タイミングはたくさん?結婚願望を気軽にさりげなく伝えていく方法

結婚願望を伝えたこと、ありますか?「結婚」という言葉が相手からなかなか出てこないと、焦りが出てくることもあるでしょう。

そんなとき、勇気を振り絞って「結婚」の話を出したのに、うまくコミュニケーションが取れなかった人も多いかもしれません。

「2人の将来の話をしたいだけなのに、いつならちゃんと話せるの?」と悩んでしまうでしょう。どんなときに結婚願望を伝え、将来の話をすればよいのでしょうか。

本記事では「生活に関する話題を通して将来を話す」ことで、結婚願望を気軽にさりげなく伝えていく方法をお伝えします。

結果として、相手がイライラして将来の話がしづらくなってしまう、相手との会話が途切れてしまう、相手と会って話す機会自体が減少してしまうことを防止できる可能性を高めます。

「身近な生活のこと」を材料にすることで会話のハードルが下がり、2人の将来のイメージを具体的に作りあげていけるでしょう。

結婚願望を伝えるタイミングは難しい?

恋人に結婚願望を伝えた経験のある人は多いかもしれません。2人で結婚について盛り上がれたらとても楽しい時間になるでしょう。

しかし、伝えてみたものの、相手と結婚願望を共有できなかったという経験をもつ人もいるかもしれません。

「相手の反応が薄かった」、「結婚なんてまだ想像できないなぁと言われてしまった」「気まずい雰囲気になってしまった」等です。せっかく勇気を持って「結婚」の話を出したのに、話が続かない、雰囲気が悪くなるなんてことがあったら、同じような結婚話は出しづらくなってしまうでしょう。

結婚願望を伝えるタイミングがわからなくなってしまうのです。

「相手の機嫌のよいときなら結婚願望を伝えてもよい?」「特別な日だったら結婚の話も大丈夫?」等と悩むことが増えてしまうかもしれません。

「結婚したい気持ちがあるのに、それをなかなか相手に伝えられない」状況は、時間の経過とともに焦りを促進させるだけでなく、相手への不満感にも繋がる可能性を秘めています。

「自分との未来を考えてない」「このままだらだら関係を続けていても仕方ない」と別れを選択してしまう人もいるでしょう。別れに至る前に、「結婚願望を伝えるタイミングがわからなくなってしまう」という問題に取り組む必要があるといえます。

では、なぜ「結婚願望を伝えるタイミングがわからなくなる」ほど、結婚の話が恋人としづらくなってしまうのでしょうか。具体的に考えてみましょう。

結婚願望を伝えるタイミングがわからなくなる、緊張感を生む「直球な伝え方」

「結婚願望を伝えるタイミングがわからなくなる」ほど、結婚の話を恋人としづらくなる原因は、「直球な伝え方」によって2人の間にピリピリした緊張感が生じるためかもしれません。

「直球な伝え方」とは、オブラートに包まず「結婚」という言葉を直接使って「結婚願望があることを伝えていく方法」です。このようにはっきりと直接、結婚の話をするべきときもあるでしょう。

しかし、そこまで瀬戸際でない日常会話の中で「一方的」に自分の結婚願望だけを伝える、今言われてもよくわからない「抽象的」な結婚生活の話をする、「感情的」に結婚願望を伝える場合、2人の間にはピリピリとした緊張感が生まれてしまうかもしれません。

結婚の話をするたびに、そのような緊張感がただよえば、「結婚願望を伝えること」をためらうようになる人は多いはずです。結婚について話がしたくても「タイミングがわからず機会を逃してしまう」ことになってしまうでしょう。

では、直球でストレートな「一方的」「抽象的」「感情的」な結婚願望の伝え方をすることで、どのような問題が生じるのでしょうか。具体的に考えてみましょう。

結婚話を再びしづらくなる、相手のイライラ招く「一方的な自分の願望」

「結婚願望を伝えるタイミングがわからなくなる」ほど、結婚の話を恋人としづらくなる原因の1つは、「一方的な自分の願望」を伝えてしまうためかもしれません。

結婚とは、2人で意見を擦り合わせていくことが非常に重要になります。

お互いが既に持っている価値観や事情を1つずつ折り合う作業でもあるため、1つのことを決める際にも、それほど簡単にいくものではないのです。

お互いの価値観や事情が大きく関係してくる「結婚の話」となると、軽く出した「ただの自分の願望」であっても、相手にとっては自分の領域に突然、侵入され土足で踏まれたような感覚を覚えやすいでしょう。

イライラしてしまう人もいるかもしれません。たとえば、「30歳までに結婚したいな」「新婚旅行はヨーロッパがいいって思って」「結婚式は親族や友人だけ呼んで」と話を持ち出した側にとっては、ただ結婚の話を2人でしたかっただけかもしれません。

しかし、相手からしたら、「え、30歳までってあと2年しかないけど、あと2年は自分の資格勉強に時間を充てたい」「新婚旅行かぁ、頑張って貯めた貯金無くなるのかなぁ」「結婚式は会社を呼ばないと何て言われるか」等、様々な事情があり、優先順位が違うことがわかります。

また、人によっては「2年以内には結婚しようってことかな」とお願いされているように感じる、「新婚旅行は2人で決めるものなのに。

こちらの意見は聞かないのか」と自分のことをスルーされたように感じる人もいるかもしれません。

それほど、一方的な「結婚」の話は相手に対する影響が大きいといえます。

イライラされる、会話の雰囲気が悪くなる可能性も高いでしょう。

うまくいかない結婚についての会話を繰り返すことで、「結婚願望を伝えるタイミングがわからなくなった」と悩んでしまうのです。

返答に困って会話が途切れる、相手に重圧をかける「抽象的なTHE結婚話」

「結婚願望を伝えるタイミングがわからなくなる」ほど、結婚の話を恋人としづらくなる原因の1つは、「抽象的なTHE結婚話」を伝えてしまうためかもしれません。

結婚の経験者や実際に結婚に向けて準備を始めている人でなければ、抽象的な「結婚」の話をされてもイメージが沸かないことがあるでしょう。

質問をされても「今、結婚の話をされても…」と考え込んでしまう、何となくでしか答えられずどんどん進む話に困ってしまうかもしれません。

相手にとっては「2人で結婚の希望を話している」というよりは、「答がわからないクイズ番組で重圧をかけられている」感覚を覚えるでしょう。たとえば、「結婚何歳くらいでしたい?」「こどもは何人が理想?」と聞かれても「具体的なプランの無い人」にとっては「どうだろうねぇ…32歳くらい?」「わからないなぁ…2、3人くらい?」といった一辺倒な答えになりやすいのです。

この答えに意味はあまりなく、ただ答えを求められている重圧に対して、返事をしているのに過ぎないでしょう。抽象的な結婚話は、「相手にとってはまだよくわからない」質問も多くなりやすいため、短い返事が自然と増えてしまう、会話が途切れやすくなってしまう可能性が高いのです。

相手との続かない結婚についての会話を繰り返すことで、「結婚願望を伝えるタイミングがわからなくなってしまう」悩みに繋がってしまうでしょう。

会って話す機会が減少する、相手に距離を置かれる「感情的な結婚催促」

「結婚願望を伝えるタイミングがわからなくなる」ほど、結婚の話を恋人としづらくなる原因の1つは、「感情的な結婚催促」をしてしまうためかもしれません。

前述したような「一方的」「抽象的」な結婚願望をタイミングに気を遣いながら勇気を出して伝えてきた人は、そのたびに「相手からの手応えを感じない」、「ちゃんと向き合ってもらえていない」と思っていたでしょう。

恋人同士であるにも関わらず、「結婚願望の話」から「2人の結婚の話」になっていかない状態は不満が生まれやすくなります。

不満感が限界まで達したとき、「感情的」に相手に結婚願望を伝えてしまうことになるのです。

思わず泣いてしまう、怒ってしまう人もいるでしょう。

この感情を相手が受け止められる場合はよいですが、「結婚が現実的な状態でない相手」であれば、引いてしまう人もいるのです。

たとえば、「どうしていつも結婚の話になると黙るの?」「私は結婚を真剣に考えているのに!」と号泣しながら結婚願望を伝えた場合、相手は強い衝撃を受けます。

結婚とその時の感情爆発は頭の中で記憶として繋がりやすく、「そこまで泣かなくても」「結婚したらこんな感情的な日々が待っているのかな」「自分がここまで彼女を追い詰めてしまった」「自分じゃない方がよいのかもしれない」と思い、気持ちが離れてしまう可能性も出てくるのです。

すると、今までの関係性が変わってしまい、会う機会が減少する、会って話すことすら気まずくなってしまうかもしれません。

あなたに結婚したい気持ちが残っていても、ますます「結婚願望を伝えるタイミングがわからなくなってしまう」に繋がってしまうのです。

生活に関する話題を通して将来を話すことで、いっぱい伝わる結婚願望!

「結婚願望を伝えるタイミングがわからなくなる」ほど、結婚の話を恋人としづらくなる原因は、「直球な伝え方」によって、2人の間にピリピリした緊張感が生じるためだと前述しました。

「一方的な自分の願望」を伝えて相手をイライラさせる、「抽象的なTHE結婚話」を伝えて相手に重圧を与える、「感情的な結婚催促」をして相手に距離を置かれ、相手との会話や関係性に悪影響を与えてしまうのです。

すると、緊張感が生じる結婚の話はしづらくなり、「結婚願望を伝えるタイミングがわからなくなる」という悩みに繋がっていくでしょう。相手と今まで通り、仲良く話をしながら、結婚を考える、結婚願望を伝えていくにはどうしたらよいのでしょうか。

本記事では、「生活に関する話題を通して将来を話す」ことで、結婚願望を気軽にさりげなく伝えていく方法をお伝えします。

「結婚」の話を直接するより、結婚にも関係する「生活のこと」を通して将来について話す方が「話しやすさ」が格段と上がるでしょう。

緊張感が生じやすい「結婚の話」「将来の話」をするときに、「生活の話題」がクッションになってくれるのです。また、生活の具体的な内容であれば、2人で話すタイミングは多くあるでしょう。

+αで「将来の生活に対する楽しみや希望」としてさりげなく結婚願望を伝えても「一方的」「抽象的」「感情的」とはならないはずです。

では、2人の関係を悪くせずに、どのように結婚願望を伝えていけばよいのか具体的に考えてみましょう。

生活に関する話題を通して将来を話すことで、双方向の将来イメージを共有!

「一方的な自分の願望」を伝えると相手がイライラしてしまい、結婚の話を再びしづらくなってしまうのは、「あなたが結婚を焦っている時期」が多いでしょう。「早く…」「そろそろ…」という焦りがある場合、どんな人でも「自分の人生プラン」に頭がいっぱいになりやすく、相手が見えなくなりがちなのです。

すると、「自分の願望」を中心に伝えてしまうことは自然と多くなるでしょう。相手はイライラしやすく、どんどん2人の間で「結婚」という言葉を出しづらくなるのです。そのような場合、

  1. 「相手の趣味や好きなものを材料に将来についての雑談をする」
  2. 「共感できることは言葉にして伝える」
  3. 「+αで将来も一緒に趣味や好きなものを楽しみたいといった気持ちを伝える」

を実践してみてください。

「少しでも結婚に近づきたいのに、相手はとりあってくれない」状況では、「相手が悪い」と友人に愚痴る人は多いかもしれません。

しかし、これは2人の問題なのです。

相手が語りたいことや興味を持っていることを通してコミュニケーションそのものを増やし、その都度+αで自分の気持ちも伝えてみるのもよいかもしれません。

たとえば、「結婚を最近、焦っている」ケースが①「相手の趣味や好きなものを材料に将来についての雑談をする」をしてみたところ、相手は大好きな「鉄道」について語り、将来は「全国の電車を写真に撮っていきたい」と生き生きと話してくれたのです。このケースは将来の話題が出たところで、すぐに②「共感できること」として、「素敵な夢だね。それは楽しそう」「日本中を旅できるってことだよね、すごくいいね」などの言葉を返しました。

これだけでも「結婚」という言葉を直接出すより、「鉄道」を通した将来の話が自然にできるでしょう。そして、「全国の電車を撮影する」という夢を共感、肯定することで、あなたが「夢を一緒に共有できる相手」になりやすく、夢の中にあなたの姿も入る可能性が高まります。

そして、③「+αで将来も一緒に趣味や好きなものを楽しみたいといった気持ちを伝える」をすると、相手に好意を伝え、さらに将来の夢に積極的に加わりたいといったあなたの意思表示ができるのです。

たとえば、「私も一緒に行きたいな!」「全国に行けるなんて夢みたいだね、私も美味しいもの一緒に食べたいな」のような楽しさや希望を伝えられると効果的です。

相手にとっても恋人が夢を肯定してくれることで幸せを感じやすく、相手が自分に一方的に土足で踏み込んでくるような感覚は生まれにくいでしょう。

このような「相手の趣味や好きなもの」は小さなこともカウントすればたくさんあるのです。「結婚願望」を直接伝えるより、「将来に繋がる具体的な話」を双方向的にたくさんできるはずです。

そして、その度に、自分の「一緒に生活していきたい」気持ちを伝える機会は出てくるでしょう。

同じ将来の話題でも、話しづらくなることもなく、タイミングは常にあるともいえるのです。

さらに、
①「相手の趣味や好きなものを材料に将来についての雑談をする」
②「共感できることは言葉にして伝える」
③「+αで将来も一緒に趣味や好きなものを楽しみたいといった気持ちを伝える」

を継続すると、相手の方にも「将来を考えるときにあなたも一緒にいるイメージ」をしやすくなってくるかもしれません。

コミュニケーションを重ねていくことで「将来一緒にいる人」になってくるでしょう。

①「相手の趣味や好きなものを材料に将来についての雑談をする」
②「共感できることは言葉にして伝える」
③「+αで将来も一緒に趣味や好きなものを楽しみたいといった気持ちを伝える」

ことで、「将来」について話すハードルが下がるはずです。また、「結婚」という言葉を使わなくても、「相手の夢」を材料に「具体的に一緒に将来を過ごす」イメージを2人で作っていけるでしょう。

相手の夢に寄り添った上で、「将来の楽しみや希望」として自分の結婚願望を伝えていけば、一方的でなく、さらにタイミングは雑談の中に多く転がっているといえます。

相手のイライラを気にして将来の話題すら出せなく、「結婚願望を伝えるタイミングがわからなくなってしまう」ことは減っていくでしょう。

生活に関する話題を通して将来を話すことで、具体的生活イメージを共有!

「抽象的なTHE結婚話」を伝えると相手に重圧をかけてしまい、一辺倒な返事のみで話が途切れてしまうのは、「結婚したいけど自分にも結婚の具体的イメージがない人」が多いかもしれません。

抽象的な結婚話をしてしまうのは自分の中にもわからないことがたくさんあるためなのでしょう。

それを2人で埋めようと頑張ってはみるものの、具体性がない場合は、相手も返答に困るため、会話が途切れやすくなるのです。そのような場合、

①「買い物時に見たもの等をきっかけに、お互いの生活方法や状況についての雑談をする」
②「お互いの共通点、補える部分に注目して伝える」
③「+αで将来も一緒に協力して生活していきたい気持ちを伝える」
を実践してみてください。

結婚雑誌などを一緒に見てイメージを作る方法もありますが、「THE結婚」を取り扱うより、今の自分たちの生活から具体的にイメージを広げていく方が現実的であり、お互いが一緒に暮らしたときの想像もしやすくなるでしょう。

たとえば、「結婚したいけど自分にも結婚の具体的イメージがない」ケースが①「買い物時に見たもの等をきっかけに、お互いの生活方法や状況についての雑談をする」をしてみたところ、相手の嫌いな家事があることがわかりました。

スーパーの食材売場に寄ったときに「料理する方?」と聞いたところ、料理は得意だけど、その後の片付けが苦手だと言うのです。

さらに、食器は溜まるまで洗わず置いてしまう話もしていました。そこで、このケースは②「お互いの共通点を伝える」と③「+αで将来も一緒に協力して生活していきたい気持ちを伝える」を同時に実行してみたところ、相手と共感しあえたのです。具体的には、相手に「片付け面倒だよね。私も食器洗い好きじゃなくてさ」「じゃあ、私たちは食器洗い機の力があれば何とかなるかもね」「食器洗い機に食器入れるだけならできるなぁ!楽だね!」などの声かけをしました。

食器洗いが得意な人は「それなら将来は私がやってあげるよ!」といった声かけでもいいかもしれません。

生活の具体的な雑談を通して、お互いの「普段」を知り、どのように一緒に生活できるかイメージを作っていけるでしょう。

それに+αで「一緒に協力して生活していきたい気持ち」を加えることで、さりげなく、結婚願望を伝えることができるのです。生活の話題は多様であり、話すことは山ほどあります。

そこに結婚願望を+αで加えていければ、相手に重圧はかからずにこまめに自分の気持ちを伝えていけるでしょう。会話に具体性があれば、相手の返事が一辺倒になる、会話が途切れてしまうことも減るはずです。

さらに、
①「買い物時に見たもの等をきっかけに、お互いの生活方法や状況についての雑談をする」
②「お互いの共通点、補える部分に注目して伝える」
③「+αで将来も一緒に協力して生活していきたい気持ちを伝える」

を継続すると、結婚が実現した後の喧嘩を前もって減らせるかもしれません。

最初から食器洗い機が揃っていれば、「相手がやってくれると思っていたのに」「何で自分ばっかり」という不満も生じにくくなるでしょう。

①「買い物時に見たもの等をきっかけに、お互いの生活方法や状況についての雑談をする」
②「お互いの共通点、補える部分に注目して伝える」
③「+αで将来も一緒に協力して生活していきたい気持ちを伝える」

ことで、目の前にいるパートナーとどう生活していくかといったイメージをお互いにもちやすくなるかもしれません。

今聞かれてもわからない抽象的な結婚話より、より具体的に結婚の話をしていることになるのです。生活の話であれば答えに詰まることなく会話も弾みやすく、将来の話に繋げやすいでしょう。

+αの結婚願望も生活の話を通せば、たくさんチャンスがあるのです。「結婚願望を伝える機会がわからなくなってしまう」と悩んでしまうことは無くなっていくはずです。

生活に関する話題を通して将来を話すことで、順序立てた結婚イメージを共有!

「感情的な結婚催促」をして相手に距離を置かれてしまい、会って話す機会自体が減少してしまうのは、「プロポーズや結婚式の想像ばかりしてしまう人」が多いかもしれません。

結婚といえば、確かにプロポーズや結婚式は重要なイベントでしょう。

しかし、そこにばかり焦点が向く場合、プロポーズや結婚式の実現に近づいていかないことに大きなストレスを感じてしまう可能性が高いのです。

限界に達したときには「感情的な結婚催促」をしてしまいがちなのです。相手から距離を置かれ会う回数が減ってしまうこともあるかもしれません。そのような場合、

①「相手の好きな/嫌いな食べ物についての雑談をする」
②「食べ物の話を通して相手の家族のことを聞き、肯定する」
③「+αで将来、相手の家族を大事にしたい気持ちを伝える」
を実践してみてください。

相手との距離が離れても純粋な気持ちを伝えていく人もいるかもしれません。

それもよい方法でしょう。

しかし、長期的に考えれば、雑談をたくさんし、通常のコミュニケーションを取り戻しながら、家族の話を具体的にしていけるとよいかもしれません。

結婚は家族との付き合いでもあるのです。プロポーズや結婚式よりも、相手の身近な家族のことをちゃんと知り、大事にする姿勢を見せる方が先なのかもしれません。

たとえば、プロポーズや結婚式の想像ばかりしてしまうケースが①「相手の好きな/嫌いな食べ物についての雑談をする」をしたところ、通常のコミュニケーションをとりやすくなるでしょう。

このケースは「ラーメンが好き」「たい焼きが好き」「野菜が嫌い」など、相手の話に緊張感が無くなったときに、②「食べ物の話を通して相手の家族のことを聞き、肯定する」をしてみました。

具体的には「野菜嫌いって前も言っていたよね」「でも、小さい頃、ご両親に食べなさいって言われなかった?」といったよくある雑談によって家族の話に突入です。

相手が「父親も野菜嫌いだったから言われなかったなぁ」と返してきたときに、「野菜が食べられない我が子の気持ちを1番にわかってくれたんだね」「いいお父さんだね」といったように、相手の家族を肯定したのです。

この家族への肯定は、相手の話を促進する効果が生まれやすく、他の家族についても話してくれる可能性は高くなるでしょう。

そして、家族の話がたくさん出てきたときに、③「+αで将来、相手の家族を大事にしたい気持ちを伝える」をしてみたところ、相手は穏やかに受け止めてくれる可能性が高いのです。

このケースの場合は「お父さんが大好きなら、たこ焼き、いつか作ってあげたいな」「私もイチゴ大好きだからお母さんと一緒にイチゴ狩行きたいな」等です。プロポーズや結婚式も大事ですが、「家族」はもっと重要になります。

相手の家族のことをたくさん知って、大切に思える、それを相手に伝えていくことは順序としては先でしょう。

プロポーズや結婚式だけに焦点を置くよりも感情的にあなたが追い詰められにくくなるのです。相手にとっても自分の家族の話を興味持って聞き、肯定してくれる人は大事にしたいはずです。

距離を置かれる、会う機会が減ってしまうこともなくなるでしょう。

さらに、
①「相手の好きな/嫌いな食べ物についての雑談をする」
②「食べ物の話を通して相手の家族のことを聞き、肯定する」
③「+αで将来、相手の家族を大事にしたい気持ちを伝える」

を継続すると、相手に「あなたの家族に会いたいな」と言いやすくなるかもしれません。

「お母さんにイチゴの美味しい食べ方を聞きたい」「お父さんに小さい頃のあなたの話を聞きたい」等、家族の情報を知っていればいる程、「家族に興味を持って」言っているように伝わるはずです。

家族に会うというのは実際のところ、結婚の近道になりやすいでしょう。

①「相手の好きな/嫌いな食べ物についての雑談をする」
②「食べ物の話を通して相手の家族のことを聞き、肯定する」
③「+αで将来、相手の家族を大事にしたい気持ちを伝える」

ことで、プロポーズや結婚式といったイベントだけに焦点が向くことを防げるため、「感情的に」相手に迫ってしまい関係が悪化することは減るはずです。食べ物等の身近なものを通して、相手の家族をよく知ることで、「プロポーズがあったら即結婚」ではなく、「家族に挨拶」から結婚の全てが始まることを2人でイメージしていけるでしょう。

そして家族の話に+αで結婚願望をこまめに添えることで相手を想う気持ちがちゃんと伝わるはずです。結婚願望を伝えるタイミングも増えるでしょう。

「結婚願望を伝える機会がわからなくなってしまう」という悩みは減っていくのです。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

生活に関する話題を通して将来を話すことで、結婚に近づく可能性大!

「結婚願望を伝えたら、相手とコミュニケーションがうまくいかず悩んだ」経験のある人はたくさんいるでしょう。「一方的」「抽象的」「感情的」な伝え方ではなかったですか?

あなたが相手と将来を考えるとき、「結婚が決まるかどうか」にこだわっている場合、「一方的」「抽象的」「感情的」に近い伝え方をしてしまっているかもしれません。

しかし、「結婚」という直接的でストレートな言葉はいざというときにとっておいてもよいのかもしれません。では、その前に2人でどのように楽しく将来の話をしていけばよいのでしょうか。

本記事では、「生活に関する話題を通して将来を話す」ことで、結婚願望を気軽にさりげなく伝えていく方法をお伝えします。

①「相手の趣味や好きなものを材料に将来についての雑談をする」

②「共感できることは言葉にして伝える」

③「+αで将来も一緒に趣味や好きなものを楽しみたいといった気持ちを伝える」

①「買い物時に見たもの等をきっかけに、お互いの生活方法や状況についての雑談をする」

②「お互いの共通点、補える部分に注目して伝える」

③「+αで将来も一緒に協力して生活していきたい気持ちを伝える」

①「相手の好きな/嫌いな食べ物についての雑談をする」

②「食べ物の話を通して相手の家族のことを聞き、肯定する」

③「+αで将来、相手の家族を大事にしたい気持ちを伝える」

をぜひ実践してみてください。あなたの「結婚願望」は迷わずちょくちょくと伝えられるはずです。

「結婚」の話をするよりもはるかに会話の材料が身近なため、コミュニケーション量が増え、お互いの将来に対する具体的なイメージを構築していけるでしょう。

この「将来の様々なイメージにあなたがたくさん入っていること」「+αであなたの気持ちがこまめに伝わっていること」が結婚に近づく可能性を高めるのです。

結婚に関する直球勝負はこの具体的なイメージががっしりとできた後までとっておくのも1つの手かもしれません。