結婚の前?!後?!結婚が決まったカップルの同居のベストタイミング

「結婚することになった!でも、結婚が先?同居が先?タイミングがわからない!」と悩んではいませんか?

結婚が決まり、次の段階に進もうと考える中、結婚と同居のタイミングに悩むカップルがいるのです。

カップルごとにライフスタイルは違いますから、自分達に合ったタイミングを選ぶ必要があるでしょう。

本記事では、同居のタイミングは結婚前と後のどちらに向いているのかを具体例を挙げてお伝えします。

結婚と同居のタイミングは人それぞれです。どちらに向いているのかはカップルごとに違うということです。

自分達が結婚の前か後のどちらの同居のタイミングに向いているのか分かれば、自分達のライフスタイルに合った結婚と同居のタイミングを選択することができます。

自分達に合った選択ができるならば、より多くのメリットを得て、デメリットはなるべく減らすことができるでしょう。そしてそれが、幸せな結婚に繋がるのです。

結婚と同居のタイミングが分からない

結婚が決まってほっと一息、今度は「結婚と同居のタイミング」で悩んではいませんか?

プロポーズに成功し、次は夢見る幸せな結婚生活といきたい所ですが、入籍前に同居を始めるべきか、入籍後に同居を始めるべきか悩むカップルは少なくないでしょう。

世間のカップルを見ても、結婚前に同居するカップルもいれば、結婚後に同居するカップルもいます。それぞれのカップルに見合ったタイミングを見つけて、結婚と同居のタイミングを決めているということでしょう。

では、世間のカップルはどのように自分達に合ったタイミングを見つけているのでしょうか。

まずは、なぜ、これから結婚し同居をするのカップルがそのタイミングで悩んでしまうのか考えて見ましょう。

同居のタイミングは結婚の前?後?それぞれの問題点

これから結婚し同居を始めるカップルがそのタイミングで悩んでしまう原因は、結婚前の同居、結婚後の同居のそれぞれにメリットデメリットを感じているからではないでしょうか。

メリットはいくらあってもいいですが、デメリットはなるべく避けたいものです。よりたくさんのメリットを得られて、なおかつ、最小限のデメリットに抑える選択肢はどちらといえるでしょうか。

あなたにとってその選択肢となるのは、結婚前の同居と結婚後の同居とどちらでしょうか。

結婚と同居のタイミングについて、まずは、結婚の前の同居と後の同居で発生しやすいデメリットを具体的に把握しましょう。

結婚前の同居のデメリット

結婚と同居のタイミングにおいて、結婚前に同居した場合、どのようなデメリットがあるのでしょうか。結婚前の同居でのデメリットは、

  • 親の理解を得られない
  • 結婚に対する心の準備が出来ない
  • もう少し一人の時間を楽しみたい
  • 結婚のタイミングが分からなくなる

などでしょう。

「親の理解を得られない」は、双方の親の考え方によりますが、「結婚前に同居することはあり得ない」と考える親もいます。

ようは「けじめ」を大切にしているということです。この場合は、結婚前に同居するのは難しいです。または、説得が大変でしょう。

「結婚に対する心の準備が出来ない」は、交際期間が短かったり、プロポーズから結婚を予定するまでの期間が短い場合に、結婚に対して心の準備がしたいと考える場合です。

実質、色々な準備が必要ですが、それと共に「結婚をする」ということに少しずつ向き合っていきたい人もいるでしょう。

「もう少し一人の時間を楽しみたい」は、結婚前に独身だからこそできることをもっとしておきたいと考える場合です。

これは若いカップルにより多く見られる傾向かもしれません。「もっと遊んでおきたい」、「もっと趣味の時間を満喫しておきたい」、「一人で旅行をしたい」など同居したら実行しにくいことを、結婚前にしておきたいということです。

「結婚のタイミングが分からなくなる」は、結婚のタイミングを具体的に決めずにとりあえず同居をする場合です。「結婚するんだから、とりあえず同居しよう」と同居を始めたのはいいものの、いわゆる「カップルの同棲」と同じ状態になってしまい、何年も入籍できずに、結婚のタイミングを逃してしまうという場合もあるのです。

このように、結婚前に同居する場合は以上のようなデメリットが発生する可能性があります。

結婚後の同居のデメリット

次に、結婚と同居のタイミングにおいて、結婚後に同居した場合、どのようなことでデメリットがあるのでしょうか。結婚後の同居でのデメリットは、

  • 結婚式の準備に手間がかかる
  • 仕事との折り合いが合わせにくい
  • 相手との価値観などの違いを初めて知ることになる

などでしょう。

「結婚式の準備に手間がかかる」は、結婚式の打ち合わせから準備まで、二人で行うべきことがたくさんあるので、別々に暮らしている場合は、その準備に支障が出る可能性があります。とくに、二人が遠距離の場合にその支障が出やすいでしょう。

「仕事との折り合いが合わせにくい」は、結婚は自分達の好きなタイミングを選べますが、会社員であるならば、仕事を自分達の都合に合わせることは難しいため、結婚を機に転職や異動などをする場合、そのタイミングとの兼ね合いが難しくなります。

「相手との価値観などの違いを初めて知ることになる」は、結婚して初めて同居をするということなので、一緒に生活することで、付き合っているときには分からなかった、価値観の相違や文化の違いに初めて直面するということです。結婚してすぐに「こんなはずじゃなかった」と思う場合もあるのです。

このように、結婚後に同居する場合は以上のようなデメリットが発生する可能性があります。

ライフスタイルに合わせて結婚のタイミングを決めよう

これから結婚し同居を始めるカップルがそのタイミングで悩んでしまう原因は、結婚前の同居、結婚後の同居のそれぞれにメリットデメリットを感じているからだと前述しました。

メリットは多いほどいいですが、デメリットはできるだけ避けたいものです。

できるだけデメリットを減らし、より多くのメリットを得られる選択をしようということです。

では、どのような選択があなたにとってより良い選択と言えるのでしょうか。

本記事では、同居のタイミングは結婚前と後のどちらに向いているのかを具体例を挙げてお伝えします。

結婚と同居のタイミングは人それぞれです。どちらに向いているのか分かることで、自分達のライフスタイルに合ったタイミングを選択することができます。

自分達に合った選択ができるならば、より多くのメリットを得て、デメリットはなるべく減らすことができるでしょう。それが、幸せな結婚に繋がるのです。

結婚前の同居が向いている場合

結婚と同居のタイミングにおいて、結婚前の同居が向いている場合は、

  • 結婚式の準備を円滑に進めたい
  • 仕事との折り合いを上手くつけたい
  • 今すでに妻が妊娠している
  • 今後のために二人で貯金をしたい
  • 結婚前に二人の時間をもっと持ちたい
  • 夫婦生活の先取りがしたい

などの場合でしょう。

「結婚式の準備を円滑に進めたい」は、入籍や結婚式の前から同居することで、結婚式のための多くの相談や準備を円滑に進めたい場合です。

お互いの準備の進み具合も確かめやすいですし、協力もしやすくなります。今遠距離恋愛中のカップルには、とくにオススメです。

「仕事との折り合いを上手くつけたい」は、結婚を機に転職や異動をする場合です。

入籍のタイミングは、記念日など自分達の好きなタイミングを選べますが、仕事に関しては、好きに選べない場合が多いでしょう。

その場合は、仕事の区切りに合わせて同居を始めるといいでしょう。

「今すでに妻が妊娠している」は、結婚前に妊娠をしている場合です。早めに同居を始めることで、子育てのための準備をすることができます。

「今後のために二人で貯金をしたい」は、今それぞれ独り暮らしをしている場合に、同居を始めた方が、家賃や光熱費などの節約ができ、二人のこれからのために貯金がしやすいということです。

今、貯金がないカップルや、より多く貯金したいと考えているカップルは、とくに早めに同居して、貯金を始めるのがいいでしょう。

「結婚前に二人の時間をもっと持ちたい」は、今まで二人の時間をあまりとることができなかったカップルや、交際期間の短いカップルの場合です。結婚前にお互いのことをよく知ることで仲を深めようということです。

「夫婦生活の先取りがしたい」は、「結婚前に二人の時間をもっと持ちたい」に似ていますが、結婚前に同居することで、結婚後の夫婦生活をイメージしようという場合です。

お互いのことをまだよく分かっていないカップルや、結婚や二人での生活に不安があるカップルは、早めに同居することでお互いを知り、理解する時間がとれるでしょう。

以上のような場合が、結婚前の同居が向いていると言えます。

結婚後の同居が向いている場合

結婚と同居のタイミングにおいて、結婚前の同居が向いている場合は、

  • 付き合いの期間と結婚とのけじめをしっかりつけたい
  • 親や家族との時間を大切にしたい
  • 一人の時間を大切にしたい
  • 結婚への心の準備がしたい
  • 家事などの生活のための準備をしたい

などの場合でしょう。

「付き合いの期間と結婚とのけじめをしっかりつけたい」は、交際期間と結婚の区切りをはっきりとつけたい場合です。親の意向もあるかもしれませんし、その方が気持ちとしても区切りがついていいと思う場合です。

「親や家族との時間を大切にしたい」は、結婚前に家族との時間をもっと持ちたい場合です。

今、実家に住んでいる方に多いと思いますが、実家を出ることで、実質的に家族との時間が減ります。今まで家族との時間を多くのとっていたならば、結婚までの期間に家族との時間を大切にしたいと思う人もいるでしょう。

「一人の時間を大切にしたい」は、同居を始めると、結婚前でも一人の時間を持つのは難しくなるため、その前に一人の時間をもっと満喫しておきたいと考える場合です。

一人旅行や友人と遊びに行くなど、今のうちにしておきたいことをするための時間をとりたいということです。

「結婚への心の準備がしたい」は、結婚は決めたけど、心の準備がまだできていない場合です。気持ちを徐々に結婚へ向けるための準備期間が必要な人もいるでしょう。

「家事などの生活のための準備をしたい」は、今まで家事など生活に必要なことを家族に頼ってしてこなかった場合です。

結婚をするということは、自分達だけで生活をしていくわけですが、独り暮らしをしたことがないなどで、家事ができない場合は、家族に教えてもらうなどの準備の時間が必要でしょう。

以上のような場合が、結婚後の同居が向いていると言えます。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

自分達に合った結婚と同居ののタイミングを選ぼう

結婚が決まり、次の段階に進もうと考える中、結婚と同居のタイミングに悩むカップルがいることでしょう。

同居を結婚前にするべきか、結婚後にするべきかで悩む場合があるのです。自分達に合ったタイミングを選ぶことで、その後の結婚生活の良いスタートが切れるでしょう。

本記事では、同居のタイミングは結婚前と後のどちらに向いているのかを具体例を挙げてお伝えします。

まずは結婚の前と後の同居のデメリットを把握しましょう。その上で、それぞれのメリットを知りましょう。そしてメリットデメリットの両方を把握した上で、自分達にどちらが向いているのか考えてみてください。

結婚と同居のタイミングは人それぞれです。どちらに向いているのかはカップルごとに違うのです。

自分達が結婚の前か後のどちらの同居のタイミングに向いているのか分かれば、自分達のライフスタイルに合った結婚と同居のタイミングを選択することができます。

自分達に合った選択ができるならば、より多くのメリットを得て、デメリットはなるべく減らすことができるでしょう。そしてその選択は、幸せな結婚に繋がるのです。