いつも割り勘!彼に愛されてる?割り勘カップルが長続きするって本当⁈

男女平等の考え方が浸透し、デート代は割り勘が当たり前というのが最近の風潮になりつつあります。

「割り勘が長続きする」という一般論も、わからないではないものの、毎回、割り勘が続いていると、「これってどうなのかな」と不安になる気持ちになりませんか?

このように不安になってしまうのは、彼との良好な関係を維持していきたいという気持ちと、女としてのプライドを意識してしまう気持ちとの間で、ジレンマが生じている可能性があります。

この割り勘のジレンマは大きく分けて2つあり、それらを解決するには、以下の方法があります。

一つ目は、割り勘ばかりだと、「彼に愛されていないのでは」という不安を解消できる方法です。

彼にも切実なお金事情があることを知り、あなたを女として軽視しているのではなく、2人の関係を続けていく為に、割り勘が必要なことに気付く必要があります。

そして、「割り勘が長続きする」の本質も知ることで、お互いに相手を気遣い、自分も無理をしないデートを続けていくことができます。

2つ目は、不本意な割り勘となり、都合のいい女になっているのではと、疑念を抱くときや、彼に「金のかかる女」と思われたくないと不安になってしまうときの対応策です。

女子ならではの気遣いや、機転をきかせることで、これらの支払いシーンでのストレスを回避して、良好な関係を継続していくことができるでしょう。

このように、相手を思いやり、自分自身も大切にするという基本の考え方を忘れずに、その時々で対応していけば、大好きな彼と長く交際を続けていくことができます。

割り勘にもやもやしたときには、是非本記事を読んで不安を払拭し、安心して彼とのデートを楽しんでください。

割り勘カップルは長続き!それって都合のいい女⁈不安になる!

最近では、割り勘のカップルの方が長続きするというのが、一般的な考えになりつつあります。

しかし、毎回いつでも割り勘だと、愛されてないとか、都合のいい女になってないかと不安になってしまうこともあるでしょう。

ときには、「彼に大切に思われてないのかな?」と、虚しい気持ちになってしまうこともあるのではないでしょうか。

このもやもやとした、彼との金銭にまつわる疑問は、いずれ彼の愛情に対する不信に繋がることもあります。

また、割り勘が当たり前になっている現状にはもやもやしても、彼に大きな負担を強いているわけではなく、むしろお金のことで、彼の負担になるのは本意ではないのもあなたの本心ではないでしょうか。

その辺りのバランスをとりながら、お金の面で、どう良好な関係を築いていけばよいのか、わからなくなってしまうのです。

割り勘に不安を感じるのは、2つの感情の間で生じるジレンマが原因!

今時デートは割り勘が当たり前も、それが長続きできる良い関係性というのも、わからないではないのに、割り勘が続くと、なぜだかもやもやしてしまうことがあります。

それは、2つの気持ちの間で生じるジレンマが原因である可能性が考えられます。
以下の2つがそのジレンマです。

  • 彼と良好な関係を維持したいという気持ちと、彼に愛されていることを実感したい気持ちとの間で生じるジレンマ
  • 女としてのプライドは保ちたいけれど、彼の負担になるのは嫌だというジレンマ

これらのジレンマは、いずれ彼の愛情に不信感を抱くようになる危険と、お金の面で良好な関係性を維持していくには、どうしたらよいのかわからない状態が続いて、毎回のデートがストレスになってしまう恐れがあります。

いずれも、放っておけば別れを意識するようになるリスクがあるのです。

割り勘のジレンマ➀良好な関係は維持したい!でも割り勘ばかりだと愛情を疑ってしまう!

毎回割り勘だと、それがお互いの為にいいとわかりつつも、「私、大切にされてないのかな?」と、なんとなくもやもやしてしまうことがあります。

更に、友だちから「割り勘はありえない!」という持論を聞かされたり、彼から奢ってもらったという話ばかり聞いていると、「やっぱり愛されてないのかな?」と不安が募ってしまいます。

また、デートでの経費は、食事、交通費、娯楽施設の入場料など様々ですが、特にホテル代の割り勘は、自分の女としての価値について悩み、彼の愛情にも不信感を抱きやすいものです。

このまま、もやもやした気持ちが続けば、彼の愛情を信じられなくなり、別れを考えるようになってしまうリスクがあります。

割り勘のジレンマ➁女としてのプライドは保ちたい!でも彼の負担にはなりたくない!

「彼に大切にされたいし女のとしてのプライドも保ちたい」「でもお金のことで彼に負担に思われるのも嫌」そんなふうにジレンマを抱えている女性は少なくありません。

お互いにお金のことで負担を感じることなく良好な関係を維持していくには、どうしたらいいのか、わからなくなってしまうものです。

食事の場合、特に彼だけがお酒を飲むときは、きっちり割り勘では自分の食事内容と支払の配分が合わなくて、彼にとって都合のいい女になっているような気がするなど、女としてのプライドが傷つきストレスを感じやすくなります。

割り勘にならないとしても、会計の場で彼がレジの前に立った時、「奢ってもらう気満々」と思われているんじゃないかと不安になることもあります。

そう思われない為に、どう対応すればいいのかわからず、とりあえず財布をちょっとだけ出してみるなど、見え透いたことをしてダサい女になってしまう、なんてこともあるでしょう。

どちらにしても、会計の度にストレスがたまるばかりです。

デート代は彼も悩んでいる⁈割り勘でも大丈夫!

毎回のデートの割り勘だけを理由に、彼の愛情に不安になる必要はありません。また、割り勘だからといって、必ずしも女性として軽視されているわけでもないのです。

割り勘のジレンマを解決するには大きく分けて2つの方法があります。

一つ目は、彼の金銭面での切実な現状を知ることで、割り勘の必要性を理解できます。

彼の愛情や誠実な思いは、支払の場面以外で見つけることができれば、彼の気持ちを信じて安心することができます。

また、「割り勘が長続きする」の本質も知ることで、お互いに負担にならない2人の交際の形を作っていくことができるでしょう。

2つ目は、彼に都合よく扱われているのでは、という疑念や、彼に負担に思われたくないという心配は、支払時の工夫やちょっとした気遣いで回避できます。

そうすることで、デート代の支払いの度にストレスを溜めることもなく、2人の交際を長く続けていくことができます。

このような考え方や工夫をすることで、女としてのプライドを保ちながら、金銭的な面でお互いに負担にならない関係を維持していき、更に彼の愛情も信じることができるのです。

割り勘でも愛されてる!

割り勘が続くと、彼の愛情に不安を感じることがありますが、割り勘だけで愛されてないと決めつける必要はありません。

彼だって、大金持ちでお金に余裕があったら、いくらでも奢ってかっこいい所を見せることは可能でしょう。

割り勘でも愛されてる①男性の切実な現実

下の図は、厚生労働省のHP、「平成30年賃金構造基本統計調査 結果の概要」のページで、「企業規模、年齢階級、性、雇用形態別賃金」の表から、平成30年、男、10代20代の部分を抜粋したものです。

企業規模 年齢階級 (男)
正社員・正職員
(男)
正社員・正職員以外
企業規模計 ~19歳 181.8千円 167.4千円
20~24 215.2千円 188.5千円
25~29 251.9千円 206.3千円
大企業 ~19歳 185.1千円 174.1千円
20~24 224.3千円 196.9千円
25~29 269.3千円 218.8千円
中企業 ~19歳 178.7千円 165.2千円
20~24 211.0千円 184.6千円
25~29 243.9千円 196.4千円
小企業 ~19歳 182.1千円 156.5千円
20~24 206.9千円 175.5千円
25~29 233.8千円 187.6千円

(参考:厚生労働省 平成30年賃金構造基本統計調査 結果の概要)

もっと細かく産業別や、学歴別に分けると、これらの数字が更に増減していきますが、こちらの統計ではこのような数字になっています。単位が千円になっていることに注意しながらご覧になってください。

この統計では、現代の物価に対して、意外と賃金が少ないことがわかります。非正規では、ほとんどの場合で、月の給料が20万円にも及んでいません。

そして、更にこの数字から、社会保険料、税金などが引かれると、手取りと言われる金額はいかほどになるでしょうか。学生時代、奨学金を利用した場合はその支払いもあります。

もちろん生きていく為の生活費だってあるのです。

こうして彼の立場で考えてみると、毎回デート代を奢るのは現実的に不可能であり、愛情をお金で測るのは酷なことだとわかります。

あなたも、彼が毎日ボロボロの服を着て、ご飯を食べずに痩せこけて、おまけに借金をしてまでデート代を奢っていたら、別の意味で心配になりますよね。

割り勘でも愛されてる②「割り勘が長続きする」の本質

いくら男性がお金のことで大変でも、それであなたが無理をしてしまっては、それこそ不公平というものです。お金のことで大変なのは2人とも同じです。

そこで、「割り勘は長続きする」の本質を知って、お互いを気遣い、自分自身も大切にできる割り勘をしましょう。

  • 「割り勘が長続きする」の本質とは、
  • お互いを気遣える関係。
  • お互いに「お金がない」、「今はお金を使えない事情がある」を伝えられる関係。
  • お金を使わなくても一緒にいられる時間を作れる関係。
  • お金をかけなくても幸福感を得られる関係。

なのです。

一般論や、友だちはどうしているかで考えるのではなく、お互いの相手の負担を気遣う気持ちを大切にして、その時々の支払い配分や、デートの内容を考えていくことが必要です。

デート中に、さりげなく相手を気遣える提案をしてみましょう。

「お給料日前でお金きつくない?私もだよ。今日はコンビニで買ってあそこで座って食べよ」
「今日は2人ともお金いっぱい使っちゃったね。ちょっと厳しいね‥。来週は公園とか行く?」

こんなふうに、自分も無理のない範囲で気遣うことができれば、お互いに安心して長く一緒にいられる関係になることが可能です。

割り勘でも愛されてる③デート代だけではなく、広い視野で彼を見る

デート代が割り勘でも、安く済ませていても、他の部分に目を向けてみると彼の愛情に気付くことができる場合があります。

例えば、デート代全て割り勘だったとしても、微妙に遠距離恋愛で、彼が交通費を往復2千円くらいかけて、彼女に会いに来ている場合はどうしょうか。なんだか羨ましくなっちゃいますね。

食事なしで、ジュース一杯奢ってくれなかったとしても、彼が学生で、彼女に触れたい一心で、バイトを頑張ってホテル代を稼いできた、なんて場合はどうでしょうか。

漫画みたいでキュンとしませんか?

今日という日を迎える為に彼がどうしていたか、1日を通してどうだったのか、もっと言うと、付き合い始めてから今日までどうだったのか、広い視野で彼の行動をみてみましょう。

そうしてみることで、彼なりの愛情と一生懸命さを見つけることができる場合があります。

割り勘でも愛されてる④ホテル代の割り勘は状況によって変わる

ホテル代の割り勘は、女性にとっては受け入れにくい場合があります。

割り勘でも仕方ないと思いつつ、もやもやしてしまう女性は少なくありません。

しかし、だからといって、ホテル代が割り勘だと愛されていないのか、というわけではなく、お互いの年齢差、立場、収入、その時の状況によって、それぞれの負担割合の差に違いはあっても、割り勘になる状況は多くあります。

ホテル代の支払いについては、マイナビウーマンのアンケートで、男性と女性で以下のような解答があります。

男性

「男性が全額出す」

  • 「全額出すのがマナーだと思うから」(31歳/自動車関連/技術職)
  • 「通常誘ったのであれば男性のたしなみだと思う」(35歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

「男性が多く出して、女性が少し出す」

  • 「全部出すと引け目を感じるだろうから、少しだけ出してもらう」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
  • 「女性も端数くらいは払ってくれたほうが好印象」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

「男女で割り勘」

  • 「相手も同意して、望んでのラブホテルなら半々。お互いの関係を長く続けるために」(37歳/機械・精密機器/営業職)
  • 「多く払ってあげたいけど、毎回交代で払うかな」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「持ち金が多い方が出す」

  • 「お互いが利用するので余裕があるほうが出すべき」(28歳/その他/その他)

(参考:マイナビウーマン)

女性

「彼にだけ負担させるのは悪い気がする」

  • 「彼がお金持ちなら全額払ってもらうけど、お金があまりないなら仕方なく出すと思う」(33歳/医療・福祉/専門職)
  • 「私より所得が低い男が世の中には多いから、仕方ないと思っている」(27歳/医薬品・化粧品/営業職)
  • 「安い金額ではないので、彼氏だけに負担をかけたくないから」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

「2人で楽しむ場所だから」

  • 「2人で望んで行ったなら仕方ない」(31歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)
  • 「同じ場所で同じ時間を2人で共有したんだから、別に当たり前だと思う」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

「ラブホ代に関しては男性に格好つけてほしい」

  • 「男が払わないと格好悪いから。誰と行っても払ったことはない」(28歳/金融・証券/営業職)
  • 「いくら割り勘が主流になったとはいえ、そこくらい出してほしい」(33歳/自動車関連/事務系専門職)
  • 「男が払うべき。そこはちゃんと見栄を張ってほしい」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

「女性がラブホ代を出すのは恥ずかしい」

  • 「自分がしたいという欲求があれば文句はないが、なかなかそこで『割り勘ね』といってお金を出すのに抵抗がある」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

(参考:マイナビウーマン)

それぞれのカップルのルールや、そのときの状況にもよりますが、男性、女性の様々な意見を総合すると、以下のように、まとめることができます。

彼が奢る、又は負担割合が多くてもよいとされる場合
  • 彼の方が年上
  • 彼の方が収入が高い
  • 彼が社会人で、彼女は学生
  • その日のデート費用を彼女の方が多く負担している
  • 明らかに彼の方が誘っている
割り勘でよいとされる場合
  • お互いの収入の差があまりない
  • お互いに年が近くて、立場が同じ(同じ学生、同じ社会人など)
  • その日のデート費用の負担割合がほぼ同じ
  • お互いにホテルに行くことを望んでいる
彼女が奢る、又は負担割合が多くてもよいとされる場合
  • 彼が学生で、彼女の方が社会人で収入が高く、金額にも大きな差がある
  • その日のデート費用を彼の方が多く負担している
  • 明らかに彼女の方が誘っている

また、ホテルに行くことは、女性にとって自分の愛情を彼に伝える純粋な行動です。

だからこそ、彼からホテルに誘われたときは、自分が今日、ホテル代を割り勘とはいえ、払えるのか、ホテルに行ってもいいと思っているのかきちんと考えましょう。

お金を払えないときや、行きたくないときは誘われたときに、そのことを伝えられる関係性でいられるのも大切なことです。

本当の意味での対等な関係とは、お金を折半することだけではありません。

お互いに自分の気持ちや事情を伝えることができて、相手のことを気遣い、自分自身も大切にできる、無理をせずに一緒にいられる関係です。

自分がお金を払ってまでして行きたいとは思わない時は、彼に誘われたときに、

「今日はもうお金がなくて、ホテル代払えないんだ」
「お金ないけど、一緒いたいって思ってるよ。このまま、こうして一緒にいるだけじゃだめかな?」
「ちょっと具合がわるくて、ごめんね」

などと言って無理はしないようにしましょう。

そして、お金に余裕があって、自分も彼に全身で愛情を伝えたいと思えるときは、お互いにお金を出し合うことは悪い事ではありません。

それは2人にとって素晴らしいことで、あなたにとっても不本意な割り勘にはならないでしょう。

割り勘でも愛されてる⑤誕生日など特別なときは、無理のない範囲でサービス。

普段は割り勘でも、お互いの誕生日など特別な日は、無理のない範囲で、奢ってお祝いしてもらうことで、相手の愛情を感じることができます。

その日まで彼がすごくせこかったとしても、誕生日にプレゼントや食事でお祝いしてもらえれば、全てはこの日の為だったんだなと納得するだけでなく、彼の頑張りに感動してしまうことでしょう。

そして、それは彼も同じです。自分ができる範囲で、彼にしてあげたいことでお祝いしてあげましょう。

しかし、彼も自分も相手の誕生日とはいえ、全部を奢ることが難しいこともあります。

素敵なプレゼントにレストランとホテルで全部奢りとなれば、もちろん嬉しいし、それが理想ですが、現実にはそれが厳しいのはお互いに同じです。

彼が支払をしてくれる場合は、最大限に感謝して、素直に奢ってもらうのが大前提ですが、誕生日のデート代の一部が割り勘になってしまう場合は、以下のポイントを考えてみましょう。

  • デートの一部が割り勘になる場合、彼の収入と、一人暮らしをしているかなど、彼の生活を考えてみる。
  • 彼の普段の生活が、お金の面で大変そうなら、割り勘になるものがあっても、プレゼントなど他で頑張ってくれていることが、今の彼の精一杯の愛情だと考える。
  • 割り勘になってしまうことがあっても、素敵な夜景を見られる場所を調べて連れてきてくれた、あなたへのプレゼントがとてもレアな商品で、入手するのに苦労していたなど、他の事にも目を向けて、彼の頑張りに気が付いてあげる

このように、常にお互いを気遣う気持ちを大切にしていきましょう。

そして、普段、お互いに割り勘や節約をしている分、特別な日にちょっとでもいいから、相手に何かサービスをすることで、ちゃんと愛されているんだなと、お互いに実感することができます。

最近ではカップルでYouTube動画を出しているものを見かけますが、自分たちがデート代をどうしているのか説明している動画もあります。

私が見たことがあるカップルは、彼が大学生、彼女が社会人で2歳年上のカップルでした。付き合って2.3ヶ月の頃にお金事情のルールを決めたそうで、基本的にデート代はざっくりとした割り勘で、お互いに不満はないようです。

割り勘カップルのお手本!というかんじの2人ですが、彼女の誕生日をサプライズでお祝いしてあげる動画の、彼のサービスがすごくて、レジャーあり、食事あり、お泊りありで、彼女の喜ぶ姿も印象的な動画でした。

このカップルのように普段は割り勘でも、誕生日などのイベントのときに普段と違うサービスでメリハリをつけていけば、相手が自分を特別な存在だと思っていると信じることできる、きっかけの一つになります。

割り勘でも女としてのプライドを保って気遣い上手になれる

自分にとって分が悪い割り勘や、支払時に彼の負担になるのではないかと不安になることがありますが、それらを回避して、支払時のストレスを解消する方法があります。

➀実は、男性は自分が財布を出してレジの前に立たなければならないという、社会的なプレッシャーを感じています。

実際に、2019年10月に、Lean In Tokyoが「国際男性デー」に先駆けて行った、男性を対象とした意識調査で、最も「生きづらさ」を感じることについて、20代・30代男性の回答では「デートで男性がお金を多く負担したり女性をリードすべきという風潮」が1位になっています。

(参考:【プレスリリース】LEAN IN TOKYO、11月19日の「国際男性デー」に先駆け、『男性が職場や学校、家庭で感じる「生きづらさ」に関する意識調査』を実施)

そんなプレッシャーを感じている彼に、あなたの女子力で気遣い、店員の前で彼をたててあげましょう。

  • まずレストランに行く前や、お店で食事をする前などに、自分も払う意思があることを伝えて安心させてあげる。
  • 食事後、レジに行く前に、テーブルで自分の分を彼に渡して、レジでは彼にまとめて支払ってもらう
    元々割り勘がルールになっているカップルは、会計後に、自分の分を渡すのもあり。

この方法は多くのカップルが実践している方法で、男性にとっては、店員の前でかっこいい所を見せられるし、無理をしなくて済むので嬉しい気遣いになるでしょう。

②食事の場合、割り勘にすると、どちらか一方が割を食うことがあります。

特に彼がお酒を飲んで自分は飲まないときなどは、半分くらいで割り勘にすると女性がストレスを溜めることになります。

また、よくあるのが、自分は安いお店とか、なんならコンビニでもいいと思ってるのに、彼が高いレストランに行きたがって、支払が割り勘になる場合です。

こんなときは先手必勝で、先に、自分はあまり高い金額を出せない事情を伝えましょう。

・彼が居酒屋や、高いレストランに行きたいと言い出したときに、
「私、明日○○の支払いがあって、今日はもう〇円くらいしか出せないんだ。ごめんね。」
このように言えば角が立ちません。
彼との付き合いが長い場合は、
「私、お酒飲まないよ。お金もあんまり使えないし、自分が飲んだ分、出せる?」
と、やんわりと、でもはっきりと言うのもありです。

・あなたが高い金額を払えないことを伝えても、そのようなお店に行きたがる場合は、
「私、今日は本当に〇円しかだせないよ。それでもいいの?もっと安いお店とかコンビニでもいいんだよ」
など言って、最初にお互いの負担割合を決めて彼の合意を取り付けてしまいます。

・食事の終盤や、レジに行く前に、「これ私の分ね」と言って、約束してあった自分の負担分のお金を彼に渡してしまいます。

・お互いの飲食の内容から、妥当な負担割合だと思っても、彼の方が多くお金を出したのは事実なので、ちゃんとお礼を言いましょう。
「たくさん飲んでたね。でも〇君が満足できてよかった。私も美味しかったよ。ありがとう」
などのようにお礼を言って、自分の負担分を払ったら終わり、なんてことにはしないようにしましょう。

このようにすれば、支払の負担割合にもやもやすることもなく、彼も最後までいい気分でいられて、お互いにプライドを保つことが可能です。

③一つ一つの経費を割り勘にするのではなく、食事代、交通費、その他の支払いを分担して、1日分のお互いの出費が平等になるように調整する方法もあります。

「車運転してくれて、ガソリン代とかもあるから、お昼は私、出すよ。夕飯は割り勘でもいいかな?」
「ご飯多めに出してくれたから、ここの駐車場代だすよ」
など、あなたから気が付いて提案してあげれば、彼もほっとするでしょう。

④何か理由があって、彼が奢ってくれることが最初から決まっている場合は、素直に奢ってもらって、感謝の気持ちをちゃんと伝えましょう。

困るのが奢りなのか、割り勘なのかはっきりしないときです。

最初に2人でお金のルールを決めておけば楽なのですが、まだ決めていないときは、

  • 端数などお会計の一部を払う
  • お会計の後にざっくりと自分の分を渡す
  • 今回の食事とは別に、自分が奢るプランを提案して誘う

などの気遣いの方法があります。

「本当にありがとう。美味しかった。私も飲みもの奢らせて!」
「ありがとう。ごちそうさま! あのね、すごくお勧めのカフェがあるの!次はそこで私が御馳走する!こんど一緒に行こう!」

このように、女子力全開で気遣う方法があります。この方法は、食事の後だけでなく、ホテル代や他の支払いを彼が全額、もしくは多めに出してくれたときにも使えます。

男性にとってカフェは、女の子が一緒でないとなかなか行きにくい所ですし、自分も女子ならではのやり方に、「私よくできた!」と、自分を認めることができるでしょう。

私には20代の子どもがいるのですが、学生でカフェでアルバイトをしています。

仕事の話をよく聞かせてくれて、若いカップルのお客さんがどんな風に会計をしているのかも教えてくれました。

多いのは、支払をしている彼の横から、端数の小銭を彼女が出すパターンで、彼に自分の分であろう数百円を渡すのもあるそうです。

やはり、今どきのカップルはざっくりと割り勘。どちらかというと彼がちょっと多めというのが多いようです。

彼女の方も、端数は自分が出す、自分の分は後から彼に渡すなどの気遣いの方法が多いようですね。

このように、他のカップルも同じように割り勘をしていて、同じように気遣いをしていることがわかると、安心できる気持ちにもなれますね。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

長続きするカップルになるには、お互いを思いやる気持ちが大切

最近では割り勘が当たり前になりつつあり、そうした方が上手くいくという考えも定着する流れになってきました。しかし、毎回割り勘で、「私、本当に愛されているのかな」と不安になっていませんか?

それは、彼と良好な関係を維持したい気持ちと、女としてのプライドの間で生じるジレンマが原因です。

しかし、お金のことでは、男性の方にも切実な現状があります。

大金持ちなら、毎回かっこよく奢ることもできますが、現実にはなかなか難しいことで、彼女と協力してやっていかなくては、長く交際を続けていくことはできません。

だから、割り勘だけを理由に、彼の愛情に不安を感じる必要はないのです。

他にも、食事の負担割合に納得いかないとか、支払のときに彼の負担になりたくないという悩みがあり、デート代には何かとストレスが付きまといますが、そんなときは、女子ならではの気遣いで回避することができます。

「割り勘が長続きする」の本質は、お互いに相手を思いやって、2人の関係を大切にできることです。この本質を理解して相手も自分自身も大切にしていければ、大好きな彼との関係を長く続けていくことができます。


たわごと)
結婚すると資産運用は大抵主婦になります。
カップルのうちに資格を取得しキャリアウーマンとしての活躍もライフプランに入れると賢明ですよ。
主婦が資格を取るなら!(こちらが参考)