例文紹介!喧嘩した彼氏と仲直りしたい時のlineやメールってどうしたらいい?

些細なことで彼氏と喧嘩してしまったら、怒りがおさまってからやってくるのは憂鬱感。すぐに仲直りはしたいのですが、直接会うのも気まずいし…そんな時に考えるのが、lineやメールを利用して仲直りする事ではないでしょうか。

しかし、いざ送ろうとしてみるとなかなかいい文章が思い浮かばないものです。

悩めば悩むほど文字を入力する手が止まってしまいますが、できるだけ早く仲直りしたはず。

そんな時は彼氏への思いを飾らない言葉でシンプルに綴ったlineやメールを送るのがベスト。

色々と考えた結果回りくどい文章になってしまっては、仲直りしたいというあなたの気持ちがうまく伝わらなくなってしまいます。

ここで紹介する例文も参考にして、ぜひ彼氏に仲直りに効果的なlineやメールを送ってみましょう。

彼氏と喧嘩…仲直りしたいけどlineやメールの書き方に悩んでしまう…

・遊びに行くはずだったのに、彼氏に仕事が入って行けなくなり、それについて文句を言ったところ喧嘩に。

・出かけるなら買ってきてほしいと言ってあった日用品を彼氏が買ってくるのを忘れたため、つい怒ってしまった。

・彼氏がデートでどこに行くか決めてくれないのでイライラしてデート自体キャンセルした。

・ゲームに熱中して彼氏の話を聞いていなかったら彼氏が怒りだしたので、自分も言い返してしまった。

このように、どちらかだけが悪いわけではない喧嘩はカップルには結構あるものですが、それが長引いてしまうとお互いに意地を張ってしまい、余計仲直りできなくなってしまいます。

喧嘩直後は怒っていても、少し冷静さを取り戻すと

「どうしてあんなに怒ってしまったんだろう…仲直りしたいけどどうしよう…」

という後悔と憂鬱感が襲ってくることも。

喧嘩の後はなかなか連絡も取りづらいですし、直接会って話し合って仲直りをするというのも気まずさもあってハードルの高いものです。

そんな時でもlineやメールは、文章を考えてから相手に伝える事ができますし、時間を問わず簡単に送る事ができるので、仲直りにも使いやすい手段。

しかし、いざ本文を入力しようとすると、どんな文章を送ればいいのかと悩んで手が止まりがちです。

仲直りしたい気持ちはあるけれど、それをどうやって伝えたらいいのか分からず、悩み出すといつまでたっても彼氏にメッセージを送れなくなってしまい、時間が過ぎていくばかり。早くlineやメールを送って仲直りしたいのに、もどかしいものです。

lineやメールを送る時悩みがちなのはなぜ?→うまく気持ちが伝わるか不安だから!

lineやメールは、喧嘩した彼氏と仲直りするための連絡手段としては、手軽に送る事ができてすぐに実行しやすいものではあります。

しかし、文章のみで自分の仲直りしたいという気持ちを伝えようと思うと、うまく伝わらなくて仲直りできなかったらどうしようと悩んで、どんな文章を送るかなかなか決まらないことも。

「ごめんね。あなたの事が好きだから仲直りしたい」

だけでは、素っ気なくてまだ怒っているけれど渋々連絡したという風にとられてしまわないだろうか、逆に顔文字を使ったら真剣味が出ないかもしれないなど、入力しては消して…という作業を繰り返しがちです。

確実に気持ちが伝わる内容のlineやメールを送りたいと思うと、送ろうと思っていた文面が本当に正しいのか不安になり、なかなか送信ボタンを押せなくなってしまいます。

つまりlineやメールを送る時にずっと悩んでしまうのは、気持ちをしっかりと彼氏に伝えて仲直りしたいからだというのが前提にあります。

さらに、喧嘩の後どんな気持ちでどんな状況にいるかによって、気持ちを伝えたいlineやメールで悩んでしまうポイントも違うはず。

ここでは気持ちを伝える上でどんな事に悩んでしまうのか、喧嘩後にありがちな事を取り上げて解説していきます。

喧嘩後lineやメールの悩み1.彼氏に謝りたいけど謝り方が分からない

喧嘩している時は相手が絶対に悪いと思っていたけれど、自分にもやっぱり悪いところはあったと思うので謝りたい!
ヒートアップした言い争いが終わって、彼氏とも連絡を取らず部屋で1人冷静になってみると、そんな気持ちがこみ上げてくる事があります。

仲直りをするためには自分から謝らないといけないとは思うのですが、

「ごめんね。私も悪かったです」

とだけ送ればいいのだろうか。

短すぎても本当に謝っているという感じは出ないだろうし、かといって長々と反省文を書いたら重いと思われそうだし、どんな文章ならうまく伝わるだろう。

このように、謝りたいという気持ちがあってもそれをlineやメールで伝えようと思うと、どうやって本文を書いたらいいのか悩んでしまうものです。

謝るなら早い方がいいと分かっていても、それを伝える文章が思い浮かばず、仲直りのタイミングを逃してしまう危険性も。

喧嘩後lineやメールの悩み2連絡を取らなすぎてlineやメールを送るのが気まずい

喧嘩をしてしばらくは、もう連絡なんてしたくないと思っていたけれど、彼氏からの連絡も全くなくなってしまった。

寂しいし連絡して仲直りしたいけど、全然連絡を取っていないので、気まずくてどんなlineやメールを送ったら分からない!

喧嘩から結構時間が経ってしまうと、そんな悩みが出てきやすくなります。

喧嘩の直後は、相手とすぐに連絡を取ろうという気持ちにはなりにくく、音信不通の日々が続いてしまうことも。最初の頃は意地を張って

「相手が謝ってくるまで無視しよう!」

と思っていても、喧嘩をする前は仲のいい2人だったなら、次第に彼氏と連絡が取れない日々に不安を感じてしまうことに。

このまま自然消滅してしまうのは避けたいので、自分から仲直りのlineやメールを送ろうとは思っても、しばらく喧嘩から日が開いてしまったので気まずく、どんな内容にしたらいいのかなかなか思い浮かびません。

仲直りはしたいのですが、どう伝えれば今更感が出ずにうまく彼氏に届くのか分からず悩んでしまうことに。

喧嘩後lineやメールの悩み3.再度喧嘩になるのが嫌で送りづらい…

喧嘩してギスギスしたままでいるのは嫌なので、お互い悪いところはあったね、という事でもう仲直りしたい。

でも、彼氏の方がまだ怒っている可能性があるので、lineやメールの書き方がよくなかったら、うまく仲直りしたいという意図が伝わらず再度喧嘩になってしまうかもしれない。

文章で喧嘩をするのは余計に誤解も生まれそうなので避けたい…

そう思うと、言葉を選びながら文章を入力することになりますが、今度は回りくどくなってしまったり、あまり気持ちが伝わりにくくなってしまうことも。

「『この前は言い争いになってしまったけど、それも言いたい事を言い合える2人だからだと思います。

これからも一緒に、喧嘩になってもすぐに仲直りできるようなカップルに…』これでいいかな?」

など、じっくり考えるほどにどこかに地雷がありそうな気がして、なかなかこれだという文章が作れません。

lineやメール上で再度喧嘩になってしまうのを避けたいと思うのは、仲直りしたいなら当然の事ですが、どうしたらそうならない文章を作れるのかは悩みどころです。

素直が一番!彼氏と仲直りのlineやメールはシンプルに気持ちを伝えよう

彼氏と喧嘩をして悲しかったり、仲直りしたいと思うのは、彼氏のことが好きで大切に思っているからです。

もし逆に、あなたが彼氏からそういった気持ちを伝えてもらったら、喧嘩をしてしまった後だったとしても素直に嬉しく思い、仲直りしようと思うのではないでしょうか。

同じように、彼氏にもその気持ちをシンプルに飾らない言葉で伝えるのが一番です。

会ったことののない人や親しくない人に送るのではなくて彼氏に送る文章なので、頑張って感情を伝えようと言葉自体を工夫する事はしなくても大丈夫。

素直に本当の気持ちを言葉にすれば、ある程度あなたがどんな気持ちや表情でいるのかは読み取ってくれるはずです。

ここでは悩んでいるシチュエーション別に、仲直りに効果的な文例を紹介しますが、あくまでも自分の気持ちが入っていることが大切です。

自分の中で言いやすいような言葉に変えたり、一度内容を飲み込んでからlineやメールにしたりすると、よりしっかり彼氏に伝わる可能性が高くなるのです。

例文1.彼氏に謝るには?→長くなりすぎずにシンプルな言葉で!

自分にも悪いところがあった事に気づいて彼氏に謝りたいときは、まずは謝りたいと思っていることが一目で分かる文章にすることがポイント。

喧嘩の後に送られてきたlineやメールは、まだ腹が立っている時には冷静に読めない事も多いため、一目で“謝りたい!”という意志が伝わる文章にする事が必要なのです。

そうすることで彼氏がまだ怒っていたとしても、あなたの気持ちを受け取りやすく、そこから仲直りにつなげやすくなります。

lineやメールで、まず最初に目が行くのは1行目にある言葉。そのため、彼氏に謝ろうと決めたならまずは1行目で

「言いすぎてしまってごめんね」

のように謝っておくと、このlineやメールは謝る事を目的に書かれたものだと認識されて、彼氏にはあなたの「謝りたい」という意志が届きやすくなります。

逆にたくさんの文章を書いた後に

「〜なので、私も悪かったと思っています。本当にごめんね」

というように締めくくると、

「ごめんね」

まで読んでもらえなかったり、

『なんだか言い訳とかが多そうで面倒くさいな…』

と思われてしまったりすることも。

次に内容ですが、

「私も悪かったけれど、あなたも〜というところは直した方がいいと思う」

のように、彼氏を責める内容を入れると、

『本当に悪かったと思っているのかな?』と思われがちで、せっかくのあなたの謝りたいという気持ちが彼氏に届きにくく、仲直りが難しくなってしまいます。ここは”彼氏に謝る事”というテーマに絞り、彼氏に謝って欲しい事は入れないようにしましょう。
そのためにはl彼氏に対する怒りがきちんと収まっている事を確認してから、lineやメールの文章を作りはじめましょう。

また、“これからはこうしていきたい“という自分の改善点をさりげなく入れる事で、喧嘩についてあなたが自分の悪かったところをしっかりと分かっていて、とりあえず謝っておくのではなく、心から謝っているという印象が与えられるはず。

そのためにはある程度自分のどこが悪かったのかを振り返って、どう直していきたいのかを考えておく必要があります。

例えば、彼氏に仕事が入り、デートができなくなって怒ってしまった場合。

「これからは○○(彼氏の名前)が忙しい時に、怒ったりしないで支えていくね」

など、短めにまとめましょう。

喧嘩を振り返って、自分の悪かったところがたくさんある事に気付き、反省点や改善点もたくさん考えたので彼氏に聞いてほしい!と思ったとしても、すべてを文章に織り込むのはやめておきましょう。

「もし今度あなたに仕事が急に入ったら、カフェに行くなど1人で楽しめる事を探したり、怒らないで次に会える日を考えるようにします」

など具体的に書きすぎると、反省文のようになりすぎていて彼氏が重く感じてしまう可能性も。

さらに、少し当て付けのような雰囲気も出てしまいます。

謝るのは大切ですが、長文になりすぎると

『気持ちは伝わるけど少し怖いな』と思われてしまう危険性があるので、できるだけシンプルに。

普段からお互いに長文でのやりとりが多いならこの限りではありませんが、謝ることと仲直りをしたい事以外の要素はできるだけ少なくした方がストレートに気持ちが伝わります。

自分だけが謝るのは不公平だと思う気持ちもあるかもしれませんが、目的は彼氏と仲直りする事。謝りたい気持ちがあるなら、彼氏が反省していてもいなくても謝ってしまった方が、仲直りへの道は開けます。

先に謝られてしまうと、彼氏の方も意地をはる必要がなくなり、あなたに謝りやすくなるものです。

これを踏まえた例文です。

・この前は怒ってしまってごめんね。
○○も忙しいのに、私も色々言いすぎたと思って送りました。
これからは忙しい時には怒ったりしないで支えられるように頑張るね。
また2人で遊びに行ったり、美味しいものを食べたりしたいので今度会えないかな?
・怒って言いすぎてしまって本当にごめん。
楽しみにしていたのでつい怒ってしまったけど、○○も行きたかったはずなのにごめんね。
もう話を聞かずに怒ったりしないようにします!
今度ゆっくりできそうな日があったら、また展望台に行きたいね。今月はいつが空いているかな?

まず謝る言葉を伝え、次に改善点。最後にこれからの2人について書く事で、暗くもならず明るい内容で終わる事ができます。

何度も遅刻をするため怒られたなど、あなたが一方的に悪いという場合以外は、あまり深刻になってしまうと気軽に仲直りをするムードではなくなってしまいます。

顔文字や絵文字は使わない方が真剣な雰囲気は出ますが、謝りすぎたり反省しすぎたりはせず、最後はポジティブに締めくくりましょう。

申し訳ないと思っている気持ちと、これから楽しく付き合っていきたいという気持ちの両方が伝わり、彼氏の心も仲直りする方向に動くはず。

例文2.例文2.しばらく連絡が取れていない時は?→今の寂しい気持ちを素直に!

喧嘩の後しばらく連絡が取れていないと、直接会う程ではないとはいっても、lineやメールもやはり気まずいものです。

では連絡が取れていない今の気持ちはどういったものでしょう?おそらく寂しい、不安、もう一度彼氏と楽しく話したい,,,といったものではないでしょうか。

気まずさを隠してlineやメールを送るよりも、その寂しくて連絡を取りたいという素直な気持ちを伝えた方が、彼氏の心には届きやすくなります。

今更寂しかったり不安だったりする気持ちは恥ずかしくて送りにくいと思いがちですが、彼氏の方も、あなたがなかなか連絡してきてくれないので寂しく思っていたり、今更連絡をするのも気まずいしどうしよう…と思っていたりする可能性があります。

彼氏がそう思っていて連絡してこないなら、どう伝えようかと悩むよりも早く連絡してきてほしい!とあなたも思うはず。

それを踏まえた例文です。

・元気にしてますか?やっぱり○○と話す時間がないと、とても寂しいです。
言い合いになってから連絡していなくてごめんね。
○○がいたから毎日楽しかったんだって分かりました。また今までみたいにたくさん話して、たくさん笑ったりしたいです。今週また家に行ってもいいかな?
・今どうしてるかな?意地を張って連絡していなくてごめんね。○○がいないとこんなに寂しいんだと分かりました。このまま会えなかったらと思うと不安になることもあります。
久しぶりに声を聞きたいので、今日20時に電話してもいい?

男性は基本的に、必要とされたり頼られたりするのが好きなものです。素直に彼氏のことが好きで必要だという旨を伝えましょう。

しばらく連絡をとっていない場合は、少し距離が開いてしまっているのではないかと心配になるかもしれません。

そんな時は早めに会ったり、電話したりしたいという事もメッセージ内で伝えておくと、彼氏と直接話す機会ができます。

そうやってあなたを近くに感じさせることによって、以前のような親しい関係に戻るチャンスを掴みやすくなるのです。

例文3.もう喧嘩にならないようにするために→喧嘩の事には触れない!

結構激しく彼氏と言い争いになってしまった後は、自分は仲直りしたいけれど彼氏がまだ怒っているのではないかと心配になってしまうもの。

そんな時にlineやメールを送ったら、今度は文章での喧嘩になってしまって収拾がつかないのでは?と不安になると、そうならないための文章に悩んでしまいます。

もちろん彼氏も少しは怒っているかもしれませんが、この場合も先に謝ってしまう事で、lineやメールの文面が彼氏の心に届きやすくなるのです。

再度喧嘩にならないためのポイントは、2人の喧嘩の件については具体的に触れたりしない事。

例えば、“買ってきて欲しかった洗剤を彼氏が買ってこなかったのでイライラして怒ってしまった“という内容の喧嘩だった場合。

この場合は、”洗剤を買ってこなかった時”にという具体的な事は入れる必要がありません。入れてしまうと、

『またその話か。しつこいな』

『あれくらいで怒りすぎだと思うんだけど』

のように、彼氏の方にあなたに言い返したいという気持ちが生まれる文章になってしまい、喧嘩が再度勃発する危険性があります。

喧嘩してしまった原因をはっきりさせて解決したいんだけど…と思うこともあるはずですが、解決のための議論がまた喧嘩になってしまっては、2人の関係性は更に悪化してしまいます。

目的は喧嘩について掘り下げることではなく、彼氏との仲直りであるはず。喧嘩になってしまった事は一度置いておいて、先に謝ってしまう方が仲直りには効果的なのです。

それを踏まえた例文です。

・先週は言いすぎてごめんね。
ちょうど忙しくてイライラしてしまっていたんだけど、もうあんな事にはならないように気をつけるよ。
最近○○に会えていなくて寂しいから、もしよかったら明日仕事の後会えないかな?

彼氏がほぼ100%悪くて仲直りもしたくないというほどの重大な喧嘩でなければ、先にさらっと謝ってしまいましょう。もちろんこの場合もそこまで深刻に謝る必要はありません。

彼氏の方もあなたがまだ怒っているのではないだろうかと思っている可能性があるので、謝る+これからの提案をさりげなく伝えるという形にすれば、もうこの前の喧嘩は終わりにするという合図になり、意地をはる必要もなくなります。

喧嘩については触れず、先に謝るという基本形を押さえておきましょう。

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気!
恋愛悩みは人それぞれです。でも人に気軽に相談できないため、一人で抱え込むことになってしまうのです。そんな悩みに的確なアドバイスをくれるのが電話占い。進むべき未来へのヒントをもらえるので、ネガティブな恋愛をポジティブに変えることができます。[続きは下記]

併せて読む

「いつも恋愛がうまくいかない…」と悩んでいませんか? 恋愛は楽しいことばかりではありません。 片思いはもちろん、両想いであっても悩みは尽きません。 倦怠期、マンネリ、喧嘩、嫉妬など、さまざまな問題に悩まされているでしょう。 […]

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気おすすめ3選!

喧嘩した彼氏と仲直りするにはシンプルなlineやメールで素直な気持ちを!

彼氏と喧嘩をしてしまったら、最初はただ彼氏に腹が立つばかり。しかし気持ちが落ち着いてくると、今の状況が苦しくて早く仲直りしたいと思うようになるものです。

そんな時、まずは気軽に送れるlineやメールで仲直りする事を試みようとは思っても、いざ彼氏に送ろうと思ったらどんな文章にしたらいいのか悩んでしまう事も。

しかし、ポイントを押さえておけばシンプルな飾らない言葉で今の気持ちを綴った文章で大丈夫です。

なかなか文章だけで気持ちを伝えるのは難しいと思いがちですが、相手は元々気が合って仲が良かった人。素直に今の気持ちを伝えることが、一番うまく仲直りをする方法なのです。

喧嘩をしてしまって悩んでいるなら、早めに仲直りのlineやメールを送って、彼氏との幸せな日々を再開しましょう!