彼氏の嫉妬がうざい時の対処法!うまく付き合っていくコツとは?

彼氏に放って置かれるのは寂しいものですが、干渉されすぎるのも困ったものですよね。

普段からちょっとしたことでも嫉妬してくる彼氏には、正直うざいと思ってしまう事もあるでしょう

彼氏の事は好きだけど、過剰な嫉妬はやめてほしい…あなたもそう思ってはいないでしょうか?

彼氏がうざいくらいに嫉妬してくるのは嫌なものですが、なぜそこまであなたに嫉妬してしまうのか分かれば、うまく付き合っていく方法も掴めるのです。ぜ

ひコツを掴んで、彼氏と程よい関係性を築いていきましょう。

彼氏が常に嫉妬してくる…干渉されすぎはうざいから何とかしたい!

彼氏と一緒にいる時は楽しくても、あまりに頻繁に嫉妬されてしまうと大変。

彼氏と出会った頃はそうでもなくてもある程度付き合っている中で、実は結構嫉妬してくる人だったと発覚する事もあります。

小さなやきもち程度なら恋人同士にはありがちなものですが、

  • 女友達と会うだけなのに誰と会っていたのかしつこく尋ねてくる
  • 遊んでいる時に彼氏から連絡があってすぐに対応できなかった時に怒ってくる
  • 男友達の名前を出すだけで不機嫌になる
  • 一緒にいない時にしつこく連絡があって、今何をしているのか頻繁に聞いてくる

などの言動をされると、

『さすがにここまで嫉妬されるのはうざい!』と思ってしまうものです。

別れたいとまではいかなくても、お互い別々の時間も大切にしたいもの。

いくら彼氏のことが好きでも、嫉妬心からの干渉が激しいと息が詰まってしまうので、何とかしたいところです。

嫉妬にも理由がある!彼氏が過干渉な訳とは?

彼氏が過剰に嫉妬心を出してくるとうざいと思ってしまいますが、単にそういう事はやめてほしいと伝えても、なかなかすぐにやめてもらえるものではありません。

きちんと嫉妬からの過干渉をやめてもらうためには、まずは彼氏がなぜ嫉妬してしまうのかを理解し、その原因をなくしていく必要があります。

彼氏があなたに対してうざいくらいに嫉妬してくる原因には

  1. 以前彼女に浮気された
  2. 以前自分の周りに浮気している人がいたため心配
  3. あなたがモテたり、社交的だったりするタイプだから
  4. あなたをどうしても取られたくない
  5. あなたが最近冷たくなったような気がする

など様々なものがありますが、大きく分けると

  • 以前の経験によるもの(①と②)
  • 漠然とした不安によるもの(③④⑤)

の2つと考えられます。そこでその2つのパターンについて、下記で解説していきます。

うざいくらい嫉妬してくる理由1.過去の経験のせい

彼氏が嫉妬してくる理由によくあるのが、以前の彼女に浮気された事があったため、些細なことでも浮気を疑うようになってしまったというものです。

元々嫉妬深い性格だった訳ではないのですが、彼女を信用してあまり束縛しなかったところ、実は浮気をしていたことが発覚したという可能性があります。

例えば、元カノが女友達と遊びに行くと言ったり、出張に行くと言ったりしていたのを信じていたら、浮気相手と会っていた。

仕事で忙しいと言われたため、あまり連絡が取れなくても気にしていなかったところ、密かに浮気相手がいた。

このように、信じていた彼女が浮気していたという経験があると、あなたの事を信じているつもりでもどこかで浮気を疑ってしまっているという事も。

また、彼氏自身が浮気された訳ではなくても、友達が彼女の浮気が原因で別れることになった、女友達が浮気していたなど、周りの人が浮気をしていたというパターンも。

自分もそうなったら嫌だという気持ちがあるので、つい嫉妬してしまうのです。

友達グループと遊びに行っただけなのに、彼氏がしつこく誰とどこに行ったのか聞いてきたら、ついイライラして怒ってしまうもの。

そんな時に、元カノもそう言っていた、友達もそういう言い訳をされたなど、過去のことを引き合いに出して来たら、彼氏の嫉妬の原因に絡んでいるに違いありません。

彼氏自身、あまり嫉妬は良くない事だとは思っていても、浮気されたという経験があると、以前よりも心配性になってしまい、つい嫉妬心を出してしまいがちです。

うざいくらい嫉妬してくる理由2.漠然とした不安

彼氏にとってあなたが初めて付き合う相手であるときにありがちですが、特に自分が浮気されたり、周囲に浮気した・された人がいなかったとしても、なんとなく不安で嫉妬してしまうという場合もあります。

あなたがモテるタイプでいつも周りに人が集まるようだと、いつか他の人のところに行ってしまうのではないかと心配で、嫉妬してしまう事も。

特に彼氏からアプローチして付き合うようになったカップルに多く、彼女に絶対に愛されているという自信がないため嫉妬してしまうのです。

自分はそんなにモテるタイプではないし、彼氏のことも最初から好きだったのになぜか嫉妬されると思っているかもしれませんが、彼氏にとってはあなたはとても魅力的な人。

嫉妬深い彼氏なら、その魅力を他の人には知られたくないとも考えがちです。

いつも何となくあなたの気持ちについて不安があるので、ただ男友達や職場の先輩のことを褒めるだけで機嫌を悪くしてしまう事も。

また、あなたが自分とのデートよりも他の人と一緒にいる方が楽しそうだとか、実際にどうであるかにかかわらずネガティブに考えて、結果嫉妬してしまう事になるのです。

彼氏の嫉妬が発動する前に対処しよう!コツは安心させる事!

必要以上に彼氏に嫉妬されるのはうざいと思うものですが、彼氏が嫉妬によって問い詰めてきたり、不機嫌になってしまったりしたら、うまく説得するのは至難の技。

何とか宥めようとしても嫉妬モードに入った彼氏はすぐには聞いてくれない事が多く、大変な労力がかかるものです。

したがって、彼氏が嫉妬モードになってから対処するのではなく、ならないようにするのが大切。

彼氏が嫉妬する時がどんな時かというと、ほとんどはあなたの行動が不安だったりして、心の平穏を乱された時のはず。

そのため、普段から彼氏に安心感を与えておく必要があります。すぐには効果が現れないかもしれませんが、嫉妬がうざいところ以外は彼氏のことが好きで別れたくないなら、その嫉妬心を抑えるために今から実施していきましょう。

嫉妬がうざい彼氏への対処1.過去の経験→絶対に浮気はしないという安心感を

以前付き合っていた彼女に浮気されたなどの経験があると、一度心配になりだしたらあなたの行動のちょっとした所が浮気のシグナルに見えてしまい、そのせいで嫉妬心が掻き立てられてしまうもの。

あなたが浮気はしないと言っても、絶対にしないとは信じきれないという面もあります。

こういう時は、「浮気はしないよ」と何度も言うと、逆に実はやはり浮気なのではないかと怪しまれてしまう事も。

そのため、浮気はしないということを彼氏以外との交友関係や仕事での状況をある程度オープンに伝えることで示す必要があります。

元カノが女友達と遊びに行くと言っていたのに実は浮気をしていたため、あなたが女友達と遊びに行くと言っても何だか不安に思って、本当に女友達と遊びに行くのか怪しんでしまうという場合。

彼氏に聞かれる前に、まずは「女友達」だけではなくて具体的に誰と遊びに行くのか伝えましょう。

彼氏が知らない人でも個人の名前を言うことで、『これが嘘だったらきっと何かのつながりでバレるだろうから嘘ではないだろう』というある意味信頼性が生まれます。

さらに、よく遊びに行く女友達については、その女友達がどんな人なのかあらかじめ彼氏にも知っておいてもらうと効果的です。そのためには普段から彼氏との会話の中で女友達の名前を挙げ、どんな人なのかがわかるエピソードも織り交ぜて話すなど、下準備が必要。

「Aさんは動物が好きな人で、よく一緒に動物の写真を撮りに行っているんだ。この前郊外の動物園に行くと話していたけれど、こんな写真を撮ったよ」

という話をしながら撮った写真を見せたり、友達と一緒に写っている写真がSNSに載っていれば、そのページを紹介したりすると、彼氏はAさんという人を具体的に想像できるようになります。

そうすればあなたがAさんと遊びに行く時、すでにAさんについての情報はたくさん出ているので変に詮索したりする必要もなく、すんなりとあなたが遊びに行く事を受け入れられるのです。

そして実際に遊びに行く日は、彼氏からの連絡がある前に自分から連絡をしておくように心がけましょう。

今いる場所の風景と、可能ならAさんと一緒に写っている写真一枚と共に

“Aさんと動物園にいるから18時まではしばらく連絡が取れないです。また写真送るね“

などのメールを送っておくと、彼氏からのしつこい連絡があってイライラしたり、連絡を無視して彼氏が怒って余計にうっとおしかったりする事態は避けられます。

もし男友達も交えたグループで遊びに行きたいという場合は、彼氏も参加できそうなら誘ってみましょう。

誘ってくれるということは特にやましい事はないのだろうと思うものですし、グループの雰囲気や男友達がどんな人なのかという事が分かると、何となく怪しいからという理由で生まれるあなたへの嫉妬心は薄くなって行くはず。

ただ、男友達と2人だけで会うというのは例え彼氏とも面識がある人であっても極力避けましょう。

黙っていても、共通の友達の話などから分かってしまうと、やはり浮気だったのではないかという疑いをもたれてしまいます。どうしても必要な用事であっても、もう1人の共通の知り合いも一緒に会うなどの方法を取るようにし、『2人きり』はやめておくほうが安心です。

仕事の面でも同様に、出張があるときは前もって彼氏に連絡しておき、できることならどんな用事での出張なのかも伝えておくと安心です。

どこに行くのか、何時ごろ戻ってくる予定なのか(遅れることも見越して、予定よりも少し遅めの時間を伝えましょう)などが分かれば、連絡が取れない時間に何度も彼氏が連絡してきて困るという事態を避けられます。

予定がある時は、彼氏に聞かれるより先に大まかな予定を伝え、あとは彼氏の事は気にせずその予定に専念するという習慣をつけておきましょう。

彼氏に予定を毎回伝えるのは面倒な時もありますが、途中でしつこく連絡があったりいつまでも不機嫌でいられたりするよりは手間がかからないもの。

一度習慣づけてしまえば予定を伝える一手間にも慣れてくるものなので、多少の面倒さは受け入れ、安心して彼氏に会わない時間を過ごせるようにしていきましょう。

嫉妬がうざい彼氏への対処2.漠然とした不安→自信を持たせる

あなたの気持ちになんとなく不安があって嫉妬してしまうというのも、うざいくらいに嫉妬してくる彼氏にはありがちです。

この場合は、あなたの行動そのものというよりも、彼氏の自信のなさが一番の嫉妬の原因となっています。

あなたの事が好きな気持ちが先行しすぎたり、実は他の人の方があなたにはふさわしいのではないかと思って、ふとした瞬間につい嫉妬心を出してしまうのです。

あなたの事を、誰にでも好かれるタイプだから〜とか、友達が多いから〜など褒めてはくれるものの、それに比べて自分はダメだから…など自分についてのネガティブな発言が多かったら、

「こんな素敵な人と付き合えて嬉しいけれど、いつかどこかに行ってしまうのではないだろうか」

という不安を抱えている可能性が。

そこで、彼氏の嫉妬を防ぐためには自信を持たせる事が何よりも必要です。

自信を持たせるためには、まずは彼氏を褒めることです。ただ、いつも迎えに来てくれるとか、差し入れを買ってきてくれるといった、彼氏のしてくれる事だけを褒めても、ネガティブな彼氏ならそれをやってくれる人なら誰でもいいのではないかと思ってしまいます。

そこで、他の人が簡単には真似できない、彼氏自身の良さを褒めるようにしましょう。

例えば、落ち着いた声が好きで聞いていると安心する。特に寝る前に電話をすると、すごくリラックスできるし、嫌な事があって落ち込んでいてもなんだか癒される。

または、音楽を聴いている時の横顔がとても好きでずっと見ていたいと思ってしまう。

など、恥ずかしいかもしれませんが、一緒に楽しく過ごしている時は積極的に伝えていきましょう。

一度にたくさん褒めるのではなく、小分けにした方が「いつもしっかり見てくれている」という印象が生まれます。

そうすることで、あなたにきちんと好かれているという自信が生まれ、不必要な嫉妬心は減っていくはず。

しかし、彼氏を褒めても、他の男性を褒める事がそれより多ければ逆効果です。

なぜなら、他の人ばかり褒めているので、多少は彼氏の事も褒めないと申し訳ないから仕方なく言っているという印象を持たれてしまうからです。

男友達はアウトドアが得意で男らしい、会社の先輩は20代なのにもう課長だからすごいなどといった褒め言葉は、悪気がなかったとしても出来るだけ彼氏の前では避けましょう。

かといって、男友達はアウトドアが得意で男らしいけれど、私はそういう人よりも静かで落ち着いている人が好きだと言っても、彼氏がまだそんなに自分に自信を持っていない時だと、なんだか取ってつけたように感じてしまがちです。

他の男性に関する話は女友達とするようにして、彼氏にはしないよう心掛けておく事です。

彼氏を褒めたり、他の男性の話を控えたりと、気を遣うのを面倒だと思うかもしれませんが、こうする事で彼氏の気持ちも安定し、より面倒な嫉妬心を回避しやすくなるので、すぐに試してみましょう。

嫉妬がうざい彼氏への対処3.対処法1.2がだめだったら→しっかり話し合う

上記の対処法1.2を実践してみて、彼氏がうざいくらい嫉妬してくるという状態を改善できればいいのですが、残念ながらそれでもだめだったというパターンも考えられます。

彼氏の嫉妬心をうまくコントロールしたくて、予定をしっかり伝えたり好きな気持ちを表現したりしても、いつまでも嫉妬が改善されなければあなた自身が辛くなってしまうことも。

もうそろそろ彼氏の嫉妬に付き合うのは精神的に苦しいと思うようになったら、はっきりと彼氏にその事を伝え、話し合うようにしましょう。

この時怒りながら伝えると、やましい事があるから逆切れしているのではないかという疑いを持たれてしまうので、あくまでも落ち着いて伝える事が必要です。

落ち着いて話すためには、あらかじめ何を彼氏に伝えるのかをメモしておくとスムーズ。

  • 自分の時間も大切にしたいから、一緒にいないときの行動について必要以上に詮索するのはやめてほしい。
  • 用事がある時はすぐに連絡する事はできないから、それは了承してほしい。
  • 学生時代からの趣味の友達も大切だから、時々はみんなで遊びに行きたい。

など、自分が何に困っているのか、彼氏にはどうしてほしいのかを具体的に書いておきます。

話し合いではっきり伝えれば、彼氏は自分にも悪いところがあり、あなたを困らせていたのだと気づいて改善しようとする可能性があります。

そして、自分のまとめてきた事を言い終えたら、彼氏の話も聞きましょう。
彼氏にも

  • 絶対にグループで泊まりがけの旅行はいかないでほしい。
  • 必ず毎日連絡するのは守ってほしい

など、あなたにしてほしい事があればこの機会に伝えてくれるはず。

それを聞いて、

  • 遊びには行くけれど、泊まりがけの旅行は行かない
  • 時間は約束できないけれど、毎日どこかで連絡はする

というように、お互いに納得できるラインを見つけるようにします。

彼氏への気持ちと、自分のしたい事への気持ちのバランスを考えて、改めて2人の間のルールを決めましょう。

もしどうしても泊まりがけの旅行には行きたいし、彼氏はどうしても行ってほしくないなど、どんなに話し合っても解決しそうになければ、別れを視野に入れることも必要です。

最悪の場合、その彼氏とは別れる事になってしまう可能性がありますが、お互いにイライラしたり、いつまでも辛い思いをしたりするよりも、思い切って話し合ってみましょう。

どんな結果になっても、前には進めるはずです。

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気!
恋愛悩みは人それぞれです。でも人に気軽に相談できないため、一人で抱え込むことになってしまうのです。そんな悩みに的確なアドバイスをくれるのが電話占い。進むべき未来へのヒントをもらえるので、ネガティブな恋愛をポジティブに変えることができます。[続きは下記]

併せて読む

「いつも恋愛がうまくいかない…」と悩んでいませんか? 恋愛は楽しいことばかりではありません。 片思いはもちろん、両想いであっても悩みは尽きません。 倦怠期、マンネリ、喧嘩、嫉妬など、さまざまな問題に悩まされているでしょう。 […]

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気おすすめ3選!

彼氏の嫉妬がうざいなら我慢しすぎは禁物!お互いが快適な付き合い方を!

彼氏が嫉妬してくるのは、あなたの事が好きだからではあるのですが、行きすぎるとさすがにうざいと思ってしまうもの。

別々の時間も大切にしたいのにあまりにも干渉されたら、段々付き合っていくのが辛くなってしまいます。

そんなうざいくらい嫉妬してくる彼氏には、浮気はしないしきちんと愛情がある、という安心感を与えるのがコツ。

そうすることで彼氏の不必要な嫉妬を回避しやすくなるのです。

それでもだめなら思い切って話し合い、関係性を見直していくことも必要です。ただイライラしたり耐えたりするだけではなく、彼氏の嫉妬を改善するために是非行動してみましょう。