保育士が結婚をするベストなタイミングとは

保育士として働きながら結婚をするとなると、結婚のタイミングは「いつにしたらいいだろう?」と悩みませんか?

結婚はとてもおめでたいことなのですが、保育士にとって結婚のタイミングを決めることは、保育園や他の保育士との兼ね合い上、とても難しい選択かもしれません。

あなた自身も幸せで、保育園や他の保育士にも祝ってもらえる、ベストなタイミングを見つける必要があるでしょう。

本記事では、余裕を持った計画を立てることで、保育園や他の保育士から祝福される、結婚のベストタイミングをお伝えします。

これを知ることによって、結婚のタイミングに対する悩みや心配は解消されるでしょう。

そして、タイミングを間違えて、保育園や他の保育士に負担をかけたり、嫌がられたりすることを防ぐことができ、働きづらさを生む可能性を減らすことができるでしょう。

保育士は結婚するタイミングに気を使うべき?!

保育士が結婚のタイミングを決めるのには、保育園や他の保育士に気を使う部分が多くあり、簡単に決められないと悩んではいませんか?

愛する彼との結婚が決まり、とても嬉しく思う反面、保育士としては、結婚のタイミングをいつにしようか悩んでしまう場合があるのです。

保育士は、保育園や他の保育士との兼ね合いや、保育園の年間行事との兼ね合いなどから、結婚のタイミングを決めることが難しい職場と言えます。

行事が忙しい時期や、年度の変わり目など、結婚を嫌がられてしまうタイミングがあり、保育園や他の保育士に気を使わなければいけないと考える保育士が多いことでしょう。

タイミングを間違えてしまうと、保育園や他の保育士との関係が悪くなり、その後の仕事に差し支えが出る可能性もあるからです。

保育士は結婚のタイミングを間違えると働きづらくなる

保育士が結婚のタイミングを決める際に「いつにするべきか」悩んでしまうのは、保育園や他の保育士に気を使う必要性を感じているからでしょう。

保育士は結婚のタイミングを間違えると、保育園や他の保育士に嫌がられ、結婚をした後、または、結婚の報告をした後、働きづらくなる可能性があるのです。

では、保育士は結婚のタイミングを間違えてしまうと、保育園や他の保育士に嫌がられてしまうのはなぜでしょうか?

「間違った結婚のタイミング」と「結婚のタイミングを間違えることにより背負うリスク」という二つの観点から、保育士が結婚のタイミングに気を使う必要性を考えて見ましょう。

保育士の「間違った結婚のタイミング」

保育士が結婚のタイミングを決める際に悩んでしまうのは、保育士の暗黙の了解として、「間違った結婚のタイミング」が存在するからでしょう。

大多数の保育士が考える「間違った結婚のタイミング」とは、「保育園の年間計画に合わせない結婚のタイミング」のことを言います。つまり、保育園の年間計画に結婚のタイミングを合わせないと、保育園や他の保育士から嫌がられてしまう可能性があるということです。

保育園には、多忙時期とあまり忙しくない時期があり、特に年度の変わり目や、他にも、運動会、発表会などの行事などがある多忙時期の結婚は、保育士の暗黙の了解から、避ける人が多いようです。

その時期に結婚をしてしまう、結婚式をしようとすると、保育園や他の保育士に負担をかける場面が増えたり、精神的に負担に思われてしまう場合があるため、保育園や他の保育士との関係を壊したくないのならば、「間違った結婚のタイミング」は避けることが無難と言えます。

保育士が「結婚のタイミングを間違えることにより背負うリスク」

保育士が結婚のタイミングを決める際に悩んでしまうのは、「結婚のタイミングを間違えることにより背負うリスク」があるからでしょう。

保育士は結婚の報告やタイミングを間違えると、保育園や他の保育士に負担をかけることになり、その負担が元で、人間関係が悪化してしまう可能性があるのです。

他の保育士から露骨に嫌な顔をされたり、どうせ辞めるからと仕事を任せてもらえないといったような状況に陥る場合があるのです。

このような人間関係の悪化は、その後の仕事にも差し支えが生じるため、働く上でのリスクになるということです。

保育士は、結婚による保育園や他の保育士との人間関係の悪化を防ぎ、仕事を円滑に進めるためには、結婚のタイミングに気を使い、間違えることによって背負うリスクを避けるのが懸命と言えるでしょう。

保育士の結婚のタイミングには余裕を持った計画を立てよう

保育士が結婚のタイミングで悩んでしまうのは、「間違った結婚のタイミング」と「結婚のタイミングを間違えることにより背負うリスク」により、保育園や他の保育士との人間関係が悪化し、働きづらくなる可能性があるからだと前述しました。

今後の仕事への影響を考えると、結婚のタイミングは、慎重に決める方がいいと言えるでしょう。

本記事では、余裕を持った計画を立てることで、保育園や他の保育士から祝福される、結婚のベストタイミングをお伝えします。

保育園や他の保育士との人間関係を良好に保ちながら、大好きな彼との結婚を気兼ねなく進めることができることが、周りもあなたも幸せでいるためのベストな方法でしょう。

そのために、これから保育士のベストな結婚のタイミングとして、「保育園に合わせた結婚のタイミング」と「保育園に負担をかけないで結婚をする」の二つをお伝えします。あなたにあった結婚のタイミングを知り、余裕を持って計画を立てましょう。

保育園との関係性を上手く保ったタイミングで結婚をしよう

保育士の保育園や他の保育士との関係性を上手く保てる結婚のタイミングとは、保育園の年間計画に合わせたタイミングを計画して結婚することです。

保育園や他の保育士が負担を感じ、人間関係の悪化を招くことで、その後の人間関係に支障をきたしてしまうのは、保育園の年間計画を考慮せずに結婚のタイミングを計画してしまうからです。

もし、あなたが反対の立場で、他の保育士が多忙時期に結婚をするとなれば、その同僚の結婚に負担を感じるのではないでしょうか。

同じように、多忙時期にあなたが結婚をすることは、他の保育士にとって負担となる可能性が高いのです。

では、保育園や他の保育士に負担をかけない結婚のタイミングとはいつでしょうか?次の時期を参考にしてみてください。

  • 「年度始めの4月の結婚は避ける」
  • 「運動会、発表会などの行事の約1ヶ月前はの結婚は避ける」
  • 「6.7月の余裕のある時期に結婚する」
  • 「年末前の11月に結婚する」

「年度始めの4月の結婚は避ける」ですが、4月は新しい年度の始まりのため、保育士の担当も新しくなり、新しい環境に子供たちや保護者もまだ慣れていない時期でもあるため、その新しい環境に慣れるまで、精神的にも余裕がなくなる時期ですので、この時期は避けるのが良いでしょう。

「運動会、発表会などの行事の約1ヶ月前の結婚は避ける」ですが、運動会や発表会などの準備に追われる約1ヶ月前辺りは、実際にするべきことが多く、精神的な負担が大きいため、この時期は避ける方が良いでしょう。

「6.7月の余裕のある時期に結婚する」ですが、年度の始まりの忙しい時期が過ぎ去り、保育士も園児や保護者も新しい環境に慣れ、一息つけるこの頃が結婚のタイミングとして良い時期と言えます。

「年末前の11月に結婚する」ですが、年末年始は世間的にも忙しくなりますので自ずと保育園も忙しくなります。

また、年が明ければ、年度の締めくくりと次の年度への準備が一気に進むため、それらの時期に差し掛かる前の11月頃が結婚のタイミングとして良い時期と言えるでしょう。

このように、「結婚を避けるべき時期」と「結婚のタイミングとして良い時期」を把握し、あなたの勤める保育園の年間計画を考慮して結婚のタイミングを計画しましょう。

6.7.11月辺りのあまり忙しくない時期に結婚を計画することで、保育園や他の保育士への負担を減らし、人間関係や働きづらさへの精神的な負担を減らすことに繋がります。

保育園に負担をかけないで結婚をしよう

保育士の保育園や他の保育士との関係性を上手く保てる計画のタイミングとは、保育園や他の保育士に負担をかけないで結婚できるならば、どのタイミングでも結婚できるでしょう。

保育士が保育園や他の保育士との人間関係を保つために、保育園の年間計画に合わせて結婚のタイミングを計画しようと前述しましたが、そのタイミングで計画できればベストですが、あなたがあなたの周囲に配慮しなければならないのと同じように、彼も職場など彼の周囲との兼ね合いがありますから、あなたにとっては、ベストタイミングでも、彼にとってのベストタイミングとは限らないわけです。

また、「どうしてもこの時期にしたい!」というタイミングがあり、それが保育園の年度計画と合わないという場合もあるでしょう。

このように、保育園の年間計画に配慮したタイミングで結婚できない場合は、あなたと彼との兼ね合いや結婚をしたいと考えるタイミングに合わせて、保育園や他の保育士に負担をかけない方法や時期での結婚を計画しましょう。

その方法や時期とは、次の通りです。

  • 「職場の人を呼ばない、規模の小さな結婚式にする」
  • 「退職後に結婚をする」

「職場の人を呼ばない、規模の小さな結婚式にする」は、結婚式をしようと考えている場合、年間計画に合わせずに、保育士を結婚式に呼ぶことは、実務的にも精神的にも負担をかけることになりますので、好きなタイミングでの結婚式を考えるのであれば、結婚式の規模を小さくし、「職場の人を呼ばない」という前提で結婚式を計画することで、保育園や他の保育士に負担をかけることせずに結婚式を挙げられます。

「退職後に結婚をする」は、結婚を機に退職や転職を考えている場合は、退職まで待って結婚をすることで、保育園や他の保育士への負担を減らすことができます。

結婚をすれば、名字が代わったり、事務的な手続きが発生しますので、そのような面での負担はかけずにすみます。

保育園の年間計画に合わせられないが、保育園や他の保育士に負担をなるべくかけないようにするためには、上記のような方法や時期を選択肢として考えてみてください。

保育園や他の保育士にできるだけ配慮するという形がとれれば、人間関係や職場環境の悪化は最小限に抑えられ、あなたの結婚を祝福してもらえることでしょう。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

保育士の結婚のベストタイミングはあなた次第

保育士として働きながら、結婚をするとなると、結婚のタイミングで悩む人が多いでしょう。

保育園や他の保育士との関係を良好に保ったまま結婚をしようと思うと、保育園の年間行事などを考慮して慎重に結婚のタイミングを決めることが懸命と言えます。

本記事では、余裕を持った計画を立てることで、保育園や他の保育士から祝福される、結婚のベストタイミングをお伝えします。

保育園や他の保育士への負担を極力減らし、気兼ねなく結婚をするためには、保育園の年間計画に合わせた結婚のタイミングを計画しましょう。

もし、彼との兼ね合いや結婚したいタイミングがあり、保育園の年間計画に合わせることができない場合は、保育園や他の保育士に負担をなるべくかけない方法や時期を選択しましょう。

保育園や他の保育士にまったく負担をかけないということは難しいですが、あなたがなるべく周囲け配慮し結婚のタイミングを計画するならば、結婚を祝福してもらえ、仕事がしにくくなるという状況は回避することができるでしょう。