同棲している彼との結婚!タイミングがつかめない!?

大好きな恋人との同棲の日々。好きな人がすぐそばにいて、いつも一緒。

そう考えると、毎日がとても幸せですよね。

だけど、次の結婚へのステップを踏み出すタイミングをつかめず困っていませんか?

まだまだ同棲したばかりだし…と思って安心していますか?ただ幸せな日々を満喫しているだけでは、結婚へのタイミング逃してしまうかもしれませんよ。

せっかく大好きな恋人との同棲。結婚へつなげるためには、「結婚について彼と具体的に話しあう」ことや、「同棲でなく結婚したい理由をもつ」ことが大切です。そのうえで、「結婚までの同棲期間」を定めましょう。

この段階を踏めば、相手も結婚について自分事として考える必要感が出てきて、結婚への一歩を踏み出せるようになりますよ。

本来あなた達2人は、お互いのことが好きで一緒にいたいから同棲しているはずです。ですから、自分事として結婚について考えることができれば、結婚への道は近いはずですよ。

同棲カップルは結婚のタイミングがない!?

大好きな恋人との同棲生活は、きっと幸せに溢れていることでしょう。

好きな人とずっと一緒にいられる。夜寝るときも、朝起きたときもいつも隣に大好きな彼がいると思うと幸せでたまりませんね。

しかし、気をつけて下さい。幸せを感じられる日々を、ただ過ごしているだけでは、結婚には繋がりませんよ。

毎日一緒に暮らしていると、どうしても似た日々の繰り返しになりがちです。そんな中、結婚のきっかけをつかめなくなってしまったり…。

今が幸せで、次のステップに進む意味を見出せなくなってしまったり…。

結婚に進めず、ただただ同棲の日々が何年も何年も続いていくだけ。そんな状態になりかねません。

同棲カップルが結婚へつながらないのはどうして?

大好きな同棲中の恋人。

同棲も楽しくて幸せだけど、やっぱり結婚したい!と思っている方は、まず、なぜ自分たちが結婚へ繋がっていないか説明できますか?

結婚へ繋がらない原因には、貯金がない、仕事が軌道に乗っていない、まだ十分に相手のことを知らない…などと、挙げればきりのないほど出てきます。

今回は、その中でも、意外と気づいてない人がいる以下の2点に焦点を当ててみます。

原因① 結婚したい気持ちを伝えたつもりで満足してた!?

意外と気づいていない原因の1つ目が、結婚したい気持ちが伝えたつもりでも伝わっていないということです。

あなたの「結婚したい!」という思いは恋人に伝わっていますか?伝えたつもり、伝わっているつもりだけど、実際は全く伝わってなかった!ということが意外とあります。自分としては伝えているつもりですので、なかなか気づけないのです。

例えば、「ずっと一緒にいようね」と恋人に言ったとします。言った方は、「(結婚して)ずっと一緒にいようね」という気持ちで言ったとしても、結婚を意識していない恋人には「(これからも同棲を続けて)ずっと一緒にいようね」と聞こえてしまうのです。

また、ストレートに「結婚したいなぁ」といった場合にも注意が必要です。雑談の流れで言っただけだと、「結婚したいなぁ(だから早く結婚しようよ!)」なのか、「(今ではないけど、そのうち)結婚したいなぁ」分からないのです。

このように、自分は伝えたつもりでも、相手には伝わってなかったということが恋人間でも起こりえます。

結婚の意思が伝わっていないと、相手もなかなか結婚について自分事として考えることができないですよね。

原因② 同棲のままで十分幸せ!?

続いての意外と気づいていない原因が、同棲のままで十分幸せだからこそ、結婚する必要性を感じていないということです。

大好きな恋人といつも一緒にいられる。デートの時間だけでなく、日々の何気ない時間まで一緒にいられる。

そんな状態に幸せを感じて、結婚する必要性がないと感じるのです。お互い幸せな気持ちでいるのですから、まさか、それが原因で結婚が遠ざかっていたなんて、なかなか気づかないですよね。

想像してみて下さい。恋人に結婚したいと伝えたとき、「えっ?どうして結婚したいの?同棲も十分幸せじゃない?

今のままでも、ずっと一緒にいられるよ。結婚と同棲、何が違うの?」と言われたとき、あなたは結婚したい理由を答えられますか?

実際ここまではっきり言う方は少ないかもしれませんが、自然とそう感じている人もいるようです。婚姻届けという紙1枚を出すか出さないかで、そんなに違うのか、と疑問に思ってしまうのです。

特に、同棲期間が長く事実婚状態になっている場合、より一層結婚への必要感がなくなりがちです。

同棲と結婚。どちらも大好きな恋人とずっと一緒にいられるなら、結婚する必要なんてない。

今まで通り、同棲していればずっと幸せなまま過ごしていける。

そう思うと結婚する意味がないように感じてしまうのですね。

今の同棲状態が幸せだからこそ、結婚を望まないのです。

同棲中の彼と結婚するタイミングはどうすればつかめるの?

気付かないうちに、原因①②のような状態になっていた…という方はいませんか?幸せな同棲のはずだったのに、それが原因で結婚から遠ざかっていたなんて…と残念な気持ちになっているかもしれません。

でも、あきらめる必要はありません。恋人に結婚について自分事として考えてもらったり、同棲でなく結婚したいと思ってもらったりする方法はあります。

友人や親など周りを巻き込むような方法もあるのですが、今回は2人だけで比較的簡単にできて、かつ結婚への一歩を踏み出せる方法をお伝えします。

まずは、原因に合わせて初めにお伝えする「結婚について具体的に話す」もしくは「結婚したい理由を持つ」を試してみて下さい。

そのうえで、どちらの原因の方も、最後にお伝えする「同棲の期限」を決めて下さい。

それでは、さっそく詳しくお伝えしていきます。

原因①の解決のために 結婚について具体的に話す

自分の結婚に対しての気持ちを伝えたつもりだったけど、伝わっていないかもしれない…。

そう思った方は、まず、結婚に関して具体的に話すことを心がけてみて下さい。

相手に自分の考えが伝わっていなかったということは、結婚の話に限らず往々に起こることです。どうしてでしょう。

それは、伝え方が曖昧だからです。曖昧だと正しく伝わらないため、自分の気持ちを伝えるには、できるだけ具体的に話す必要があるのです。

例えば、先ほどの例で言うと、「結婚したいなぁ」だけの言葉では、近い将来のことを言っているのか、遠い未来のことを言っているのか、聞き手には分かりません。

それを「来年くらいに結婚したいなぁ」だと、相手は来年に結婚したいということが確実に伝わりますよね。このように具体的に話すことで相手に自分の気もちが確実に伝わります。

他にも「〇歳までに結婚したいと思ってる」や「来年の〇月〇日に籍入れたい!」とまで具体的に言う人もいるようです。

しかし、注意していただきたいのですが、結婚を考えられていない相手に急にこう言ってしまうと、「えっ、急に何?」と嫌がられる可能性もあるのです。せっかく気持ちを伝えたのに、これでは意味がありませんね。

そうならないためにおススメしたいのが、逆算的に将来の話をする方法です。

例えば、「2人くらい子どもが欲しいねぇ。2人目は〇歳までに産みたい!だから、1人目は△歳くらいかな?じゃあ、□歳くらいに籍入なきゃね。」というように将来の年齢から逆算していくのです。

将来こうなりたいという話なら雑談としてしたことがある人も多いのではないでしょうか。そのような雑談の流れで話を持っていけるのがおススメしたい理由の1つです。

また、出産を望んでいる女性の場合、年齢的な制限もありますよね。

それを彼に気付いてもらえる、数字という具体的なものだからこそ納得してもらいやすいというのもおススメしたいポイントです。

友人は、雑談の中でなんとなくこの話をした結果、「あれ?意外とすぐじゃない?」とお互いに気付くことができて、ポンポンと結婚話が進んでいったようです。

このように、具体的に話をする中で、相手も結婚が遠い未来のものでなく、近い将来のものであると気付くことができ、自分事として考えられるようになり結婚へ近づくのです。

原因②の解決のために 結婚したい理由を持つ

恋人は同棲しているだけで満足していて、結婚の必要性を感じていないみたい…。

そう感じた方は、なぜ自分が結婚したいのかを理由をしっかり持つ必要があります。

しかし、いざ「なぜ結婚したいのか」と問われると、一瞬「あれ?どうしてだろう…?」と悩んでしまいませんか?

そのままだと、恋人も納得できません。自分で確固とした理由を持つことで、恋人の気持ちも変えられるようになるのです。

では、同棲と結婚では、何が違うのでしょう。日々の生活の中では、なかなか分かりにくいかもしれませんね。

事実婚状態ならなおさらです。それこそ「婚姻届という紙きれ1枚出したかどうかの違い」と感じる人もいるでしょう。

しかし、その「婚姻届」を出すか出さないかで、有事の際、特に法的な手続きが必要な際には、大きな差が出てきます。

例えば、子どもを授かった場合、結婚していればもちろん2人の子どもですが、籍を入れていない場合は、特別な手続きが必要になります。

また、厚生年金、税金、健康保険など、夫婦だからこそ受けられる保障もあります。結婚することで、責任もできますが、法的保護も増えるのです。

さらには、起こって欲しくはないですが、もしどちらかが病気やけがで急に病院に運ばれた際、1番に連絡を貰えるのは家族でしょう。

同棲だと人づてに聞くことになりかねません。さらには、ICUに入ってしまった場合、面会できるのは、原則家族だけです。大切な人が辛い時、近くにいてあげられないのってすごく寂しいと思いませんか?

以上の様な結婚と同棲の違いも参考に、自分がどうして同棲でなく結婚がいいのか理由をしっかり持ちましょう。

上記になかった理由でも構いません。他にも違いはたくさんあります。なぜ、結婚したいのか自分なりの理由を持ち、恋人にも伝えましょう。

今まで漠然と「結婚したい」と思っていた方には、少し難しいかもしれません。

「メリットのために結婚するってなんか嫌」と思うかもしれません。

しかし、そのままでは、恋人の「同棲のままでいい」という考えは変えられません。

もちろん1番の結婚する理由は、「相手を愛しているから」でしょうが、それをさらに補強するつもりで、他の理由にも目を向けてみましょう。

「もし、あなたに何かあったとき、家族として1番に駆けつけたい。そばで支えたい。同棲のままじゃ、そうはできないのが辛い」と自分なりの結婚したい理由を伝えることで、恋人も同棲と結婚の違いに気づいてくれ、結婚のよさにも気づいてくれるでしょう。

1つだけでも、あなたの中に結婚したい理由が持てたなら、それを恋人に伝えられるはずです。

恋人も、一緒にいること自体は嫌でないのですから、その理由に納得してもらえれば、結婚へ繋がるはずです。

同棲の期限を決めよう

「結婚について具体的に」「結婚したい理由を持って彼に伝えた」という方は、もうほとんど結婚に近づいています。

しかし、ここまででは、まただらだらと時間だけが過ぎてしまう可能性も否めません。

そこで、どちらが原因だった方にもして欲しいのが,「同棲の期限を決めてしまう」ということです。

結婚について具体的に話した中で、ここまでに入籍と将来が見えた人は、そこを期限にするといいでしょう。

また、今住んでいるアパートの次の更新で籍を入れて結婚する、3年記念日に籍を入れるといった方法で期限を決めているカップルもいるようです。

しかし、自分本位で期限を決めてしまうと、恋人に嫌がられるというデメリットもあります。必ず、恋人と話し合う中で、お互いが納得できる期限を決めましょう。

「30歳には籍を入れようね」などと期限を決めさえすれば、それからは、恋人もその期限に向かって結婚について考えてくれるようになります。

途中で、結婚の意識が薄くなった時にも、「30歳には籍入れるんだったね」とその期限を確認し合うことで、またモチベーションを挙げることもできます。

このように、同棲の期限を決めることで、おのずとお互いが結婚について考えるようになり、その期限こそが結婚へのよいタイミングになるのです。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

同棲している恋人との結婚のタイミングは…?

大好きな恋人と同棲をしている毎日は、きっと幸せが溢れているでしょう。

しかし、日々を過ごす中では、なかなか結婚へのステップを踏み出せずにタイミングを迷ってしまうこともあるでしょう。

いつまでもタイミングをつかめずに、結婚するでもなく、だらだらと同棲の日々が続くだけになってしまう。

結婚したい側からすると、そうなるのは、寂しいですよね。

結婚へ進まない原因には、「あなたの結婚の意思が伝わっていない」ことや「同棲で満足して結婚する必要を感じていない」ことが挙げられます。

この状況を打開するためにも、「結婚について具体的に話し」、「同棲でなく結婚したい理由を持ち伝える」ことが大切です。

そのうえで、お互いが納得できる「同棲の期限」を決めれば、それこそが2人にとってベストな結婚のタイミングになるはずです。