33歳は結婚への焦りが一番強い年代!でも焦りは禁物なわけとは

33歳は、一番結婚に対して焦りが出てくる年かと思います。

20代は仕事に打ち込んでいたらあっという間に過ぎていき、30歳で周りがちらほら結婚し始めても、まだ大丈夫かな・・・と考えて、気づけば彼氏もいないまま35歳はすぐそこ・・・。

身の回りはどんどん結婚報告が増え、周りから「まだ結婚しないの?」と言われ始めてたら、今までそこまで結婚願望がなかった人も、「結婚しなきゃやばいかも」と焦る場面が多くなるのではないでしょうか。

つい焦りから婚活に精を出したくなる人もいるかと思いますが、焦る気持ちだけで結婚相手を探すのは、ちょっと危険です。

なぜなら、結婚はゴールではなくスタートだからです。

焦りの気持ちが強いまま結婚相手を探しても、しっかり相手を見極められずに、もし結婚できたとしても、後々後悔することになりかねません。

そんな方は、まずは結婚も含めて自分の人生を見つめなおしてみることをおすすめします!

ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、自分がどんな人生を歩みたいのか、そのために何が必要なのかにしっかり目を向け、視野を広げることで、結婚に対する焦りの気持ちがちっぽけに感じたり、解消させることができますよ。

気づいたら33歳!結婚に焦りを感じ始めたら

女性が結婚する年齢の平均は、約30歳と言われていますが、がむしゃらに仕事をしていたら、20代なんてあっという間に過ぎてしまいますよね。

それでも31~2歳までは結婚していない同僚や友達まが、まだまだいたと思います。

でも気づいたら周りで結婚報告が増え、後輩までもがちらほら結婚しはじめる。

33歳になるとそんな場面が増えていき、焦りを感じるのは当然かと思います。

特に女性は、子供を産める年齢がある程度決まっているのも、焦りの原因ですよね。

同年代の知り合いが子供を産んだり、芸能人の出産報道を聞いたりすると、嫌でも自分のタイムリミットを考えてしまうのではないでしょうか。

そうなると、焦る気持ちから婚活やお見合い等に全力投球したくなるのは良くわかります。

でも結婚相手とは、一生を共にするパートナーです。

一時の焦りで選んだ人と結婚しても、思い描いたような結婚生活が送れなかったり、すぐに離婚が頭をよぎるようでは、せっかく結婚しても幸せとは程遠くなってしまいます。

一時の焦りで結婚を急ぐのは危険ですね。

33歳結婚への焦り!焦る原因はなに?

上記で書いた通り、33歳になると、周りに既婚者が増え、同年代では子供を産み始める人も出始める等、いやでも結婚に焦りを感じてしまう年代です。

また最近はSNSの普及で、ひと昔前なら知らなくて済んだはずの知人の結婚まで簡単に情報が入るようになりました。

Facebookでの結婚報告が目に入ったり、いつの間にかラインのアイコンが子供の写真になっていたり・・・

これで焦るなという方が難しいですよね。

33歳が急に結婚への焦りを感じる理由としては、下記3点が多いのではないでしょうか。

周りがどんどん結婚していく

→職場の同僚や後輩、友達が次々結婚していき、取り残されているような気持ちになり焦る。

子供を産めるタイムリミットが迫ってくる

→子供を産めるリミットがある程度決まっているため、早く子供を産むためにも結婚したいという気持ちが焦りにつながる。

将来への漠然とした不安がある

→このまま結婚できなかった場合を考えると将来への不安を感じ、焦る気持ちが大きくなる。

全部あてはまる!と思う方も少なくないのではないでしょうか。

漠然とした焦りを抱えたままで、焦る原因を明確にしないまま突き進むより、一つ一つの原因をしっかり見ていきましょう。

33歳が結婚への焦り!周りがどんどん結婚していくので焦る

仲良くしていた同僚や友達が一人、また一人と結婚していき、気づいたら自分一人が結婚していないし予定すらない!となったら、それは結婚を焦る大きな原因になりますよね。

特に今まで仲が良く、たまに遊びに行くような間柄だった友達が結婚してしまうと、今までは気軽に会えていたのが、旦那様に気を使ってなかなか誘いにくくなってしまうのではないでしょうか。

他にも、仲良しグループだった友達がみんな結婚してしまったパターンも、一人だけ取り残されてしまったような寂しい気持ちになるかと思います。

これまで通り集まれても、他の友達が家庭生活や子供の話で盛り上がる中一人だけついていけなかったら、取り残されてしまったような孤独感を感じてしまいますよね。

また今の時代は、SNSなどで知らなくても良いはずの人の結婚・幸せ報告まで耳に入ってきます。

地元でそこまで仲が良いわけでもない知り合いの結婚報告などは、SNSがなかったら知らなくて済んだ情報ですよね。そういった情報が日々目に入ってくると、焦りは無駄に大きくなるのではないでしょうか。

33歳結婚への焦り!子供を産めるリミットに焦る

上記で書いた通り、結婚を焦る原因の一つは、女性ならば避けて通れない子供問題です。

女性には出産できる年齢のリミットがある程度決まっています。

また、子育てする体力や、2人以上産みたいと考えていると、30代前半の内に第一子は産んでおきたいと考える人は少なくないのではないでしょうか。

周りでも徐々に出産を終えた友達も出てきて、かわいい子供の写真入り年賀状なんかをもらうようになると、焦りを感じますよね。

また一般的には、35歳以上は「高齢出産」扱いとなりますので、妊娠期間が1年と考えて34歳までには結婚しておきたい!と、33歳になったとたん、急に焦る人も多いかと思います。

また33歳になると、親からのプレッシャーも増えてくる年代なので、焦りは募るばかりではないでしょうか。

33歳結婚への焦り!漠然とした将来への不安で焦る

33歳で、周りがどんどん結婚・出産している中、彼氏もいない!となると「私は一生結婚できないんじゃないか」位のレベルまで、焦りを発展させてしまっている人もいるのではないでしょうか。

結婚しないで一生を過ごすとなると、一番気にかかるのはお金のことですよね。

自分一人で一生生計を立てていくことは、今後もし病気などになって働けなくなった時のことを考えると、リスクであることは間違いありません。

また33歳は後厄にあたるので、一般的には体調の変化も感じやすくなる年齢です。

20代の時と比べて体力の低下や体調の変化が感じやすくなるのも、気持ちが焦る原因になるかと思います。

「老後破産」「孤独死」なんて、不吉なワードが頭をよぎる人もいるのではないでしょうか。
上記のような「不安」が焦りにつながる原因になるかと思います。

33歳が結婚への焦りを消す方法。焦る原因と向き合おう

上記を読んでいただいていかがでしょうか。

また、ただ単純に「結婚したいのにできなくて焦る」という主体的な理由ではなく、「周りの状況の変化に流されて、なんとなく焦りを感じている」部分が大きいのではないでしょうか。

焦っているのではなく、焦らされている、といった表現の方が近いのではないですか?

だとしたら、まずは自分が本当はどうしたいのかを考え、焦りの原因になっている感情と向き合ってみる事をおすすめします。

例えば、周りがどんどん結婚していき、焦りを感じている方。

周りに取り残されていくような気持ちになり、焦りを感じているかもしれませんが、世の中には遅く結婚して幸せになっている人だっているはずです。

例えば、出産のリミットが迫ってきていることに対して焦り始めている方。

現在はリスクはあれど、40歳以上で初産を経験する人も年々増えているのはまぎれもない事実です。

将来への漠然とした不安を抱えていて、それが焦りにつながっている方

現在ではお一人様でも生きていきやすい世の中ではあります。必要なお金や制度を確認して、備えをしっかりしておけばそんなに怖くはないのです。

漠然と結婚への焦りを感じているだけだと、視野が狭くなり、そういった事実に目がいかなくなるのはとても怖い所です。

今すぐ婚活を始めたくなる気持ちも分かりますが、一呼吸おいて焦る気持ちを落ち着かせてから始めても遅くはありませんよ。

下記でひとつずつ見ていきましょう。

33歳が結婚へ焦る気持ちを落ち着かせる方法!周りが結婚していくことへの焦り

仲の良い友達や同僚の結婚はとても嬉しいことですが、33歳で彼氏もいないような状況だと、ちょっとだけ複雑・・・

それが重なり結婚ラッシュとなると、焦る気持ちに歯止めがきかなくなってしまいそうですね。

そんな焦りを解消するには、以下の方法を試してみてください。

視野を広くする

結婚への焦りが強くなると、心のゆとりがなくなり視野が狭くなりがちです。

それが気づかないうちに、あなたの言葉や言動にでてしまうと、男性からも敬遠されかねませんよ。

33歳で、同年代の結婚報告が増えてくるとつい焦ってしまいがちですが、少し視野を広げれば世の中には40歳を過ぎても幸せな結婚している人だっていますよね。

身の回りの結婚報告に焦りを強めるだけでなく、そういった事実にも目を向けましょう。

それだけでも「私だけ結婚できなくて、周りに置いて行かれる!」といった焦りが少しは落ち着くのではないでしょうか。

また、視野を広げれば近くに晩婚で幸せな家庭を築いている人が1人や2人はいるはずです。

是非そういった人に経験談を聞いてみましょう。

その人たちが自分と同じ33歳の時にどういった考えで過ごしていたのかや、今のパートナーとどうやって出会ったのか、晩婚のメリット等を根掘り葉掘り聞いてみましょう。

そうすることで、33歳過ぎても結婚に焦りすぎなくて良いんだ、素敵な出会いは今からでもできる!とポジティブな気持ちを補給することができます。

また、上記と同じく「経験談を聞く」でも、同じく33歳過ぎて結婚していない人同士で仲良くなりすぎると、「別にこのままでいっか」となってしまう危険があるので、それはお勧めしません。

あくまで、今の心の焦りをなくし、余裕をもって次の出会いに備えるための方法の一つなので、そこは間違えないでくださいね。

自分の人生を見つめなおす機会にしてみる

結婚は人生を一緒に歩むパートナーとするもの。一時の焦りで決められるようなことではありません

。結婚も含めて、あなたがどんな一生を送りたいかをこれを機会に見つめなおすことで、自分の結婚観も明確になると思いますよ。

そもそも、あなたは本当に結婚したいと思っているのでしょうか。

周りの状況に流されて、本当は結婚願望がないのに結婚しなければ!という気持ちに、一時的になっているだけということはないですか?

これを機会に、「本当に結婚したいのか」「どういう相手となら幸せになれるのか」「結婚するとしたら、どんな生活を送りたいのか」等をしっかり考えてみてはいかがでしょうか。

自分の考えや価値観がわからないままでいると、今後実は価値観が合う理想の相手と出会う機会があっても、気づかないまま逃してしまう可能性もありえます。

一番簡単な方法としては、焦りを言語化して紙に書き出してみる事です。

まずは「何に対して焦りを感じるのか」「何が不安なのか」を書き出しましょう。

今は漠然とした焦りの気持ちがある状態だと思いますので、それを書き出して客観的に見つめることで、自分の焦りの原因をを知ることができます。

焦る原因が分かれば、また焦る気持ちが湧いてきたときも、「私また○○が原因で焦っちゃっている!」と自分で気づいて立ち止まることができるようになるかと思います。

焦りの原因が明確になったら次に、「焦りを解消するにはどうすればよいか」の具体的な方法を些細なことでもよいので、できるだけたくさん書き出しましょう。

自分一人で解消できることもあれば、専門家に頼った方が良いこともあるかと思います。
まずは簡単なことからでもコツコツ行動に移せれば、一歩前に進むことができますよ。

SNSから距離を取る

身の回りの友達・同僚の結婚だけでなく、SNSだけで繋がっているような知り合いの結婚報告まで重なり、焦る気持ちが抑えられない。

でも、ついついチェックするのがやめられない方は、SNSから一切離れる時間を意識して作り、焦る気持ちをいったん遮断するのがおすすめです。

そもそもSNSは、綺麗に切り取った良い情報しか知ることができません。そんな情報で一喜一憂することに時間を使うより、その分もっと自分の周りに目を向けたり、なんでも良いので行動を起こす方が絶対良いですよね。

これを機会に「プチSNS断ち」をして、結婚への焦りも絶つきっかけにしてみませんか?

まず、今使っているSNSから、不必要なものはアンインストールしてしまいましょう。

連絡に必要なツールだけ残して、なんとなく続けているものは辞めてしまえば、SNSチェックから焦りの気持ちが生まれるの原因を減らすことができます。

そんなの無理!という方は、アプリを見る時間に制限をかける、寝る前2時間は見られないようにするなどして、少しでも離れる時間を作りましょう。

少しづつSNSを見る時間を減らせたら、例えば何もない休日は一日スマホの電源を落として過ごしてみてはいかがでしょうか。

また気分転換も兼ねて、電波が入りにくい場所に一人で旅行に行ったり、山登りをするなど気分転換も兼ねて、定期的に脱SNSをしてみても良いかと思います。

上記のように、SNSの幸せ投稿を見るたびに他人と自分を比較して焦ってしまう!という方はSNSとの距離を見直すことが有効です。

いつもSNSをチェックしていた時間を使って、新しい趣味を始めたり、日常にしっかり目を向けて、自分の人生を楽しむことや新しい出会いにもっともっと時間を使えるようになりましょう。

33歳が結婚へ焦る気持ちを落ち着かせる方法。子供を産めるリミットへの焦り

女性は子供が産める年齢がある程度決まっており、35歳以上は高齢出産扱いです。

そのため、33歳になると急にそのリミットが目の前に迫ってきているように感じて、焦る気持ちがどんどん膨れ上がる人も多いかと思います。

しかし、子供を産める年代は徐々に上がってきているのも事実で、40歳を超えて初産を経験する人も一定数います。

単純にあと2年で高齢出産扱いだから、今すぐ結婚しないとまずい!と焦って婚活に突き進むのは、絶対待った方がいいと思います。

しかし一方で、妊娠中のリスクは上がるのは事実ですので、こちらについても正しい知識を頭に入れておくだけで、焦る気持ちを落ち着けて前に進むことにつながるかと思います。

子供は授かりものだということを忘れない

子供を産むことが、結婚への焦りの原因になっているとしたら、まずは「結婚したら必ず子供ができる」という考え自体が思い込みということを知ることで、焦りを軽減することができるのではないでしょうか。

あなたが焦るのは、「結婚=出産」という図式が頭にあるからだと思いますが、結婚しても子供を設けないカップルもいるように、必ずしも産まなければいけないわけではありません。

そして、どんなに子供が欲しくても、恵まれないカップルだっていますよね。

子供はあくまでも授かりものなので、子供が欲しい、早く生まなきゃ!と焦ってしまう場合は、そのことを思い出してください。

そして、これからパートナーを選ぶ際も、「子供が欲しいから」と焦る気持ちから妥協して選ぶことがないように!

もし子供が授かれなくても、この人となら素敵な人生を歩めそうだな、と思える人を選んでくださいね。

高齢出産にはメリットだってあることを知っておく

あなたの焦りの原因の一つとして、早く結婚しないと高齢出産になって大変な思いをする、または子供を産めないまま一生を終えることになるかも、、、というプレッシャーのがあるかと思いますが、正しい事実を知ることで、その焦りは解消できます。

まずは高齢出産のメリットデメリットについて、しっかり知っておきましょう。

高齢出産というと、難産や染色体異常の可能性が上がる等のデメリットばかりが取り上げられがちですが、実はメリットだってしっかりあるのです。

今は女性の社会進出が進み、40代で初産を経験する方も少なくありませんが、経済的な余裕がある状態で出産に臨めるというのは大きなメリットです。

出産や子育てには、当たり前ですがお金がかかります。

子供を一人、しっかり大学まで行かせるには1000万円以上かかると言われています。

20代、30代でしっかり働いていれば、それなりにキャリアを築いているのでしょう。

その後妊娠出産をすることは、経済的な安定から、心身落ち着いた状況で臨むことができますよ。

また経済的に余裕があれば、高齢出産で実勢のある病院を選べたり、体力面で不安な子育ての部分もベビーシッターを雇うなど外部のフォローを受ける土台ができた上で臨めるのです。

その代わり、今は仕事でキャリアを積み、貯蓄はしっかりできるように心がけましょう。

またお金だけでなく、健康面の維持にも気を配る必要があります。

高齢出産は、妊娠中高血圧症候群になるリスクが通常より高まるリスクがあります。

そうでなくても、40代に近づくと基礎代謝が落ちて体重が増えがちになるので、今から食事のバランスには気を配った方が良いですね。

また、毎年の健康診断では婦人科検診も受けるようにして、自己管理もできると良いと思います。

その他、育児するための体力維持のために、ジムに通う、筋トレをするなどして、筋力をキープできるように心がけるのも大事です。

上記のように、「高齢出産」というワードに惑わされてやみくもに焦るのではなく、正しい知識を頭に入れたうえで、しっかり対策を練れば気持ちを落ち着かせることができるかと思います。

子供はあくまで授かりものだということも心に刻んでおいてくださいね。

33歳が結婚へ焦る気持ちを落ち着かせる方法。漠然とした将来への焦り

33歳で、周りがぞくぞくと結婚していき、取り残されている状況だと、「もう一生結婚できないかも・・・」と漠然とした不安に駆られ、焦りだけが独り歩きする・・・
そんな状況に陥っている方もいるのではないでしょうか。

確かに、結婚したら一生独身よりは、どちらかが働けなくなった際のリスクは減らすことができますが、離婚する可能性だってあるわけですし、自分で自分を食べさせる稼ぎは絶対あった方が良いと思います。

つまり、結婚しようがしまいが、あなたが人生で使うお金はあなた一人が稼ぐ気持ちはないとだめなのです。

そこはしっかり腹をくくって、せっかくの機会なので、今後かかるお金の面について色々見直してみてはいかがでしょうか。

老後資金について

もし仮に一生結婚しない道を選んだとしても、一人でも生きていくためにどれだけのお金が必要なのかあらかじめ分かっていて、対策を立てられていれば、今の焦りを少しでも落ち着けることができると思います。

特に女性は、平均寿命は86歳と引退した後も20年近く暮らしを維持する必要があります。

しっかり貯蓄しておいた方が、引退した後も余裕をもった暮らしが維持できますよ。

老後必要なお金の平均としては、約3600万円と言われています。

これは、独身女性の毎月の生活費が15万円であることと、平均余命が約20年と考えて計算された数字です。

もっと余裕を持った生活がしたい方は、当然ですが上記よりも多く貯金する必要がありますね。

まずは毎年誕生月に届く「ねんきん定期便」をチェックして、老後にもらえる年金について確認しておきます。

その後、自分が引退後毎月必要な生活費の年額から、もらえる年金を引いた金額が、引退までに必要な貯金額です。

3600万円となると、ちょっと気が遠くなる数字かもしれませんが、33歳の今から貯金を始め、厚生年金を滞りなく収めていれば、月に6万円弱貯金をしていけば、達成可能な金額です。

それくらいであれば、普段の生活を見直したりボーナスからの貯金額をちょっと増やせばいけるのではないでしょうか。

またこれを機会に、投資等お金を増やす勉強などを始めるのも良いですね。

ひとつ注意点としては、節約にのめりこむあまり、日常の中での出会いお誘いや機会を敬遠するようになってしまうと、本末転倒ですので、あくまで今の生活を楽しむ余力を残しながら、将来に備えるのが良いかと思います。

保険について

老後資金と共に、結婚を焦る原因になりがちなお金の問題。それは「病気やケガなどで働けなくなったらどうするか?」というところではないでしょうか。

結婚していたらどちらかが病気になあっても、お互い支え合っていけるかもしれませんが、一人暮らしで、病気で働けなくなり、誰も頼る人がいなかったら・・・と考えると、大変心細いですよね。

そんな気持ちを少しでも解消するために、まずは今入っている保険の内容を見直してみたり、新しく保険に入るのはいかがでしょうか。

独身女性が加入している保険で最も多いのは、医療保険です。

医療保険は、病気やケガで入院した時に、その費用などを保証してくれます。安いものですと月数千円から入ることができますので、心強い味方になってくれそうです。

今は医療の発達に伴い、1泊2日位の短期間で退院できるケースも増えています。

なのでこちらの保険を選ぶ際は、短い入院期間でも保証してくれかどうかを見極めるのがポイントですよ。

その他、今の内から加入を検討したいのが、女性特有の病気に備えられる保険です。

子宮内膜症・子宮筋腫等子宮に関する病気や、子宮頸がんは、実は若年層でも多く見られる病気です。

今から備えておいて損はありません。

医療保険に加入する際、「女性用医療保険」や、「女性特約」等が付いたものを選ぶと安心ですね。

逆に必要がない保険として挙げられるのは生命保険です。

これは自分に万が一のことがあったときに、家族にお金を残す保険ですので、今すぐ入る必要はないでしょう。

今後結婚して家庭を持った後に改めて検討しても遅くはありませんよ。

上記のように、今後入院して仕事ができなくなった際にお金が下りる保険に加入していれば、少しは不安解消につながるのではないでしょうか。

こちらについても、あまり高い保険にいくつも入って、今の生活が苦しくなるのは本末転倒ですので、今の生活とのバランスを見ながらが良いと思います。

上記のように、もし今後一人で生きていかなければいけないとしても、そこにかかる金額が明確で、備えさえできていれば焦りは解消することができますよね。

でも、これはあくまでも「もしも」の話。今のあなたが人生を楽しんだ先にあることなので、あまり貯蓄や保険ばかりに目を向けすぎないようにもしてくださいね。

婚活サイト有効活用術!本気の恋愛や結婚をGET!
早く結婚したいと結婚の焦りを感じていても、結婚相手に出会えないと悩んでいませんか?婚活サイトは本気の恋愛を考えているあなたにおすすめの婚活方法です。婚活サイトで効率良くお相手を見つけるための活用法をご紹介していきます。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したい」「結婚につながる本気の恋愛がしたい」と思っていませんか? 結婚への焦りを感じているのはあなただけではありません。 結婚したいと思っていても、相手が見つからないと悩んでいる人は非常多いです。 本気の恋愛がしたくても[…]

婚活サイト有効活用術!本気の恋愛や結婚をGET!おすすめ3選!

33歳で結婚への焦りが強い人は、自分を見つめなおしてみよう

上記を読んでいただいて、少しは焦る気持ちを解消してもらえたでしょうか。

結婚に対して焦る気持ちが抑えられない原因は色々ありますが、周りの状況に流されて、「結婚しないとおかしいのでは?」などの考えに陥ってしまうことが大きいのではないかと思います。

でも、視野を広げて正しい情報を頭に入れれば、対策はいくらでもできるのです。

今後素敵な相手に巡り合って結婚するにしても、もしできない人生だったとしても、幸せな一生を過ごせるかどうかはあなた次第ということです。