知らなきゃ破局!?倦怠期が原因で浮気したい時の解消法は??

恋人との付き合いは長くなり、初めは仲良しだった自分たちも倦怠期を迎えてしまった。

こんな状態なら、違う異性と遊びたい。浮気してしまいたい!そんなことを考えてしまっていませんか?

しかし、本当に浮気をしてしまった場合、それはいつか恋人にもばれてしまいます。あなたの浮気が原因で恋人に怒られ、悲しませ、別れを選択することになりかねません…。

そんな結果を生まないためにも、浮気したい気持ちを抑える必要があります。そのために、浮気した後のことを考えたり、恋人との思い出を振り返ったりしましょう。

浮気後のことを考えることで恋人を悲しませたくないと冷静になったり、思い出を振り返ることで恋人の素敵なところを思い出したりすることができ、浮気したいという気持ちを抑えることができるようになりますよ。

浮気してしまったら…

お付き合いの長いカップルの多くには倦怠期が訪れます。

その中で、刺激や新しい出会いを求めて、「合コンに行ったり、異性と遊びに行ったりしたい!」という浮気願望が生まれてきてはいませんか?

実際に浮気をするとどうなるでしょう?

初めは、刺激や新しい出会いが新鮮で、楽しい時間を過ごすことができるかもしれません。

しかし、それは一瞬です。

そのデート中にも、恋人を裏切っている罪悪感を持ち続けなくてはならないでしょう。

実際に浮気相手と会っていない時も、恋人を裏切ってしまったという罪悪感は付きまといます。

さらには、いつかは恋人にも浮気がばれてしまうでしょう。恋人はあなたに怒り、悲しみ、傷つくでしょう。

そして、多くの場合は、別れを選択しなくてはならなくなるのです…。

どうして浮気をしたくなるの?

多くの方は、「浮気=よくないこと」ということは重々わかっていますよね。

しかし、思わず浮気をしたくなってしまうことがあるのも事実です。実際に行動に移さずとも、思ってしまっただけなら、多くの方が経験しているかもしれません。

どうして浮気をしたくなってしまうのでしょう。

あまりにもタイプの人が現れたから思わず…という場合もあるでしょう。

恋人に浮気をされたから仕返しに!という場合もあるかもしれません。

原因は様々ですが,今回は、お付き合いが長く倦怠期だからこそ起こりがちな原因についてご紹介します。

この文章を読んでいるということは、きっと読者の方は倦怠期に悩んでいるはずですからね。

原因① 他にもっといい人がいる気がする

お付き合いが長いカップルは、そのお付き合いの時間分だけ、お互いの悪いところをたくさん知っているため、他にもっといい人がいるのではないかという疑念が生まれてしまいやすいのです。

お付き合いが長いカップルは、もちろん、お互いの素敵なところをたくさん知っています。

長い付き合いの中で、たくさんの素敵なところを見つけてきたでしょう。

しかし、同時に悪いところもたくさん知ってしまっているのです。

そんな中、倦怠期が訪れてしまうと、恋人の悪いところばかりが気になって仕方なくなります。

そして、「他にもっといい人いるんじゃないかな」「今の恋人とは違って〇〇をしてくれる人がいるはず」という様に考えるようになってしまいます。

恋人にはある欠点がない別の異性を求めてしまう様になるのです。

「他にもっといい人がいる気がする」と思ってしまうと、その理想の人と出会うために、新しい出会いを求め、出会いの場に出かけたくなってしまい、浮気の原因になってしまうのです。

原因② 恋が冷めてしまった気がする

倦怠期に陥ると、恋人との時間にときめきも減り、退屈に感じてしまう様になるため、この恋はもう冷めてしまったのではないかという疑念も生まれてしまいやすくなります。

お付き合いの長いカップルだからこそ、初めは新鮮だった恋人の存在も、当たり前の存在へと変わっていきます。

自然体でいられるようになると考えればいいことなのですが、倦怠期のカップルにとっては、そんな恋人の存在は、ドキドキしない退屈な存在と感じられてしまいます。

そして、「一緒にいても退屈だし、昔のようにドキドキすることがなくなった。

自分たちの恋はもう終わってしまったのかもしれない。」と恋が冷めてしまったように感じてしまうのです。

「恋が冷めてしまった」と感じてしまうと、関係が冷めた恋人と一緒にいる意味がなくなってしまい、新しい出会いや新たな刺激を求めて、恋人以外の異性と会うようになり浮気の原因となってしまうのです。

浮気願望を抑えるためにはどうしたらいいの?

上記のような原因により、浮気願望が出てきたらどうしたらよいのでしょう

。本当に浮気をしてしまっては、罪悪感に苛まれたり、相手を傷つけたりする結果になりかねません。

それを防ぐためにも、浮気願望を抑える方法を身につけましょう。

芸能人や漫画の登場人物からときめきを貰うことも浮気願望を抑えることに効果があるそうです。

また、友達との時間を増やすなど恋愛から距離を置くことも有効なようです。

様々な方法がありますが、今回は、原因を探ったときと同様に、この文章を読んでいる方に多いであろう、倦怠期を迎えたカップルだからこその有効な手段についてご紹介します。

浮気した後のことを考える

倦怠期が訪れるほど長いお付き合いをしてきたカップルですから、恋人との間には、恋愛感情だけでない深い絆があるはずです。

そんな2人だからこそ、浮気をした結果、大切な恋人を悲しませることを想像することで浮気願望は抑えやすくなります。

「他にもっといい人がいるかもしれない」と思っている方も、恋人を悲しませる浮気をしてまで、その相手を見つけようとは思わなくなるでしょう。

ここまでも、何度か浮気した末を書いてきましたが、もう少し具体的に想像してみましょう。

恋人と別の異性とするデートは、初めは楽しく感じることが多いでしょう。

同じ映画デートでも、恋人以外の異性といくと、恋人とは違う反応が見られたり、恋人にはない視点で感想を言い合えたり、と新鮮さが大きく、楽しめることも多いかと思われます。

しかし、楽しさだけでは終われません。デートの帰りには、恋人を裏切ってしまった罪悪感や申し訳なさが高まっていくでしょう。

場合によってはデート中から、罪悪感があり十分に楽しめないということも起こりえます。

また、デートの前後でなくとも恋人を裏切った罪悪感が消えることはないでしょう。

いつも、浮気してしまったことが気になり、申し訳なさを感じてしまうでしょう。

そこまでなら、自分が辛くなるだけで終わりますが、そうはいきません。

いつか浮気がばれてしまう日が来ます。すると、恋人に怒られることは間違いありません。

さらには、自分のしたことによって、恋人が強く悲しみ傷ついているところを見なくてはならなくなるのです。

いかがでしょう。

浮気なんてするもんじゃないな…という気持ちになってきませんか?

もう少し、例を挙げつつご説明します。浮気した後のことを想像することで、「こんな風に罪悪感を持ちながら過ごすなんて絶対嫌だ」と思えたり、「こんな風に恋人を傷つけたくない」と感じたりするようになりますよね。

すると、浮気をしたいという気持ちが衰退し、「恋人を傷つけないようにしたい」「恋人を大切にしないといけないな」という気持ちになることができるのです。

ただ、もし浮気の想像が十分にできていないと、失敗に終わる可能性もあります。

楽しい部分しか想像できないと、浮気願望はむしろ高まるでしょうし、自分が怒られるまでしか想像できないのも自分だけで完結してしまうので、不十分です。

必ず、恋人を悲しませ、傷つけるというところまで想像してください。

お付き合いが長く、恋愛感情以上の絆があるカップルだからこそ、相手を悲しませたり傷つけたりしてしまうことが、自分が傷つく以上に辛く感じ、浮気願望を抑えるのに役立つのです。

このように、浮気した後を想像することで、「こうやって恋人を傷つけたくない」という気持ちに気付け、浮気願望は衰退し、2人の関係も良好なものへと変化させることもできるようになるのです。

彼との思い出を振り返る

カップルにはたくさんの思い出があるでしょう。

倦怠期を迎えたカップルの多くはこの思い出を忘れてしまっていることが多いため、この思い出を振り返ることで、楽しかった日々がよみがえり、浮気をしたい気持ちを抑えられるようになります。

「自分たちの恋は冷めた」と感じている方も、思い出を振り返ることで、恋人への愛情を思い出し、浮気をしようという気持ちが抑えられるでしょう。

浮気をしたいときは、たいてい、恋人が構ってくれない寂しさや恋人に対する苛立ち、もやもやで、恋人との幸せな瞬間を忘れてしまっています。

特に、倦怠期が訪れるように長い月日を共にしてきた、恋人ならば、付き合った当初の思い出などは、意識的に思い出さない限り忘れている思い出がほとんどだと考えられます。

そこで、意識的に恋人との思い出を振り返るようにしてみましょう。

今はほとんどのカップルがスマホでたくさんの写真を残しているでしょうから、それらを見返してみるといいでしょう。

すると、「初めてのデート嬉しかったなぁ」「ここに旅行に行って楽しかったなぁ」「この時サプライズしてくれて嬉しかったなぁ」という様に、鮮明に思い出がよみがえってきますよね。

すると、浮気願望も抑えられ、関係改善にもつながります。

例を挙げながらご説明します。思い出を振り返るたびに、その頃の「楽しかった」「嬉しかった」「面白かった」などという幸せな気持ちに触れることができるようになります。

その結果、寂しかったりイライラしたりしていた気持ちが幸せな感情で満たされるようになり、「浮気なんてばからしい」と浮気願望は抑えられていきます。

また、「こんな幸せをくれた恋人を大切にしないといけない」「これからも幸せな思い出を増やしたい」という気持ちにも慣れ、浮気願望を抑制したうえ、もっといい関係をつくろうという意欲にさえ繋がります。

しかし、思い出を振り返る中で、昔と現在と比較し、イライラしてしまうこともあるので、注意が必要です。

例えば、以前の誕生日でのサプライズを思い出しながら、「昔はよくサプライズをしてくれたのに、最近は全くしてくれなくなったな」と考えてしまうことが例に挙げられます。

これだと、幸せな気持ち以上に、現在の彼に対するイライラが勝ってしまい、浮気願望を抑えることができません。

むしろ、以前の恋人のようにサプライズをしてくれる別の異性を求めてしまうかもしれませんね。

そうならないためにも、思い出を振り返る際には、昔と現在との比較はやめましょう。

今はどうということより、昔の思い出に浸った方が恋人への愛情や2人の幸せな気持ちを思い出すことができ、浮気願望の抑制に有効です。

このように、思い出を振り返ることで、幸せだったころの感情を鮮明に呼び起こすことができ、浮気したいという願望を抑えられるようになります。

そして、「こんな幸せをくれた恋人を大切にしよう」という様に、浮気願望を抑えるだけなく恋人との関係をより良好なものにする意欲もわいてくるのです。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

倦怠期が原因の浮気願望を抑えるために

お付き合いが長く倦怠期を迎えた彼との関係の中で、「他にもっといい人がいるのではないだろうか」と考えたり、「もうこの恋は冷めてしまったのではないだろうか」と考えたりしてしまい、浮気したい気持ちが湧き上がってくることもあるかもしれません。

しかし、本当に浮気をしては、結果的に別れを選ぶことになってしまうことも少なくありませんよね。そこで、浮気願望を抑えるようにしましょう。

浮気をした後を想像すると、自分が罪悪感に苛まれることや、自分の浮気により恋人を悲しませ傷つけることが分かります。

また、恋人との思い出を振り返ることで、もやもやした気持ちに隠れていた恋人への愛情を思い出したり、幸せな気持ちを思い出したりすることができます。

その結果、恋人への愛情を思い出すことができ、浮気願望は抑えられ、より良い関係を気づいていこうという意欲さえ持てるようになるのです。