絡取らないカップルが長続きするには?マイペースさん必見の方法!

カップルでもお互いにあまり連絡を取り合わないドライな関係は気楽ですし、そんなに頻繁に連絡を取らない方が長続きするという話も聞いたことがあるかもしれません。

ただ心配になってくるのは自然消滅してしまうのではないかという事です。相手のことが好きで結婚を考えていたら、それは絶対に避けたいですよね。

かといって急に頻繁に連絡を取るようにするのも大変だし…そんな風に悩んではいませんか?普段あまり連絡を取っていないと、お互いのことが少し遠い存在になってしまい、気づいたらカップルではなくなっていたということも。

では長続きするカップルになるためにはどうすればいいのでしょう?実は、別れてしまうのは連絡の頻度が少ないからではなく、心の距離が遠のいてしまうから。大切なのは要所要所で愛情をしっかり伝えることです。
ポイントを押さえて、ずっと仲のいいカップルでいましょう!

彼氏と連絡を取らなくても大丈夫?自然消滅を避けて長続きするにはどうすれば?

あなたは彼氏と頻繁に連絡を取り合っていますか?お互いに仕事や趣味が忙しいと、連絡することは二の次になりがちです。

彼氏に連絡するよりも好きな音楽を聴いていたい、資格試験の勉強をしたい、そんな時期もきっとあるでしょう。

恋愛中だからと言って恋愛のことだけを考えているよりも、プライベートが充実している方が生き生きとしたあなたになれますし、干渉しあわないカップルはお互いのことを嫌いにくくさっぱりとした付き合い方ができます。

しかし、あまりにも連絡を取らないと、お互いの気持ちが冷め続けてしまい、なんとなく自然消滅して別れてしまうことも。

せっかく相手のことが好きな気持ちがあって、結婚も考えているならそんな風には終わりたくないはずです。

では頑張って連絡頻度を増やせばいいのでしょうか?

しかしあなたのペースを急に変えるのはライフスタイルに負担がかかり、余計に彼氏に連絡するのが嫌になってしまうという事も。

同じように彼氏の方にも彼氏なりのペースがあるので、急に頻繁に連絡を取り合うというのも難しいのです。

付き合い始めたころは頑張って毎日のように連絡をしていたのですが、だんだんそれが面倒になり、逆に全然連絡をしなくなってしまったという知り合いカップルもいます。

マイペースなタイプは、急に自分のペースを変えるのは難しいもの。

連絡を取らないのは心配だけど連絡を取るのも大変で、どうしたら自然消滅を避けてずっと仲のいいカップルでいられるのか悩んでしまいますね。

連絡を取らないカップルが別れてしまうのはどんな時?マイペースでもやっぱり不安がある…

あまりべたべたしないドライな関係が好きでも連絡をあまりにも取らなすぎると、相手のことを身近には感じられなくなり、心の距離が開いていってしまいます。

疎遠に感じてしまう相手に対しては愛情も薄れてしまい、大切なパートナーだという意識が消えて行ってしまうのです。

大切なパートナーではない相手とは付き合っていくことが難しいですし、将来結婚することも考えられないもの。

そのため、いくらお互いにまめではないタイプであっても、下記のようなことが原因でカップルでい続けることができなくなり、別れへとつながってしまいます。

自然消滅を避けたいなら、こういった心の距離が開いてしまう原因は、なくしていかなければなりません。

別れてしまう原因①相手は実は寂しく思っているかも…

お互いにマイペースだからそんなに連絡は取らなくていいと思っていても、相手は実は寂しく思っているかもしれません。

例えば私が当時の彼氏と付き合い始めた時のことですが、私は彼氏は仕事が何より好きなのであまり連絡はしないほうが喜ぶだろうと思っており、自分もそこまで連絡を取らなくても大丈夫なタイプだったのであまり自分から連絡はしませんでした。

結果彼氏の方からもあまり連絡してくることはなく、お互いになんとなくカップルとしては寂しいけれどこんなものかなと思っていたのです。

しかし実は彼氏の方は私があまり連絡をしてこないため、そこまで好かれていないのではないかと寂しく思っていたそうです。

そしてそんなに好かれていないなら別れた方がいいかもしれないと考えていたとか。

このように、お互いにマイペースでうまくいっているつもりでも、相手は少し寂しさを抱えているという場合もあるのです。

少し寂しいだけならまだいいのですが、付き合っていても寂しいなら別れた方がいいかもしれないと考えだすと、自然消滅の原因になってしまいます。

別れてしまう原因②連絡を取るきっかけがなくなってしまう…

こちらも私にはよくあることですが、そこそこ仲が良かった友達でもライフスタイルが変わると連絡をほとんど取らなくなってしまい、久しぶりに会いたいと思っても、今連絡してもきっと相手も忙しいだろうしやっぱりやめておこう、となってしまうのです。

友達同士でも連絡が途絶えてしまうと、次に連絡を取ろうとするきっかけがなかなかつかめなくなるもの。

カップルでも連絡頻度が極端に少なくなってくると、次に連絡するきっかけがつかめず、一切連絡はしないということになりがちです。

連絡を取っていないと今の相手の状況も分からないので話題も見つからず、今更何を話したらいいのかも悩んでしまうもの。

「もう寝ているだろうし連絡してもしょうがないかな」

「彼氏に連絡したいけどやることがあるしまた次でいいかな」など、連絡がさらに億劫になり、先延ばしになっていくとそのまた今度がなかなか訪れません。

もともとお互いにそんなに連絡を取らないタイプだと、相手からの連絡があったら返そうと思っていてもその相手からのリアクションもなく、遠い他人になってしまいます。

このように何となく連絡が途絶えることがまさに自然消滅の原因。特に嫌いになったわけではなくても一度連絡が途絶えてしまったら、仲のいいカップルに戻るのは大変なのです。

別れてしまう原因③大変な時にお互いの支えになれない…

連絡を取り合っていないと、お互いに辛いことがあっても気づくことができず、支えになりたいのになれないという問題があります。

例えば仕事で悩んでいる時、彼氏に悩みを聞いてほしいと思っても、急に連絡をするのもなんだか気まずくて連絡を取れないことも。

彼氏の方は本当はあなたがつらい時は悩みを聞いたり支えになりたいと思っているのかもしれませんが、それが伝わらず、あなたの方も辛い時には恋愛どころではなくなり、さらにお互いの距離は開いてしまいます。

それは彼氏のほうが悩んでいる時も同じ事。悩んでいるなら話を聞いてあげたいと思っても、彼氏が悩んでいるという事が分からなければそれもかないません。

辛い時に相手の支えになれない、相手が支えになってくれないというすれ違いも、連絡取らないカップルが別れてしまう原因に。

これもまた私にも経験があることですが、彼氏に本当は仕事が大変だったと後で言われたことがあります。

しかし普段から連絡を取っていなければ大変なのかどうかはわからず、気遣ったりすることもできません。

いつも連絡を取らないカップルでも長続きする!しっかり伝わる愛情表現が大切!

そんなに連絡を取らないカップルでも、しっかりとお互いの愛情を感じ取ることができれば、干渉しあわないさっぱりして仲のいいカップルとして長続きするのです。

自然消滅は、特に嫌いになったりするわけではないのに、大切だと思ったり思われていたりという実感がなくなっていったり、交流するタイミングがなくなってしまったり、愛情がうまく届けられなかったり受け取れなかったりするため起きるもの。

そのためお互いのことを大切に思っていることを伝えたり、交流するタイミングを作ったり、愛情を届けやすく、受け取りやすくしたりすることが必要です。

適切な愛情表現ができていれば、連絡を取っていない時間でもお互いへの気持ちは持続し、これからも一緒にいたいと思えるパートナーでいられるのです。

長続きするために①相手が寂しく思っている→直接話したときに好きな気持ちを伝えよう!

私たちのカップルのように、あまりまめではなく、マイペースなタイプが付き合っている時に感じる寂しさは、もっとたくさん連絡をとりたいというよりも、そんなに好きだと思われていないのかな?

という寂しさであることが多いのです。

私が彼氏に言われたのは

「好かれているかどうかわからないのでそういうところは心配になる」

ということでしたが、やはり連絡をしてこない→あまり好かれていない?というところに寂しさを感じていたそうです。

そのため、相手が寂しく思っているかもしれないという不安を感じたら、連絡頻度を上げるのではなくて相手のことを好きな気持ちを伝えるのが一番。

もちろん相手があなたよりもマイペースでそんなに寂しさを感じていなかったという場合もありますが、それでも好きな気持ちは伝えておいてマイナスになることはありません。

自分から伝えることで、相手も好きな気持ちは伝えた方がいいのだと気づき、伝えてくれるようになるでしょう。

実際のデートで会った時に、

「色々することがあってあまり連絡できないけど、あなたが好きだから会えるのをすごく楽しみにしていたよ」

のように今会えてうれしいという事をポジティブに伝えましょう。

連絡をあまり取ることがなくても、好きで大切に思ってくれているという実感があれば安心感が生まれます。さらに「好き」という言葉だけではなくて、

「次は一緒に水族館に行きたいけど〇日って仕事休みだったかな?」

自分から行きたいところを伝えたり、次回のデートの約束をその場で決めたり、積極的に相手のことが好きな気持ちがあることを表現するのが大切です。

まだ次回のことが分からなくても、

「今度はこの映画を見に行きたいな。〇日までやってるみたいだよ」

というように、おおまかな希望は伝えておきましょう。

そうすることで、あまり好かれていなくて寂しいから別れようという流れにはならず、長続きするカップルでいられるのです。

長続きするために②連絡を取るきっかけがない→何日かごとに連絡すると決めてみる

愛情表現以前に連絡を取るきっかけがつかめず、気づいたら全く連絡が取れなくなっていたという状況を回避するには、まずは連絡するペースを決めてしまうことです。

連絡頻度がどんどん少なくなっていくと、相手のことが嫌いではなくこれからものんびり付き合っていきたいと思っていても、いざ連絡しようと思ったときになかなかきっかけがつかめません。

時々でも連絡を取っていれば、

「猫カフェがオープンするみたいだけど、そういえば猫が好きだって言ってたし誘ってみようかな」
「彼氏の好きな俳優が映画に出るみたいだけど知ってるかな」

など、連絡しようと思うきっかけも見つかりやすいですが、連絡をしない習慣になってしまうと連絡をするきっかけを見つけるのが難しくなるのです。

こうならないためには、2人である程度連絡する頻度を決めること。

特にお互いに色々仕事や趣味の予定が詰まっていると、連絡しようと思っていても忘れてしまったり後回しになったりしがち。

しかし3日おきの大体この時間帯に連絡をすると決めたら、

「3日おきだし連絡してみよう」

というように特に何もなくても連絡するきっかけは作ることができ、気づいたら連絡を取らなくなって自然消滅という展開は避けられます。

お互いに好きな気持ちがあっても連絡を取るきっかけがないなら、逆にきっかけさえ用意されていれば長続きするもの。

また、その時間は空けておいて連絡しない時間に自分だけの趣味を楽しむというメリハリもつけられますし、

「全然連絡してないし、そろそろ連絡しないといけないけどいつしよう…」

という変な焦りやプレッシャーもなくなります。

ポイントはお互いが無理のないペース、無理のない時間帯で連絡すること。

また、絶対にこの日のこの時間厳守!としてしまうと、マイペースな人はそれもプレッシャーになり、連絡するのが億劫になってしまいます。

「仕事が忙しいけど連絡しないと!」

というように、負担が生まれてしまってはやはり長続きはしません。

あくまでも無理なく楽しく続けられるように、必ず守るべき決まりではなくて連絡を取りやすくするための目安として考えておくこと。

もしそれでも負担になるようならさらに連絡頻度を下げ、2人のペースに合わせて決めるようにしましょう。

1週間に一度、2週間に一度でも大丈夫というカップルもいますし、むしろ連絡する日を楽しみにできるくらいのペースがいいのです。

どうしてもペースが合わず付き合っていること自体が負担になるなら、もう一度話し合ってみるか、もっとペースの合う恋人を探すことも視野に入れましょう。

長続きするために③お互いの支えになれない→辛い時こそ積極低に連絡を取る

お互いに支えになりたいのにそれができないという問題を解決するには、まずはあなたの方から辛い時こそ積極的に彼氏に連絡を取るようにしましょう。

仕事が大変で辛い時は、あまり連絡を取っていない彼氏に連絡することを躊躇してしまいますが、ここで遠慮していては彼氏はあなたの辛さに気づくことができません。

長続きするカップルでいるためには自分の弱い一面も分かってもらうことが必要なのです。

あなたも、彼氏が辛い時は話を聞いてあげたい、支えてあげたいと思いませんか?

辛いことを話してくれず、そのまま連絡がとれなくなってしまったら、

「支えてあげたかったのにどうして自分には話してくれなかったのだろう、頼りにならないのかな?信頼されていない?」

と思って悲しくなるのではないでしょうか。

私も彼氏に言われたことですが、好きな相手なら、辛い時はきちんと伝えてほしいと思うものです。
あなたが大変な時に

「今はちょっと仕事が辛くて…」

と相談すれば、相手も自分は信頼されているからこそ悩みを話してくれていると思って、その信頼に答えようと思うはずです。

もしも相手の性格がまだわからず、

「辛い気持ちを伝えたら彼が嫌がるのでは?」

と思うかもしれませんが、悩みを話した時に嫌がるような相手なら、それこそ連絡を取るのをやめるのが吉です。

カップルや将来の結婚相手としてずっと付き合っていくには、お互いに支えあえることが必須。そうでない相手とはこの先長続きはしません。

あなたの方から相手を頼るようにして、解決したら

「聞いてくれてありがとう。あなたも辛い時は話してね」

というように話しておきましょう。こうすることでお互いに支えあえる相手だという事が認識でき、相手への愛情もしっかり伝わるはず。

先に頼ることで相手も頼りやすくなり、辛い時は支えあえて長続きするカップルになれるのです。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

長続きするカップルは連絡頻度よりも愛情表現!好きだという気持ちを態度でも伝えて!

あまり連絡をとらない関係が気楽でも、あまり愛情が伝わらなければ自然消滅へとつながってしまいます。

心の距離が遠くなるにつれてその危険度は高くなり、本当は別れたくなかったのに気づいたらもう遅かったという残念な事態も。

それを避けるためには、しっかりと相手のことを好きな気持ちを伝えていくこと。

普段連絡をしないからといって、相手が嫌いで連絡をしたくないわけではないはずです。その気持ちを的確に伝え、お互いに愛情をしっかりと感じる関係にしていきましょう。

連絡を取らなくてもお互いを想いあっていて、自立していて自分の時間を楽しめるカップルは人生のパートナーとしてもよい関係。

長続きするカップル、さらにいえば将来結婚する可能性のある相手として、マイペースでドライながらも支えあっていくことが大切です。