「好きな人と結婚した友人が羨ましい!」お見合い結婚でも幸せな結婚生活を送る方法

「好きな人と結婚したらもっと幸せになれたはずなのに!」と恋愛結婚をした人達を羨ましく思ってしまったことはありませんか?

お見合いで出会った相手と結婚した場合や、年齢というハードルを前に恋愛期間を持たず結婚をした場合に、今の結婚に対して「好きな人と結婚しなかったから幸せになれなかった」、「好きな人と恋愛結婚していたらきっともっと幸せになれたはずなのに」という気持ちになる場合があるのです。

それは今の満足のできない結婚生活を、自分自身で幸せな結婚生活へと変えていくタイミングなのかもしれません。

本記事では、今の夫との間に「愛しあう」関係を育むこと、「あなたが結婚生活に求める理想を知り、そのために行動する」ことで、幸せな結婚生活を送る方法をお伝えします。

結果として、今までお見合い結婚のせいで幸せになれなかったという思いを払拭し、あなた自信が自分で自分のことを幸せにすることができ、今の夫と幸せな結婚生活を送ることができるようになるでしょう。

あなたが幸せな結婚生活を送ることがてきれば、もう好きな人と結婚した友人や周りの人を羨ましく思う必要なんてなくなるのです。

「羨ましい!好きな人と結婚したらもっと幸せになれたはずなのに!」お見合い結婚への後悔

「好きな人と結婚したらもっと幸せになれたはずなのに!」と恋愛結婚をした人達を羨ましく思ったことはありませんか?

お見合いをして結婚をした場合や、年齢というハードルを前に恋愛期間を持たず結婚をした場合に、恋愛結婚を羨ましく思う時があるのです。

今の結婚生活に満足できず、夫との関係は仲が悪いほどではないが、夫に対してそこまでの愛情を感じず、また夫からもそこまでの愛情を感じることができずにいるのです。

そして、今の結婚を顧みるとそもそも「好きな人と結婚しなかったから幸せになれなかった」と思ってしまうのです。

その気持ちが、「好きな人と恋愛結婚していたらきっともっと幸せになれたはずなのに」という思いに繋がるのです。

では、なぜ、結婚に理想を抱いてお見合いをし、今の夫と結婚したはずなのに、いざ結婚をしてみたら、結婚生活にそれほど幸せを感じなかったのか、恋愛結婚を羨ましく思ってしまうのか、そして、恋愛結婚をすることが理想の結婚生活を送る秘訣だったのか見ていきましょう。

好きな人と結婚することが幸せな結婚生活を送ること?

結婚に理想を抱いてお見合いをし、今の夫と結婚したはずなのに、いざ結婚をしてみたら、結婚生活にそれほど幸せを感じず、恋愛結婚を羨ましく思ってしまう原因は、結婚後、夫婦の間で「愛しあう」関係を築けていないからでしょう。

幸せな結婚生活と言えば、夫婦間の「愛しあう」関係が軸となります。

それに子供への愛情が入ってくるでしょう。恋愛結婚でも、お見合い結婚でも、子供に対する愛情は変わらない場合が多いです。

今回は結婚相手が好きな人だったのか、お見合いでであった人だったのかに焦点をあわせるために、夫婦間の関係のみを見ていきましょう。

結婚生活に満足できていないのは、夫婦間の「愛しあう」関係が築けていないからとお伝えしましたが、夫婦間の「愛しあう」関係を築くには、羨ましいと思っていた好きな人と結婚することが必須だったのでしょうか。

そしてお見合い結婚が夫婦間の「愛しあう」関係を築けない原因なのでしょうか。はたして今の結婚に幸せを感じていないのはどこに問題があるのか見ていきましょう。

好きな人と結婚した人が全て上手くいっているわけではない

あなたの周りには、好きな人と結婚をしたカップル、つまり恋愛結婚をしたカップルはどれくらいいますか?

そして恋愛結婚をして上手くいっているカップルはどれほどいるでしょうか。

恋愛結婚をして上手くいっているカップルもいれば、上手くいっていないカップルもいるはずです。

そうです。好きな人と結婚した人、恋愛結婚した人の全てが上手くいっているわけではないのです。

上手くいっているカップルもいれば、離婚したカップルもいれぱ、離婚はしていなくても、仲が冷めきっているカップルもいるのです。

ではなぜ、恋愛結婚をした人達を羨ましく思ってしまうのでしょうか。

それは、身近で幸せそうにしている恋愛結婚をしたカップルがいるなどして、隣の芝生が青く見えるている事もあります。

ようは、「恋愛結婚=幸せな結婚生活」というのは思い込みが多いです。

あなたが思い浮かべる恋愛結婚をしたカップルは、実際に上手くいっているかもしれません。

なんの苦労もせずに幸せになっているように見えるかもしれません。

では、そのカップルの内情まで良くご存知ですか?そのカップルはお互いの幸せのために、努力しあう人達なのかも知れませんし、もしかしたら片一方が我慢しているだけかもしれませし、外面だけいいのかもしれません。

あなたはそのカップルの内情まで見れていますか?ただ「幸せそう」にしている友だちや周りの人を羨ましく思っているだけではありませんか?

恋愛結婚をして上手くいっているカップルにも、上手くいっていないカップルにもそれなりに理由はあるのです。

ただ好きな人と結婚することが、すなわち幸せな結婚生活を送ることとは限らないのです。

誰と結婚をするかより、どのような結婚生活を送るかで幸せが決まる

反対に、あなたの周りにお見合いで結婚したカップルはどのくらいいますか?

あなたのようにお見合い結婚に満足していないカップルはどれくらいいますか?恋愛結婚をしたカップル同様、幸せなカップルもいれば、離婚したり、仲が冷めきっているカップルもいるでしょう。

つまり、「恋愛結婚=幸せな結婚生活」ではないと先述したように、「お見合い結婚=幸せな結婚生活を送れていない」というわけではないのです。

今、結婚生活に不満があったり、幸せではないと感じているなら、それは、お見合いで結婚したからでも、好きな人と恋愛をして結婚しなかったからでもないということです。

ではなぜ今の結婚生活に満足できていないのでしょうか。

それは、夫婦間の「愛しあう」関係を今の夫との築けていないからが大半なのです。

つまり、どんな相手と結婚したのかで結婚生活の幸せ不幸せが決まるのではなく、どれだけ夫婦間の「愛しあう」関係を当人同士が築けたのか、築くために努力できたかが問題なのです。

結婚するまでには、様々な努力をしたと思いますが、結婚後、幸せな結婚生活をするためにどのような努力をしましたか?

結婚をしたら幸せになれると思っていませんでしたか?相手が幸せにしてくれると思っていましたか?

結婚は単なるスタートであって、結婚したから幸せになれるわけではないのです。

多くの人が結婚を「ゴール」として定めていますが、「結婚=幸せ」ではなく、結婚生活での幸せは、自分達で築いていくものです。

「結婚=幸せ」と思っている場合は、幸せな結婚生活を送るための努力をしていない場合が多いです。つまり、お見合い結婚に満足できていないのは、好きな人と結婚したからではなく、幸せな結婚生活を送るための本人の努力が足りなかっただけかもしれないのです。

「好きな人と結婚した友人はもう羨ましくない!」今の夫と幸せな結婚生活を送ろう!

どんな相手と結婚したのかで結婚生活の幸せ不幸せが決まるのではなく、どれだけ夫婦間の「愛しあう」関係を当人同士が築けたのか、築くために努力できたかが問題であり、好きな人と結婚した友人を羨ましく思うのは、隣の芝生が青く見えているからだとお伝えしましたが、それらを解決するためには、今から夫婦間の「愛しあう」関係を築けばいいということ、すなわち、好きな人との結婚ではなく、お見合いで出会った相手とでも充分幸せになれるということです。

本記事では、今の夫との間に「愛しあう」関係を育むこと、「あなたが結婚生活に求める理想を知り、そのために行動する」ことで、幸せな結婚生活を送る方法をお伝えします。

お見合いで出会った相手とでも、今からその方法を実践して、幸せな結婚生活を送っていけるようになるといいでしょう。

せっかく幸せな結婚生活を期待してお見合いをして結婚をしたのですから、今から幸せになれるとするなら、その方法を試してみてみる価値はあるのではないでしょうか。

周りと比較して、羨ましく思ったり、今の結婚に不満を抱える生活を変えることのできる機会となるかもしれません。

夫と「愛しあう」関係を育むことで、幸せな結婚生活を送ろう

夫との結婚生活に満足できないのは、夫とお見合いで結婚したからではなく、結婚した後、結婚生活の中で夫と「愛しあう」関係を育んでいなかったからであり、夫と「愛しあう」関係を育むことで、これから幸せな結婚生活を送ることができるとお伝えしましたが、夫と「愛しあう」関係を育むためには、

  1. 「精神的に自立する」
  2. 「大事にされる女性になる」

の二つを実績してみる方法があります。

まず、①「精神的に自立する」を実践するには、

・「夫に依存することをやめる」
・「自分のことは自分で幸せにする」

「夫に依存することをやめる」ですが、まず夫に依存している状態とはどのようなものかといいますと、「あなたの幸せを夫任せにしている状態」のことです。

例えば、「夫が幸せにしてくれない」、「好きな人ではなく、お見合いで出会った相手だから一緒にいても幸せになれない」などは、「あなたの幸せを夫任せにしている状態」といえます。

つまり、「あなたの幸せを相手次第にしている」ということです。

あなたの幸せが相手次第になってしまうと、あなたは自分の幸せにも関わらず、自分の幸せに対し主導権を握れない状態であり、自分で自分を幸せにすることができないということにもなるです。

「相手が何かしてくれないと幸せになれないという状態」なので、まずはその依存状態をやめる考えにしょう。

依存状態をやめるには、「今、依存しているということを把握」し、「自分が幸せな状態を知る」ことです。

今、結婚生活に幸せではないと感じているならば、なぜ幸せではないと感じているのか、幸せではないと思う具体的な要因をあげてみてください。

できればノートに書くなどして、客観的にその内容を見てみましょう。

そしてあげた要因が、「あなたの幸せを夫任せにしている状態」になっていないか確認しましょう。

「夫のせいで幸せではない」という項目があれば、それは、「あなたの幸せを夫任せにしている状態」といえます。

自分の今の状態を把握したところで、次に、「どうなったら自分は幸せなのか」をあげてみてください。

同じようにノートなどに書き出してみましょう。

ここで注意する点は、「夫が○○してくれたら幸せ」という答えは、「あなたの幸せを夫任せにしている状態」といえますので、あくまでも、「自分で幸せな状態をつくれること」を前提に書き出して見てください。

この二つのワークをすることで、「今、依存しているということを把握」し、「自分が幸せな状態を知る」ことができ、依存状態を抜け出す一歩を踏み出すことができます。そして、次の項目に進みましょう。

次に、「自分のことは自分で幸せにする」とは、あなた自身の幸せを他人任せにすることなく、自分の幸せは自分で見つけていくということです。

依存状態を抜け出すために、「今、依存しているということを把握」し、「自分が幸せな状態を知る」ためのワークをしたことによって、「自分が幸せな状態」を把握できたと思いますので、今度は、実際にその「幸せな状態」を叶えるために行動しましょう。

例えば、「家族で夕飯を一緒に食べることが幸せ」だと思っているとすれば、家族で夕飯を食べる機会を作りましょう。

このように、あなたが幸せだと思う状態を実体化するために行動しましょう。それが「自分のことは自分で幸せにする」ということです。「夫が○○してくれるから幸せ」なのではなく、自分の幸せは自分で作りだせばいいのですね。

次に②「大事にされる女性になる」を実践するには、「相手の望みを知って、相手の望みを叶える」ことを考えましょう。

人は、自分の望みを叶えてくれる人手放せない、大事にしたくなるものです。

夫の本当の望みを知って、叶えてあげることで、結果として、大事にされる女性になれる、幸せになれるのです。まさに、「愛し・愛される状態」を育むことができるのです。

そもそも好きな人と結婚した友人を羨ましく思うのは、その友人がその夫に「大事にされている」状況が見てとれるからではないでしょうか。

それは、自分は夫から大事にされていないという思いがあって、その友人が友人の夫から大事にされている状況を見て、羨ましく感じ、嫉妬してしまっているのということですね。

その友人とあなたとを比べる必要は全くないのですが、あなたの中の「大事にされたい」という気持ちは、あなたの幸せのために叶えてあげましょう。

そのために、これからお伝えする、「大事にされる女性になる」ワークに取り組んでいきましょう。

友人に対する羨ましい気持ちがなくなり、夫から大事にされたいという気持ちを叶えてあげることができるでしょう。

では、「相手の望みを知って、相手の望みを叶える」ためのワークとして、「相手の望みを知るための質問」をしましょう。

すでに幸せな人、相手に大事にされている人は、無意識に相手の望みを把握でき、それを叶えてあげるための行動をしていることでしょう。

しかし、今、幸せではないとするならば、そもそも相手が何を望んでいるのか分かっていない場合が多いのです。

無意識に自然と相手の望みを把握できないのならば、聞いてみるしかありません。

どうしてほしいのか、どうなることが幸せなのか、質問してみましょう。

そして、そこで分かった相手の望みを叶えるために行動してみましょう。質問のポイントとしては、場面ごとに聞いてみるといいです。

例としては、「今日は何が食べたい?」「週末は何がしたい?」などです。身近なことから聞いてみましょう。そして、質問を繰り返していきながら、夫が結婚生活に求めることが何なのかという所まで見えてくるといいですね。

以上、①「精神的に自立する」、②「大事にされる女性になる」の二つを実践することで、夫と「愛しあう」関係を築くことができ、その関係が幸せな結婚生活を築くことに繋がります。

自分が幸せになることで、好きな人と結婚した友人を羨ましく思うこともなくなるでしょう。

結婚生活に求める本当の理想を知って、幸せな結婚生活を手に入れよう

そもそも、あなたは結婚生活に何を求めていますか?どうなることが理想ですか?なぜ好きな人と結婚した友人が羨ましいのでしょうか?

好きな人と結婚しなかったら幸せになれなかったというのは思い込みとお伝えしましたが、他人に自分の幸せを任せたり、他人と比較して自分の幸せを計るのではなく、自分がどういう状態であることが幸せなのかを知り、本当の幸せを手にするために行動することで、幸せな結婚生活を送ることができます。

前項目で「自分のことは自分で幸せにする」ワークをお伝えしましたが、そのワークを発展させ、結婚生活でさらに幸せになる方法をお伝えします。

では、あなたが結婚生活に求める本当の理想とは何でしょうか。

そもそも好きな人と結婚したら何を手にしたかったのでしょうか?羨ましいと思う友人が手にしていて、あなたが手にできていないことはなんでしょうか?

あなたが結婚生活に何を望むのかを掘り下げて知ることで、あなたが本当に望んでいることが分かります。

そして、本当に望んでいることが分かれば、それを叶えるために行動すればいいのです。

つまり、

  1. 「結婚生活に求める本当の理想を知る」
  2. 「理想を叶えるために行動する」

ことで、あなたの理想の結婚生活に近づくことができるのです。

まず、①「結婚生活に求める本当の理想を知る」ためのワークですが、あなた自身に、「あなたの幸せとは何か」「結婚生活がどうだったらあなたは幸せなのか」自問自答してみてください。

例をあげますと、

「好きな人と結婚したら何が得られますか?」→「幸せな結婚生活」

「幸せな結婚生活とはどのような結婚生活のことだと思いますか?」→「夫の愛情を感じられること」

「夫の愛情を感じてあなたはどうなりたいですか?」→「幸せな気持ちになりたい」

このように「理想の状態はどういう状態なのか」をどんどん掘り下げて見てください。

頭で考えるのもいいですが、ノートに書いたり、スマホで文章にしたり、目に見える形にすると考えがクリアーになりやすいのでオススメです。

次に、②「理想を叶えるために行動する」ためのワークですが、あなたがどういう状態のでいたいのか、どういう状態が理想なのか分かったら、次はそのために行動しましょう。

「幸せな気持ちになりたい」が理想だとするならば、自分で自分を幸せにできるにはどうしたらいいか考え行動しましょう。

「幸せな気持ちになりたい」→「幸せな気持ちになれることをする」→「料理をするのが好きなので、夫と子供のために美味しいご飯を作ろう」、「山に登るのが好きななので、週末は夫と登山に行こう」など、理想を叶えるための行動をしましょう。

やってみると最初は上手くいかないかも知れません。

それだけ、自分のことを自分で分かっていないということです。何度も試してみて、少しずつ自分をしり、自分の望みを叶えてあげましょう。

ここで注意したいことは、理想の自分の姿と比較して、理想が叶っていない現実や叶えられない自分を責めることはしないでください。

好きな人と結婚した友人を羨ましく思うこともそうですが、「比較」は誤って使うとあなたを苦しめるものにしかなりません。今、自分ができることなのか、できないことなのかで判断し、前よりもできることが増えたならそれでいいのです。

理想の自分や友人と比較して苦しまずに、自分のできることをできる範囲でしていきましょう。前よりもできることが増えたなら、自分の望みを叶えてあげられたなら、行動し努力した自分を誉めてあげてください。

このように、

①「結婚生活に求める本当の理想を知る」

②「理想を叶えるために行動する」

ことで、結果として幸せな結婚生活を送ることができるでしょう。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

今からでも幸せなれる!今の夫と幸せな結婚生活を送ろう

お見合いで出会った相手と結婚した場合や、年齢というハードルを前に恋愛期間を持たず結婚をした場合に、「好きな人と結婚したらもっと幸せになれたはずなのに!」と恋愛結婚をした人達を羨ましく思ってしまうことがあるのです。

今の結婚に対して「好きな人と結婚しなかったから幸せになれなかった」、「好きな人と恋愛結婚していたらきっともっと幸せになれたはずなのに」という思いを持っているのです。

それは、隣の芝生が青く見えている状態であり、結婚生活に満足していない状態をただお見合い結婚のせいや、お見合いで出会った相手のせいにしているだけなのです。

その場合、何かのせいにして満足のてきない結婚生活を送るのではなく、自分の幸せを自分で作りだしていく必要があるでしょう。

本記事では、今の夫との間に「愛しあう」関係を育むこと、「あなたが結婚生活に求める理想を知り、そのために行動する」ことで、幸せな結婚生活を送る方法をお伝えします。

夫と「愛しあう」関係を育むためには、①「精神的に自立する」、②「大事にされる女性になる」こと、「あなたが結婚生活に求める理想を知り、そのために行動する」ためには、①「結婚生活に求める本当の理想を知る」、②「理想を叶えるために行動する」ことで、あなたの理想の結婚生活に近づくことも可能になるのです。

今までお見合い結婚のせいで幸せになれなかったという思いを払拭し、あなた自信が自分で自分のことを幸せにすることができ、今の夫と幸せな結婚生活を送ることができるでしょう。

あなたが幸せな結婚生活を送ることがてきれば、もう好きな人と結婚した友人や周りの人を羨ましく思う必要なんてなくなるのです。