好きじゃない人とお金の為に結婚?「幸せになれない不安」の払拭術

「結婚するために誰かを選ぶ」って難しいことだと思いませんか?

「好きじゃない人でもお金を稼いでいる人と結婚するなら幸せになれる」と思えればよいですが、現実は不安感との戦いが待っているでしょう。「好きじゃない」「お金」というキーワードから「本当に幸せな結婚生活ができるのか」と気になってきてしまうのです。

本記事では「相手の生活圏内に入って積極的に興味を持つ」ことで、「好きじゃない人とお金の為に結婚しても幸せになれないという不安」を払拭していく方法をお伝えします。

結果として、2人が同じ方向を向いて生活できるか、大変な時に2人で助け合って生活できるか、2人で自主的に決めた生活ができるかといった不安を解消していける可能性を高めます。

相手の本質的な部分を理解していけるため、2人の結婚生活を具体的にイメージしていけるでしょう。

「好きじゃない人とお金の為に結婚」は幸せになれない?

恋愛を通してではなく、お見合いや婚活パーティー等で結婚相手を選んでいく場合、最初はどうしたって「条件」を見ることになります。

そして、年齢、職業、年収、趣味などの個人の特徴から「自分の望む条件」を持っている相手を選んでいくことが多いでしょう。

結婚となると、ほとんどの人が年収をチェックするかもしれません。人によって幅はあるものの、ある程度の収入は生活の上で欠かせないからです。

しかし、このような「条件」によって相手を選ぶ場合、「好きじゃない人を結婚相手として選んでしまった」「お金をたくさん稼いでいるという理由で選択してしまった」といったように、自分の選択に前向きになれなくなる人が出てくるでしょう。

「好きじゃない人とお金の為に結婚して、本当に幸せになれるのか」といった不安感が高まってくるからです。

この不安感をそのまま放置してしまう場合、相手の内面に対する信頼感が蓄積していきません。そのため、トラブルがあったときに相手の不足している部分に注目し、「お金で選んでしまったから」「好きになった人じゃないから」「これからもうまくいかないかもしれない」といったネガティブ感情のループにはまってしまうかもしれません。一番幸せな時期を台無しにしてしまう可能性もあるでしょう。

そのため、「好きじゃない人とお金の為に結婚しても幸せになれるのか」といった不安感に対しては早めに向き合い、解消しておく必要があるといえます。

では、「好きじゃない人とお金の為に結婚しても幸せになれるのか」といった不安感は、なぜ生じてしまうのでしょうか。具体的に考えてみましょう。

幸せな結婚生活が送れるのか不安になる、理解していない「相手の本質」

「好きじゃない人とお金の為に結婚して幸せになれるのか不安になる」原因は、表面的な条件以外の「相手の本質」をあまり掴めていないためかもしれません。

結婚に進むかもしれない段階で悩んでいるわけですから、実際に会った印象は悪いものではなかったはずです。

おそらく、知人、友人レベルなら迷わずに付き合いを始めたかもしれません。

しかし、結婚となると、さらっとわかったことだけでは理解不足になってしまうのです。

相手の表面的な条件よりも本質的なことを理解していく必要があるでしょう。

たとえば、相手が生活の中でどんなことを大事にしているのかといった「価値観」、身近な人に対して出てくる「相手の性格」、関係が長く続いていく「相手家族のこと」等です。結婚前に全て完璧に理解することは困難ですが、ちょっぴりわかってくるだけでも、「幸せな結婚生活が送れるのだろうか」といった不安感は減らせるかもしれません。2人の生活イメージが沸いてくるからです。

逆を言えば、幸せな結婚を送れるか不安でいっぱいなのに、結婚生活に不可欠な「相手の価値観」「相手の性格」「相手家族の実態」をほとんど知らないまま、結婚を決めてしまうのはリスクが高いといえるでしょう。

相手を知らないからこそ、ちょっとしたことで不安感が高まる可能性があるのです。

では、「相手の価値観」「相手の性格」「相手家族の実態」といった相手の本質的な部分をほとんど知らない場合、どのような問題が生じてしまうのでしょうか。具体的に考えてみましょう。

同じ方向を向いて生活できるか不安になる、知らない「相手の価値観」

「好きじゃない人とお金の為に結婚して幸せになれるのか不安になる」原因の1つは、「相手の価値観」を知らないためかもしれません。

相手が「お金をたくさん稼いでいる」人であっても、どんな風にお金を使っているのかが不透明だと安定した生活を送れるかどうかもわかりません。

高収入だけど、そのほとんどを付き合い等に使う人もいるからです。

しかし、これもいい悪いではなく、「価値観」の1つだといえます。

つまり、「お金をたくさん稼いでいる」ことは「条件」でわかっても、その先のことは「相手のお金に対する考え方」によって随分変わってくるでしょう。

また、お金以外のことでも、相手が「普段、どんなことを大事にして生活しているか」がわからない場合、自分と生活が合うかどうかもわかりません。

他人からどう見えるかを重視する、結婚しても1人の時間を重視する、美味しいものより健康を重視する、家事は女性がやるのが当然と思っている、友人や家族付き合いを重視するなど、様々な価値観があるでしょう。

会話をすることで部分的に相手の積み重ねてきた考えが見えてくることもあるかもしれません。

しかし、多くのことは積極的に相手の生活に近づいてコミュニケーションをとっていかないと具体的には見えてこないものでしょう。

相手の価値観をほとんど知らない状態では、「相手がどのように考えるか」の予測も立ちづらく、「相手と同じ方向を向いて生活できるのだろうかと不安になる」可能性が高いといえます。

「もしかしたら…」といった不安感ばかりが先行してしまうかもしれません。「好きじゃない人とお金の為に結婚しても幸せになれるか不安」といった悩みに繋がってしまうのです。

大変な時に助け合って生活できるか不安になる、見えない「相手の性格」

「好きじゃない人とお金の為に結婚して幸せになれるのか不安になる」原因の1つは、「相手の性格」が見えてこないためかもしれません。会話をしたときに、大まかな性格は読み取れたでしょう。

結婚を前提にしているわけですから、生理的に受け付けない人ではなかったはずです。

知人や友人レベルであれば、適度な距離を保ちながら付き合えるでしょう。

しかし、結婚となると、お互いにとって一番近い存在になります。距離感が近い分、「他人にはあまり出さない部分」も表現するようになるでしょう。

たとえば、普段は紳士的で落ち着いているのに2人のときは「声を荒くする」、「何でもやってもらおうとする」など、子どもっぽくなる人もいます。また、身近な人と話をするときはリラックスし、「多弁になる」、「表情や態度が明るくなる」人もいるでしょう。

「初めてでわからないことはイライラして丸投げしてしまう」人もいるかもしれません。

しかし、このような身近な人間関係の中で出てくる「相手の性格」は積極的に相手の生活に近づいてコミュニケーションをとっていかないと具体的には見えてこないものでしょう。「相手の性格」をほとんど知らない場合、相手がいざというときにどのような反応をするか予測がつかず、「大変な時に助け合って生活できるか不安になる」可能性は高いでしょう。

「もしかしたら…」といった不安感ばかりが先行してしまうかもしれません。

「好きじゃない人とお金の為に結婚しても幸せになれるか不安」といった悩みに繋がってしまうのです。

自主的に決めた生活ができるか不安になる、わからない「相手家族の実態」

「好きになった人じゃないのにお金の為に結婚して幸せになれるのか不安になる」原因の1つは、「相手家族の実態」がわからないためかもしれません。

相手家族に数度会って雰囲気を知っている人は多いでしょう。

相手のお父さんは無口で怖かった、お母さんは明るい人等、大まかな印象もあるかもしれません。

近所や親戚であればその程度でお付き合いができるでしょう。しかし、結婚となると、時には「相手の家族」と物事を決める、一緒にやり遂げることが必要になります。

その最初のイベントが結婚式になることは多いでしょう。

コミュニケーションの頻度が格段に上がり、干渉してくる家族も出てくるかもしれません。

家族との関係は「あなたたち夫婦」「私たち親世代」といった区別が時には不明瞭になりやすいのです。

たとえば、結婚式1つとっても、親世代が子ども夫婦に「引き出物はお皿にしてほしい」「お色直しは2回以上しなさい」といった介入をすることは珍しくないでしょう。

そして、このような干渉は結婚式に限らず、新居の場所や子育ての仕方に対して等にも広がっていく可能性が考えられます。

しかし、このような特徴を持っている家族かどうかは、積極的に相手の生活に近づいてコミュニケーションをとっていかないと具体的には見えてこないものでしょう。

「相手家族の実態」をほとんど知らない場合、将来どのような干渉が待ち受けているか予測がつかず、「自主的に決めた生活ができるか不安になる」可能性は高いのです。

「もしかしたら…」といった不安感ばかりが先行してしまうかもしれません。

「好きじゃない人とお金の為に結婚しても幸せになれるか不安」といった悩みに繋がってしまうのです。

相手の生活圏内に入って積極的に興味を持つことで、結婚の不安解消!

「好きじゃない人とお金の為に結婚して幸せになれるのか不安になる」原因は、表面的な条件以外の「相手の本質」をあまり掴めていないためだと前述しました。

「相手の価値観」「相手の性格」「相手家族の実態」をほとんど知らない状態では、「2人が同じ方向を向いて生活できるか」「大変な時に2人で助け合って生活できるか」「2人で自主的に決めた生活ができるか」といった不安感が高まってしまう可能性が出てくるでしょう。

そして、「好きじゃない人とお金の為に結婚しても幸せになれるか不安」に繋がってしまうのです。では、このような高い不安感を払拭するためにはどうしたらよいのでしょうか。

本記事では、「相手の生活圏内に入って積極的に興味を持つ」ことで、「好きじゃない人とお金の為に結婚しても幸せになれないという不安」を払拭していく方法をお伝えします。

相手の生活圏内に入って「相手の本質」を知った上で、最終的に自分が「結婚する」判断を下せることができれば、「好きじゃない人」「お金で選んだ」は既に頭の中では大きなことでは無くなっているかもしれません。

では、どのように相手の本質的な部分を知り、不安感を解消していけばよいか具体的に考えてみましょう。

相手の生活圏内に入って積極的に興味を持つことで、調整できる方向性!

「相手の価値観」を知らず、同じ方向を向いて生活できるか不安になるのは、「相手の優先順位に戸惑っている場合」が多いでしょう。

結婚に向けた重要な時期に、「友人と会う日」や「スポーツジムに行く日」をキャンセルしないことにモヤモヤしてしまう等です。

結婚という目標に向かっているときなのに、「お互いが持っている意識」「重要に思う程度」が違うと感じてしまうでしょう。今後、同じ方を向いて一緒に歩いていけるか不安になってしまうかもしれません。

そのような場合、

①「休日の姿を観察する」
②「時間のある時に相手が何をしていることが多いか聞く」
③「相手が特に大事にしていることを一緒に経験する」

を実践してみてください。

「優先順位を同じにしていくために話し合う」方法をとる人が多いかもしれません。

しかし、関係性がまだあまり出来ていない状態から、「今は結婚が一番大事」といったような「~するべき」を相手に強制してしまう場合、2人の間に緊張感が生じるだけで信頼感は生まれないかもしれません。

まずは、相手のそのままの価値観を知り、話を聞き、経験することで理解し認められる部分が増えるでしょう。

たとえば、相手の優先順位に戸惑っているケースが①「休日の姿を観察する」をしたところ、相手が次々に予定をこなしていることに気づいたのです。

ちょっとした短い時間も大切にしていることが相手の様子からわかりました。

そこで、②「時間のある時に相手が何をしていることが多いか聞く」をしてみたところ、「体を動かす」「色んな予定を作って刺激を受けたい」「休日をいかに充実させるかが自分の仕事のモチベーションになる」といった相手の考え方が見えてきたのです。

つまり、結婚のことを重要に思っていないのではなく、「友人と会う日」「スポーツジムに行く日」も「自分の生活のモチベーション維持に必要」だと相手が認識していることがわかってくるでしょう。

このように相手の価値観を理解できることで、細かな相手の行動に戸惑うことは減少していくかもしれません。

そして、③「相手が特に大事にしていることを一緒に経験する」をしてみたところ、相手の「友人と会う」が特別な意味を持っていることを実感できたのです。

実際に相手の友人と会い、一緒に話してみると、相手の「大事にしている部分」を理解できる可能性が高まります。

ただお酒を飲むだけでなく、愚痴を吐き出す、個人の人生哲学や夢を語る等、相手にとっては大事な居場所になっていることに気づけるでしょう。

このような経験を1つずつ積み重ねていくことで、「相手の価値観」がわかってくるはずです。相手の大事にしていることがわかれば、自分の価値観と調整していくことが可能となり、「同じ方向を向いて生活できるか不安になる」ことは減っていくでしょう。

さらに、

①「休日の姿を観察する」
②「時間のある時に相手が何をしていることが多いか聞く」
③「相手が特に大事にしていることを一緒に経験する」

を継続すると、より生活に焦点を当てた「お互いにぶつかりやすい価値観」にも取り組んでいけるはずです。

最初から相手の考え方を否定するのではなく、相手の価値観をまず、そのまま見聞きし理解した後であれば、夫婦として話し合いを持ち、2人に合った新しい価値観も作っていけるでしょう。

①「休日の姿を観察する」
②「時間のある時に相手が何をしていることが多いか聞く」
③「相手が特に大事にしていることを一緒に経験する」

をすることで、「相手の価値観」といった本質的な部分を少しずつ知っていくことができるでしょう。

相手が何を優先し大事にしたいのかがわかってくると、様々な場面で相手がとるだろう行動を予測できるようになるはずです。

自分の価値観と調整し2人が落ち着く方向性は見つかるでしょう。

相手の価値観が見え、それをポジティブに捉えられる場合、「お金」は相手の一部でしかなく、「好きじゃない人とお金の為に結婚しても幸せになれないという不安」は小さなものになっている可能性が高いのです。

相手の生活圏内に入って積極的に興味を持つことで、自覚できる役割!

「相手の性格」が見えず、大変な時に助け合って生活できるか不安になるのは、「相手が自分のことをオープンに話さない場合」が多いでしょう。

うるさいくらいに自分の話をする相手であれば、「相手がわからなくて不安になる」ことは少ないのです。相手が「身近な人とどのような関係を持つのか」わかりにくい場合、不安感は生じるでしょう。

大変なときに一緒に乗り越えていけるか心配になってしまうかもしれません。そのような場合、

①「友人や家族と話す相手の姿を観察する」
②「友人や家族に相手のエピソードをたくさん聞く」
③「友人や家族も含む相手との時間を増やす」

を実践してみてください。

「相手と頑張って心理的距離を縮めようとする」人もいるかもしれません。

しかし、うまくいかない場合、「結婚するのにどうしてよそよそしいの?」と不満感に繋がってしまう可能性も出てくるでしょう。

それより、今現在、相手が心を許している人たちとのコミュニケーションを見聞きすることで、結婚後に表現するだろう「相手の性格」も予測できるはずです。

たとえば、相手の気性や性格傾向がわからないでいるケースが①「友人や家族と話す相手の姿を観察する」をしてみたところ、想像以上に早口でたくさん話している姿を発見したのです。

このケースが1対1で相手と話すときは、相手の口数が少ないため、口下手な人だと思っていました。

しかし、このケースは相手の緊張が解けたときには、たくさん自分の話をしてくれるようになるかもしれないと予測することができたのです。

相手の一面を少し見ることができて、結婚生活を不安に思うよりそんな姿を楽しみに待とうと認識を変えることも可能かもしれません。

そして、続けて②「友人や家族に相手のエピソードをたくさん聞く」をしてみたところ、「話好きな相手のエピソード」「人見知りをする」「せっかちなところ」「身近な人には甘えてくれる」「友人や家族を大事にしてくれる」といった話を聞くことができました。

今は人見知りをしてオープンに話さない相手も、時間をかけて関係が構築されると「仲良く話す」「せっかちに自分の話をする」「しっかり自分に甘えてくれる」「自分を大事にしてくれる」相手の姿をより具体的なエピソードからイメージできたのです。

さらに、時間ができたときには③「友人や家族も含む相手との時間を増やす」をしてみたところ、相手の情報が格段に増え、さらに、相手がリラックスしている姿をたくさん見ることができました。

相手に対するイメージは具体化し、どんなときに「相手を受け止める」役割をすればよいか、どんなときなら「相手に支えてもらえるか」等、身近な人たちの中にいる相手の姿を見ながら「自分との関係」に当てはめて考えていけるでしょう。

「大変な時に助け合って生活できるか不安」といった気持ちは減少していくはずです。

さらに、

①「友人や家族と話す相手の姿を観察する」
②「友人や家族に相手のエピソードをたくさん聞く」
③「友人や家族も含む相手との時間を増やす」

を継続すると、相手の大事な居場所の中にしっかり入っていくことができる可能性が高まります。相手の行動に戸惑っても身近に相談相手がたくさんいれば鬼に金棒でしょう。

大喧嘩をしても身近な人が仲裁役をしてくれることも出てくるかもしれません。

①「友人や家族と話す相手の姿を観察する」
②「友人や家族に相手のエピソードをたくさん聞く」
③「友人や家族も含む相手との時間を増やす」

ことで、「相手の性格」といった本質的な部分を少しずつ知っていくことができるでしょう。相手の身近な人とのやりとりを見聞きし、一緒に味わうことで「相手らしさ」はわかってくるはずです。

大変なときに相手はどのような反応をとるかについてもエピソードから予測がつくようになり、状況に応じて自分の役割を自覚し行動できるでしょう。

ここまで相手を知り、結婚に楽しみを見いだせるならば、「好きじゃない人とお金の為に結婚しても幸せになれないという不安」は既に面影もないかもしれません。

相手の生活圏内に入って積極的に興味を持つことで、備わる具体的対策!

「相手家族の実態」がわからず、夫婦で自主的に決めた生活ができるか不安になるのは、「相手の家族の雰囲気に圧倒されている場合」が多いでしょう。相手の家族に威圧感がある、結束感があって中に入りづらい等です。

緊張した中、「~した方がいいんじゃない?」と家族から軽く言われたら、「その通りにしなくてはいけない」と思ってしまう人もいるでしょう。自分たち夫婦に決定権はあるのだろうかと不安に思ってしまうかもしれません。

そのような場合、

①「実家での家族のやりとりを観察する」
②「家族からメンバーや歴史について聞く」
③「家族と一緒に過ごす時間も作る」

を実践してみてください。

「相手の家族と会う機会を控える」等、心理的な距離をとる人もいるでしょう。

しかし、距離をとるのは大きなトラブルが起きてからでも遅くありません。

まずは家族に近づき、それぞれの人たちがどんな想いでいるのか、どんな歴史を背負ってきたのかを理解すると、家族に対する取っつきにくさは変わってくるかもしれません。

たとえば、相手家族の雰囲気に圧倒されているケースが①「実家での家族のやりとりを観察する」をしてみたところ、威圧的に感じる理由が話し方や方言の影響もあるのかもしれないと思えたのです。

このケースは「相手のお父さんの話し方」を威圧的に感じていたのですが、同じ話し方のまま「お父さんの大笑いが始まる」「お父さんの冗談が始まる」等の様子を見ていたら、お父さんが怒っているのでなく、そういう話し方なのだとわかり安心しました。

そして、次々に話をしてくれる家族から②「家族メンバーや歴史について聞く」をしたところ、相手のお父さん、お母さんそれぞれの苦労や結婚相手の小さい頃の話等、たくさんの家族の物語を知ることができたのです。

「お母さんがあんなに「結婚相手」のことを心配しているのは、小さい頃の怪我や病気をたくさん経験してきたからなのかもしれないなぁ」といったように、家族の心の背景を推し量ることができるようになるでしょう。

家族一人ひとりとじっくり話をし、それぞれの「奥の気持ち」を少しずつ理解していけると、「家族が結束していて仲間に入れない」といった疎外感も薄まっていくはずです。

そして、③「家族と一緒に過ごす時間も作る」をすると、結婚や新居等について相手家族から提案やアドバイスがあったときに、「家族のそう考える理由や気持ち」も同時に直接聞く機会ができるでしょう。

相手の家族に対して強い拒絶感を抱くのを防ぎ、「夫婦のことを思っての発言」と冷静に今後のことを2人で考えることができるはずです。

相手家族と具体的にどう折り合っていけばよいか対策も準備できるでしょう。2人で話し合いがちゃんとできれば、「自主的に決めた生活ができるか不安になる」ことは減っていくはずです。

さらに、

①「実家での家族のやりとりを観察する」
②「家族からメンバーや歴史について聞く」
③「家族と一緒に過ごす時間も作る

を継続すると、相手家族とのコミュニケーションが増えるでしょう。

身近にいて気軽に話せる関係性ができていけば、干渉が起きても、自分たちの考えをきっぱりと伝えやすくなるかもしれません。

①「実家での家族のやりとりを観察する」
②「家族からメンバーや歴史について聞く」
③「家族と一緒に過ごす時間も作る」

ことで「相手家族の実態」といった本質的な部分を少しずつ知っていくことができるでしょう。

相手家族が2人に干渉してくる場合でも、家族それぞれにどんな想いがあり、どんな背景があるのかがしっかりわかっていれば、「家族が安心する状況」を予測できるようになり、具体的な対策も2人で考えていけるかもしれません。

夫婦が自主的に決めた生活ができる可能性は高いでしょう。ここまで相手の生活圏内に入って、将来を考えられるならば、「好きじゃないのにお金で選んだ」という気持ちや「幸せになれない」という不安は無くなっているかもしれません。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

相手の生活圏内に入って積極的に興味を持つことで、相手が好きな人へ!

「条件」から結婚相手を選ぶ場合、「自分の判断が本当に合っているのか」「幸せな結婚生活になるのか」といった不安が出てくるのは当然でしょう。

結婚相手についてわかっていることが非常に少ないからです。

しかも、相手の本質的な部分がほとんどわからない場合、結婚生活が「幸せなもの」になるかどうかイメージすることが困難でしょう。

そのため、「好きじゃない人とお金の為に結婚しても幸せになれないという不安」は相手を知ることで解消できる可能性は高まるのです。

本記事では「相手の生活圏内に入って積極的に興味を持つ」ことで、「好きじゃない人とお金の為に結婚しても幸せになれないという不安」を払拭していく方法をお伝えします。

「相手の価値観」については、①「休日の姿を観察する」②「時間のある時に相手が何をしていることが多いか聞く」③「相手が特に大事にしていることを一緒に経験する」を、「相手の性格」については、①「友人や家族と話す相手の姿を観察する」②「友人や家族に相手のエピソードをたくさん聞く」③「友人や家族も含む相手との時間を増やす」を、「相手家族の実態」については、①「実家での家族のやりとりを観察する」②「家族からメンバーや歴史について聞く」③「家族と一緒に過ごす時間も作る」を実践してみてください。

実践を積み重ねることで「好きじゃない人とお金の為に結婚しても幸せになれないという不安」は減っていくでしょう。相手の本質的な部分をよく理解した上で、結婚生活を共にしようと思える場合、相手に対する「愛情」が芽生えてきているかもしれません。

最初に選んだきっかけより、2人で構築した関係性の方が幸せな結婚生活を続けていくためには重要になっていくでしょう。