをしてみるのもいいでしょう。彼が仕事から帰ってきたら、彼の大好物を作ってふるまう。

ビールを出してあげる。スーツをかけてあげる。

彼がくつろぎやすいようにリビングを掃除しておく。彼が好きなテレビをつける。お風呂を張ってあげる。

など、いつも以上に彼を気遣う心を見せてみると良いでしょう。

彼に気遣いの心を見せることで、「疲れている自分を癒そうとしてくれているんだな」と感じさせることができます。

実際に私の旦那も、仕事から帰ってご飯を食べた後すぐに、リビングのソファーで寝ていることが多いです。

初めは、せっかくお互いが家で過ごせる夜なのにろくに会話することもできずひとりで寂しい思いをしてしまい、無理に起こしてしまったり、なかなかお風呂に入らないことにイライラしてしまうこともありました。

しかし、そのようなことが続けば、彼が帰ってきたいと思うような家庭を作れないと思い、彼の立場に立って考えてみることにしました。

彼は私より朝が早く、営業で一日中外を走り回っているため、夜疲れてしまうのは仕方のないことだと思い、彼を理解してあげることで、自然と寂しさやイライラを押さえることができました。

一方で、男性はプライドの高い性格を持っていることが多いため、仕事や人間関係で疲れていることを口に出さず、自分自身で抱え込んでしまうことが多いです。

そのため、どうすれば彼にとって一番居心地の良い環境を作れるのかわからず、気遣いが行き過ぎてしまったり、逆に気を使わせてしまうこともあるかと思われます。

その場合は、しばらくそっとしておくのがベストです。「なにかあったら言ってね。」と優しく声だけかけ、家で過ごす時間がストレスにならないように配慮するだけでも十分です。

あなたの優しい気遣いに気づいたとき、あなたの大切さをさらに実感することとなるでしょう。

彼の気持ちを理解し、包み込んであげることで、彼にとってあなたとの家が居心地の良い最高の場所となり、倦怠期を解消することができるでしょう。

同棲中に倦怠期になっている彼と、理想の家庭について話合ってみる

まずは、価値観のズレや違和感を感じても落ち着いて行動することが大切です。

あなた自身が彼に価値観を押し付けようとしてしまうと、対等に話し合いができなくなってしまうからです。

その上で、お互い「ここだけは譲れない」「理想の家庭を築くためにはこうするべき」といった意見を交換し、話し合いをしてみましょう。

話し合いをすることで、すぐに相手の価値観に合わせられるようになるわけではありませんが、相手の価値観そのものを理解することで、生活するにあたって協調性が見られるようになるでしょう。

一つ一つの相手への気遣い、思いやりが理想の家庭を築くに当たって重要になってきます。

そのために、2人の生活の中で、簡単なルールを作ってみるのはいかがでしょうか?

例えば、彼が家事を全然手伝ってくれない。あなたが家事をしている間、彼がずっとゲームばかりしている。

など、彼の怠惰な態度に悩んでいる女性の方は、家事の役割分担を提案してみてはいかがでしょうか。

特に共働きのカップルでは、女性側ばかりが家事をしていると、負担が大きくなり不満も募りやすいです。

そのため、平日のいつもの家事(食事、洗濯、洗い物など)はあなたが担当し、仕事が休みの日に風呂掃除、掃除機をかけるなどの家事を彼に率先してやってもらうなど、家事の役割分担を決めると良いでしょう。

分担することで、彼に責任感を与えることができるからです。

家事をどちらかに押し付けるという意味ではなく、「一緒に生活するにあたって家事を分担し協力する」という意味で捉えると、受け入れやすいかと思われます。

他にも、彼が貯金を一切してくれない。彼がお金にルーズでイライラしてしまう。

もしくは、彼がケチでお金を全然払ってくれない。などの金銭感覚の差に悩まれている女性も多いのではないでしょうか?

そのような場合は、2人でお金を出し合い、共通の資金を作ることを提案してみてはいかがでしょうか?

共通の資金を作ることで彼に、「自分だけのお金ではない」と実感させることができるからです。

その共通の資金は、旅行のために貯金するのでも良いですし、2人の生活費としてやり繰りするのでも良いですし、使い道は2人で決めましょう。

それぞれが自分のお金を使い続けると、金銭感覚の差は埋まりにくいですが、資金の一部を共有することで、お互いの金銭感覚を理解するきっかけになります。

一方で、2人の間で決めごとや目標を作ってしまうと、それが守られなかった場合、ケンカをしてしまったり、彼に呆れてしまったりする恐れがあります。

このような決めごとは、家事を協力し合い、お互いの価値観を理解するためのステップです。

出来なかったことを責めるのではなく、どちらかに余裕がないときは、助け合う気持ちを持つことが大切です。

このように2人の間で決めごとや共通の目標をたてることで、一体感が生まれます。

生活における価値観のズレが生じてしまい倦怠期に陥ってしまったカップルは、「価値観の差は埋まらないだろう」と諦めてしまうのではなく、お互いを理解しあう気持ちを持つことが大切です。

そうすることで、初めは気になっていたことがどんどん気にならなくなり、お互いが居心地の良い環境を作ることができるのではないでしょうか。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

倦怠期の原因を突き止め、それに応じた解決策を

倦怠期を迎えてしまった彼と別れずに今後も同棲を続けていきたいと思っている女性は、まず彼が倦怠期になってしまった原因を探ってみましょう。

同棲により2人で過ごす時間が多くなり、彼があなたとの生活に慣れてしまい倦怠期になってしまった場合は、「初心に戻るきっかけを作る」ことが大切です。

いつもの日常に刺激を与えることで、あなたの良さを再認識させることができます。

次に、彼が仕事や人間関係に疲れてしまい、余裕がなくなってしまった場合は、「居心地の良い環境を作る」ことを心がけてみましょう。

外で疲れてしまった彼を癒してあげることで、頼られる存在になれるからです。

最後に、同棲生活において価値観のズレを感じてしまった場合は、「理想の家庭について話し合う」ことが大切です。

それぞれの価値観を理解し、協力することで、一体感が生まれ倦怠期の解消につながります。自分たちならではの方法で倦怠期を乗り越え、将来を見据えた付き合いを実現させましょう。