遠距離恋愛中の彼氏と喧嘩したときの仲直り方法

遠距離恋愛中は彼氏と会いたい時に会えなくて不安になることが多いのではないでしょうか?

そんな時に彼氏と喧嘩してしまうとなかなか相手の反応が見えなくて、更に不安になってしまします。遠距離なので直接会って仲直りすることも難しいですよね。

こんな時は早く仲直りしたい気持ちが先走って、慌てて行動してしまいます。

冷静に考えたら迷惑になることも、パニック状態では気付かないのです。

すると喧嘩している最中に火に油を注ぐ形になってしまい、取り返しのつかいない状態にまで発展してしまう恐れがあります。

それを防ぐためには、気持ちを一度冷静にしてしなければなりません。

気持ちが冷静ならば、自分の行いも反省できますし、彼氏にも何をしたら迷惑になるかも考えられます。

その状態ならばスムーズに仲直りできるでしょう。

本記事では、遠距離恋愛中に喧嘩してしまった時のスムーズな仲直りの仕方を紹介します。

慌てて行動する前に、まずは読んでいただくことで仲直りのお手伝いをいたします。

遠距離恋愛中の喧嘩を長引かせるのは心も離れる危機

そもそも遠距離恋愛が近距離恋愛と違うところはどこでしょう?ずばり、距離が離れていることですね。

まず、距離が離れていると会うために時間もお金もかかりますのですぐに会うことができません。

距離が離れているとパートナーが何をしているのかわかりません。

「今何してるんだろう?」「どんな気持ちなんだろう?」と相手のことを考えているだけでは答えが出ません。

そして連絡をしても、それが本当かは確かめる術がありません。

相手の姿が見えず実態がわからないので、だんだんと会えないことに不安を覚えることが増えてくるでしょう。

それに加えて、会ってコミュニケーションを取る機会が近距離恋愛のカップルに比べて少なくなります。

そのため遠距離カップルのコミュニケーション手段は電話やメールやSNSになります。

電話やメールは言葉を主にしたコミュニケーションです。

言葉だけで伝えるということは、誤解が生まれやすくなります。なぜなら言葉は人によって受け取り方が違うからです。

例えば「忙しい」と伝えるのも、頻繁に会ってクタクタになっている姿を知っているのと、全然会えて無くて本当に忙しいのかわからないような状況では受け取り方が変わってきます。

頻繁に会えていれば、忙しい時の姿を見ていますし、少し会わなくてもまた会うことができるので「忙しいから会えない」と言われればすんなりと受け入れられるでしょう。

全然会えていなければ、会うこと自体が大イベントです。

それを「忙しいから会えない」と言われたら「なんで?会うって約束してたのに!」と相手を気遣う気持ちよりも予定が狂ったことに対するショックの気持ちが強くなり喧嘩に発展するかもしれません。

このように遠距離恋愛のように距離が離れていると、近距離恋愛よりも喧嘩に発展しやすくなってしまうのです。

近くに住んでいれば、会っている間に誤解があればすぐ撤回ができます。喧嘩したときでも、すぐに会って仲直りしてそのままデートにも行くことができます。

遠距離恋愛ではこの仲直りすら、連絡に出てもらえなければすることもできないのです。

心理学では「物理的な距離と心理的な距離は比例する」という説もあります。

例えばガラガラの電車内であえて、人の隣にピッタリすることは避ける人が多いのではないでしょうか。

人にはパーソナルスペースという縄張りのようなものがあるのです。実際に知らない人に隣にピッタリこられたら、離れたくなりますよね?

遠距離恋愛はこの物理的な距離が離れた状態です。

だから、心理的な距離を離さないように気をつけなければならないのです。なぜなら、物理的な距離が離れているのに喧嘩して心理的な距離が離れてしまったら、本当に関係が終わってしまうからです。

遠距離恋愛は会おうと思わなければ、会うことができません。どちらかが関係をやめようと思えば、自然消滅できてしまう脆さがあります。

だから、喧嘩してなかなか仲直りできない状況が続くのは危険なのです。

喧嘩のきっかけを知らなければ、喧嘩のループ

遠距離恋愛では喧嘩した状況を長引かせてはいけません。だからといって「早く仲直りしなきゃ!」と慌ててしまっては逆効果です。

人は焦っているときには正しい判断をできないものです。

まずは落ち着いて喧嘩になりやすい状況を知っておきましょう。

これを知らなければ同じことを繰り返してしまいます。度々、喧嘩が繰り返されるとせっかく仲直りできても意味がありません。

今回ご紹介するのは、会えないからこそ気をつけたいポイントばかりですので、遠距離恋愛中のあなたは必読です。

喧嘩になりやすい状況①連絡頻度の価値観が違う

彼氏への連絡はどのぐらいの頻度でしていますか?遠距離恋愛の会えない寂しさを埋めるためには電話やメールは必須です。

しかし、どれぐらいの頻度でするべきか価値観には個人差があります。

例えばあなたが暇さえあれば彼氏と頻繁に連絡をとりあっていたい気持ちがあっても、彼氏も同じ気持ちかはわかりません。

もし彼があなたと連絡を取り合うことに重きを置いていないのであれば、まずここで気持ちがすれ違ってしまいます。

電話にしてもLINEにしても、実際に会って話すのと違うのは返事を考えないといけないことです。

会っている時というのは、食事したり映画を見たり同じ行動をとることで会話がなくても成り立つ時間があるのです。

手をつないで歩いている時は、会話がなくても相手と触れ合っているのでドキドキして刺激のある時間が過ごせますよね。

遠距離恋愛で会えないと「一緒にいるだけでいい」というような過ごし方を物理的にしづらいです。

だから電話やLINEのコミュニケーションのとり方は、次のデートの日程を決めるためだったり具体的に話す内容がある場合は向いています。

ですが、なんとなく寂しいから声が聞きたいな~と特に話す内容がないと返事に困ります。

最初のうちはそういう所もかわいいと思われるかもしれませんが、だんだんと面倒くさく思われます。

話す内容もなくて返事を考えるのが面倒くさくなってくると、当然連絡頻度も落ちます。

それはあなたが嫌いになったわけではなく、単純に連絡する必要がないからです。

しかし困ったことに遠距離恋愛は、他にコミュニケーションをとる手段がありません。

連絡がないと相手が何をしているのかわかりません。するとどんどん不安な気持ちが勝ってきます。

不安な気持ちを安心させるためにまた連絡して、彼からの反応がよくないとまた不安になるという悪循環に陥ります。

この連絡頻度の価値観のすれ違いが、喧嘩になりやすい状況をつくってしまうのです。

喧嘩になりやすい状況②感謝の気持ちを忘れる

なかなか会えない遠距離恋愛で久々のデートは一大イベントです。

貴重なデートなので楽しい時間を過ごしたいもの。遠距離恋愛は2人が会うことすら大変なことです。

お金と時間の都合をあわせなければ、会うことができないのです。

会うことができただけでもお互いに感謝しなければなりません。

ですが、それほど期待していると思い通りじゃなかった時にショックも大きいのです。

あなたは久しぶりに会うので彼のために精一杯オシャレして行ったのに、彼がそのことにスルーだったらガッカリしませんか?

そうなると感謝の気持ちよりも「せっかくこの日のために頑張ったのに!」と彼を責める気持ちの方が強くなってしまいます。

そんな気持ちは彼にも伝わってしまいます。

彼からしたら「なんでせっかく会えたのに不機嫌な態度とられなきゃいけないんだ」という気持ちになり、また会いたいとは思えなくなります。

これでは、お互いに「なんで」「なんで」と余裕がなくなってしまいます

。余裕がなくなると、相手の気持ちまで考えられなくなります。

このように遠距離恋愛は、近距離恋愛だと悩まないようなことでも悩まなければなりません。距離が離れている分、不安も多くなり余裕がなくなってしまうのです。

だから感謝の気持ちを忘れると余裕がなくなり喧嘩になってしまうのです。

喧嘩になりやすい状況③彼氏に依存している

彼氏のことが大好きだと、用事がなくても会いたくなったり声が聞きたくなるのは不思議なことではありません。

ですが彼氏に会えない時間どう過ごしていいのかわからなかったり、何をするにも彼氏の意見を聞かないと安心できなかったり「彼氏がいないと何もできない」状態になっていると、彼氏に依存しすぎです。

「彼のことが好きなんだから、彼のことで頭がいっぱいになることの何が悪いの?」と思うかもしれません。

確かにお互いが必要としている関係だからこそ、ずっと一緒にいたいと思うわけです。

ですが、相手を思いやるのと依存するのには大きな違いがあります。

その違いは、依存していると相手を求めるばかりになってしまいます。

依存していなければ「彼を愛したい」「彼と少しでも会えたらいい」と相手に求めなくても、自分で自分を満足させることが上手にできます。

しかし、依存していると「彼に愛してほしい」「彼ともっと会いたい」と全てが自分本位になります。

自分が彼に尽くすことも、彼のためではなく「彼に尽くしている自分が好きだから」です。

そのため依存した状態では、彼にとってあなたの愛情表現は重たく感じるようになります。

何をしても「もっともっと」と求められては、疲れ果ててしまいます。

ですが相手に依存していると、その気持ちのズレにも気づくことができません。自分本位になるということは、相手の気持ちが見えない状態になるからです。

遠距離恋愛はただでさえ不安になりがちなので、その不安を解消しようとします。

ですが相手に依存して求めるばかりだとどこまでも満足できません。当然、気持ちもすれ違ってきます。その結果、彼氏に依存していると喧嘩するようになってしまうのです。

喧嘩した時の仲直りは、待つよりあなたがきっかけをつくって

遠距離恋愛は相手の姿が見えない分、不安な気持ちになりやすいです。心を満たしたくても、すぐに会えません。

そうなると気持ちがすれ違い、喧嘩になってしまうんですね。

しかし、喧嘩したからといってお互いの気持ちも離れたままでいいのでしょうか?

近距離カップルでも四六時中ずっと一緒にいるわけではありません。

世の中のうまくいっているカップルがしていること、それは気持ちのすれ違いを埋める工夫です。

寂しい、不安だと嘆いているばかりでは何も解決しません。離れているからこそ、この障害を絆を深めるチャンスにしましょう。

この障害を乗り越えれば、どんなに離れていても怖くありません。次に紹介する方法は、特別な道具や予想外の行動は必要ありません。

あくまで普段の生活の延長上でできる方法です。そうすることで、お互いに負担ない関係が続けられます。迷う時間があったら、すぐに真似してみてくださいね。

カップル専用アプリを活用する

どちらかが連絡をたくさんしたくても、どちらかが連絡をしたくなければ気持ちのキャッチボールはできません。

連絡をしたい方が連絡がくるまで我慢するしかないのでしょうか?

まずは連絡頻度の価値観の違いを認識しましょう。

そのためには彼ときちんと話し合わなければなりません。

その時にどちらかにあわせようとするとまた無理がでてきます。

我慢したり無理をしても関係は続けられません。そんな時にオススメしたいのはカップル専用アプリです。

このアプリを使えば、連絡以外にも2人の気持ちを共有する機能がたくさんあります。

そのため「連絡をしなくちゃ不安でたまらない」という一方的に連絡ばかりしてしまう気持ちを抑えてくれるのです。

そうすれば、どちらも連絡によるストレスなく過ごせます。このアプリを使うことで、連絡によるストレスがなくなることがわかれば彼とも仲直りできるでしょう。

アプリ自体も無料でダウンロードできるものが多いので気軽です。

喧嘩してるのに新しいアプリをダウンロードしてくれるの?と思うかもしれませんが、二人の関係を続けるためには必要だということを伝えましょう。

どんな便利な機能があるのか今からお伝えします。

パートナーとしか繋がれない

カップル専用アプリが他の連絡ツールと違うのは繋がれるのはパートナーたった一人です。そのため他の人に間違って連絡してしまう心配もありません。

LINEを使っていると、通知が来ても誰からか見ないとわかりません。

しかし、カップル専用アプリなら通知があれば必ずパートナーからだということがわかります。

いちいちアプリを開いてトーク画面を探す手間もありません。

また他の人に間違えて恋人あてに送るはずだった恥ずかしい内容を送ってしまう心配もありません。

連絡が気軽

カップル専用アプリはLINEのようなチャットや、無料電話もできます。

チャットにはオリジナルのスタンプもあり、カップルに使いやすいようにカップルのキャラクターのスタンプになっています。

イチャイチャしていたり愛情表現ができるスタンプが多く、言葉では表現しづらいこともスタンプなら気軽に送れます。

「連絡するのめんどくさいな」という時にも使いやすいのです。愛情表現もスタンプですますことができれば、連絡が面倒くさくと思う彼でも続けやすいでしょう。

思い出を共有できる

アルバムの共有や記念日を記録してくれる機能があり、2人の思い出を残すこともできます。

カレンダーに予定を入れればカウントダウンしてくれるので、2人が会う日までを共有することもできます。

どちらかが仕事がある時はカレンダーに予定を入れておくことで、「予定があるのいつだっけ?」と無駄な連絡をしてイライラすることもありません。

会えない時は写真を共有できるので、思い出すと寂しさも紛らわすことができます。

こうしてアプリを通して2人の思い出を作っていくことで、沢山連絡をしなくても気持ちが共有できます。

連絡以外の形で気持ちが共有できれば頻繁に連絡する必要はありません。このメリットを理解してもらえれば彼もアプリをダウンロードしてくれるでしょう。

私も実際にBetweenというアプリを交際中から結婚している今でも使っていますが、本当に便利です。

付き合った日からカウントダウンしてくれるのですが、改めて数字で見ると「こんなに一緒にいるのか~」と感慨深いものがあります。連絡不精の夫もスタンプなら毎日連絡してくれています。

喧嘩していても楽しかった時の写真を見返すと、怒っていたのも冷静にさせてくれます。

このアプリは世界中で2000万ダウンロードされているようで人気も納得できる使い勝手の良さです。

こうしてお互いの気持ちを連絡すること以外の形で共有することで、「連絡がないと不安」という気持ちから解放されます。そうすれば喧嘩している彼とも仲直りできるのです。

感謝の日記をつける

あなたは彼に感謝の気持ちを伝えていますか?「感謝するのは大切なことだ」というのはよく聞くけれど、どうして大切なのか考えたことはあるでしょうか。

感謝する感情は相手のことをよく見ていないと湧いてきません。例えば会ってくれるのも当たり前だと思えば、感謝の気持ちは湧いてきません。

しかし会うためにはお金と時間をかけてたくさんの準備をしてくれたことがわかれば、どんなに大変だったかわかるので感謝の気持ちが湧いてきます。

だから感謝の気持ちを伝えることは相手を認めていることなのです。自分のことをよく見てくれて、認めてくれる人とならずっと一緒にいたいですよね。

そう思ってもらうためには頻繁に感謝の気持ちを伝えましょう。

しかし喧嘩している時や喧嘩するような雰囲気になってしまう時というのは、感謝の気持ちを忘れてしまいがちなのです。

それは、心に余裕がないからです。不安な気持ちが強くなってしまったばかりに、自分のことで頭がいっぱいになってしまっています。

そんな時は、相手のことが見えずなかなか感謝の気持ちは湧いてきません。

そんな時にオススメなのがメンタリストDaiGoさんが紹介している「感謝日記」です。

参考:YoutubeメンタリストDaiGo「3分で心の余裕を作る方法」

やり方は一週間に一回、自分が何に対して感謝しているかについて書く(動物でも自然でもなんでもいい。)これだけです。

毎日である必要もなく週イチでも効果が得られるそうです。

これを続けることで心に余裕ができできます。

感謝することで幸福感があがることは心理学者のマーティン・セリグマン氏の実験でも明らかにされています。

SNSではこの感謝日記を実践している人も多く、やはり寝付きが良くなったり、心が安定したり効果があるようです。

「#感謝日記」と検索すればTwitterを日記代わりにしてつぶやいているアカウントもありました。

これを真似して彼と共有するとお互いに感謝しあうのをみれるので2人で幸福度を上げることができます。感謝し合う行為はお互いの幸福度を上げる論文もあります。

2009年にマンチェスター大学の研究者が発表した論文によれば、感謝の気持ちを持つことで、ストレスを抑制する働きがある「視床下部」や、報酬系の一部を担う「腹側被蓋野」が活性化することがわかりました。つまり感謝には、ストレスを軽減したり、快の感情を増幅させる効果があるということ。また、ノースカロライナ大学の社会心理学者サラ・アルゴ氏らが実施した、77組のカップルを対象とした研究では、感謝するという行為により、感謝する側とされる側両方において、オキシトシンの分泌が活性化されることが示唆されています。

引用:STUDY HACKER 「感謝できない人」はやっぱり損だらけ。ありがとうの気持ちを “3つの習慣” で取り戻そう

感謝日記をつけるだけで、不安感が収まり幸福度も上がれば心に余裕ができ感謝の気持が湧いてくるでしょう。

幸せオーラがある人とは一緒にいたくなるものです。あなたも不安でどんよりしている人より、幸せそうで温かい空気の人と一緒にいたくないですか?

あなたの気持ちが安定すれば、彼もそれに気づくでしょう。その状態で感謝の気持ちを彼に伝えれば喧嘩していても仲直りもすんなりできるのです。

会えない時は自分磨きをする

喧嘩したらすぐにでも会って仲直りしたいですが、なかなか会えるものではありません。

そんな時にジタバタしても自体は変わらないでしょう。

遠距離恋愛中はどうやったって距離は縮まりません。離れている不安を解消しなければ、また喧嘩してしまいます。

ならば喧嘩してる今こそ自分磨きをしましょう。

あなたが精神的に自立すれば、彼に依存することもありません。彼以外にも熱中できるものがあれば、彼の行動に一喜一憂することもありませんし自分のペースで自分の人生を楽しむことができます。

楽しそうな人のそばには人がよってきます。そしてどんどん魅力的な人物になることで、彼からあなたを追いかけたくなるでしょう。

でもいきなり自分磨きしろと言われても、何からしていいやらわかりませんよね?

まず覚えておいてもらいたいのが自分磨きは自分のためにするのです。彼のためではありません。

そのため「料理の腕を磨いて彼に喜んでもらおう」「彼と結婚したときのために何か身につけよう」など彼のために頑張るのはやめましょう。

彼のために頑張ってしまうと、あなたがどんなに頑張っても彼の反応に気持ちが左右されてしまいます。それだといつまでも自立できません。

自分の好きなこと、読書、メイク、筋トレなんでもいいです。

今ではどんなジャンルでも無料でYoutubeにたくさんのHow to 動画があります。

「一人じゃ長続きじそうにないけど、習い事に行くのも時間がないし大変そう。」という場合は、お家でできる習い事がオススメです。

これはパソコンかスマホがあればお家でいつでも始めることができます。

家賃や維持費がかからないことから、実際に行くよりも低価格でレッスンをうけることができます。

人に見てもらうことで、投げ出すことを防止できますし、客観的に自分を見てもらうことで新しい発見があります。

習い事や自分磨きって時間がかかるんじゃないの?と思うかもしれませんが、完璧になる必要はありません。あくまで「彼以外の何かに熱中する」ということが重要です。

私の場合は自分に自信がない時に「ストアカ」というアプリで「顔タイプ診断」という、自分の顔タイプから似合う服やメイクを教えてもらいました。

内面の自信をつけるよりも、外見の自信はある程度お金で解決できるので簡単です。

似合うテイストがわかると一気に垢抜けてオシャレになります。外見が変われば自然と自信が湧いてくるし、次はどんな服を着よう?と考えることで、今までウジウジ悩んでいた時間をワクワクすることを考える時間に変えることができました。

このように、自分磨きをすると時間の使い方も変わってきます。

だから自分磨きをすると楽しい時間が増え、彼氏のことで悩む時間が減ってきます。

そうすれば、物事をポジティブに捉えることができ明るい雰囲気になってくるでしょう。

そうすれば彼との喧嘩もカラッと仲直りできるようになるのです。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

遠距離恋愛中の喧嘩はしょうがない。でも繰り返さないで

遠距離恋愛でも関係を続けようと思ったのはそれほど相手のことが好きだから。気持ちが強くなければ遠距離恋愛をしようとはそもそも思いません。

しかし付き合っているのが当たり前になってくると、この事実を忘れがちです。そうすると相手のことが思いやれなくなり、不安に押しつぶされ心の余裕がなくなります。

余裕がなくなると、自分のことで頭がいっぱいになり相手を責める気持ちが強くなり、喧嘩に発展しやすくなります。

まずは喧嘩したら謝ることはは基本です。

そして、同じような喧嘩を繰り返さないことが大切です。

だから遠距離恋愛してるときこそ、心の余裕を持ちましょう。

そのためには、あなたが彼がいなくても幸せでいることが大切です。

幸せそうでポジティブオーラの人とはどんなに離れていても会いたいと思うものです。そうすれば喧嘩することも少なくなります。

そんな居心地のいい関係なら、距離が離れていても心の距離が離れることはないでしょう。