長続きするカップルになるための、最高の記念日の過ごし方!!

もうすぐ彼との記念日!どんな日にしようか、どんな日にするべきかお悩みではないですか?

そのお悩みは“記念日を最高の日にしたい”との思いから起こっていることと思います。

しかし、最高の日になるはずが、記念日がきかっけで二人の関係に溝ができてしまった。喧嘩をしてしまった。という話も少なくないのが現実…

せっかくの記念日は、二人が一緒にいられることに感謝し、幸せを共有する日であってほしい。そしてその先へ繋がっていくものであってほしい。

そう考えた筆者は、最高の記念日を過ごすためにはどうすれば良いのか?の答えを探しました。

そして多くの体験談を分析していった結果

最高の記念日を過ごし、長続きするカップルになるためには

  • 「彼と共に」を認識すること
  • 「してあげたい」の気持ちを持つこと
  • コミュニケーションを取ること

が重要であることがわかりました。

何をして過ごすか。よりも

どんな気持ちで過ごすか。が重要なのです!!

その気持ちが記念日を良いものにし、長続きするカップルになるためのポイントにもなるのです。

でも、記念日に何をしたら良いのか悩んでいるのだけど…という人もご心配なく。

どんな気持ちで、何をしてすごすか。というご提案までしていきますので是非参考にしてみて下さい。

最高の記念日にして長続きするカップルになりましょう。

最高の日にするために、失敗談から学ぶべきことがある

もうすぐ大好きな彼との記念日をひかえているあなた。

きっと記念日の過ごし方やプレゼント等いろいろと考えを練っていることと思います。

しかし、すこし落ち着いて考えておかないと、幸せな日になる想像しかできなかったこの日に、彼との間に大きな溝を作ってしまった…なんてことになる可能性があります。

事実、記念日の過ごし方に関する失敗談が多く存在しています。

いったい何がきかっけでうまくいかなくなってしまうのか…

失敗の原因を知っておかないと、あなたも同じ失敗をしてしまうかも知れません。

記念日の失敗は二人のすれ違いから起こっていた!

ではどうして記念日に失敗が起こってしまうのか。ここでは原因をお伝えしていきます。
失敗の原因はずばり“気持ちのすれ違い”です。

記念日を良いものにするためには二人の気持ちが大切。どちらかの気持ちが優先されるものであってはいけないのです。

では“すれ違い”とは具体的にどのようなものがあるのでしょう。

ここでは失敗談からわかった気持ちがすれ違う原因4つをお知らせしていきます。

当てはまっていないか一度ご確認を!

①記念日に対する価値観の違い

それぞれの記念日に対する価値観が違う場合に気持ちがすれ違ってしまうことがあります。

例えば片方は特別なデートやプレゼントを贈り合うのが記念日であると思っていても、相手は記念日を特に意識しておらず、祝うという認識さえもない場合があります。

そんな相手に特別な記念日を要求しても「それ必要なの?」「正直面倒くさい…」と不満の原因になりますし、特別を希望する側からすると「大切にしてくれない」「自分勝手だ…」と不安や不満が溜まります。

相手の価値観を理解できていないと“合わない”“価値観が違う”と互いの不満が溜まっていき、二人の間に溝ができてしまうことに…

②自分優先の思考

記念日を大切にする考えは同じでも、自分のしたいことを優先的に考えていると当然気持ちはすれ違います。最悪の場合、相手の気持ちを台無しにしてしまうことも。

「記念日だから○○へ行こうよ!」との提案に対して「私は○○をしたい。」と相手の思いをぶった切るような態度、または自分の願望を通そうとする態度をとっていませんか?

それは記念日やあなたを大切に想う相手の気持ちを、むげにすることと同じです。

このままではせっかくの記念日から別れのカウントダウンが始まってしまうかも…。

③相手への期待

記念日に、「いつもとは違う何か」や「彼が何かをしてくれるのでは…」

という期待を持っていると、いざ記念日を迎えた時に、自分の思いと現実に相違がおこってしまいます。

楽しみにしていたのにがっかり…。何も考えてくれない彼にイライラしてきて「〇〇ちゃんの彼はサプライズでプレゼントをくれたんだって!」なんて嫌味を言ってしまい険悪なムードになってしまった。

なんてことも。このままでは彼には“わがままだな。”“してもらって当たり前?”と思われてしまい、二人の関係がうまくいかなくなってしまうかも…。

④キラキラ演出への憧れが強い

ドラマや雑誌でみたキラキラした記念日に憧れている人は要注意。

「高級レストランで食事をして…」「記念日は絶対テーマパークのホテルに宿泊したい…!」「やっぱりサプライズは欠かせない!」「snsで自慢したい!」なんて思考のあなたを見て、しらける男性がいるという事実を覚えておきましょう。

某高級レストランで働く人の証言によると、記念日を祝うカップルを見ていると、半数以上は女性の自己満足で、男性側は合わせてはいるものの、しらけている人が多いとのこと…。

憧れを抱きミーハーになりすぎていると相手にひかれてしまうことになりかねません。

長続きするカップルになるための記念日の過ごし方と心構え!

記念日を迎えるにあたって、気を付けるべき行動や思考が分かったところで、次は素晴らしい記念日にするためにはどうすれば良いのか!?にお答えしていきます!

多くの失敗談と成功談からわかった、記念日の過ごし方と、長続きするカップルになるための心構えを一緒にお伝えします。

記念日を含む各種イベント(クリスマスやバレンタイン、誕生日等)は、どれも相手が特別な存在、大切な存在であることを再認識する大義名分となります!

たかが行事、たかが記念日と思わず、二人の節目であると認識し、大切にして、共に過ごせることの喜びを感じられる日にしてくださいね!

「彼と共に」を認識すること

楽しい記念日を過ごすためには「彼と共に」を認識することが大切です。

なぜなら、記念日を迎えるにあたって大切にするべきなのは“イベント”ではなく“彼本人”だからです。

自分にとって理想的で最高の日になることより、二人が最高だと感じられるようにしましょう。

その様に考えることが出来れば、失敗の原因であった、きらきら演出への憧れを彼に強要することも、自分優先の思考もなくなります。

ここで二人にとって楽しい記念日にするための工夫をご紹介します。

料理を一緒に作ってみる

日常の作業も二人で一緒にすれば特別に。

料理は品数を多くする、飾りを加える等、少しの工夫で記念日らしくなります。

手紙の交換

普段言えないような素直な気持ちや感謝を伝えることができる。

負担も少なく、今の気持ちをずっと残しておくことができる。

お揃いの物を増やす

指輪、ブレス、時計、服、食器、雑貨なんでもOK!

二人でシルバーリングや食器を手作りするのも思い出に残り良いです。

二人が嬉しいもの、ほしいものを選びましょう。

プレゼント交換

それぞれ相手が喜んでくれるものを用意してプレゼントを渡し合う。

何にすればよいかわからない。という人は、一緒に買い物へ行き選び合うのも良いです。

交互に言うことを聞く

普段一緒に行ってくれない所へ出かける等してほしいことを交互にお願いする。

毎月〇日、半年ごとに、等きまりを決めて、互いの願いを叶えていくというもの。

交互なので平等、かつ日頃と違った趣旨のデートができるので楽しめる。

このようにして、常に“彼と共に”を意識すれば、思い出に残る良い記念日になるでしょう。

ただし“彼と共に何かをすれば良いのだ”と単純に考えるのはNG。

彼の心が共にあるかが大切です。

二人の心が動くことをして記念日を過ごしてほしいと思います。

自分だけが楽しいではだめ。彼と共に楽しい今を積み重ねることで、二人の楽しい未来の土台となり、長続きするカップルになれるのです。

「彼に喜んでほしい」の気持ちを持つこと

彼に日頃の感謝の気持ちを込めて、喜んでもらいたいという気持ちで記念日を迎えることが大切です。

なぜなら、記念日は今までの時間を祝うためでなく、今までの感謝を伝えるための日だからです。

感謝を伝えることで、これから共に過ごす時間を、より良いものにすることが出来ます。

彼に喜んでほしいという気持ちを持つことができれば、彼に期待して不機嫌になるようなこともなくなります。

世界の著名人の名言の一つにこのようなものがあります。

“愛情には一つの法則しかない。それは愛する人を幸福にすることだ。”

スタンダール(フランスの小説家「愛と黒」著者/1783~1842

愛する人を幸福にすること、それが真の愛情だということです。

彼に喜んでほしい。幸せにしたい。この想いさえ忘れなければ、良い記念日を過ごせることでしょう。

そして長いお付き合いが出来る関係になっていけるのです。

ここで彼に喜んでもらうための記念日の過ごし方の例をご紹介します。

手作りアルバムや思い出動画を贈る

今までの思い出を振り返ることで、改めて感謝の気持ちをもつことが出来る。

もらった側も気持ちのこもったプレゼントに喜び感謝できる。

二人の歴史を再確認できる。気持ちが伝わる。

オリジナルに自信のない人はアルバム制作キットやアプリを利用するのも可。

手紙を渡す

自分の感謝や気持ちを伝えるのに最適。普段は恥ずかしくて言えないことも手紙でなら伝えられます。

デジタルが主流の今だからこそ手書きの手紙は特別感があり嬉しいものです。

彼の好きなところを100個言う。その名も“好きとこ100”

相手の好きなところを100個書いてプレゼントが出来る

“present book好きなところ100”が販売され人気を博しました。

プレゼントブックを買っても良いですし、それを真似てノートやアルバムを手づくりすることもできます。

自分の気持ちを再確認できる。もらった側は単純にものすごく嬉しい!とのこと。

“一緒にしたいこと100”もあるので参考まで。

手料理をふるまう

気持ちのこもった手作り料理。定番ですが、やはり“手作り”は気持ちが伝わります。

相手に喜んでもらえること間違いなし。

LINEで感謝の気持ちを伝える

彼に会えない、会って祝うほどでもない〇カ月記念日、大げさにお祝いするのは苦手な人はLINEを活用しても良いでしょう。相手にも負担になりません。

このように彼に喜んでもらえるプレゼントやデートを考えてみてください。

相手を想いやる行動は必ず相手に伝わります。そして必ず相手からも返ってきます。

このギブ&テイクが自然にでる関係になることが、長続きするカップルになるための秘訣
とも言えます。互いに与え合える関係が理想です。

ただし、あまり手の込んだことやお金がかかることをする時は注意が必要。

頑張りすぎると、相手からのお返しを求めてしまうからです。

人は与えたものと与えられたものに差がでると「自分はこんなにしてあげているのに!!」
という不平等な気持ちになるものです。

本来、相手を想ってする行動にお返しを求める気持ちはないはず。しかし自分でも気づか
ぬうちに、期待をしてしまうものなのです。

また過剰に与えることは、彼にプレッシャーを感じさせてしまいます。

そうならないために、自分が出来る範囲でしてあげたいと思うことをしてください。

“プレッシャーを感じない程度にする”というのも彼に喜んでもらうための配慮です。

「彼に喜んでほしい」の気持ちで行動すると、記念日は思いやりに溢れた素敵な日になるでしょう。いつまでも愛し愛される関係でいるためにも与えることは惜しまなくてOK。

コミュニケーションを取ること

記念日を迎えるにあたって大切なのはしっかりとコミュニケーションを取ることです。

なぜなら記念日の認識は人によって違いがあるからです。

認識や価値観の違いは、二人のコミュニケーション次第で歩み寄りが可能です。

そしてコミュニケーション次第で様々な記念日を過ごすことができます。

コミュニケーションを取る際は「聴く」「話す」「受け入れる」を心がけましょう。

どれが欠けてもいけません。受け入れるは相手の意見の価値を認めることです。

意見の価値を認めあう者同士のコミュニケーションはより円滑になります。

コミュニケーションが円滑になると、記念日に関しての意見交換も活発になり自然と二人にとって良い形で記念日を過ごすことが出来ます。

ここで記念日の過ごし方の例をご紹介します。

プチ旅行

旅行好きな二人、または周年記念には旅行へ行くのも良いでしょう。

しっかりコミュニケーションを取れる二人でいれば準備中も旅行中も楽しめる。

二人の軌跡を刻め、思い出深い記念日になります。

リッチな食事に行く

日常的にコミュニケーションがとれていれば、あなたの願望をかなえるために少しリッチな食事を予約してくれるかもしれないですね。

これも普段のコミュニケーションで彼があなたを良く知ってくれているからこそできること。

勿論自分から「ここのディナーに行きたいな。」と可愛くお願いするのも可。

非日常的で、ムードがあると気持ちは高まります。

家でゆっくり

記念日を特別視せずにいつも通り過ごしたい。というカップルは家でゆっくり過ごすのも良いでしょう。

手紙を渡す、互いの好きなところを言い合う、思い出を振り返る等、記念日にちなんだお題でコミュニケーションを取り合うのも楽しいでしょう。

思い出の場所へ行く

二人の思いでの場所に行くと、その頃の気持ちを思い出し、初心にかえることが出来ます。

改めて相手を大切にする気持ちを持ち直すことができます。

付き合いの長いカップルにもおすすめです。

テーマパークや水族館デート

記念日にかこつけてテーマパークや遊園地、水族館に行かない?と提案してみるのも良いですね。

その場にいるだけで胸が躍り楽しい気持ちになれるのでデートに最適。

人込みが苦手な人もいるので、コミュニケーションを取りながら行先を決めれば、二人で楽しめること間違いなし。

ディナークルーズ

特別な記念日をお望みのカップルにおすすめ。

美しい景色とお食事、ラグジュアリーな内装や音楽、デッキからの爽やかな風。

五感を満たす最高の演出です。

このように記念日の過ごし方は様々。

お二人の希望に沿った記念日の過ごし方ができるように、二人のコミュニケーションを大切にしましょう。

記念日を特別視していない彼には、手紙を書いてみたり、手料理をふるまってみたり、彼の負担にならない方法で記念日を祝いしてくださいね。

祝わなければ何でもない日ですが、少しの意識で特別な気持ちになるはず!特別な日を意識することで、相手への感謝が生まれ、これからも大切にしよう。

と、気持ちを改めることが出来ます。

非日常的な特別である必要はなし!日常に少しのスパイスをプラスする気持ちで、二人の記念日を過ごしてみてください。

ここでの注意点はコミュニケーションを取って、もし彼と自分の希望にずれがあったとしても自分の価値観を押し付けるようなことは絶対にしないこと。

「あなたが○○したいなら、そうしよう。でも私は○〇だけはどうしてもしたい。いいかな?」という様に相手に合わせながら、自分にも合わせてもらうところを作る。

このようにコミュニケーションを取ると価値観をすり合わせることが出来ます。

Win-Winでいることは、長続きするカップルになるためにも大切なこと。

どちらかの負担が大きいと、いつかバランスを崩してしまうので、対等な関係でいられるようにしましょう。

「聴く」「話す」「受け入れる」を心がけたコミュニケーションでお互いの希望をすり合わせると、二人の心が満たされる記念日にうることが出来るでしょう。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

最高の記念日も長続きするカップルになることもあなたの気持ち次第で叶います!

彼との記念日を最高の日にしたい。と誰もが望んでいるはず。

二人の絆をさらに深めるはずの日にも関わらず

記念日に彼との関係にヒビが入ってしまった…という失敗談が多くありました。

記念日の失敗は二人の気持ちのすれ違いから起こっていました。

すれ違いが起こる原因には

  • 記念日に対する価値観の違い
  • 自分優先の思考
  • 相手への期待
  • キラキラ演出への憧れが強い

があります。

これらを解決して、良い記念日を過ごし長続きするカップルになるためには

  • 「彼と共に」を認識すること
  • 「彼に喜んでほしい」の気持ちを持つこと
  •  コミュニケーションを取ること

が必要です。

二人の大切な節目となる記念日をより良いものにするためには“何をして過ごすか” よりも “どんな気持ちで過ごすか” が大切です。

素敵なディナーが好きを加速させますか?

ディナーを用意してくれた彼の気持ちが好きを加速させるのではないですか。

人の心は行動により動かされるのではなく気持ちにより動くものです。

そしてその気持ちは互いの思いやりの心を育み、いつまでも仲良く長続きするカップルになっていくための基盤になります。

ぜひ解決策の①②③を参考にして、二人にとって最高の記念日を過ごしてください。

そして記念日をその先へ進むための新たな出発点とし、いつまでも仲良く長続きするカップルでいてほしいと思います。