27歳女性は結婚を焦りがち?婚期を見定めるためにすべきこと

27歳になると、結婚を考える女性が増えてきます。
周囲の圧力に押されて、焦燥感が生まれてしまう人は少なくありません。

現在おつきあいしている恋人がいないという女性にとっては尚更、差し迫った問題であるように感じられるのではないでしょうか。

でも、結婚を考えるには、この歳はまだ早いのでは? という迷いもありますよね。
時期尚早ではないかと、不安を抱えてしまうのも正直なところ。

一体、どう考えるべきなのでしょうか。

結論としては、焦りは禁物。
自分にとって何が大切なのかを明確化した上で、結婚を含めた人生プランを立てていきましょう。

重要なのは、周りに流されたまま決断をしないこと。
そして、他人と自分を引き比べたり、目の前のことばかり見たりしないことです。

自分の人生にしっかりと向き合って、自分の「核」を持って生きていれば、周囲に振り回されることはないと思われます。

結婚というのは人生を左右する一大イベントです。
だからこそ、他人の意見を言い訳にすることなく、自らの意志で決断を下したいですね。

27歳女性は結婚を焦ってしまうもの

27歳という年齢は、早期結婚を決断するか否かの分水嶺に当たる時期かと思われます。
この時期に焦りが増大するのは当然のこと。足踏みをしていては後れを取るのではないかと心配になりますよね。

しかしこの悩みを放置すると、空回るばかりで自身にストレスを与えてしまったり、慌てて結婚して失敗してしまったりする危険性があります。

では今はどのように考え、どのような行動を取るべきなのでしょうか。

27歳女性が結婚を焦る三つの理由~婚期、結婚ラッシュ、周囲の目~

まずは、自分の焦りがどこからくるものなのかを、分析してみましょう。

どうして27歳の女性は、結婚を焦ってしまうのか。

それは、早期結婚のメリットにばかり目が行ったり、周囲の様々な物事に翻弄されたりしているからではないでしょうか。

周囲の期待の目や結婚ラッシュの勢いに押されてしまうのは、無理もないことです。

ここではそんな悩みの中でも特にありがちな三つの理由についてと、今どう行動すべきなのかを、取り上げていきます。

婚期を逃すことへの不安

結婚を焦る理由としてまず一つ上げられるのは、婚期を逃してしまうのではないかという不安です。

20代後半というと、男性からは結婚適齢期として見られやすくなってきます。
それなのにいつまでも結婚の話が出てこないと、心配になりますよね。

このまま一生独身なのでは、淋しく孤独な生涯を送ることになるのでは……と想像してしまい、焦ることもあるかと思います。

しかし女性の結婚の平均年齢は、2015年時点で30歳と、もう少し遅め。

30歳前後が多いようですが、それ以上の年齢で結婚する人も少なからずいるということ。
特に都市部では晩婚化が進んでいます。

20代の時期を逃したところで、結婚のチャンスが大幅に減るということはなさそうです。

はっきり言って27歳はまだまだ若い、という声も見受けられます。40代での結婚も珍しくありません。

27歳の今この時にピンポイントでチャンスを掴まなければいけない理由は、よくよく考えると、見当たらないのではないでしょうか。

男性からの目線も気になるところではありますが、そこは焦ることなく自分のペースを保ちましょう。

年齢を問わずあなたを受け容れてくれるような、真に理解のあるお相手を見つける方が、得策かと思われます。

ですから、結婚に関しては、目の前のことにすぐに飛びつかずに、一歩下がって冷静に考えていくとよいですね。

結婚ラッシュと出産・育児

27歳というと、知人・友人の結婚ラッシュが増えてくるのではないでしょうか。
これは、人々が結婚を焦ってしまう、大きな要因の一つです。

事実、24歳付近から結婚ラッシュの第一波が訪れると、よく言われます。

周りはどんどん進んでいくのに、自分だけ取り残されたようで、危機感を持ってしまいますよね。

特に、彼氏がいない状況だと、大きく出遅れてしまったという印象を抱きがちです。焦りと不安は膨らむばかりでしょう。

更には、出産・育児のことを考えた場合、結婚は早い方がいいのでは? と考えてしまうもの。
体力のある若いうちに、出産・育児を済ませてしまった方が、得策であるように感じられます。

実際、20代で結婚に踏み切った女性の中には、早くに出産・育児を済ませることのメリットを考慮したという人が多いです。

これらのことや、高齢出産のリスクを鑑みると、気が逸ってしまうものですね。

周囲からの期待に応えたい

親に花嫁姿を見せたい、というのも、結婚の動機の一つです。
また親戚から、早く結婚をとせっつかれる、という場合もあるかと思います。

しかしこれも、言ってしまえば、早期結婚の理由を他人に委ねてしまっているのです。

親孝行も大切ですが、何よりの孝行は自分が幸せに生きることではないでしょうか。
そして早期結婚が幸せなことなのかどうかは、個々人で違ってくるものです。

もちろん人によっては、早く結婚すること即ち幸せだという価値観を持っていることもあるでしょう。

あなたの場合はどうでしょうか?
幸せになるための手段は、本当に早期結婚だけなのでしょうか?

自分の人生と向き合いながら、結婚を考えよう

結婚は人生の一大イベント。その決断は自分自身の責任において下したいもの。

ただし人生には、結婚以外の要素も多数存在します。
仕事、趣味、それから結婚後の生活や育児など……。それらとの兼ね合いも考えながら、結婚の時期を見極めていきましょう。

そして、今できることを一つずつ、着実にこなしていきましょう。
例えば、自分の人生プランを立てること。今の自分自身を充実させること。その上で、具体的な行動に出ること。

いきなり結婚へと飛躍しなくても、人生は結婚だけでは決まりませんし、今からでもできることは沢山あります。
ここでは今何ができるのかをご紹介していきます。

人生プランを立てて、理想の結婚像を考えよう

あなたの人生においては、何が重要なのでしょうか?
「結婚や出産」を思って、焦る気持ちは分かります。

しかし人生にはそれだけではなく、生活、仕事、趣味など、色々な要素があります。幅広く考えて、それらの要素に優先順位をつけてみましょう。

あなたはこれまでの人生で、何に重きを置いてきたのでしょうか? またこれからは何を重視していきたいのでしょうか?

それを思い描くことで、「核」、即ち優先順位が見えてくるかもしれません。

例えば、仕事が上手くいっている人の場合、そちらに労力を注ぐのもありです。
27歳というと丁度仕事が軌道に乗り始めたという人も多くいると思われます。

今は仕事や集中して、十分な貯蓄とキャリアアップを行なってから、結婚を考え始めても、遅いということはないでしょう。

そうすると、確かに出遅れてしまう可能性はありますが、産休や育休によってキャリアが断絶する可能性を低めることができます。

女性の社会進出が叫ばれ、私生活も仕事も充実させたいという女性も増えてきている昨今、職を追われないための対策をするのは、間違いではないでしょう。

このようにして、理想の結婚像を考え直しましょう。

仕事、趣味、そして自分の人生プラン。
これらを総合して考えれば、どんな相手が望ましいのか、どんな結婚生活が自分に合っているのかが、自ずと見えてくるはずです。

とにかく結婚しようと焦って闇雲に動くことは、リスクが高いです。
失敗を避けるためにも、まずは冷静に、そして現実的に、自分の持つ理想像を考えることから始めるといいでしょう。

自分磨きをしていこう

すぐ結婚するにしてもしないにしても、自分の周囲の環境を整えていくことは重要な課題です。
「周囲に流されない」ためには、しっかりと自分の核を持つことが大切です。

まずは自分の人生を充実させることを優先しましょう。

具体的には、自分の長所や性格が何なのかをしっかり把握することを通して、自分磨きをすることが大事です。

その手段は、親や友人に尋ねてみたり、一人でメモに書き出してみたりと、色々です。
例えば、就職活動などでよく行われるような、「自分史」や「人生グラフ」の婚活バージョンを作成してみるのは如何でしょうか。

そのようにすることは、人生を豊かにするだけでなく、相手へのアピールにも使える手ですね。

もちろん、女性としての自分磨きをするのも怠らないこと。
自分を、より魅力的かつ個性的に見せる方法は、沢山あります。

身だしなみ普段の立ち居振る舞いなどから、見直してみてはどうでしょうか。

女性の賞味期限は早い、という論もありますが、それはもはや過去のものとなりつつあります。
女性にだって、幾つになっても人間としての立派な価値があるものです。

若さだけではなく、人間としてのあなたの魅力を認めてくれる人を見つけることは、今後の結婚生活においても大きなメリットになるのではないでしょうか。

早期結婚を焦るよりも、今は一人の人間としてのあなたに寄り添ってくれる人を探す方が、幸せな未来への近道ではないかと思われます。

実際に、若いうちに結婚した夫婦の方が離婚率が高いことが、厚生労働省の調べで分かっています。

ひるがえって考えれば、平均結婚年齢付近かそれ以上で結婚した夫婦の方が離婚率が低いということ。つまり、お相手が女性の魅力を若さ以外にも認めた上で結婚した例の方が、うまくいく確率が高いと考えられないでしょうか。

今できることから一つずつ、積極的に

そうは言っても、焦燥感はそう簡単には消えないもの。
「まだ若いから」と言われて、簡単には納得いきませんよね。

もちろん、今現在、結婚のための行動を一切しないというのも考えものです。
そういうわけで今は、目標を設定して、少しずつ前進していきましょう。

まず、彼氏がいないというあなたにおすすめなのは、積極的に出会いを求めること。
結婚を前提とするかどうかはさておいて、彼氏を作るというだけでも、大きな前進です。

まずは手近なできることから行動に移しましょう。実際に人に会いに行くのもよし、アプリなどのサービスを利用するのもよし。

出会いの場は仕事や趣味だけではなく、合コンや街コン、信頼性の高いサイトなどを利用すれば広がっていきます。

実際、年を追うごとに、各種婚活サービスの利用者数は増加しています。

これまで長い間彼氏がいなかった、とか、最近別れたばかりで再スタートできるか分からない、といった方も、安心してください。

まだまだやり直せる年頃です。
今は結婚を考えるには早いと割り切って、素敵な出会いを求める一歩を踏み出してはいかがでしょうか。

現在彼氏がいるという女性の場合は、まずはお相手の意志をそっと確認することが大切です。
特に、具体的な結婚後の生活について、彼がどのようなイメージを持っているのか、きちんと確認しておく必要があります。

もしそれが自分の人生プランと大きく逸れているようなら、ゆっくり話し合いながら意見のすり合わせを行っていくのがよいでしょう。

いざ結婚してみて、「仕事より家の事を優先してほしい」などと言われてしまって困ったという例は少なくありません。そのような食い違いはあらかじめきちんと防いでおきましょう。

また、先を見据えて、貯金から始めてみるのも手です。小さな一歩のようですが、金銭的に余裕ができてから見えてくるものもあります。

子供は何人で、幾つまで面倒を見て、学歴はどれほどが理想なのかなど、結婚後の生活がより具体的にイメージできるようになるのではないでしょうか。

結婚することがゴールではありませんから、その先の未来のことを今からしっかり考えておくといいですね。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

27歳女性は、結婚を焦るだけではなく、もっと自分の人生を大切にしよう

27歳女性の為すべきこと。それは、自分と周囲を比べて空回るよりも、一度立ち止まって、自分自身の人生を見つめ直すことです。

流されずに生きることで、自分の「核」をしっかりと持つこと。自分の人生と真正面から向き合うこと。

結婚にのみ焦点を当てるのではなく、自分が本当にやりたいことが何なのかを熟慮しましょう。

そして、出会いや結婚のチャンスは、待っていても来るものではありませんが、焦ってもいいことはありません。

まずは自分を磨いて自信をつけて、前向きに人付き合いを考えていけるようになりましょう。

後悔しない人生を歩むためにも、第一に自分を大切にしていきたいものです。