彼女の結婚願望が重たい…実はあなたの行動次第!結婚から逃げない方法

彼女のことは好きだけど、「結婚」はまだまだ先。今は二人の気楽な時間を楽しみたい。

だけど彼女は結婚願望が強いみたいで、口を開けば結婚の話…正直重い。結婚はまだ考えられないけど、彼女とも別れたくないからそれとなく結婚の話しから逃げていませんか?

しかし逃げることは逆効果です。

あなたが彼女と向き合わないことで、さらに彼女の気持ちは重くなっています。あなたが逃げるほど彼女の気持ちもどんどん離れていくでしょう。彼女もいつまでも待ってくれるわけではありません。

そこで彼女を逃さないためには結婚から逃げるのをやめて、結婚という現実と向き合う必要があります。そうすれば、お互いの不安な気持ちが明確になってモヤモヤした時間から抜け出せます。

せっかくの楽しい二人の時間を結婚というワードで不毛な時間にするのから一刻も早く抜け出しましょう。

彼女が結婚を焦るのは当然。無視し続けると逃げられる

男性のあなたからしたら、世の中の結婚に焦っている女性がなんでそんなに必死になっているのか理解できないかもしれません。

二人でいる今でも十分楽しいし、結婚なんていつでもできるし焦ってわざわざ結婚する意味ってないでしょ、と思いますよね。

TVの芸能ニュースや周りの既婚者を見ていると、結婚すると自由が奪われたように感じますよね。

不倫をすると世の中から袋たたきにされ、自分が稼いだお金なのに妻に使える額を決められて、子供ができたらお金もかかるし、彼女の親とも関わらないといけないしとにかく面倒くさそう!

なのが結婚のイメージかもしれません。これに関してはそのとおり。結婚とは面倒くさいものです。このことに関しては、あなたの方が現実的かもしれません。

しかし女性から結婚の話しを持ち出すというのは、あなたが思っているよりも相当勇気がいることです。

あなたが思っているように結婚の話は「重い」と感じて避けたくなりますよね?女性もそれをわかっていないわけではありません。本当はわざわざあなたに鬱陶しく思われるようなことはしたくないのです。

それでも結婚願望をアピールするのは、時間は有限だからです。

あなたも彼女もいつまでも若いままでいられません。

結婚はゴールではなくスタートです。妊娠、出産、育児、マイホーム購入、親の介護など今の二人でいる時より、やるべきことが押し寄せてきます。

本当に結婚する気があるのなら、早くこのスタートラインに立たなくてはなりません。

なぜなら自分達もどんどん年をとってしまい、若ければできたことも体力的にも時間的にもなくなりできなくなってしまいます。

だから彼女は煮えきらないあなたの態度に焦って、結婚をアピールせざるを得ないのです。

それだけ鬼気迫っているのに、あなたの彼女の気持ちを重たいと感じるのは彼女の気持ちを無視しているのと同じことです。

自分と向き合ってくれない人とわざわざ結婚したい人はいません。このまま彼女の結婚願望が重たいのを無視していると最終的には逃げられてしまうでしょう。

彼女の重たいと感じる行動はそれだけ強い気持ちがこもっている

結婚を早くしたいのはわかったけど、そうはいっても重たい腰はなかなか上がらないですよね。

確かにプレッシャーを与えるような行動が続くと逃げ出したくなります。

そんなあなたに彼女のどんな行動が重たく感じるのかピックアップしてみました。

その行動をなぜとるのか本当の気持ちを理解することで、結婚願望が重たくなってしまうほど彼女が追い詰められているのがわかります。

あなたも彼女のことが本当に好きなのであれば、彼女が苦しんでいる気持ちを理解しなくてはなりません。

いつまでも、結婚のプレッシャーからは逃れられません。

やたらと子供の話をする

子供とすれ違ったら「かわい〜!かわいいよね?」と同意を求められたり、「将来いいパパになりそう」「私は一人っ子だから兄弟ほしいな〜」と子供の話をやたらされても、自分の中では具体的に想像できなくてピンとこないですよね?

確かに子供はかわいいとは思うし、結婚したら欲しいけど、お金もかかるし子育ても大変そうで今すぐは考えられないかもしれません。

ですが、そうのんびりしていられない現実があります。

まずは妊娠出産にはタイムリミットがあります。

「芸能人でも高齢で出産してる人たくさんいるし、今の技術ならいつでもできるでしょ」という甘い考えは今すぐ棄ててください。妊娠に適した時期というのは決まっています。

しかもその期間は長くはありません。

一般に、妊娠に適しているのは「性成熟期」と言われる20歳前から40歳すぎぐらいまで。最近は初経年齢が早まっている影響で、子宮筋腫や子宮内膜症などの疾患が起こる時期が若年齢化しています。そういう意味では、合併症がなく妊娠できるのは、より若い年齢ということになりますね。25歳〜35歳ぐらいが最も妊娠に適した時期と言えるでしょう。

引用:OMRON オムロン式美人

これを見て「じゃあ35歳までは大丈夫だよね?」と思っていませんか?

まず妊娠期間はトツキトオカと言われており、10ヶ月あります。

35歳で妊娠できても出産は36歳です。さらに次の子を望む場合はまた同じくらい時間がかかります。

出産して慣れない子育てをしながら、短期間での二人目の妊娠は精神的にも肉体的にもハードです。

そして1番大切なことは、出産はゴールではなくスタートです。自分達の子供をきちんと成長させるために育てなくてはいけません。

子供は大人の思うようには動きません。体力もあるし、自分の気がすむまで大泣きしたり癇癪をあげたり、大人はヘトヘトになります。

男性だって年を取れば体力はもちろん落ちてきますし、男性原因の不妊の場合もあるのです。妊娠は女性だけの問題では決してありません。

だからあなたの「なんとなく大変そう」などという、ぼんやりとした理由で先延ばしにしていい問題ではないのです。

どんなに科学が発達しても、このタイムリミットは逆らえません。先延ばしにすればするほど彼女の焦りが強くなるのです。このことから、彼女は結婚願望が強くなり重たくなってしまうのです。

友達が結婚したことをアピールしてくる

「友達が結婚式したんだって〜」と自分の知らない友達の写真を見せてきたり、芸能人の結婚のニュースにやたら敏感だったり、自分は興味がないからいちいちよく知らない他人の話をされても反応に困りますよね。

彼女がなぜこんなことを言ってくるのかというと、周りがどんどん結婚していくことに焦っているからです。

友達が結婚すると、今まで気軽に遊びに行けてたのが「旦那にご飯作らないといけないから」と断られたり、結婚して幸せそうな姿を見ていると自分もそうなりたいと思ってしまうのです。

人間はどうしても周りの人と自分を比べてしまいます。幼少期から友達の持ってるもの、テストの点数、仕事、お金、恋人と「あの人はいいな〜」と他人と比較することで一喜一憂していると、周りが幸せになっていると自分が結婚していないことが、不幸なことに感じて「みんなと同じように結婚して幸せになりたい」と思ってしまいます。実際は結婚して幸せそうに見えても現実は喧嘩していたり、嫌なことがあるかもしれませんが、そういう所は見えません。

人は人、自分は自分という考え方ができた方がこれからも生きていく上では生きやすいのですが、自分に自信がない人ほど人と比較してしまいがちです。

だからあなたの結婚に興味なさそうな態度でさらに彼女の自信を奪ってしまいます。「なんで結婚してくれないの?私に魅力がないから?もっと頑張らなきゃ」と頑張りが空回りしてしまうのです。

その結果、結婚願望がどんどん強くなり重たくなってしまったのです。

両親にあわせようとする

「別に全然かしこまった感じじゃないから、うち遊びにきて〜」と事あれば、誘ってくる。彼女の親に会うのなんて緊張するし、面倒くさい。まだ心の準備ができてないから、怒られそうで怖いなんて思っていませんか?

確かに昔のドラマみたいに「娘はやらん!」とちゃぶ台返しするようなお父さんが出てきたら怖いですよね?

実は彼女の方も親から結婚のプレッシャーを与えられているかもしれません。

年頃になれば結婚して出産するのが当たり前、と思っている親世代もまだまだ多いです。

そんな考えの親が「結婚まだなの?」なんて会うたびに聞かれていたら、彼女もあなたと同じようにげんなりするかもしれません。

彼女も結婚するのが当たり前、という価値観の親に育てられているので「結婚はしなければならない」と洗脳状態です。親

が結婚して自分を育てたという成功した姿を間近で見ているので、その価値観を疑うこともしないでしょう。だから早くあなたを両親に会わせて、結婚に近づきたいのです。

それをあなたがいつまでもはぐらかしていると、彼女も親に言われ続けるという「結婚」というしがらみから逃れられません。

だから結婚のことで頭がいっぱいになってしまい、重たくなってしまったのです。

面倒くさがり屋でも結婚するために前へ進める方法

彼女の結婚を焦る気持ちはあなたが思っているより深刻ではありませんでしたか?

この彼女の気持ちを沈めるには結婚するか別れるかの2択しかありません。タイミングも結婚するには大切な要因です。

あなたが彼女と本気で結婚するつもりがあるのであれば、今からすぐに結婚への道を少しずつでも歩み出さければなりません。

かといっていきなり何をしていいかわからないですよね?

そんなあなたに結婚するためにすべき行動をお伝えします。これらの方法は面倒くさがり屋でも結婚への第一歩を踏み出せるように、きっかけは簡単なものです。

これを読んでやっぱり結婚はムリ!と思ったら、彼女との結婚は難しいかもしれません。結婚するか白黒ハッキリつけるために読んで見てください。

真剣に彼女との家族計画を考えてみる

いざ彼女との結婚を真剣に考えよう!と思っても何からしていいのかわかりませんよね?ここでまたわからないからとさじを投げては前へは進めません。

まずあなたがすることはスマホでゼクシィのアプリをインストールすることです。

「え?スマホのアプリと結婚て関係あるの?」と思うかもしれませんが、今あなたがすべきことは漠然とした彼女との結婚のイメージを具体的にして現実的にすることです。

そのためには、実際に行動するために計画をたてる必要があります。

しかし、二人ともが初めての結婚であればお互いに何からすればいいのかわからないはずです。

わからないことをいざ二人で話し合った所で「これで正解なのかな?」としっくりこないために話が進みにくいのです。

スムーズに結婚の計画をたてるにはわかりやすい結婚へのガイドラインが必要です。

それがゼクシィのアプリです。

このアプリは二人で情報を共有しながら使うことができます。そしてアプリの中には「ダンドリ」という項目がありプロポーズしてから親への挨拶~結婚式の準備~ハネムーン~新生活までの段取りが把握できるようになっています。

結婚する過程で結婚式の準備や周りへの挨拶など、ただでさえ考えなくてはいけないことが多いのです。

これを見れば何をすれば良いのか、漏れがないかも一目でわかります。自分たちで考えなくても、書いてあるとおりにスケジュールを進めていけばいいので無駄なことで悩むストレスがありません。

この時点で「うわーめんどくさい」と思うかもしれません。

ですがここで結婚の現実から逃げてしまうと、彼女も失うことになります。

自分のめんどくさいという気持と彼女と別れる気持ちはどちらが強いでしょうか?

まずはアプリをインストールして彼女と共有するだけでもしてみましょう。

そうすれば結婚願望の強い彼女の方があなたを引っ張ってくれるはずです。

私が結婚準備をした時はまだここまでアプリが発達していなかったので、わざわざお金を出して結婚準備の本を買って計画を立てました。

私の場合も夫は結婚に尻込みしていたのですが、具体的に結婚への計画を立てたことで少しずつでも前進することができました。

こうして将来の計画建てることで、抽象的だった結婚がグッと現実的なものになります。

そうすれば彼女もあなたの結婚の意志が見えることで安心することができ、結婚願望が暴走して重くなることもなくなるでしょう。

ブライダルフェアに行ってみる

結婚の段取りを見ていると、やることが多くてますますめんどくさく感じていませんか?

結婚自体は面倒くさいものというのは間違いないと思いますが、一瞬だけある非現実的な夢のような時間があります。

それは彼女が新婦となってドレスを着ている時です。結婚式の準備もまた面倒くさいものなのですが、結婚式をしてドレスを着たお嫁さんの姿はおそらく一生のうちで一番綺麗で感動的です。

それがウエディングドレスの不思議な力です。

その結婚式の感動的な気持ちを味わうことで、結婚に対する気持ちが前向きになります。

そうはいってもなかなか都合よく結婚式の招待なんてありませんよね。

そこで気軽に結婚式の疑似体験ができるのがブライダルフェアです。ブライダルフェアは結婚式場やウエディングプランがあるホテルなどで定期的に開催されています。

そして最も魅力的なのが無料だということです。無料にも関わらず、結婚式の食事やケーキの試食ができたり、ドレスの試着やヘアメイクをして写真を撮ることもできるイベントもあります。

先程インストールしたゼクシィのアプリから最寄りのブライダルフェアを探してみましょう。

定期的に開催されているので、気負うこと無くデート感覚でふらっと行くことができます。

結婚式の簡単な見積もりを出してもらうこともできるので、「結婚式ってすごくお金がかかりそう」というイメージがあるかもしれませんが予算にあわせてカスタマイズすることもできます。

気をつけたいのは彼女がドレスの試着中や、色々なプランで迷っているときもめんどくさがったり「どっちでもいいよ、好きにしたら」と言わないことです。男性には退屈な時間かもしれませんが、ドレスを着た彼女を恥ずかしがらずに褒めたり、あなたの結婚式でもあるのですから一緒に悩むことが大切です。

私も実際に色々なブライダルフェアに行きました。私達の場合は結婚式にあまりお金を使いたくなかったのでフォトウェディングで済ませるつもりでしたが、いざ模擬挙式や色々なドレスを見ていると気付いたら結婚式をすることに決めていました。

結婚式場を目の当たりにすると考え方が本当に変わります。

さらにとても相性の良いプランナーさんとの出会いがあり、面倒な結婚式の準備も会う度に楽しい気持ちになれて楽しい時間を過ごせました。

また第三者の客観的な視点から自分たちのこと「素敵なカップルだ」とよく褒めてもらえたので、結婚に対してもポジティブな気持ちになれました。

女性はやはりきれいなウエディングドレスを見ると心が踊るものです。

そうして彼女もポジティブな気持ちになれば、結婚願望が強くて重くなっていた気持ちも軽やかになるでしょう。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

お金の話をしっかりする

だいたい結婚するまでの流れがわかってきたら、最後はお金の問題です。

お金の問題が解決しないと親に会った所で、「将来のことを何も考えていない頼りない男」と思われるだけです。

彼女も「結婚すること」が目的になっていると、最も現実的な問題のお金のことも「専業主婦になったらお金のことは全部夫に頑張ってもらう」と目をそらしているかもしれません。

結婚していざ子供ができてもお金がないと本当に苦しい生活を送らざるをえなくなります。

それを防ぐには、結婚する前にお金のことについて考えておかなければなりません。

そのためにまずは今から二人で貯金を始めましょう。

オススメなのは新しく二人の貯金用口座を作ることです。

漠然と貯金していてはゴールが見えないので、貯金額のゴールを設定すれば目に見えて結果が見えるので悶々とすること無く頑張ることができます。

とはいっても、具体的にどれくらい貯めればいいのかわかりませんよね?結婚すればもちろんお金はかかるのですが、まとまって大きなお金が必要な時というのは決まっています。

それはまず結婚式です。結婚式にかかる平均は以下となっています。

挙式、披露宴・披露パーティ総額は354.9万円。
(参考:ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ

多い!と感じましたか?しかし安心してください。結婚式は多くの場合ご祝儀がもらえます。

大きな規模でたくさんの人数を呼ぶのであれば、費用もかかる分ご祝儀で補える場合が多いです。

例えば20人参加客がいた場合、一人3万円だと合計60万円はもらえる計算になります。両親や近い親戚からはもう少し高い額をもらえるのでそれを考えると、結婚式のハードルも下がるのではないでしょうか。

次に新居です。賃貸マンションなのかマイホームを購入するのかで用意しなければならない額も変わってきます。

毎月の家賃や住宅ローン、新しい家具を買ったり、新生活にはなにかとお金が必要です。

最後に出産費用ですが、妊娠出産は病気ではないので自然分娩だった場合は健康保険や生命保険は適用されず、全額自己負担です。しかし国民健康保険や夫の扶養に入っていれば「出産育児一時金」という子供一人に付き42万円が支給される制度があります。

出産する病院によって入院費用は変わってきますが国民健康保険中央会の調査によると、出産費用の平均額は50万5,759円でした。この制度を利用すれば、出産費用の負担も抑えられます。

以上のことを考慮しながら、目標金額を設定しましょう。これは私も実践した方法で、私達の場合は200万円をゴールにしました。私の場合はどうしても新婚旅行は海外に行きたかったので、コツコツ貯金をして結婚式も親戚だけのこじんまりとして低予算なものに押さえ、指輪も二人で3万円。

住んでいたのも家賃3万円のボロアパートでした。ですが、この時に派手な使い方をしなかったおかげで今ではマイホームを購入することができました。

こんなにお金がかかるんだったら貯金も面倒くさいし、やっぱり結婚は嫌だな~と思うかもしれません。ですが今の時代は結婚に決まりはありません。結婚式も必ずしなければいけないわけではないし、家も購入しなければいけない決まりはどこにもありません。

自分たちのしたいようにできるのですから、柔軟に考えていくことも大切です。

ここまで現実的に考えればあなたも彼女もいよいよ「結婚」というものが夢物語ではなくなってきたと思います。二人が同じ方向を向ければ彼女の結婚願望が重たいと感じなくなるでしょう。

いつまでも逃げることはできません。ここが年貢の収め時

結婚というのはあなたが思うように、面倒くさいものというのは間違いありません。

ではなぜ世の中のカップルが結婚しているのかと言うと、大好きな彼女といつまでも一緒にいれる契約が公にできるということではないでしょうか。

「結婚してほしい」と思われるうちが華です。後から結婚したいと思っても、その時に彼女も同じ気持ちで待ってくれているとは限りません。

いつかしようと思っているのなら今から準備し始めても早くはありません。結婚するまでには、たくさんの準備をしなければならないことがわかったはずです。後回しにするほど大変になります。

だから彼女の結婚願望が重たいと感じるなら、今がその気持ちに向き合う時です。時間はいつまでも待ってくれません。

逃げずに彼女と向き合うことで、重たいと思っていた彼女の気持ちがどれほど真剣だったかわかるはずです。

そうすれば、あなたも結婚について前向きに考えることが出来るようになるのです。