絶対彼女と別れたくない!誰でも出来る説得方法で彼女と仲直り

自分が別れるつもりはなかったのに、いきなり彼女から別れを切り出されたらまさに青天の霹靂。

動揺してどうしていいのかわからなくなりますよね。

あなたはまだ彼女のことが好きなので、急に別れるなんて言われても気持ちが追いつきません。

しかし急に別れを言われたと思っているのは、実はあなただけなのです。

彼女の方は別れるか別れないかたくさん悩んだ結果、あなたに別れを告げたのです。

つまり、あなたが気付いていないだけで彼女はあなたに対して不満があったのです。

その不満をあなたが治さなければ彼女の気持ちは永遠に変わりません。

あなたが本当に彼女の気持ちを取り戻したいなら、自分が生まれ変わるぐらいの相当な覚悟で説得しなければなりません。

生半可な気持ちでは見透かされます。今回はそんなあなたに彼女への説得方法をお伝えします。

女性目線でしかわからないことばかりなので、彼女の気持ちによりそえる内容となっています。

どんなに悔やんでも時間は戻せません。今からできることで挽回しましょう。

彼女の別れたいサインに気付かなかった

「いきなり別れるっていうぐらいなら、気の迷いなんじゃないの?」なんて思っていませんか?

言われるような心当たりもないのし急に言うぐらいだから、感情的になっているだけで冷静になれば別れたい気持ちも収まるんじゃないかな。

と思いたいのはわかります。彼女だって、あなたと好きだから付き合っていたはず。

本来ならば、別れを選びたくないのではないでしょうか。

しかしあなたにとっては急に別れを告げられた、と感じるかもしれませんが彼女にとっては違います。

実は彼女にとって別れとは長い間我慢したり悩んだ結果、導き出した答えです。

あなたが思うよりもずっと前から気持ちの準備してきていたのです。

あなたからしたら心当たりが見当たらないかもしれません。

ですが彼女からあなたに対して不満を表す態度は出ていたのに、それにあなたが気付いていなかった可能性があります。

例えば、彼女の返信がなんだかそっけなかったり、一緒にいても楽しくなさそうな時は一度もなかったでしょうか?

そういう時は、彼女なりに悩んでいた時かもしれません。

そういった小さな変化にあなたが気付けず、彼女の不満がどんどん積もっていった可能性があります。

目覚まし時計も数秒聞かされるのと、1時間聞かされ続けるのとではストレス度合いが全然違うのは想像しやすいでしょう。

つまり小さな不満でも積み重なってしまうと、大きな不満に膨れ上がってしまうのです。

時間を掛けて膨れ上がった不満はいずれ爆発します。

爆発してしまったものを元に戻すのは、簡単なことではありません。ほっとけば治ること無くそのままあなたの気持ちは消え去ります。

だから別れたくないと思う彼女を説得しなければ、彼女の気持ちは永遠に取り戻せないのです。

別れたくなったきっかけを知らないとあなたは変われない

彼女が自分と別れるか迷いながら付き合っていたのかと気付くと、ショックですよね。

おそらく彼女もその分悩んでいたはずです。

しかしいつまでも感傷に浸っている時間はありません。

彼女を説得するためただ謝るだけでは、謝罪の気持ちは伝わりません。

彼女の気持ちを動かすには自分の行いを反省する必要があります。

なぜなら同じことをして彼女を失望させれば2度とあなたに気持ちが戻ることはなくなるからです。

まずは彼女が別れたくなったきっかけを探しましょう。

今回ご紹介するのは無意識でしてしまいがちな行動です。

これに気付けば同じ過ちを繰り返さないように意識することができるでしょう。

彼女のことより自分のことを優先し続けた

付き合っているからといって、全ての予定を恋人にあわせるのは難しいでしょう。

それぞれ予定がありますし、社会人ならば恋人より仕事を優先しなければならない場面も出てきます。

仕事、友達、趣味と生きていく上では、恋人だけに時間を使う必要はありません。

しかし予定があるのはお互い様です。どちらか一方だけではありません。

ということは、どちらかが自分の都合ばかりを優先していたら、必ずどちらかは予定をあわせてなければならないのです。

「仕事だから仕方ない」「自分の時間もほしい」と言われたらあなたのことを気遣ってくれる女性であるほど、あなたのことを思って会うのを我慢してくれるでしょう。

大人の女性なら、仕事に責任があるのはわかるので「仕事より私を優先してよ」とはなかなか言えないものです。

そんな我慢しなくてはいけない状況が続くのは誰でも辛いです。

自分のことに夢中だとこんな彼女の気持ちもわかりません。

あなたは「自分の彼女は理解してくれてる」と安心して仕事や趣味に打ち込んでいたことでしょう。

彼女が辛い気持ちも知らないので、自分を優先することを繰り返します。

彼女が自分に合わせてくれることが当たり前になると感謝の気持ちも薄れます。

そんないつまでも自分の都合で動いてくれる人はいません。自分を大切にしてくれない行動が続き、それが当たり前になってしまったので別れたくなったのでしょう。

彼女の不満を聞き流していた

「不満があるなら言ってくれればよかったのに」と思ったかもしれません。

確かに不満を言って、その都度直せればわざわざ別れる必要はないですよね。

しかし実は彼女は不満をあなたに伝えていたのに、あなたがそのことに気付いていなかった可能性があります。

不満を持たれるようなことした覚えないのに、と思うかもしれませんが「トイレの便座ちゃんと閉めてよ!何度も言ってるでしょ」「一緒にいる時はスマホ見ないで」こんなのも不満です。

こんなふうに深刻な場面ではなく、日常的に小さな不満を言われる人は多いのではないでしょうか。

これを真剣に受け止めずに「はいはい」と聞き流していると、彼女からしたらずっと無視されている状況と同じなのです。

そして不満なのですから、どんなに小さく思えることでもストレスです。毎回毎回小さなキズを刻まれれば、当然一緒にいたくなくなります。

あなたが彼女の言うことを聞き流すのは、何故なのでしょうか。例えば自分の母親に「自分のことは自分でしなさい」「嫌いなものも食べなさい」と言われても、鬱陶しいな~と思うくらいで本気で直そう!と思わなかったのではないでしょうか。

それはなぜかというと、母親から自分は愛されていると確信しているからです。

実際に母親は命がけであなたを産んで、自分のことを犠牲にしながら無償の愛情を注いでいます。

だからあなたは安心して家族と暮らしているのです。話をまともにきかなくても、お母さんはあなたを愛し続けてくれます。

しかし、彼女はお母さんではありません。他人なのです。

カップルの段階ではなんの縛りもありません。彼女もあなたと関係を続けるために、本当はグチグチ言いたくなくても不満を伝えてあなたが変わることを望んでいたのです。

それなのに彼女が自分のことを好きだという気持ちに甘え、彼女の言葉を無視し続ければ一緒にいたくなくなるのも当然です。

だから彼女はあなたと別れたくなったのです。

一緒にいるのが当たり前になっていた

一緒にいればいるほど、2人でいることに慣れてきます。

人間、慣れてきたことには安心して気を使わなくなってきます。

いつまでも気を使う間柄では疲れてしまいますから、一緒にいて安心できる関係になることは悪いことではありません。

しかしお互い一緒にいることが当たり前になってくると、感謝の気持ちが薄れてきます。

彼女と付き合うまではお互い姿を見れただけでも嬉しかったはずです。

連絡先を交換しただけでも感謝の気持ちが湧いたはずです。

それが慣れてくると関係がマンネリ化してしまい、デートもいつも同じ流れだったり、さらに気を使わなくなると彼女の服装にダメ出ししたり、手料理に文句をつけたり素を見せるのと傲慢なことを履き違えています。

いくら親しい仲でも何でも思ったことを言って良いわけではありません。

頑張ってオシャレした服装を「何その服?似合ってない」と思ったまま言ったり、手間をかけて作った料理を「まずい」と言ったりしていてはどんなにあなたのことが好きでも傷つきます。

あなたは冗談でからかったつもりで言っていたとしても、そんな言い訳が通用するのは人間関係の経験が未熟な幼稚園児までです。

そして彼女がショックを受けているのも深刻に捉えていないから、同じことを繰り返すのです。

つまり、あなたは彼女に甘えているのです。

何を言っても許されるだろうと、好きな気持ちにあぐらをかいています。

人を傷つけるような男と一緒にいたいと思う女性はいません。

だから、彼女はあなたと別れたくなったのでしょう。

「彼女と絶対別れたくない」という強い気持ちを持って説得する

いくら彼女があなたのことを好きでも、何をしても許されるわけではありません。

好きだから気を使わずに何でもしていいというのは子供の考え方です。

好きだからこそ相手のことを思いやらないといけません。

そんな大切なことができていなかったのですから、彼女に愛想つかされるのも当然の結果です。

でももしもあなたが心を入れ替えて二度と同じ過ちを繰り返さないという覚悟があるなら、彼女を説得できるかもしれません。

今からお伝えする方法は、あなたができていなかったことです。

これを読んで「うわ、面倒くさそう」という程度の気持ちでは彼女の気持ちを取り戻すことはできません。

彼女の気持ちは別れる方向で固まっているのです。

人の気持ちを動かすのはそれほど大変なのだと自覚してください。実践して生まれ変わりましょう。

①彼女の気持ちを第一優先にする

彼女に「別れたい」と言われたら、早く気持ちを取り戻したい一心で焦ってしまうのはわかります。時間が経てば経つほど、彼女の気持ちが離れてしまいそうで不安になりますよね。
しかし今更に焦ってジタバタしたところで、冷めた気持ちの彼女からしたら何をしても逆効果です。まずは彼女の気持ちが落ち着くのを一旦待ちましょう。お互い冷静になった時に説得すれば今よりも話を聞いてくれる可能性がグンと上がります。

心理学では「ブーメラン効果」と言って、言えば言うほど逆効果に現れる現象があります。

物事の結果がブーメランの飛行軌道のようにその行為をした者自身に主に負の効果をもたらす現象のこと。また、ブーメランのように、一度離れたはずの出発点に戻ってきてしまう現象のこと。本来ならばブーメランが手元に戻ってくることは利点であるが、この場合は投げた自分が受け損なったブーメランの打撃を受けてしまうという連想から来ている。
引用:Wikipediaブーメラン効果

例えば勉強を頑張っている時に「もっと頑張れ」と言われても、これ以上どうがんばれっていうんだ!とイラッとしてやる気をなくしたことはありませんか?

自分で何かをしよう!という強い意志がある時に、横から水をさされては自分の意志を曲げられるようで不快感を覚えます。

だから、自分が強い意志を持っている場合は説得されると反発したくなるのです。

つまり「別れたい」と彼女の意志が強いうちに、あなたが「別れたくない」と説得してしまうと、彼女は自分の意志を曲げられることに不快感を持ち、説得すればするほど逆効果になってしまうのです。

そこでまずは、彼女の気持ちが落ち着くのを待ちましょう。距離を置いて時間が経てば、彼女もあなたも今より冷静になります。

人の気持ちが冷静になるにはバラつきがありますが、まずは1ヶ月経った頃に連絡してみましょう。

最初の連絡があまりに時間が空きすぎると、今度はあなたがいないことにも慣れて気持ちが別の人に切り替えられてしまうので彼女からの連絡をいつまでも待つのはやめましょう。

会えない時間があることで、彼女も今まで一緒にいることが当たり前だったなら寂しい気持ちが生まれてきます。

寂しい気持ちが生まれるとあなたと過ごした日々を思いださずにはいられません。

一緒に過ごしている時に楽しい時間もあったでしょう。

楽しい時を思い出してくると、あなたに会いたい気持ちが出てくるのです。

1ヶ月待って彼女から返事があればいいですが、なかった場合も焦ってはいけません。

焦って連絡を頻繁にするとうざいと思われるばかりか、ストーカーのようになってしまいます。

そうなっては嫌悪感だけが残ってしまうのでさっと連絡をやめて、今度は2ヶ月待って連絡みましょう。

とにかくあなたの「早くヨリを戻したい!」という気持ちは置いておいて、何度振られても諦めない気持ちでいないと彼女の気持ちは取り戻せません。

俳優の松山ケンイチさんは女優の小雪さんに4回告白して、全て断られたそうです。

出会った当初小雪さんに「あなたみたいなひよっこで大丈夫なの?」とからかわれるぐらい恋愛対象として見られていなかったようです。

それでも諦めずアプローチした結果、今ではご結婚されて3人のお子さんに恵まれています。

彼女の別れるという決心は硬いのですから、あなたもそれに負けない「何を言われても諦めないぞ」という決心が必要です。

その気持ちがあれば、彼女を説得できるでしょう。

②彼女の話を聞く

連絡がとれて会えることが決まったから、一安心と気を緩めるのはまだ早いです。

彼女の気持ちはまだ完全にあなたには戻っていません。この話し合いで、あなたとヨリを戻せるか決めるのですからこの時の態度が重要です。

自分の気持ちを早く伝えたいと思いますが、グッと我慢してください。

まずは彼女の話を聞くのです。

話をちゃんと聞くことができれば、彼女がなぜ別れるまでに至ったのかの気持ちがわかります。

そして話をちゃんと聞いてくれる人というのは信頼されます。

だから話を聞く姿勢を見せることで、彼女から気持ちを入れ替えたかどうか見極められます。

話を聞く、といっても大抵の人はそこまで意識していないのではないでしょうか。

言われたことを聞いているだけでは良い印象は残せません。人の話を聞く時のポイントをお伝えします。

きちんと彼女と会って、顔を見て話す

電話やラインで話を済ませようとするのは気持ちは伝わりません。

それは簡単に済ませることができてしまうからです。

ちゃんと彼女のために時間をつくり、場所のセッティングをする。

支度をして移動をする。あなたが彼女のために手間暇かけてください。そこから誠意を見せなければ、まず気持ちは伝わりません。

そして話を聞くときもスマホを見ながら、食べながらなど何かをしながら聞いていると真剣に聞いているようには見えません。

テーブルの上や目につくところにスマホは置かず、カバンの中など見えないところにしまって着信が入って雰囲気を壊さないように電源も切りましょう。

彼女が話している途中で遮らない

彼女が話している時はちゃんと喋るのが終わるまで、口を挟まず聞いてください。

口を挟むとやっぱり自分のことばっかりで、私の話はどうでもいいんだと受け取られます。

否定しない

彼女がせっかく話してくれたことを「でも」「その考え方はおかしい」などと否定するのは、ただ彼女をきずつけるだけです。言われたことは受け止めましょう。

例えば「全然連絡してくれなかったから嫌になった」と言われたら「元々連絡するのは好きじゃない」と反論するのではなく、「寂しい思いをさせてごめん」と彼女の気持ちによりそいましょう。

難しそうなら「連絡しないのが嫌だったんだね」と彼女の言ったことを復唱しましょう。

復唱するのも簡単そうですが、彼女の話しをちゃんと聞いていないとできません。

つまり復唱することでちゃんと話を聞いていますよと相手に伝わるのです。

これはカウンセリングでもよく使われる手法です。

相槌とうなずき

彼女が話している時は、相槌を打ちましょう。

黙って聞いていると、話している方は聞いているのかわかりません。

共感できるところや理解できたところでうなずいたりしてみましょう。

わざとらしく「うんうん」「なるほどー」などは言わなくていいです。

しかし、このポイントを押さえた所で聞いてるふりをしているだけでは絶対ダメです。

聞いたからには直してほしいと言われたところは絶対に直してください。

そうしないと関係は絶対に変われません。忘れそうなら、彼女がいない時にスマホにメモしておきましょう。

説得できた安心感から、お花畑にならないように待ち受けにでもすると忘れたくても忘れないでしょう。

パナソニックの創業者である松下幸之助さんは、人の話を聞く人だったそうです。

どんな立場の人で何時間でも膝の上に手を当て、姿勢を正して、じっと前を向いてうなずきながら聞いて、この姿勢を崩さなかったそうです。

あぐらをかいたり腕を組むこともなく、そんな姿にファンになる人はたいへん多かったようです。

こんなに大きな事業を成し遂げた偉大な人でも人の話を聞くことを大切にしていたのです。

人の話を聞くというのは、それほど人に良い印象を残すのです。

だから、彼女を説得するときには話をじっと聞くのです。そうすれば、信頼され彼女の気持ちもほぐれるでしょう。

③期間限定でヨリを戻してもらう

話をしているとだんだん気持ちもほぐれてきて、このままヨリを戻してもいいんじゃないかな~というような雰囲気になってきます。

しかしこの勢いで、ヨリを戻そう!

と焦るのは時期尚早です。彼女のあなたへの信頼はまだ半信半疑です。

話し合っている今の段階では、あなたが本当に変わったか確かめるには時間が短すぎます。

まだ彼女の中では時間が経てば前みたいに気を使わなくなるんじゃないか、という不安があります。

そうなった場合彼女にとって、あなたと関わること自体が時間を無駄にしてしまうリスクがあるのです。

こういう時に「ヨリを戻そう」と言われても、なかなか首を縦にふれません。

そんな彼女の不安な気持ちをやわらげるには、ヨリを戻す期間をきめてお願いするのです。

「1ヶ月だけ俺にチャンスをくれないか。」と期間限定でヨリを戻すことを提案します。

そうすれば、迷っている彼女は「1ヶ月だけならいいか」と承諾しれくれる可能性があがります。

そこで本当に1ヶ月だけ付き合うのではなく、一ヶ月後にもっと一緒にいたいと思わせなければなりません。

この期間限定の方法がなぜ有効かというとフット・イン・ザ・ドアという営業マンもよく使う手法だからです。

「片足をドアに入れることができれば、もう商品を売ったも同然」という考えからこの名前がついています。

最初に小さな要求を提案して承諾してもらうと、その後に提案する本来の大きな要求も実現できる確率があがるというテクニックです。

これは一つ要求を承諾してしまうと、次に言われる要求を断りにくくなるという心理を利用しています。

これは日常でもよく使われる手法で、私もフリマアプリで経験しました。

私が販売していたものを購入したい、という人がいたのですが最初は「1000円値引きしていただけないでしょうか?」と要求がありました。

早く売りたい私は、すぐに承諾しました。無事、支払いがされて後は送るだけとなっていたのですが、それから「明後日までには必要なので、早急に送っていただけないでしょうか?」と要求がきました。急いで送って、荷物が届いたら「使い方を教えていただけないでしょうか?」と要求がきました。

ここまでしたので、断ることもできずに教えました。

最初から「値下げして、早く送って、使い方教えて下さい」と全部要求されていたら、購入すること自体をお断りしたと思います。

だから最初から「ヨリを戻して」と要求するのではなく、期間を限定して少しずつ要求を承諾してもらう方が説得の効果があるのです。

この時欲張って期間を「1年」と長くしてしまうと、最初から断られてしまうので「このくらいならいいか」と思わせる短い期間にしてください。

ここで「やったー!ヨリが戻せた」と安心するのではなく、お伝えしている

  1. 彼女の気持ちを第一優先にする
  2. 彼女の話を聞くというのもずっと忘れないことです。

彼女の気持ちを大切にして、彼女に直してと言われたことは二度としないでください。

ここまですれば彼女もあなたが変わってくれたことに気付き、ヨリを戻そうと決断してくれるのです。

だから彼女の別れたいという気持ちを変えるには、もう前のあなたには戻れません。

この強い気持ちがあれば、彼女を説得することに成功して関係を続けることができるでしょう。

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気!
恋愛悩みは人それぞれです。でも人に気軽に相談できないため、一人で抱え込むことになってしまうのです。そんな悩みに的確なアドバイスをくれるのが電話占い。進むべき未来へのヒントをもらえるので、ネガティブな恋愛をポジティブに変えることができます。[続きは下記]

説得できた後も気を抜かないことが何より大事

こんなに彼女と別れたくない気持ちが強いんだから、自分が一生懸命説得すれば計画なんてたてなくてもきっと気持ちは伝わるはず、なんて思っていませんでしたか?

それは自分本意な考えです。

「別れたい」と思っている彼女の気持ちを動かすのは、あなたの想像よりも大変です。

それだけ彼女は悩んで、時間を掛けて心の準備をしてきたということです。

まずはそこまで悩ませてしまったことを反省しなければなりません。

だからあなたも彼女以上に説得する気持ちの準備をしておかなければ、「別れたくない」という気持ちは伝わりません。

そして、無事復縁できても「別れたくない」と思った気持ちは永遠に忘れないことです。

親しき仲にも礼儀ありということわざがあるように、いつまでも相手のことを尊重することで良い関係というのは築けるものです。

この気持ちを忘れなければ、説得も成功しずっと仲がいいカップルでいられるのです。