年の差カップルは長続きが難しい?年上の恋人と長続きする方法!

年の差カップルは今じゃ特別ではなく、5~20歳以上の年の差がある恋人に憧れるという人もいるかもしれません。

包容力や余裕がある、そんな年上の恋人への期待が膨らむ一方で、現実はなかなか理想通りにはいかないことが多いでしょう。

相手に幻滅して破局してしまうこともあるかもしれません。どうしたら、年の差カップルは長続きできるのでしょうか。

本記事では「期待を捨てて相手を見ること」で、年上の恋人と長続きする方法をお伝えします。

結果として、年上の恋人への「大きな期待」が外れたときに、がっかりしてしまう、2人の将来を考えられなくなる、関係が消滅してしまうことを防止します。

期待感を膨らませたまま付き合いを続けるのではなく、交際初期から「ありのままの恋人」を見聞きし、「自分がその年齢だったら…」と置き換えて考えることで、「年の差」はよくも悪くも大きな影響を与える要素ではないことに気づけるでしょう。

すぐに別れてしまうのは年の差のせい?

「年の差カップル」は今の時代、それほど珍しくありません。5~20歳くらい離れたカップルはあなたの身近にもたくさんいるのではないでしょうか。

実際、恋人を選ぶとき、「少し年上くらいの方がいい」「同世代は子どもっぽく見えてしまう」といったように、自分より「年上」を望む人は少なくありません。

「年上の恋人」は大人の余裕があって、落ち着いていて、自分に合わせてくれて、常に癒やしてくれる存在。

そんなイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。付き合いが始まったばかりであれば、そういった印象を相手に持ち続けている人もいるでしょう。

このまま恋人関係がずっと続くのであれば、問題はありません。

しかし、ほとんどの年の差カップルが長続きするかといえば、そうでないのが現実でしょう。年上の人と付き合ってきたけど、「続かなかった」「思っていたのと違った」と感じた人もいるかもしれません。

「それでもやっぱり年上の人と付き合いたい」と考える人にとっては、「年の差カップルが長続きしない」問題は見てみぬフリのできないテーマでしょう。

放置してしまう場合、「出会ってカップル成立まではいくのにすぐに別れてしまう」といった経験を繰り返すことになってしまうのです。その原因がもし、自分側にあったとしたら、相手が変わっても同じことを繰り返す可能性が高いかもしれません。

うまくいかないときこそ、冷静に自分を振り返ってみるのもよいでしょう。

では、「年の差カップルが長続きしない」原因が自分側にあるとしたら、どのようなことが考えられるでしょうか。具体的に考えてみましょう。

年の差カップルが長続きしない、落差で幻滅が生じる「大きな期待」

「年の差カップルが長続きしない」原因は、年上の恋人に対して「大きな期待」を最初に持っているためかもしれません。

「年上」というと、それだけでも、自分より人生経験を積み、「成熟している」「大きな器がある」「余力が十分にある」といった印象を持つ人が多いでしょう。

特に、「仕事や生活に慣れていない若い人」や「普段から悩みや不安を抱えやすい人」にとって、このような「余裕を持った年上の恋人」が近くにいることは安心材料になるのです。

自分が不安なとき、精神的に「落ち着き」を持った人、経済的に「裕福さ」を持った人、時間を「ふんだんに使える」人がそばにいたら心強いでしょう。

年上の人を恋人に選ぶ場合、そういった「自分が安心できる環境」を望んでいる可能性が高いのです。

つまり、年上の恋人に対して「年上なのだから精神的、経済的、時間的に余裕があるはず」と大きく期待しているといえます。

しかし、付き合いを続けていくなかで、よくも悪くも「その人らしさ」は絶対に出てきます。恋人の現実の姿は、最初の期待が大きいほど落差が生じやすく、幻滅してしまう原因になるのです。安心材料が減るわけですから、がっかりしてしまうかもしれません。

「思っていたのと違った」と別れてしまう可能性も出てくるでしょう。このような期待に対する落差が「年の差カップルが長続きしない」を招いている可能性があるのです。

では、年上の恋人に対して、精神的に「落ち着いている」、経済的に「裕福」、時間を「ふんだんに使える」と大きく期待を持ってしまう場合、具体的にどのような問題が生じるのか考えてみましょう。

子どもっぽさにがっかり、感情が台無しにする「大人の落ち着き」

「年の差カップルが長続きしない」原因の1つは、年上の恋人に対して「大人の落ち着きがある」ことを最初に期待しているためかもしれません。

年上を恋人として選ぶ人は、恋人が「自分の話を聞いてくれる」「慰めてくれる、励ましてくれる」ことを望んでいる場合が多いでしょう。

落ち着いた恋人に会うことで自分が精神を安定させたいのです。

しかし、いくら「年上」といっても神様ではないですから、当然付き合いが進むにつれて、相手の喜怒哀楽の感情や本来の傾向が行動として出てくるようになるでしょう。

自分の話を聞いてくれていると思っていたら上から目線の助言をされて口論になる、車の運転や店の人とのやりとり等の些細なことでイライラしている様子を見かける、自分が甘えようとしたら反対に甘えてきて引いてしまう等です。

特に年上の恋人の「怒りの感情」をたくさん見てしまう場合、期待していた「大人の落ち着き」とは印象がどんどん離れていくかもしれません。

年下の自分だって水に流せるようなことにカリカリ、イライラしている年上の恋人を見て、「案外、子どもっぽい人なんだな」とがっかりしてしまうでしょう。期待していた分、印象が悪くなりやすく、「年の差カップルが長続きしない」に繋がってしまう可能性が高いのです。

将来が一気に真っ暗、無貯金が台無しにする「大人の裕福さ」

「年の差カップルが長続きしない」原因の1つは、年上の恋人に対して「大人の経済的な裕福さがある」ことを最初に期待しているためかもしれません。

年上の恋人であれば、日常的に高級レストランで食事をする、高級ホテルに泊まる、プレゼントをくれるといったこともできるでしょう。

年上の恋人は「今の自分」には手の届かない経済的な満足を与えてくれる存在になりやすいのです。

余裕のあるお金を自分との関係にたくさん使ってくれる、そんな期待を年上の恋人に持っている人もいるでしょう。

普段のデートではあなたのそのような期待にも応えてくれるかもしれません。

しかし、少し関係が進み、会話のなかで年上の恋人に「貯金があまり無い」という事実を知ったとき、大きく失望してしまう場合があるでしょう。

結婚を視野に入れていた人にとっては、普段のデートと結婚後の生活イメージを重ねていることが多いからです。

お金も十分にある前提があったでしょう。一気に自分の想像していた将来像が崩れてしまうかもしれません。

特に年上の恋人に「安心」を求める人にとって、貯金が無い、少ないという事実は大きなマイナスとなるでしょう。2人の将来を考えることが困難になっていくかもしれません。

結果的に「年の差カップルが長続きしない」に繋がってしまう可能性が高いでしょう。

会える時間がどんどん消滅、環境変化が台無しにする「豊富な自由時間」

「年の差カップルが長続きしない」原因の1つは、年上の恋人に対して「ふんだんに使える豊富な時間がある」ことを最初に期待しているためかもしれません。

「年上」というだけで、仕事にも生活にも対処能力がついていて、時間的な余裕があると思われがちです。

年上の恋人を望む人は、その多くの時間を自分のために使ってくれることを期待しているかもしれません。

自分が不安なとき、そばにいてくれる、会いにきてくれる、電話に付き合ってくれる等です。

年上の恋人は何事もなければ、あなたの要望に十分に付き合ってくれるでしょう。

しかし、年の差がある場合、そして、恋人が年上の場合、実は環境の変化は置きやすいのです。

父親が入院した、祖母の病気が進行し介護が必要になった、仕事で昇進して異動になる等、様々な変化の可能性があるでしょう。

こればかりは年上の恋人にも事前対処の仕様がなく、変化の内容によっては「やるべき用事」に追われることになるのです。

すると、自分のために使ってくれる時間は物理的に減少していきます。恋人は大人の余裕があるどころか、いつも忙しそうにしている、ヘトヘトに疲れているかもしれません。

年上の恋人に「安心」を求める人にとって、自分のために使ってくれる時間が無い、少ない日々は大きなマイナスとなるでしょう。

少しずつ自然消滅していく道をたどってしまうかもしれません。結果的に「年の差カップルが長続きしない」になってしまうのです。

期待を捨てて相手を見ることで、脱「年の差カップルの長続きしない」

「年の差カップルが長続きしない」原因は、年上の恋人に対して「大きな期待」を最初に持っているためだと前述しました。

精神的な「落ち着き」、経済的な「裕福さ」、「ふんだんに使える時間」を年上の恋人に大きく期待してしまうため、反する事実が判明する、状況が変わることで失望に変わりやすいのです。

結果として、自分を満たしてくれない年上の恋人との関係も変化し、「年の差カップルが長続きしない」に繋がってしまうでしょう。では、どうしたら年上の恋人に対する大きな期待と現実の差を埋めて、付き合いを続けていけるのでしょうか。

本記事では「期待を捨てて相手を見ること」で、年上の恋人と長続きする方法をお伝えします。

具体的には、

①「相手の歴史を聞く」
②「自分の年齢+(年の差)の自分を想像する」

を実践します。

相手の歴史には「相手の人柄や傾向を理解する」ためのヒントが隠されています。

相手に理想を求めてしまう人にとっては、「相手の歴史を知ること」が理想を崩すきっかけになるでしょう。

また、「相手の年齢」になった自分を想像すると、一方的に相手だけに「大人として余裕があること」や「理想を求めること」が減るかもしれません。

「期待を捨てて相手を見ること」で「年の差」関係なく相手と向き合える可能性が高まるのです。では、「期待を捨てて相手を見ること」について具体的に考えてみましょう。

期待を捨てて相手を見ることで、相手の魅力アップ!

相手の怒り等の感情を見ることで「大人の落ち着き」があるという期待が台無しになり、子どもっぽさにがっかりしてしまうのは、「相手の一面しか見る機会が無かった」場合が多いでしょう。

つまり、年上の恋人の「余裕のあるとき」にしか会っていなかった可能性があるのです。しかし、交際が進み一緒にいる時間が長くなる、行動する範囲が広がる場合、どんなに落ち着きのある年上の恋人であっても、感情が時々出てくることがあるでしょう。

そのような場合、最初の印象とのギャップを感じてしまい、落胆に繋がってしまうかもしれません。そのような場合、

①「相手のピンチだった話をたくさん聞く」
②「自分の年齢+(年の差)の自分が大きく成長しているか想像する」

を実践してみて下さい。

「年上の恋人」の友人から客観的に「相手がどんな人なのか」話を聞く方法もあるでしょう。

しかし、同じエピソードを聞くならば、恋人本人の解釈や気持ちを含んだ話をたくさん聞くことで相手らしさを理解する手がかりになるかもしれません。

また、「相手の年齢になったときの自分」を具体的に想像してみることで、「年の差がある」ことは今の自分の延長に過ぎないことに気づけるでしょう。相手に求めていたものの大きさがわかるかもしれません。

たとえば、年上の恋人の一面しか見る機会が無かったケースが①「相手のピンチだった話をたくさん聞く」をしてみたところ、人とコミュニケーションをとることで解決してきたことが多いことに気づきました。

気になって詳しく聞くと、クレームや感情的な訴えによって何とか対処してきたこともあることがわかってきたのです。

年上の恋人は、「自分や自分の周りの人を守るためには、怒りや悲しみの感情を表現することは時には必要」という考えを持っているようでした。

冷静にゆったりと会話しているときであれば、年上の恋人がそのような激しさを持ち合わせていることも、それほどのショックを受けずに認識できるでしょう。

突然、相手の激しい部分を直に見かけて印象が変わるより、事前に知っていることがクッションになるのです。

徐々に段階を経て年上の恋人の印象を変えていけるはずです。そして、②「自分の年齢+(年の差)の自分が大きく成長しているか想像する」をしてみたところ、仕事も生活も大きくは変化しない可能性が高く、突然、精神的に大人になることもないと気づいたのです。

このケースは自分の年齢に+7(年の差)を足してみました。

7年あれば仕事や生活に対する慣れが出て心の余裕ができたとしても、自分そのものは今から大きくは変わることはないだろうと推測できるでしょう。

このケースは「恋人が年上だから大人の落ち着きがある」のではなく、相手のもともとの冷静さが大きく関係していることに注目できたのです。

つまり、「年上だから理想的なはず」という期待を止めることができました。

すると、「年の差」ではなく、相手そのものを見ていくことができるでしょう。相手についてエピソードを通してでも多面的に知っている、相手に対する期待を減らすことで、少々いつもと違う相手の感情的な部分が出てきても、大きくがっかりしてしまうことは無くなるかもしれません。

さらに、

①「相手のピンチだった話をたくさん聞く」
②「自分の年齢+(年の差)の自分が大きく成長しているか想像する」

を継続すると、相手の子どもっぽさも様々な側面の一部でしかなく、ちょっとした魅力に思えるかもしれません。

普段は落ち着いている年上の恋人も多様な側面を持っている、自分を守るためなら感情的に戦ってくれる頼もしさもあるとポジティブに捉えられれば、年上の恋人のありのままの姿を認めていけるでしょう。

①「相手のピンチだった話をたくさん聞く」
②「自分の年齢+(年の差)の自分が大きく成長しているか想像する」

ことで、年上の恋人に対する「大人の落ち着き」を過剰に期待し、それに反する側面を見たときにがっかりしてしまうことを防止できるでしょう。

相手の具体的エピソードと「自分がその年齢になったとき…」という想像があれば、「年の差」に対して一方的に理想を求める、一方的に自分だけ安心を求める気持ちは消失するかもしれません。

相手への依存心が減り、「相手そのものの魅力を見る」という視点を持っていけるでしょう。年の差は関係無くなり、「年の差カップルが長続きしない」可能性を減らせるでしょう。

期待を捨てて相手を見ることで、建設的な話し合い増加!

貯金が無いことを知って「大人の裕福さ」があるという期待が台無しになり、将来が一気に真っ暗になってしまうのは、「相手の一部の情報から拡大解釈してしまう人」が多いでしょう。

「毎回デートの支払いができるから貯金はたくさんあるだろう」、「貯金が無い人は普段から散財しているかも」等、答を出すための過程がすっ飛んでしまうのです。そのため、「貯金が無い」ことが簡単に「2人の将来は考えられない」になってしまうでしょう。そのような場合、

①「相手のお金で苦労した話を聞く」
②「自分の年齢+(年の差)の自分がたくさん貯金できているか想像する」

を実践してみて下さい。

「貯金することを相手に強要する」人もいるかもしれません。

しかし、相手の今までの人生を無視して自分の不安感だけで突っ走るのはよい方法とはいえないでしょう。

あくまでも冷静に「相手のお金に関するエピソード」を聞くことで、貯金が無い理由や今の相手のお金についての考え方もわかってくるかもしれません。相手に対する自分の判断を覆す可能性が大いにあるでしょう。

たとえば、相手の一部の情報から拡大解釈してしまいやすいケースが①「相手のお金で苦労した話を聞く」をしてみたところ、貯金が無いことに大きな理由があることがわかったのです。

「学生時代から働いて自分の学費に当てていた」「自分が働くようになってからは家族に仕送りをし、弟の学費に当てていた」等です。

このように相手のエピソードを聞いて「恋人の今までのお金についての過程」がわかれば、「貯金がない」=「散財している人」、「将来を一緒に考えられない人」では無くなる可能性が高いのです。

このケースは拡大解釈をして「別れる」判断をする前に、相手のエピソードを聞くことによって一度立ち止まって考える機会ができたといえます。

そして、②「自分の年齢+(年の差)の自分がたくさん貯金できているか想像する」をしてみたところ、やはり地道な努力が必要だと実感できるでしょう。

このケースは自分の年齢に+6をした相手の年齢のとき、自分の貯金額は想像以上に少ないことを実感しました。

自分の未来の貯金額を想像し、「できれば年上の相手にたくさんお金を持っていてほしかったのだ」という「年上」の恋人への依存心に気づけたのです。

自分が相手の年齢になったとき、理想的な貯金ができているかわからないのに、相手には求めていたといえます。この依存心を捨てれば、「年の差」はあまり関係なく、「2人でこれから一緒に貯金について考えよう」といった建設的な話し合いができるようになるでしょう。

「2人の将来を考えられない」と簡単に極端な判断をしてしまうことは無くなっていくはずです。

さらに、

①「相手のお金で苦労した話を聞く」
②「自分の年齢+(年の差)の自分がたくさん貯金できているか想像する」

を継続すると、2人で貯めたお金や2人で立てた経済的な計画を大切にしていけるでしょう。

お金のことを建設的に話し合うことをきっかけに結婚に近づいていく可能性も秘めているかもしれません。

①「相手のお金で苦労した話を聞く」
②「自分の年齢+(年の差)の自分がたくさん貯金できているか想像する」

ことで、年上の恋人に対する「大人の裕福さ」を過剰に期待し、貯金が無いことを知った瞬間から2人の将来を考えられなくなることを防止できるでしょう。

相手の具体的エピソードと「自分がその年齢になったとき…」という想像があれば、「年の差」に対して一方的に「貯蓄が多くある」といった理想を求める、一方的に自分だけ楽をして安心を求める気持ちは消失するかもしれません。

相手への依存心が減り、「お互いが助け合ってお金を貯めていく」という建設的な視点を持っていけるでしょう。年の差は関係無くなり、「年の差カップルが長続きしない」は解消できる可能性が高まるでしょう。

期待を捨てて相手を見ることで、支え合う関係へ

相手の環境に変化があって「自分のために使ってもらえる時間」がたくさんあるという期待が台無しになり、会える時間や恋人関係が消滅してしまうのは、「恋人に自分を優先してほしい人」が多いでしょう。

頭では仕方ないとわかっていても、自分との時間が後回しになっていることがだんだん許せなくなってくるのです。会えないことから気持ちが冷め、恋人関係が消滅してしまう可能性が高いでしょう。そのような場合、

①「相手の変化した環境について経過を聞く」
②「自分の年齢+(年の差)の自分がどんな問題に直面しているか想像する」

を実践してみて下さい。

環境が変わったのだから「時間がとれない」のは仕方ないと頭でわかっているため、「ひたすら連絡もとらず我慢する」人もいるかもしれません。

しかし、本当は自分を一番優先してほしい気持ちを抱えている場合が多いのです。相手の状況を聞きながらコミュニケーションを少しずつとることで、お互いに対する関心やサポートを維持できる機会は増えるでしょう。

たとえば、 恋人に自分を優先してほしいケースが①「相手の変化した環境について経過を聞く」をしてみたところ、想像以上に恋人が慌ただしく用事に追われていることを実感したのです。

父が倒れ、入院手続きをする、着替えの調達、洗濯、母親と医師からの説明を聞く、面会等、目が回るような日々でした。相手の具体的な状況がわかれば、「忙しいのはわかるけど、ちょっとくらい自分に連絡をくれても」「忙しい中でも少しくらい会ってくれても」といった自分を優先してほしい気持ちは減少するかもしれません。

なぜなら、物理的に連絡が困難ということがわかるからです。会話を通して具体的に「わかる」ことで、後回しになっているといった被害的な感情は生じにくくなるでしょう。

また、②「自分の年齢+(年の差)の自分がどんな問題に直面しているか想像する」をしてみたところ、自分も同じ状況に陥る可能性があると気づきました。

このケースは「親が倒れたら」と自分に置き換えて考えたとき、胸が苦しくなり、今は年上の恋人の力になるべきだと実感することができたのです。

恋人家族の細かなお手伝いをし、自分の時間を相手のために使うことにしました。

「自分のために時間を使ってほしい」という依存的な気持ちよりも「相手のために自分の時間を使いたい」という思いが強く生じる場合、「年の差」はあまり関係なく、支え合う関係に向けて具体的に行動することができるでしょう。

環境が変わって恋人の「自分に対する時間」が減少したからといって関係が消滅することは無くなるのです。

さらに、

①「相手の変化した環境について経過を聞く」
②「自分の年齢+年の差の自分がどんな問題に直面しているか想像する」

を継続すると、その時々の相手を思いやる関係を構築できるでしょう。「自分と同じくらい相手や相手の家族も大事にできる」といった「目には見えづらい成長」をしていけるはずです。

大事にされた年上の恋人はさらにあなたへの想いを強くするかもしれません。

①「相手の変化した環境について経過を聞く」
②「自分の年齢+年の差の自分がどんな問題に直面しているか想像する」

ことで、年上の恋人に対する「自分のためにふんだんに使ってもらえる時間」を過剰に期待し、環境が変わった瞬間から2人の関係が消滅していくことを防止できるでしょう。

相手の具体的エピソードと「自分がその年齢になったとき…」という想像があれば、「年の差」に対して一方的に「自分のために時間を使ってもらえる」という理想を求める、一方的に自分だけ安心を求める気持ちは消失するかもしれません。

相手への依存心が減り、「お互いが助け合う時間を作っていく」という視点を持っていけるでしょう。年の差は関係無くなり、「年の差カップルが長続きしない」は解消できる可能性が高まるでしょう。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

期待を捨てて相手を見ることで、2人が幸せであり続けるカップルへ!

年の差カップルを経験したことのある人は、相手に対する期待が外れてがっかりしたことがあるかもしれません。

「年の差」があるからといって相手が理想的である可能性はあまり高くないからです。

特に年上の恋人に期待してしまう気持ちの中には、自分が安心したい、頼りたい、優先して接してほしいといった依存心が隠れているのかもしれません。この機会に恋人に対する気持ち、関係性を見直してみるのもよいかもしれません。

本記事では「期待を捨てて相手を見ること」で、年上の恋人と長続きする方法をお伝えします。

①「相手の歴史を聞く」
②「自分の年齢+(年の差)の自分を想像する」

を実践してみて下さい。

結果として、年上の恋人への「大きな期待」が外れたときに、がっかりしてしまう、2人の将来を考えられなくなる、関係が消滅してしまうことを防止します。

「年の差カップルが長続きしない」問題を解消できる可能性を高めるのです。

自分の願望や期待感ありきで相手を見るのではなく、最初から「具体的な事実」や「少し客観的な視点」によって相手を見ていければ、相手の本質を理解し、2人のために今何ができるのか、考えていけるはずです。2人のなかでは、そこに年の差はあまり関係なく、幸せを作り上げ、維持できるカップルになっているでしょう。幸せが長続きする年の差カップルになれるはずです。