結婚のタイミングは作り出すもの!30代の恋の進め方をお教えします!

お付き合いしている彼とそろそろ結婚したい!しかし、結婚したいと望んでも、

彼からのプロポーズがない。

話の中に結婚の“け”の字もでない。

結婚の話はするけれど、今ではないみたい…。

と彼との結婚のタイミングがわからず悩んでいませんか?

そんなあなたに結婚のタイミングを招く方法&結婚のタイミングをご紹介します。

結婚のタイミングは

  • 安定した生活が見えた時
  • 意見のすり合わせが出来た時
  • プラスイメージに傾いた時
  • 唯一無二の価値を感じた時

に訪れます。

タイミングがわからず、事実婚が増えているという実態もあり、

その実態が証明するのは“タイミングは待っていても訪れない”ということ。

だからと言って「早く結婚したい!」と相手に結婚を迫るのはナンセンス。

それよりもあなたの少しの気遣いが、彼の結婚願望を高め、結婚のタイミングを掴む近道となります!

厚生労働省が公表しているデータや恋愛心理について立証されている論文をもとに、ご提案しておりますので、結婚のタイミングに悩まれている方はぜひご一読ください。

彼と結婚のタイミングが合わない理由は?なぜ躊躇するのかを知ろう

結婚したいと伝えても、なんだか煮え切らない彼の態度。

なんで?どうすればいいのか?早く結婚したいのに…本当に結婚できるのか…と不安になりますよね。

しかし彼の気持ちを知らずに、結婚を迫っていてもタイミングは訪れません。

なし崩しにされるのを嫌う男性も多いですし、本来狩猟本能の強い男性に「結婚は」「結婚したい」「そろそろ…?」と執拗に迫ると、嫌になってしまうのも想像できますよね。

また彼の結婚に躊躇する理由によっては、関係を続けても時間の無駄になってしまうことさえあります。

そうならない為には、なぜ結婚に躊躇しているのか、彼の気持ちを理解することが大切です。

多くの体験談や相談内容から男性が結婚を躊躇する理由を4つに絞り込みました。

まずは相手の気持ちを理解する所から始めましょう。

結婚に躊躇する理由①責任を感じ、決断できない

“男として家族を養っていかなければ”という意識から、責任を感じ結婚に踏み込めない人がいます。

“男は男らしく”や“プロポーズは男がするもの”といったジェンダー意識の強い男性や責任感の強い男性に多くみられます。

結婚のハードルを高く感じ、決断できなくなるようです。

真剣に考えている彼に、結婚を迫るばかりでは、彼が嫌がるもの理解できるのではないでしょうか。

言い方によっては結婚を遠ざけることも…。

結婚したい気持ちはあっても、経済的な不安や“家族を守らなければ”との意識が結婚を躊躇させるのです。

結婚に躊躇する理由②結婚意識の違いを感じている

パートナーとの価値観の違いや生活意識の違いを感じ、結婚に不安を抱いている場合があります。

特に金銭感覚の違いを感じている場合は結婚生活への影響が大きく、このままでは結婚に至らない可能性があります。

他にも、“結婚しても仕事を続けてほしいと思っているが彼女はそうではなさそうだ”反対に、“専業主婦で自分を支えてほしいと願っているが、彼女は仕事を優先したいよう”等パートナーとの結婚意識が一致しないことは、結婚に踏み切れない理由になります。

結婚に躊躇する理由③まだ結婚願望がない(いつかはしたい)

いつかは結婚したいと思っているが、まだ趣味を楽しみたい、仕事に没頭したい、など自分の事に専念できる環境を望んでいる。

または自由を望んでいる人は、結婚はまだ先で良いと考えます。例えあなたのことが好きだとしても、結婚に躊躇する理由①、②の理由よりも結婚への道のりは長くなる可能性が高いです。

まだ結婚願望がないのに、彼女に結婚を促されても気持ちには答えられないはずです。

彼自身のタイミングが整っていないので、結婚の話はなかなか先へ進まないでしょう。

結婚に躊躇する理由④そもそも結婚願望がない(一生独身でよい)

独身男性へ“いずれは結婚したいと思っているか?”と問いたところ、10.4%の人が「一生結婚するつもりはない」と答えています。(厚生労働省白書より)

1982年の結果と比べると、約6倍に増えています。結婚の価値観も多様化し、必ず結婚するべき。

との考えは薄れつつあるようです。

結婚願望がない理由には

  • 現状に満足しており、生活スタイルを変えたくない。
  • 結婚のメリットを感じない
  • 共同生活が苦手
  • 幼少期にトラウマがある

等があげられます。

理由の中の上記3つに関しては高収入・生活力がある・合理主義な男性に多いです。

一人でも十分に豊かな生活が送れるため、結婚する必要性を感じません。

このままお付き合いを続けても、当然結婚には至りませんし、彼の考えを変えるには努力が必要です。

30代の女性必見!結婚のタイミングを招く付き合い方4選!

彼が結婚に躊躇する理由がわかってきたところで、タイミングを招く彼との付き合い方についてお話します。まず結婚のタイミング=相手と自分の結婚願望が高まった時です。

つまり自分だけではなく、彼にも“結婚したいな”“この人と一緒に生きていきたい”“この人となら安心”と結婚に前向きになってもらう必要があるのです。

論文やデータからわかる男性の心理に基づいた「結婚したいな!」と思ってもらえる付き合い方をタイプ別にご紹介していきます。彼の結婚願望が高まった時、結婚のタイミングが訪れます!

責任を感じる男性と結婚するタイミングは“安定した生活が見えた時”

責任感の強い真面目な彼との結婚のタイミングは、“一人で背負わなくていい”“この人と一緒なら大丈夫”と結婚後の生活に安心できた時です。

結婚後の生活の安心のためには、家事ができる、規律性がある、金銭管理ができる等の生活力が必要ですが、ここでは特に経済力の有無が重要となります。

厚生労働省が発行している白書によると、男性にとって結婚の障害になるもの第一位は結婚資金であると答えていますし、非正規雇用の男性は結婚願望が低くなるといった研究結果もあり、結婚と経済力は切り離せない問題です。

「養っていかなければ」「家族を守らなければ」と結婚に責任を感じる男性の心理は、ほとんどの場合「経済力がなくてはいけない…」に繋がると言えます。

責任を感じる男性は、経済力の心配から結婚に踏み切れないことが多いのです。

つまりこの緊張がほどけた時が結婚のタイミングです。

20代女性よりも30代女性のほうが経済的に豊かで、経験値も高く生活力があるので、そこをうまくアピールできれば、タイミングはすぐそこ。

ここで自分の生活力を台無しにするNGワードと行動、タイミングはすぐそこ!のOKワードと行動をご紹介します。

NGワードと行動

・「結婚したら今の仕事辞めようと思っているの。」「専業主婦になりたい。」等男性の収入に頼る気満々、またはそれに近い気持ちが見える発言。

・「友達の旦那さんは生活費をほとんど出してくれているらしい。」「こんなに優雅な生活しているらしいよ!」といった、プレッシャーを与える発言。

・普段から彼に奢られて当たり前になっている。または当然と思っている。

・リッチなランチやディナーによく行く。高級志向。

・金銭管理ができていない人

このような言動は彼の責任を増幅させてしまいます。

OKワードと行動

・「結婚したら平等に役割分担をしようね。」等助け合う気持ちが見える発言。

・「家賃は〇円、食費○円、日用品費〇円………計○円、貯金は○円でお互いの自由に使えるお金は○円でどうかな?」金銭管理が上手で、具体的な貯金額や自由に使える金額を算出できると、安心できる。

・「今日はわたしが奢るよ!」彼ばかりに負担をかけさせない気遣い。

・リッチな食事や高級品は計画的に楽しんでいる。

です。

ただし、OKワードにも注意点があります。それは一方的に決めないこと。自分の意見が反映されないと、人は不自由さや束縛感を感じます。責任感は緩和されてもまた別のプレッシャーをかけることになりかねません。

相手の意見を取り入れつつ、30代女性だからこその安心を感じてもらえると良いですね。

実際に結婚に至るカップルは、互いの生活力を補い合い、協力しあっています。

あなたが○〇をしてくれるのであれば、私は○〇をするよ。というgive&takeの関係です。

このようにして責任感が和らげば、彼の結婚願望が高まり結婚の話を進んでしてくれるようになり、結婚のタイミングは近づいてきます。ここまでくれば「結婚したい。」と自分から伝えるのも良いでしょう。

このようにgive&takeで安定した生活が見え、彼の責任がやわらいだ時が結婚のタイミングです。

結婚意識の違いを感じている男性と結婚するタイミングは“意見のすり合わせが出来た時”

価値観や結婚意識の違いを感じている彼とは、互いの意見のすり合わせをすることで、「この人と結婚したい。」との気持ちを高めることが出来ます。

お付き合いする上では、意見や価値観の違いを尊重しあえれば上手くいくのでが、結婚相手となると尊重しあうだけでなく、うまく合わせる必要があるのです。

あなたが彼と結婚したいと望むのであれば、彼の意見をよく聞き、寄り添うことが結婚のタイミングを招くポイントです!

では具体的に彼に寄り添うためには、どうすればいいでしょう。

まずは自身の傾聴力を高めることが大切です。傾聴力とは“相手に誠実に向き合う力”です。

内閣府が開示している資料“人間力”の中でも社会人の基礎力として採り上げられており、社会生活を送る上でも重要な力とされています。

社会人経験の長い30代女性であれば、すでに身についているのではないでしょうか。

仕事のみならず、プライベートでもあなたの持つ傾聴力を活かして、意見や価値観の違いをすり合わせられる関係を構築しましょう。

傾聴力には色々な技術がありますが、カップル同志の場合、技術を磨くより、話を聞くときの心がけが大切です。

  • 相手の話を最後まで聞く(割り込みは×)
  • 意見が違う場合も否定せず受け入る
  • 感情的にならない

これに注意して、普段から彼の話を傾聴することで、彼の結婚観や結婚相手に求めていることは何かがわかってくるはずです。

彼に決定的な探りを入れたい場合は「結婚したらこんな生活をしたい。とか願望はある?」「理想の夫婦像はどんなの?」「友達夫婦の中でいいなと思う夫婦っている?」「既婚の友達の中でいい奥さんもらったな。と思う人はいる?」「○○さん(芸能人や友達)ってすごく理想的な奥様だよね。そう思わない?」等の質問をしてみてください。

傾聴することを心掛けると、彼の結婚観や結婚相手に求めることが透けて見えます。

ひとつ注意することは、結婚に関する質問ばかりをしないこと。彼にプレッシャーを与えることになるので、できるだけ普段の会話の中から傾聴を心がけて下さい。

そして彼の意見と食い違うところは「私はこう思っていて…」という話し合いでお互いの妥協点をみつけられるように働きかけてみましょう。話し合う時も傾聴を心がけて!

「この人は自分の意見を聞き入れてくれる。」「違う意見を持つ自分に寄り添ってくれる。」その様に感じた時、「この人と結婚したい!」と結婚願望が高まります。

すると彼から前向きに結婚の話をするようになり、自然に結婚のタイミングが訪れるでしょう。

まだ結婚願望がない彼と結婚するタイミングは“プラスイメージに傾いた時”

彼自身の準備が整っていない場合は、自由も安らぎもある幸せな結婚生活を想像できるような関わり方をするべきです。

結婚願望がない人は、結婚のマイナスイメージに“縛られている”ことが多く、「結婚して縛られるのはいや!」「まだ自由でいたい!」と言うのが率直な気持ちであることが多いからです。

「30代だからそろそろ結婚したい。」「子供が欲しいから…」の様な理由を伝えるよりも、あなたの持つ魅力をアピールして、「この人と結婚したい!」と思われるような振る舞いをすることをお勧めします。

まだ結婚は先で良いと思っていたが、「結婚したい!」と思う女性に出会って、とんとん拍子で結婚に至った。と言う話も良く耳にします。

まだ結婚願望のない彼も、あなたとの結婚にプラスイメージを持てば、結婚のタイミングはすぐにでも訪れる可能性大!

ここで具体的にプラスイメージを抱くOK行動と絶対にやめるべきNG行動をご紹介します。

NG行動

・「帰り遅くない?」「ご飯どこで食べてきたの?」相手を干渉する態度

・「またゴルフ?」「また釣り!?」相手の趣味への理解がない言動

・お金の使い方を指摘する。管理しようとする

・一緒にいない時のことを根掘り葉掘り知りたがる。

・Lineの返信の催促。マメすぎる連絡。

・彼の話を聞かない

・○歳までに結婚できないなら別れる…等相手を試す言動

OK行動

・仕事の成果、悩み、野心、自分事のように興味を持って聞く

・「今日○〇行くんだね。いってらっしゃい♪」趣味は好きにさせてあげる

・別々に過ごす時間は干渉しすぎない。その間Lineのやり取りは「行ってらっしゃい。」「おかえり。」くらいで十分。あなたが楽しかったのならよかった!という気持ちで。

・彼と一緒にいない時間を充実させる

・自分が魅力的でい続ける努力を惜しまないこと

相手を尊重する気持ちが大切。そして干渉しない。彼が楽しみ喜んでいるのであれば、わたしも嬉しい!

と一緒に笑顔になれるような女性になりましょう。

そして30代女性だからこそ持てる楽しみや趣味、自分磨きに努力して、いつも自分の機嫌は自分でとれる女性でいましょう。

そうすれば常に余裕のある女性でいられ、相手を思いやる行動に繋がります。

さらにいつも機嫌のよい女性は、男性を癒し結婚相手として魅力的にみえます。

未婚の男女へ結婚の利点は何か?と問いたアンケートでは女性は“子どもや家族をもてる”の項目が一つだけ飛びぬけて多かったのに対して、男性は”子どもや家族をもてる”と同様に“精神的安らぎの場が得られる”を選ぶ人が多くいました。(厚生労働白書より)

つまり男性は女性よりも結婚相手に癒しを求めている人が多いということです。

今ご紹介したOK行動をとることで、結婚のマイナスイメージを払拭するだけでなく、彼の癒しの場となり、この人と結婚するのも良いな。この人と結婚したいな。との願望を生み出すのです。

注意点は“相手を尊重すること=我慢”にならないこと。

相手の行き過ぎた行動や自分勝手に対しては、自分の意見を伝えましょう。

伝え方は「○〇して!」ではなく「もう少し二人の時間を作ってくれると嬉しいな。」の様に「○〇してくれると嬉しい。」と自分の感情を交えて伝えると良いでしょう。

あなたとの結婚に良いイメージを持ったのであれば、彼から結婚の話を出してくるはずです。結婚の話がでたら、タイミングが来たと思って良いでしょう。

プラスイメージを高める言動で、あなたとの幸せな結婚生活を意識させ、彼から“結婚”のワードが出たら結婚のタイミングです!

そもそも結婚願望がない彼と結婚するタイミングは“唯一無二の価値を感じた時”

そもそも結婚願望のない男性には人間力で責めるのが一番です。

結婚願望がないということは結婚にメリットを感じていない場合が多いので、あなたと一緒にいることの価値を感じてもらう必要があります。

生活力も経済力もあり一人でいるのが楽。このような男性にとって結婚はデメリットばかり。

結婚すると出費も増えるし、生活が変わるし、共同生活になるし…。彼と結婚するためにはこのデメリットを覆す価値が必要になるのです。では価値とは何でしょう?

30代女性は経済力も生活力もある人が多く、それは一般的にはとても価値的なものですが、ここではあまり価値が高くありません。

それよりも彼の唯一無二の存在になることが価値的な存在になるためのポイントです。

ここで結婚願望がない男性に唯一無二の女性であると思わせるポイントをいくつかご紹介します。

いつも彼の味方でいる

彼が困ったときは助けてあげられる自分でいる。

1番の味方になれれば、唯一無二の存在になれます。そのためには彼女のポジションに甘んじることなく、彼と対等な関係でいられる努力を続けよう。

癒しの存在であること

前向きで優しくいつも笑顔の人でいよう。一人の方が気楽で良いという人でも、誰かに寄りかかりたい時は必ずある。

そんな時に必要とされる唯一無二の女性でいましょう。

見た目を磨く

外見が整うと自信がつき、その結果内面にも磨きがかかる。人間力を底上げできる。

美しい素肌、美しい髪、美しい歯、美しい姿勢、美しい所作を身に着けましょう。自分は価値がある、きれいであると自信をもつことで、あなた自身で自分の価値を上げることが出来ます。

大切なのは“自分を高めること”と“あなたと一緒だからできることがある”と実感してもらうことです。

合理的な人の場合、デメリットをしのぐメリットを感じた時、結婚を決めるのがとても早いです。

トラウマがある場合は、あなたが1番の味方である、あなたといると心が癒される。と感じてもらえれば、結婚に希望を持てるようになります。

ただし、一つ覚えておかないといけないことがあります。

そもそも結婚願望がない人とは結婚できない可能性が高く、あなたの働きかけでも変えられないことがあるということです。

結婚をせずに事実婚や恋人として関係を楽しむ等の選択もありますが、あなたが一般的な結婚をしたいと望んでいる、もしくは“早く結婚したい”“早く子どもを産みたい”と思っている場合は、別れの選択肢も持っておく必要があります。

30代女性であれば、思い切って見切りをつける判断もできるはず。

どちらにしても、自分を高めることは自分のためになります。彼とうまくいかなかった場合は、次の素晴らしい出会いの糧になることは間違いないですし、うまくいけば結婚のタイミングが訪れます。

先ほども言った通り結婚願望の無い人が「結婚したい」と思った時は、行動が早い。あなたが唯一無二の存在になることが出来れば、すぐに彼の方から結婚の申し出がくるはず。

その時が二人の結婚のタイミングです。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

彼の結婚への気持ちが高まった時が結婚のタイミング!

そろそろ彼と結婚したいと思っているが、彼の反応がいまいちな場合、このまま待っていても結婚のタイミングは訪れません。

彼が「結婚したい。」と思えるように働きかけるべきです。

そのためにはまず、彼が結婚に躊躇する理由を知る必要があります。

男性が結婚を躊躇する理由は大きく分けて4つ。

  • 責任を感じ、決断できない
  • 結婚意識の違いを感じている
  • まだ結婚願望がない
  • そもそも結婚願望がない

です。理由がわかったうえで彼の結婚願望を高める関りをします。そうすると

  • 安定した生活が見えた時
  • 意見のすり合わせが出来た時
  • プラスイメージに傾いた時
  • 唯一無二の価値を感じた時

に結婚のタイミングが訪れるのです。

彼の気もちを変えるために、あなたの少しの心がけが大切です。

一見遠回りに感じますが、無理に迫るよりもずっと効果的ですし、今後の二人のためになります。

そして彼の方から結婚の話を持ち掛けてくれるようにタなり、二人の結婚のタイミングを作り出すことができるのです。