彼氏と喧嘩したくない!これなら喧嘩にならない上手な気持ちの伝え方

大好きな彼氏と仲良く過ごす日々。できれば、このままの関係でずっと過ごせるのが理想的です。

しかし、お互い人間です。全く同じ考え方の人間に出会うのは、一生のうちに出会えるかわからないほどレアケースです。

そのため、一緒に過ごしているうちに必ずお互いの価値観の違いは出てきます。

その時に意見がぶつかりあえば喧嘩に発展するでしょう。喧嘩をしてしまうと、2人の関係が悪くなってしまいそうで怖いですよね?

もちろん言いたいことを言った結果、相手を傷つけてしまえば関係は悪化します。

ただ、言いたいことを我慢していても関係が良くなるわけではありません。我慢は永遠には続きません。

感情が爆発すると、喧嘩するのと同じくらい関係が悪くなる可能性があります。

そうならない為にも、自分の気持ちの伝え方を工夫しなければなりません。

そうすればあなたが気持ちを我慢する必要もなく、2人の関係はよりよいものになります。

本記事では2人のいい関係を保つためにも、自分の気持ちの上手な伝え方をお伝えします。

喧嘩しなくても仲が良いままでいれるわけではない

まず、「喧嘩」というとどんな状態のことをイメージしますか?自分の気持ちを大声で怒鳴りあうような、海外ドラマのようなヒステリックな感情のぶつけ合いを「喧嘩」イメージされる方は多いのではないでしょうか。

辞書によると「喧嘩」とは言い合ったり殴り合ったりすることをさします。

けん‐か〔‐クワ〕【×喧×嘩/×諠×譁】 の解説

《が原義》
[名](スル) 言い合ったり殴り合ったりしてあらそうこと。いさかい。「―をふっかける」「―するなら外でしろ」「口―」
[名・形動]騒がしいこと。また、そのさま。

(出典:goo国語辞書

殴り合いなどの暴力に発展する喧嘩は、何の解決にもなりません。

精神的にも肉体的にも傷が残りますので絶対にするべきではありません。

これは、理性のある人間ではなく動物的な解決方法です。

意見のぶつかりあいですが、これは人間同士ならば起こりうることです。

長く一緒に暮らす家族ですら、全く同じ考え方の人間はいません。

それが、今まで別々の環境で生活してきた人間同士が、いきなりピッタリ気が合うという事はかなりレアケースです。

最初はお互いに気を使っているので、価値観の違いは浮き彫りになりません。

一緒に過ごす時間が長くなるにつれて、気を許してきます。

そうして素が見えてきた頃に価値観の違いがでてくるのです。

つまり、一緒にいればいるほど価値観の違いは浮き彫りになってきます。その価値観の違いから喧嘩に発展する可能性があります。

このことから、「喧嘩」というのは悪いことに捉えてしまいがちですが、人間同士なら誰でも起こりうる自然なことなのです。

逆に喧嘩するのを恐れるあまり自分の気持ちを長い間抑えている事のほうが不自然な状態になっていきます。

あなたは感情のある人間です。

分の気持ちを我慢した状態をいつまでも続けるのは不可能でしょう。

あまり気持ちを抑えつけてしまうと、ストレスから体の不調や精神的な不調が現れるのが人間です。

あなたの我慢した気持ちが爆発してしまい、彼がビックリするほど取り乱す可能性もあります。

だから、喧嘩しないように我慢する関係は長くは続きません。

だから「彼と喧嘩したくない」と思っている状態が長引いてしまうと、喧嘩はしていなくてもあなたのストレスが溜まり二人の関係が歪になってしまうのです。

気持ちを伝えないと2人の関係は不安定に

喧嘩をしたくないあまり、彼への不満を我慢していてはせっかくの彼との楽しい時間が苦痛の時間になってしまいます。

しかし彼と喧嘩しないように頑張るあまり、我慢していることにすら気付いていないかもしれません。

まずは自分がどれだけ我慢しているのか知りましょう。

今の時点でどれくらい我慢しているのかを知らなければ、あなたはまだまだ我慢し続けてしまうでしょう。

我慢し続けると出てしまう症状をお伝えしますので、自分がどれぐらい我慢してしまっているのか確認してください。

我慢し続けると出てしまう症状①相手にあわせすぎる

彼と意見が合わない時、あなたはどういう答え方をしていますか?

例えばお昼ごはんを一緒に食べる時、あなたはオシャレなカフェでパスタを食べたいけれど、彼は油でギトギトのラーメンが食べたいと言われました。

この状況を解決するには、どちらかが妥協するか、新しい案を出すかの二択です。

簡単に解決するには、どちらかが妥協する方が早く決まります。

新しい案を出す方は、またイチから考え直して2人が納得するまで考えないといけません。

そのため、時間も頭も使わなければなりません。さらに、意見が合わなければ喧嘩になってしまう危険性があります。

だから、喧嘩をさけたいあなたは自分の意見を抑えて彼の選択にあわせる決断をしてしまいます。

気持ちを抑えるのが一度で済めばいいですが、食事中も「ラーメンおいしいよね」と言われたら喧嘩したくないので本当は油っぽいものが苦手でも合わせてしまいます。

彼に「ラーメン好きなんでしょ?また行こうね」と言われても断れません。

このように彼と喧嘩したくないあまり、「はい」としか言わない都合のいい女になってしまいます。

このままでは、あなたは彼に本音を言えないままです。

彼もあなたのことを誤解したままになってしまします。あなたは悪気なく彼に合わせているだけかもしれませんが、自分が何を言っても「はい」としか言わない彼女に段々と違和感を覚えてくるでしょう。

なぜなら、彼女の意見が何も聞けていないからです。

彼からしたらスマホのAIと話しているような、人間と会話していないような感覚になるでしょう。

そんな彼女といても楽しくなくなってくるのも時間の問題です。あなただって、自分の意見を押し殺した状態はいつまでも続けられません。

だから喧嘩をしたくないからといって彼の意見にあわせすぎると、あなたばかりが我慢してしまい辛くなるのです。

我慢し続けると出てしまう症状②一緒にいてもリラックスできない

彼と喧嘩したくないと思いながら接していると、常に気を張っている状態になります。

恋人同士で過ごしている間は、恋愛のドキドキを感じて緊張している状態ではあります。

しかし喧嘩しないように気をはっている状態は、恋愛のドキドキとは違います。

恋愛のドキドキは彼のことが好きなことによるポジティブな感情です。

喧嘩しないようにしている状態は、彼に嫌われたくないというネガティブな感情です。

「人に嫌われたくない」と思いながら行動していると、自分の感情を押し殺さなければなりません。

自分の言動で彼に嫌われないように発言ひとつにも注意しなければいけませんし、こんなに神経を使っていては彼と一緒にいても楽しめません。

デートが終わったらドッと疲れてしまいます。そればかりか、「やっとデートが終わった~」とホッとしてしまうかもしれません。

本来恋愛とは、自由で楽しいものです。

それが彼と喧嘩したくないと思っていると、こんなにも神経を使って楽しめないものとなっています。

こんなデートをこれからもずっと続けられるでしょうか?

さらに、人が緊張している状態というのは伝わります。

スーパーのレジでも新人のバイトさんが慣れない手付きで作業しているのと、ベテランのパートさんが手際よく作業しているのは新人さんの方が緊張しているのは言われなくても伝わりますよね。

科学的な話をすると人間の脳内の神経細胞にはミラーニューロンといって相手の行動を見て、自分自身までも同じ行動をとっているかのように反応するものがあるようです。

眠たくなくてもあくびをしている人がいたら、つられてしまうことありませんか?

つまりあなたが喧嘩をしないように気を使ったままだと、彼にもそれが伝わりお互いにリラックスできない関係になってしまいます。リラックスできない人とずっといたいとは思えないものです。

だから彼と喧嘩したくないあまり嫌われないよう行動して我慢し続けた結果、リラックスできない関係になってしまい、このままの状態を続けるのが難しくなるのです。

我慢し続けると出てしまう症状③いつまでも気持ちがズレたまま

どんなに息のあったカップルでも最初から息ピッタリだったと思いますか?

一見仲の良さそうなカップルでも、実際は見えない所で喧嘩や話し合いをしているものです。

お互いの違う所を我慢して合わせるのではなく、理解し合うことで関係を深めているのです。

しかし、喧嘩しないように理解し合あうことを諦めてしまうと永遠にお互いのことがわからないままです。

お互いのことがわからないまま付き合い続けても、息が合う日は訪れません。

むしろ、お互いが何を考えているのか理解できないので一緒にいても居心地の悪い関係になります。

一度気持ちがズレてしまうとずっとズレたままになってしまいます。

バンドの演奏も誰かがズレてしまうと音楽として成り立ちません。

だから、破天荒そうなバンドでもしっかりと練習する時間を設けています。

それは何度も何度も練習することで、必ず息が合うようになるからです。

人間同士が息が合うようになるには、それなりの努力をしなければ息が合う用にはならないのです。

同じようにカップルもひとつのチームです。お互いの気持ちがずれてしまうと、カップルとして成立しなくなってしまいます。

例えば、あなたが喧嘩をしたくないために彼に決断を任せてばかりいると彼は毎回毎回デートプランを考えなければなりません。

学校やバイト、仕事でただでさえいろんな予定があるのに彼女のことばかり考えていられません。

あなたにとっては、彼のしたいことを優先したい「彼のため」を思った行動でも、彼からしたらありがた迷惑でただただ面倒くさいのです。

人間は面倒くさいことを避けたい生き物なので、だんだんあなたといるのも面倒くさくなってしまう危険性があります。

だから、喧嘩することを避けてしまうと相手も自分の気持もわからなくなり、カップルという関係を続けるのすら難しくなってしまうのです。

喧嘩にならないように上手に伝えることが大事

どんなに喧嘩することを避けていても、自分の気持ちを押し殺していては彼との関係は良くなりません。

人間同士はいずれは、お互いの気持ちをぶつけ合う時が必要なのです。

しかし、自分の思ったことをそのまま伝えるのはちょっと待ってください!

子供同士の喧嘩ならそれでも許されますが、大人同士の喧嘩はもっと相手を思いやりながらしなければなりません。

なぜなら喧嘩の目的は「お互いの理解を深めること」で「相手を傷つけること」ではないからです。

彼との関係を良くするためには、自分の気持ちを上手に伝えるべきです。

そうすることで、2人の関係はよりよいものとなります。今からお伝えする方法は、すぐに真似できる方法をまとめました。

これは恋人だけでなくビジネスシーンや他の人間関係にも応用できるので参考にしてみてください。

喧嘩ではなくプレゼンするつもりで、準備する

いきなり相手に気持ちを伝えるといっても、今までしたことがないのにうまくできるか不安ですよね?

「喧嘩」や「話し合い」とイメージしても意見を言い合う必要がわかるけれど、どういう流れで?

何を言えば良いのか?そしてどうやって終わればいいのか?わからないことだらけでしょう。

その悩みから抜け出すには「喧嘩」という発想をやめましょう。

そして彼に自分の意見をプレゼンする気持ちで伝えてみましょう。

就職活動のときも必ず履歴書に自分の長所や短所など、自己アピールをしてきたはずですので同じように自分を客観視すれば簡単にできます。

まずはプレゼンのためには準備が必要です。

最初にしなければならないのは、彼に気持ちを伝えるための情報収集です。

そのためには、自分の気持ちを整理することから始めましょう。自分の気持ちが整理できれば、彼と話している最中に感情が高ぶってパニックになることを防げます。

スマートに自分の気持ちが伝えられれば、感情的な喧嘩にならずに落ち着いた話し合いができるのです。

さて、彼に対しての不満点を見つけてください!

と言われても今まで感情を抑えていた分、すぐにうかばないかもしれません。

そんな時は、次のデートの時に「なんか嫌だな、本当はこう言いたいな」と思ったことをデートが終わったらすぐスマホにメモしておきましょう。

トイレに行くタイミングがあればその時でもいいので、できるだけ忘れいないうちにメモにしましょう。

ただし、デート中にスマホばかり見ているとせっかくのデートが台無しになるので、彼といない時にしてくださいね。

自分の気持ちをメモする習慣をつけましょう。

忘れないうちにメモすることで、自分の気持ちがうやむやになるのを防ぎます。

そして一人になった時にメモを見返してみてください。

そうすれば客観的に自分の気持ちがわかります。

成功している偉人にはメモをとっている人が多く、エジソンやレオナルド・ダ・ヴィンチ、アインシュタインなども多くのメモを残していることで有名です。

これらの偉人たちは多くの新しいアイディアを生んだ人達です。

そんなすごい人でも、自分の考えを忘れないようにメモしたり、そのメモを見て考えを深めていたのですから真似しない手はありません。

そして話し合いの時に使うために、紙に自分の意見をまとめておきましょう。

この紙を見ながら彼と話すことで自分が言いたいことを忘れず伝えられますし、簡潔に伝わりやすいです。

もう一つ紙を用意するメリットは、人間の情報の90%は視覚から得るということが分かっているからです。

聴覚は3%です。

つまりダラダラと自分の意見を話してもあまり伝わらない可能性があるのです。

だから目で見える情報を入れることで、より理解してもらえるのです。

これを利用して最近は仕事の会議でも「書記」ではなく「グラフィックレコーディング」という会議を図にする手法も出てきました。

それぐらい、話の内容を見える化するのは意思疎通しやすくするために有益なのです。

彼氏と喧嘩したくなければ、こうして話し合うための準備をしておくことが冷製な話し合いに繋がります。

冷静な話し合いができれば、2人の意思疎通ができます。

そうすれば、お互い理解できるので彼氏に気持ちを伝える前に自分の気持ちを整理しておくことが重要です。

相手を傷つける言い方をしない

彼に気持ちを伝える準備ができても、そのまま気持ちをストレートに伝えるのは待ってください。

今度は言葉遣いに注意しましょう。同じことを伝えたくても言い方で受け取り方は全然違います。

相手を思いやった言葉遣いをすることで、お互いが傷つくことを防ぎます。

例えばあなたが彼に料理をつくって「今日はおいしいね」と言われるのと「今日もおいしいね」と言われるのではたった一文字ですが印象が違うのがわかるでしょうか?

「今日はおいしいね」と言われると褒められているけど前回は美味しくなかったのかな?と不安になり素直に喜べないですよね。

「今日もおいしいね」と言われると前回も美味しかったんだな、と安心して喜べます。

このようにたった一文字でも印象は変わってしまうので、特に直してほしい所や不満点を言う時は注意しなければなりません。

とはいっても、それを気にしていたら余計に何を言って良いのかわからなくなりますよね。

そんな時にまず気をつけたいのは、話すタイミングです。彼が疲れている時や、イライラしている時は避けましょう。お互いに落ち着いたタイミングで話し始めるのがベストです。

次に声のトーンです。

あからさまに怒っているようなイライラした雰囲気を出しては、それだけで彼は拒否反応を示します。

落ち着いて、普段どおりの雰囲気で話しましょう。無理に重い雰囲気にする必要もありません。

大声を出す必要もありません。とにかく話し合いには「冷静さ」が必要不可欠です。

感情的になると「大声を出してビックリした」という行動のインパクトしか印象に残らず、本質的な自分の気持ちは伝わらないのです。

最後に自分の気持ちを整理した紙を出すことで、落ち着いて自分の気持ちが伝えられます。

この時に彼を「なんで?○○しなかったの?」と攻めたり「あなたが悪い」と決めつけたりするのはやめましょう。

あなたは彼に謝ってほしいわけではなく、お互いの理解を深めることを目的にしているはずです。

その気持ちを忘れなければ「私は○○してほしかった」や「わたしもこうするべきだった」とあなたの気持ちを伝えることで2人の問題へと昇華できます。

これは「Iメッセージ」というコミュニケーションを円滑にするために用いられる心理学の手法で、実際に教育現場や職業コーチングなどでも使われています。

ここまで相手を思いやることができれば、あなたの気持ちも彼に伝わるでしょう。

喧嘩をしたくないのなら、相手を傷つけないよう言葉を選びましょう。

そうすれば、自分の言いたいことも伝えられ彼も素直に反省できるのです。

最後は必ず仲直りする長引かせない

最後にどんなに伝えたいことがたくさんあっても、話は簡潔に短く終わらせましょう。

いくら冷静に話していても、話が長引けば長引くほど集中力は途切れてきます。

人間の集中力は15分周期だという説があります。

人によって多少のバラツキはありますが、どちらにせよ長くは続きません。話し合いが長くなるにつれて話の内容よりも「面倒くさい」という気持ちが強くなります。

この状態になっては、せっかくお互いの理解を深めるための話し合いも「面倒くさい女」と思われて終わるという最悪の結果になってしまいます。

例えば小学校の校長先生の話は長く退屈で、何を話していたか覚えていない人がほとんどではないでしょうか?長く話せば気持ちが伝わるということではない、ということです。

iPhoneで有名なスティーブ・ジョブズ氏は、新商品の発売の度にプレゼンしていましたがその長さは5分です。

ジョブズ氏は商品もシンプルにこだわっていましたが、その製品のプレゼンまでもシンプルにこだわっていました。

シンプルの良いところは誰にでもわかりやすい所です。どんな製品かわからなければ、沢山の人がほしいとは思いません。

だから人に理解してもらうためにはシンプルにわかりやすくする必要があるのです。

そうするには、話し合いの時間は短くまとめましょう。

そして話し合いが終わったら、話題は引きずらないようにしましょう。

スッキリと話し合いが終われば、お互いに嫌な気持ちになりません。

彼氏と喧嘩したくなければ、自分の気持ちはシンプルに伝えましょう。

そうすることで面倒くさいと思われませんし、気持ちを伝え合うことが重荷にならないので風通しの良い関係になり2人の絆は深まるでしょう。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

喧嘩をしたくないのも彼への気持ちが強いから

彼氏と喧嘩したくないというのも、彼氏のことが好きだから出てきた感情です。

そう思うこと自体は悪いことではありません。しかし彼もあなたも人間なので、必ず意見の違いが出てくるのは覚悟しなければなりません。

それが嫌なら、アイドルやアニメのキャラクターに恋していたほうがドキドキした感情も得られますし、喧嘩することもありません。

ですが、架空の人物はあなたに一人に愛情を注ぐことは永遠にありません。

あなた一人をちゃんと選んで付き合っているのは、生身の人間のあなたの彼氏です。

そんなたった一人の彼と向き合うためには、喧嘩したくないという感情を捨てましょう。

関係が崩れるのが怖いのはわかります。

ですが、あなたが感情を抑えたままだと2人でいることがストレスに感じてしまいます。

そうなる前に、あなたの気持ちを整理して冷静に話し合う機会を設けましょう。

あなたが彼を思いやる気持ちがあれば大丈夫です。

その優しい気持ちは必ず彼に伝わります。お互いに思いやれる関係ができれば、2人の絆は深まっていくでしょう。