悩む30代必見!好きじゃない人と結婚しても子供がいれば幸せ?

30代のうちに子供は欲しいけれど、今付き合っている相手はそこまで好きではないし、結婚しても大丈夫なのだろうかと悩んでいる方は多いでしょう。あなたもその1人ではありませんか?

子供を授かる夢を叶えるためにこのままそんなに好きじゃない相手と結婚するのか、結婚相手に妥協せず、本当に好きな人に出会えるまで結婚はやめておくのか、悩んでもなかなか答えは出ないもの。

特に漠然と悩んでいる時は、本当は何に悩んでいるのかがぼやけてしまいがち。

そんな時は相手の長所と短所を考慮して、結婚した後幸せな家庭を築ける相手なのか、さらには自分はどんな家庭を築きたいのか考えてみましょう。

そうすることで、今付き合っている相手と結婚すべきなのかすべきではないのかの答えが見えてくるはず。

巷で聞く好きじゃない相手と結婚することへの不安は、「結婚すること」の不安よりも結婚後の生活や子供ができてからの暮らしという「結婚した後」の不安に基づいているからです。

しっかりと将来の家庭を意識して、より後悔しない選択肢を選んでいきましょう。

子供は欲しいけれど今の相手との結婚は疑問

男女問わず、自分の子供が欲しいと思うのは自然なこと。しかし早く子供が欲しいために焦ってとりあえず付き合ってみた相手と、本当に結婚しても大丈夫なのか不安に思っていませんか?

「そんなに好きじゃない人だけどそろそろ結婚したいしこの人でいいかな」
「でも好きじゃない人と結婚して子供が生まれてもかわいいと思えるのかな」

そういう風に悩み始めると、結婚して子供を持つことへも踏み出せず別れることもできないという中途半端な状態になってしまいます。

このように悩んでしまうのは、30代女性は「タイムリミット」を意識しだす事が多いからです。

好きじゃない人と結婚すべき?焦って悩む原因は子供を授かれるタイムリミット

子供がどんなに欲しくても、年齢が上がるほどに授かれる可能性や無事に出産できる可能性が減少していってしまいます。

30代は周りからの情報や自分の体調などから、そのタイムリミットを実感しやすくなるタイミング。

子供が欲しいという目的のために結婚を焦ってしまうと、好きな人に出会ってから結婚というステップを踏む余裕がなく、恋愛感情がないまま結婚に向けての話し合いをすることになります。

その結果この人と結婚してよいのかと悩んでしまい、結婚して子供が生まれたら幸せになれるという確信を持てなくなってしまいます。

「結婚して大丈夫なのだろうか」という悩みの中には、様々な事柄に対する悩みが含まれています。

ここでは好きじゃない人と結婚を考えている際の悩みを明確にするために、

①好きじゃない人と結婚すること自体への悩み
②好きじゃない人と結婚した後の2人の子供に関する悩み
③好きじゃない人と結婚しなかったらもう結婚できないのではないかという将来への不安に関する悩み

に分けて解説していきます。

結婚してよいのか悩む理由⓵焦って付き合ってみた相手がそんなに好きじゃない…

結婚してよいのか悩む理由の1つ目は、焦って結婚しても大丈夫そうな相手と付き合ったものの、絶対にこの人と結婚したいという強い思いがないことです。

婚活に焦っている時は、なかなか理想通りの人を選んでいる余裕はなく、とりあえず結婚しても大丈夫そうな相手を探すことになりがちです。

この場合は好きになってから付き合ったというわけではないので、相手のことを初めから冷めた目で見てしまうものです。

「大きな欠点はないけれど好みのタイプの人じゃないし、一緒にいてもドキドキしない」
「アプローチされて付き合い始めたけどそこまで相手に気持ちがない」
「条件はいいけど人間性が疑問」
「いい人だと思ったけれどそれだけしかない」

など、「好きじゃない」の中身はそれぞれ違いますが、実際に結婚しようとなった時に躊躇してしまうのは同じ。

何度か会ううちに好きになれればいいのですが、そんなにうまくいくことばかりではありません。

逆に何度か会うほどに性格や癖などの相手の欠点が目につき始め、むしろ嫌いになってしまうというケースもあります。

結婚してよいのか悩む理由②子供が好きじゃない相手に似たらかわいいと思えないかも…

結婚してよいのか悩む理由の2つめは、いざ結婚して子供を授かったとしても、好きじゃない相手に似てしまうことが不安なことです。

子供が欲しくて結婚しても、相手のことが好きじゃない場合はその人の特徴を受け継いだ子供がかわいいと思えるのかは心配になることがあります。

特に相手の外見や性格などの嫌なところが似た子供が生まれたらと思うと、結婚も躊躇してしまうもの。

さらには結婚したもののこの人との子供は欲しくないと考えてしまったらどうしようなど、幸せな家庭を築けるイメージが持ちにくく、なかなか結婚する決心がつかなくなってしまいます。

結婚してよいのか悩む理由③好きじゃないけどこの機を逃したら子供は難しいかも…

結婚してよいのか悩む原因の3つめは、早く結婚しなければならないという焦りのせいで、好きじゃない相手でも今結婚しないと子供を授かることが難しそうだと思ってしまうことです。

同年代で独身の男性も20代の時よりも少なくなり、より一層早めに結婚しなくてはならないという焦りが生まれやすくなります。

また、育児のことを考えると少しでも若くて健康で体力があるときに子供を産んでおきたいと思うもの。

さらに婚活をしていく中で条件の良い人がなかなか見つからず、やっとしっかりと仕事をしていて結婚できそうな人を見つけたら、この人と結婚できなかったらもうチャンスはないと思ってしまうこともあるでしょう。

このように、この機を逃がしたら次がないかもしれないという不安で、好きじゃないからすぐに別れて他の人を探すというわけにもいかず、結婚すべきかすべきでないかを悩み続けてしまいます。

好きじゃない人と結婚しても子供のいる幸せな家庭は可能!相手のことを見極めて答えを出そう!

子供が欲しいために、好きかどうかではなく結婚できそうかどうかで相手を選ぶことは珍しくはありません。

そのような相手との結婚は、本当にこれでいいのかと悩みますが、今相手のことを好きじゃないからといって幸せな結婚生活を送れないわけではありません。

大切なのは幸せな家庭を築くことです。今好きかどうかよりも、結婚して子供が生まれた時に幸せな家庭を築ける相手なのかどうかを見極めて結婚するかどうかを決めましょう。

好きじゃない人との結婚に関する悩みは3つに分けられますが、結婚すべきかどうかを決める際はそれぞれ判断ポイントがあります。

それぞれに共通しているのは、結婚して子供が生まれた時に幸せな家庭を築ける相手なのかどうかを見極めることです。

これらの判断ポイントを意識することで相手との将来を具体的に思い描くことができ、結婚した場合、しなかった場合のどちらでも後悔せず、前向きな生活を送れるようになるのです。

結婚してよいのかの判断ポイント①焦って付き合ってみた相手がそんなに好きじゃなかったら?

基本的に、婚活で見つけた相手をすぐに好きになれることは稀なことです。

そこまで恋愛感情がなくても幸せな家庭は築ける場合がありますし、かえって早いうちから素の自分を出せて気楽に過ごせることも。

最初はそこまで好きではなかったものの、長く一緒にいるうちに一緒にいて落ち着くし人として好きになっていったという夫婦は周りの友人カップルにも多いものです。

まずは相手の良いところと良くないところを書き出してみましょう。

例えば

良いところ
・誠実である
・仕事熱心
・子供が好き

良くないところ
・話が面白くない
・鈍感なところがある

など。

これらを結婚生活を送る際にプラスになるもの、マイナスになるもの、どちらにもならないものに分類します。

こうすることで相手との結婚生活を具体的に想像することができ、結婚したら幸せな家庭を築けるのかどうかがイメージしやすくなります。

良いところ→優しい、いつも気遣ってくれる。

これは結婚生活にプラスになるので、結婚しても大丈夫そうなのか。

良くないところ→金銭感覚がしっかりしていない。

これは結婚生活にマイナスになるけれど、ぼんやりはしているものの注意したら気を付けてくれそうなのか、もう直しようがないので家計を共にするのは難しそうなのか。

大切なのは良いところの数、良くないところの数ではありません。

良いところがいくつもあっても、暴力的だったり借金をしがちだったりという大きな欠点があれば一緒に家庭を築くのは難しいということもありますし、良くないところがいくつもあっても誠実で仕事熱心なら一緒にやっていけそうだと思う場合もあります。

あくまでも幸せな家庭を築けそうな相手なのかどうかで判断しましょう。こうすることで結婚すべきかどうかが明確になり、自信をもって次へと進むことができます。

結婚してよいかの判断ポイント②子供が相手に似てほしくないなら危険信号

子供が相手に似てほしくないと思うのは、好きじゃないというよりもむしろ嫌いであるという事だと思いませんか?

似てほしくない理由にもよりますが、外見や雰囲気などが生理的に嫌だと思う場合はむしろ遺伝子的に子供を作るパートナーとして合っていない可能性が高いのです。

人間は本能的に、強い子供を作るためにふさわしい相手を判別しています。相手のことを生理的に嫌だと思うのは、この人と子供を作るべきではないという本能の表れ。

女の子が思春期になると父親のことがなんとなく嫌になるのもこれが原因です。

子供が欲しいと思うならなおさら、生理的に嫌な相手とは別れて新しいパートナーを探すのが一番の近道。大切な時間を無駄にするのはもったいないのです。

また外見や雰囲気ではなくて、性格や口癖が相手に似たら嫌だという場合もあるでしょう。

しかし一緒に暮らしていく中では、どうしても子供は夫婦のどちらにもある程度似てしまいます。

例えば夫が何の話題に対しても
「いや、そうはいうけど~」
のように否定から入るタイプだったら、子供もその口癖を覚えてしまいます。
「そんな風に話さないようにしようね」
と子供に言っても、
「どうしてお父さんはいいの?」
のように、子供が不満をもってしまうのです。

また、口癖や性格は本人だけの問題ではなくて育った家庭との関係もあります。

子供と一緒に夫の親に会いに行くと、そこでもおじいちゃんおばあちゃんの真似をしてさらにあなたの好きではない言葉遣いや態度をとってしまうことも。

おじいちゃんおばあちゃんのような言葉遣いはだめだと子供に注意するわけにもいかず、育児に関する悩みが増えてしまいます。

もちろん相手にしっかり伝えて相手も納得して直してくれるならよいのですが、生まれ持った性格や癖は直すのが難しいもの。

それが子供に受け継がれて欲しくないと思うなら、結婚は一旦やめた方が無難です。

「子供が相手に似てほしくない」
「相手との子供は多分かわいいと思えない」

と思ってしまう相手とは幸せな家庭を築くことは難しいのです。

そういった相手に早く見切りをつけることによって、30代のうちにもっと良い人に出会うチャンスが増えます。

結婚してよいのかの判断ポイント③「この機を逃がしたら」よりも「結婚したらどうなるか」を考える

30代のうちに結婚して子供を産みたいという思いが強いと、どうしても焦りは生まれます。

この人と結婚できなかったら子供はあきらめなければならないかもしれないと思うと、好きじゃない相手との結婚に魅力を感じなくても、別れるという決断も難しいものです。

しかし一度立ち止まって、相手と結婚できなかったらどうなるかではなく、結婚したらどうなるかを想像してみましょう。

もし子供を授かれなかったらその結婚生活をどうするのか。

子供がいなくても夫婦2人でそこそこ楽しくやっていけそうなのか、離婚するのか、離婚したあとはどうするのか。

子供が生まれたら、2人で支えあって子育てができそうなのか。

結婚することはゴールではなくて新しい始まりだということを意識して、結婚生活を具体的にイメージしましょう。

例えば相手が同業者なので、お互いに仕事への理解があり、家事育児も分担できる。自分の実家が近いのでいざとなったら助けてもらうことも可能。

どちらもサービス業なので土日休みではないことがあるけれど、自分の方は在宅での仕事もできるので融通はつけやすい。

ただ相手の方は趣味への浪費が結構あるけれどそこはお互いに上限金額を決めればなんとかなりそう。

子供がすぐに欲しいという点は一致しているし、子供にかかる費用の件も話し合えば大丈夫。

これなら結婚に進んでも大丈夫そう…

など、まずは自分で考え、気になる点はメモしておきます。

その後は相手と話し合って、結婚生活への不安が解消されれば結婚へと進めますし、さらに不安になるようなら結婚はやめておく方が吉です。

結婚できなかったらと考えだすと、そこにとらわれてなかなか結婚するかしないか決断できませんが、結婚した後のことを考えることで判断材料が増え、決断しやすくなります。

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気!
恋愛悩みは人それぞれです。でも人に気軽に相談できないため、一人で抱え込むことになってしまうのです。そんな悩みに的確なアドバイスをくれるのが電話占い。進むべき未来へのヒントをもらえるので、ネガティブな恋愛をポジティブに変えることができます。[続きは下記]

併せて読む

「いつも恋愛がうまくいかない…」と悩んでいませんか? 恋愛は楽しいことばかりではありません。 片思いはもちろん、両想いであっても悩みは尽きません。 倦怠期、マンネリ、喧嘩、嫉妬など、さまざまな問題に悩まされているでしょう。 […]

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気おすすめ3選!

子供が生まれた後のことも考えて好きじゃない人と結婚するかどうか判断しよう!

30代は結婚や出産に対して焦りを抱きがちで、早く子供が欲しくて好きじゃない相手と付き合い、結婚すべきかどうか悩んでしまうことがあります。

「好きじゃない人と結婚すべきかどうか」だけを考えるよりも、まずは幸せな家庭を築くという目的を意識しましょう。

3つの判断ポイントで相手を見極め、好きじゃなくても結婚したら幸せになれそうな相手なら結婚する、幸せな結婚生活が送れそうにない相手なら結婚せず次を探す。

好きじゃない相手との結婚に悩んでしまうのは、結婚した結果幸せになれるかどうか不安だからです。

3つの判断ポイントで考えた時に結婚したら幸せになれると思えた相手となら、子供が生まれた後も素敵な毎日を送れるはず。

焦らずに一度冷静に具体的に考えてみるのが、子供が欲しい女性にとって一番良い選択肢を選べる方法なのです。