倦怠期を乗り越えたい!倦怠期中の彼氏に手紙を贈る秘訣とは?

付き合っている彼氏と、倦怠期に突入。

しかし、これからも彼氏と付き合っていきたいと思っているあなたは、何とかして倦怠期を乗り越えたいと思っているのではないでしょうか。

直接会って話しても、喧嘩になってしまったり、気持ちが上手く伝えられなかったりしてしまう。

そこで、直接伝えづらいことも手紙なら伝えることができると考え、彼氏に手紙を贈ろうと決意。

しかし、倦怠期中の彼氏に手紙を贈ることは、果たして効果があるのだろうか、ひょっとしたら逆効果になってしまうのではないかと悩んでいませんか?

彼氏に手紙を渡しても、面倒くさいと思われたり、読んでもらえなかったりしたらどうしようと、不安を抱いているでしょう。

誕生日や記念日に書くと手紙と違い、倦怠期中に贈る手紙を、どのように書いていいのか分からず、困り果てているのではないでしょうか。

「私はこのように考えている」という自分目線であったり、「今の状況がつらくて何もする気が起きない」というネガティブな感情であったり、彼氏に伝えたいことはたくさんあるでしょう。

しかし、自分の気持ちを一方的に書き綴った手紙や、ネガティブな内容が書いてある手紙を彼氏が受け取った時、彼氏はどう感じるのか。彼氏の立場になって手紙を書かなければ、倦怠期を乗り越えるどころか、「自分のことばっかりで、俺の気持ちは全然分かっていない」と思われてしまう恐れがあります。

そうすると、二人の心の距離はどんどん広がっていき、別れに繋がることもあるかもしれません。

本記事では、倦怠期に入ってしまった時に、彼氏に手紙を贈る秘訣を2つご紹介しています。この2つの秘訣を実行することで、倦怠期を乗り越えるきっかけとなる素敵な手紙を書くことができるはずです。

読んだらすぐ実行に移しましょう!

倦怠期中に手紙を渡しても、逆効果になるかもしれない

彼氏と倦怠期に入ってしまったものの、これからも付き合っていきたいと思っている。

しかし、デートをしていてもぎくしゃくしたり、会話をすれば喧嘩になったりすることもしばしば。自分の気持ちを上手く伝えることができない。

そこで、直接言いづらい彼氏への想い、あなたが感じている素直な気持ちを手紙に書いて渡したいと、考えているのではないでしょうか。

しかし、倦怠期中の彼氏に手紙を贈ることは、かえって逆効果になってしまうのではないかと悩んでいませんか?

面倒くさいと思われないか、ひょっとしたら読んでさえくれないかもしれないと、不安を抱いているでしょう。

ですが、あなたが倦怠期を乗り越える為に、手紙を彼氏に贈りたいと考えたのであれば、すぐ行動に移す必要があるのです。

何も行動せずに悩んでいるだけでは、倦怠期を乗り越えることはできません。失敗を恐れ何もしないままだと、二人の関係がどんどん悪化し、取り返しのつかないことになるかもしれません。

倦怠期中に贈る手紙の書き方が分からない

彼氏とこれからも付き合っていきたいと考えているけれど、倦怠期に突入してしまった。

直接会って話しても、上手く自分の気持ちを伝えることができず、お互いにすれ違い、喧嘩となってしまうこともあるでしょう。

そこで、彼氏に手紙を贈ろうと思ったものの、どのように手紙を書いたらいいのか、倦怠期を乗り越える為の効果的な手紙の書き方が分からず、悩んでいませんか?「私はあなたに対してこのように思っている」という自分目線の気持ちや、「今の状況がつらくて何も手につかない」というネガティブな感情など、彼氏に伝えたいことはたくさんあるはず。

かし、そのように自分の気持ちを一方的に書き綴った手紙や、ネガティブな内容が書いてある手紙を彼氏が受け取った時、彼氏はどのように感じでしょうか。手紙を受け取る彼氏の立場になって考え、手紙を書こうとしなければ、倦怠期を乗り越えるどころか、「結局、自分のことしか考えていない。

俺の気持ちは理解してくれない」と思われてしまう恐れがあります。

そうなると、彼氏の気持ちはあなたから離れていき、別れに繋がることもあるかもしれません。以上のことから、倦怠期中に贈る手紙の書き方が分からない原因を、

下記2つにまとめました。

原因①自分目線でしか考えられない

彼氏に伝えたい気持ちは、山ほどあるのではないでしょうか。

しかし、「私はこう思う」「私はこう感じている」と、自分目線でのみ考えていませんか?

もちろん、あなたが感じている気持ちを、彼氏に伝えることは大切なことです。

あなたが思っていること、考えていることを、彼氏に理解してもらう必要もあります。

しかし今回は、誕生日や記念日に贈る手紙ではなく、倦怠期中に贈る手紙なのです。一方的にあなたの気持ちが綴られた手紙を受け取った彼氏は、どう感じるでしょうか。

あなたは彼氏から、「自分のことしか考えていない」「自分ばかり」と思われてしまうかもしれません。

手紙を受け取る彼氏の立場になって考えようとしていないことが原因なのです。自分目線でのみ書き綴った手紙を彼氏に渡したところで、倦怠期を乗り越えるどころか、彼氏の気持ちは萎えてしまい、関係が悪化してしまう恐れがあります。

原因②ネガティブな感情がある

倦怠期に入り、気持ちがブルーになっているのではないでしょうか。

「今の状況がつらくて何もやる気が起きない」「このまま別れることになるんじゃないかと不安で眠れない」といった、ネガティブな感情を抱いているでしょう。

誰でも、倦怠期はつらいもの。しかし、そのつらい気持ちや寂しい気持ち、今の状況が嫌だといったネガティブな感情を手紙に表現してしまうと、彼氏は重たく感じてしまい、読む気が失せるかもしれません。

倦怠期を乗り越えられないかもしれないと、心のどこかでネガティブにしか捉えることができていないことが原因なのです。

この状況を乗り越えて、楽しく仲良く付き合っていくというポジティブな気持ちを持っていれば、書く内容も未来に向けた明るい内容になるもの。暗い内容が書いてある手紙を彼氏が読んでも、嫌な気持ちになってしまい、倦怠期を乗り越えることができなくなるかもしれません。

倦怠期中の彼氏に手紙を贈る秘訣を実行する

倦怠期に入ってしまったものの、彼氏とこれからも付き合っていきたい。

しかし、直接会って話しても、喧嘩に発展してしまい、自分の気持ちを上手く伝えることができなかったり、言いづらいことがあったりするのではないでしょうか。

そのため、倦怠期中の彼氏に手紙を贈ろうと考えたけれども、どのように手紙を書いたらいいのか分からず悩んでいませんか?

今回は、倦怠期中の彼氏に手紙を贈る秘訣を、2つご紹介します。

様々なサイトで調査したうえで、2つ取り上げています。この2つに共通すること、それは、どちらも相手の立場になって考えるという視点になっていることです。

これからも彼氏と付き合っていくうえで、相手の立場になって考えることはもちろんですが、恋愛だけではなく、仕事やプライベートにおいても、相手の立場になって考えることはとても大切です。

ですから、この秘訣を実行することで、そういった視点を持った行動ができるようになるきっかけになるはず。

この秘訣は、あなたの今後の人生に役立つと信じています。それでは早速、倦怠期中の彼氏に手紙を贈る秘訣を、2つご紹介します。

秘訣①彼氏の目線になって考える

手紙を書き始める前に、あなた目線の気持ちと彼氏目線の気持ちを、別の紙に書き出してみましょう。

メモ用紙や裏紙の真ん中に選を引き、左側にあなた目線の気持ち、右側に彼氏目線の気持ち、というふうにすると分かりやすいでしょう。

最初は、まずあなた目線で何をどう感じているのか、箇条書きで書き出していくのです。

そのあと、上から順に、あなた目線で感じている気持ちに対し、彼氏はどう感じているのか考え、書き出していきましょう。

例えば、「私は、彼氏の言い方がきついと感じている」と書き出したのであれば、それを彼氏目線で考え、「彼氏は、何度言っても私が変わらないため嫌な気持ちになり、言い方がきつくなってしまうのではないか」というふうに、思いつくことを書き出しましょう。

このやり方は、手間がかかってしまうことが否めません。手紙を書く前に、別の紙に自分目線と彼氏目線で考えた気持ちを書き出すことは、面倒に感じてしまう人もいるでしょう。

実際に、彼氏目線で考えることは時間もかかってしまいます。しかし、この一手間が、倦怠期を乗り越えるきっかけを生み出すのです。

この解決策を取り上げた理由ですが、自分目線だけでは気づくことができない、彼氏の気持ちに気づくことができるきっかけになるからです。彼氏の立場になって考えることで、自然と彼氏の気持ちを理解しようという姿勢が生まれ、自分本位な考え方を変えることに繋がるのです。

では一体、彼氏目線の立場になって考えたうえで、どのように書いたらいいのか。例えば、先ほど書いたように、「私は、彼氏の言い方がきついと感じている」に対し、なぜきつい言い方をするのか考えたとき。

あなたが彼氏とのデートの時間にいつも遅刻してしまい、「彼氏は、何度言っても私が変わらないため、嫌な気持ちになり、言い方がきつくなってしまうのではないか」と気づいた場合。

手紙にはまず、「いつもデートの時間に遅刻して、嫌な思いをさせてしまいごめんなさい」と、きちんと謝罪しましょう。

そして、その理由を書くのです。例えば「つい、優しさに甘えてしまっていました」といったように。

そのうえで、「これからは、5分前には着くようにします。

嫌なことをいつも言わせてしまって、ごめんなさい。ゆっくり考えて、今更だけど気づきました。

自分がされたら嫌なことをしていました。ごめんなさい」と、あなたの誠実さを示しましょう。

その手紙を読んだ彼氏は、「気づいてくれたんだ」と思い、倦怠期を乗り越えるきっかけに繋がるはずです。

私の友人は、彼氏と倦怠期に入ってしまった時に、彼氏目線で考え手紙を書いたそうです。

彼女は、休日に彼氏がだらだらと昼過ぎまで寝ていることが、嫌だと感じていました。そしていつも、彼氏に対し「だらしない!」ときつく言ってしまっていたのです。

それに対し彼氏は「そんな言い方しなくてもいいじゃないか!」と喧嘩になることがしばしば。

彼女は、改めて彼氏目線になって考えたときに、彼氏は平日の仕事が激務で遅くまで残業していることが頻繁にあることに気づいたのです。

休日くらいは、ゆっくり身体を休めたいだろうなと痛感した彼女は、「あなたの立場になって考えることができていませんでした。

だらしないなんて失礼なことをいつも言ってしまって、ごめんなさい。

ゆっくり身体休めてね。お昼起きたときに、すぐ美味しいご飯が食べられるように料理頑張るね」と手紙で伝えたところ、「俺こそ、昼過ぎまで寝てろくにデートしてなくてごめん。

そして気遣ってくれてありがとう。次の日曜日は、午前中に起きてデートしよう!」と言ってくれたそうです。今も二人は仲良く付き合っています。

この対策は、今まで自分目線でのみ考えたいたことが、全てではなかったということに気づくことができます。

彼氏の目線になって考えることで、彼氏の気持ちが理解できるようになり、彼氏に対して思いやりの心が生まれるでしょう。

倦怠期中の彼氏に手紙を贈るうえで、彼氏の目線になって考えること。

彼氏はあなたにどう感じているのか、彼氏の目線になって考えることが大切です。

そうすることで、自分本位な考え方になることがなくなり、倦怠期を乗り越えるきっかけとなるでしょう。

秘訣②ポジティブな表現をする

まず、倦怠期を乗り越えた明るい未来を想像しましょう。

そのためには、あなたが彼氏としたいデートを考えるのです。

例えば、「彼氏とピクニックがしたい」と思ったのであれば、その気持ちをポジティブな表現を使って書いていきましょう。

ただ、倦怠期中に彼氏との明るい未来を想像することは、難しいと感じる人がいるかもしれません。

しかし、ネガティブな気持ちのままでは、明るい未来を築くことはできません。

想像力を働かせることが面倒だと思う人もいるかもしれませんが、彼氏としたいデートや一緒に始めたいことなどを想像することで、自然とポジティブな気持ちとなり、ネガティブな感情が薄まっていくきっかけとなるのです。

この解決策を取り上げた理由は、ポジティブな表現を使うことにより、あなただけではなく、彼氏も明るい気持ちになることができるからです。

ネガティブな人のそばにいると、自分もネガティブな気持ちになってしまう。

反対にポジティブな人のそばにいると、自分もポジティブな気持ちになるという経験をしたことがある人も、多いのではないでしょうか。

手紙も同じことが言えるのです。ネガティブな表現が多い手紙を読んだ相手は、重たい気持ちになってしまいます。

つまり、ポジティブな表現を使うことで、相手も自然と明るい未来を想像することに繋がるのです。

では一体、ポジティブな表現を、どのように手紙に取り入れたらいいのか。

先ほど書いたように、「彼氏とピクニックがしたい」という願望がある場合。

「直接言いづらいので、手紙で気持ちを伝えさせてね」といったように前置きしたうえで、「最近、料理を作るきっかけがなくなっていることに気づきました。

だから今度デートするとき、ピクニックがしたいなって思っています。あなたの好きなものがたくさん入ったお弁当を作りたいと思っているんだけど、どう思いますか?

ピクニックじゃなくても、どこかドライブしながら、車の中でお弁当を食べるのもいいかなとも思います。

今まであなたに作ったことがない、新作料理も入れようと考えています♪」というように、相手が興味をそそるような書き方をすることも大切です。

彼氏のために、自分ができることは何かを考え、あなたにとっても彼氏にとっても嬉しい未来を想像しながら書くのです。大好きな彼氏のために料理を作ることは、あなたの喜びにも繋がるでしょう。

そして、あなたが一生懸命作ってくれたお弁当を食べる彼氏もまた、嬉しいはず。「新作料理って何だろう?食べてみたいな。楽しみだな」と思ってくれるでしょう。

私の友人は、倦怠期に入った時に、彼氏に次のような手紙を贈ったそうです。

「最近、お出かけする機会がなかったから、今度休みが合った時に、どこかドライブに行かない?

いつも外食してばかりだから、お弁当を作っていこうと思っています!その時、今まで作ったことがないけど、あなたが好きなドーナツも頑張って作ってみるね!」と。

その手紙を読んだ彼氏は、「俺が好きなドーナツにも挑戦してくれることに、愛を感じた」と喜んでくれたそうです。

実際に、彼女は頑張ってドーナツを作り、彼氏は大満足。彼氏もデートプランを考え、お出かけする機会が増えたのだとか。こうして二人で倦怠期を乗り越えることができたと話してくれました。

この対策は、あなたも彼氏も前向きな気持ちになることができます。

ポジティブな表現を使うことで、自然とお互いにポジティブな姿勢に。

結果、ネガティブな気持ちが薄れていくきっかけとなるのです。

倦怠期中の彼氏に手紙を贈るうえで、ポジティブな表現を使うこと。あなただけでなく、彼氏も幸せな気持ちになります。

倦怠期を乗り越えていくには、ネガティブな気持ちではなく、ポジティブな気持ちを持つことが大切です。

二人で明るい未来を築いていく想像をすることができるのです。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

倦怠期中の彼氏に手紙を贈る秘訣を実行する

倦怠期に入ってしまったけれども、彼氏のことは好きだから、今後も付き合っていきたいと思っている。

そこで、倦怠期を乗り越える為に、彼氏に手紙を贈りたいと考えているものの、倦怠期中の彼氏にどのように手紙を書けばいいのか分からないと悩んでいませんか?

自分本位な考え方やネガティブな表現をしてしまうと、逆効果になってしまうことも。

倦怠期中の彼氏に手紙を贈る秘訣は2つ。1つ目は、彼氏の目線になって考えること。

自分目線ではなく、彼氏の立場になって考えることで、彼氏があなたに対して感じている気持ちに気づくきっかけとなります。

2つ目は、ポジティブな表現をすること。倦怠期を乗り越えた明るい未来を想像しながら書くことで、あなただけではなく、彼氏にとっても前向きな姿勢になるきっかけとなるのです。

今回取り上げている、倦怠期中の彼氏に手紙を贈る秘訣を実行することで、自分本位にならず、彼氏を思いやる気持ちが生まれるきっかけになるのです。手紙を受け取った彼氏が、どう感じるか考えることができるようになります。

結果、彼氏の気持ちを理解したいという姿勢となり、ポジティブな気持ちになることで明るい未来を想像することに繋がり、倦怠期を乗り越えるきっかけになるでしょう。