カップルが喧嘩してしまうありがちな理由5選!うまく回避する方法とは!?

恋人の喧嘩は、心が疲れてしまうし相手との関係もギクシャクしてしまうため、できるだけ避けたいもの。

しかし、避けようとは思っていてもなぜか喧嘩になってしまう.,.そんな経験はありませんか?

実は、そんな時はお互いへの理解が不足していて、知らないうちに喧嘩になりやすい状況を生んでしまっている事が多いのです。

そこでまずは喧嘩になってしまう理由にありがちなことを知っておく事が必要。喧嘩になりやすい状況がわかっていれば、あらかじめそんな状況にならないように気を付けて回避もできるはず。

うまく喧嘩の芽を摘んで、穏やかに長続きするカップルを目指しましょう。

回避するためには知っておきたい!カップルの喧嘩が発生する理由とは?

彼氏と喧嘩はしたくないのに、いつも喧嘩になってしまう。

喧嘩が原因で別れてしまう事があったので、今度こそ喧嘩しないようにしたい!

このように思っている方は多いのではないでしょうか。

カップルの喧嘩は楽しいものではなく、お互いの気持ちが荒んでしまうためできるだけ避けたいものですが、そもそも喧嘩が起こってしまう理由とは何でしょう?

喧嘩になってしまう理由がわからないと回避するのも難しいので、まずは喧嘩の理由にありがちなものを知りたいですよね。

カップルの喧嘩が発生する理由!もめてしまうのはお互いへの理解不足も関係が!?

  • 浮気をする
  • 約束を破る
  • 相手の持ち物を壊す、借りたまま返さない
  • 何度も遅刻する

このように明らかに悪いだろうと分かっていることは避けるように気をつける事ができても、そうでない場合は喧嘩になってしまう理由がよく分からず、気付いたら喧嘩になってしまっているということも。

なぜ喧嘩になってしまうのかわからないという時は、お互いへの理解が不足しているという場合も多いのです。

そこで今回は、カップルがお互い明確な非がないのに、なぜか喧嘩になってしまう時にありがちな理由を自分や周囲の人々の経験も参考にして5つにまとめました。

どんな時に喧嘩になってしまうのかを知っておくために、まずはそれぞれを詳しく見ていきましょう。

喧嘩の理由1.彼氏が共感してくれない

仕事で嫌な事があって、彼氏に聞いてほしくて

「今日仕事でこんなミスをしてトラブルになってしまって…」

と話し出した時に

「タスクごとに優先順位をつけていないからそうなるんじゃない」

など、まるで仕事仲間にするようなアドバイスをされたら
(ちゃんと辛かった気持ちを聞いてほしいのに…)

と思ってモヤモヤしてしまう事はありませんか?

話の途中でも

「この経験を活かして次は失敗しないようにすればいいよ」

と言われて、最後まで話せなかったという時もあるかもしれません。

男性は話を聞いて共感するのが苦手な事が多く、話の途中でついアドバイスをしようとしてしまいがち。

しかし、辛かった事を聞いてもらって心を軽くしたかったのに、彼氏にそんな対応をされたらイライラしてしまい、

「なんで話を聞いてくれないの!」と怒ってしまう事も。

また、自分の気持ちを話している途中で

「それで結局何?」

のように言われたら、
(全然話を聞いてくれない!思いやりがないんじゃない⁉︎)

と、更にイライラが募り、喧嘩に発展してしまいがちです。

喧嘩の理由2.デートに乗り気になってくれない

同棲しているカップルにありがちですが、せっかくの休みなのに彼氏がゴロゴロしていてなかなかデートに乗り気になってくれないという事もありがちな理由です。

男性には休みの日はゆっくりしたいとか、気が向いたら出かけるけれどそこまで積極的に遊びに行きたいわけではないという人も多いもの。

私の場合も

「どこか行こう」

と言っても

「そうだね」

とは言われるものの結局は出かけられず、夕方に近所の居酒屋に行って終わりという事は多々ありました。

「何でそんなにやる気がないの!」

と怒っても、

「別に行かないなんて言ってないし」

のように言い返されたりして喧嘩に。

同棲していなかった時期にも、2人で会う約束はしたもののどこに行くのか決まらず、繁華街をぶらぶらして、歩き疲れてお互いに不機嫌になって解散といった残念なデートも。

一緒に楽しく過ごしたいのに彼氏がデートに乗り気になってくれないと、がっかりする気分と、自分のことを適当に考えているのではないかという不満が相まって、喧嘩に発展しやすいものなのです。

喧嘩の理由3.連絡が取れない

彼氏とたわいもない話をしたくてlineやメールを送っても返信がなかったら、一度ならともかく何度も続くと悲しくなってしまうものです。

既読はついているのに返信はない…という時は、あえて無視されているのではないかと思ってしまう事も。

しかもそんな状況なのに他の人にはしっかり返信している事が分かったら、余計に腹立たしくなってしまいます。

男性はあまり文字でコミュニケーションをとる事が得意ではなく、lineも素っ気ないことは多いのですが、素っ気なかったとしても返信はしてほしい!と思う時も。

更に

「どうして連絡してくれないの」

と言っても、

「仕事で忙しい」

のように、連絡しなかったことを特に悪いとは思っていないように返されたら、より怒りも募って喧嘩になりがちに。

喧嘩の理由4.金銭感覚に違和感

パートナーとして付き合っていく上では、金銭感覚が一致していることは重要です。

しかし、ものすごく浪費する、逆にものすごくケチであるといった場合以外にも、相手の金銭感覚に違和感を覚える事も。

例えば、

  • 好きなアーティストのライブには何万円もかけて遠征に行くのに、普段のデートはそこまで豪華にはしてくれない
  • そこまで機能性が優れているというわけでもない高い車を買う
  • 節約しないと!と言いながら後輩に奢る
  • 友達へのプレゼントに高価なものを贈りすぎの気が…

など、自分ならしないだろうなというお金の使い方を彼氏がしていたら

「そんなに無駄遣いしないでほしい」

と言ってしまいがちです。そうすると相手も

「関係ないのに口出ししないで」

のように怒ってしまい、喧嘩になる事があります。

喧嘩の理由5.やきもちから喧嘩に発展

浮気しているわけではなくても、彼氏が女性とプライベートで会ったり、仕事関係の人だったとしても業務以外の話を親しげに話したりしていたら、なんだかモヤモヤする事もあるはずです。

普段からその女性から連絡がある、仕事関係の人のはずなのにタメ口で話しているなど、あまりにもモヤモヤが積み重なってしまうと、

「もうあの人とはあまり話さないで!」

と怒ってしまい、

「なんで仕事関係の人なのにそんなに怒るの!」

「ただの友達なんだけど!」

と怒って返されてしまう事も。

逆に、

「会社の○○さんってすごく仕事ができて…」

と仕事関係の男性を褒めたら彼氏が不機嫌になり、
「だったらその人と付き合えばいいのに」

などと言われて喧嘩に発展という事もありがちです。

理由が分かればカップルの喧嘩は回避できる!まずはお互いを知る事が必要

なぜか彼氏と喧嘩になってしまう理由にありがちなことは上記で紹介しましたが、一言でまとめると「価値観の違い」です。

仲のいいカップルでも、男女の違い、性格の違いなども相まって、全く価値観が同じであるということはほとんどありません。

そのため、まずは彼氏とはお互い別々の価値観を持っているという前提で接する事が必要です。

そうする事で相手のことを知ろう、自分のことを知ってもらおうという意識が生まれ、気持ちのすれ違いからなぜか喧嘩になってしまうという事態を避けられるのです。

では、各喧嘩の理由にありがちなことを、お互いを知ることで回避する方法を具体的に見ていきましょう。

喧嘩の回避1.彼氏が共感してくれない→「聞いてほしい」という前置きを

彼氏があなたの辛かった事に共感してくれない時はイライラしてしまいますが、そういった事が苦手な男性は結構多いものです。なんの前置きもなく

「今日仕事で嫌な事があって〜」

と話し始めると、「相談」されているのだから、アドバイスをしなければならないと思ってしまう事も。

「そういう時は優先順位を決めて取り掛かるといいよ」

といった何だか的外れに思える返答も、彼氏なりに一生懸命あなたの役に立つようにと考えたものなので、

「そういう事を言っているんじゃないんだけど!」

と怒って答えてしまうと、

『せっかく考えて答えたのに怒る意味がわからない!』

と彼氏は不満に思って、そこから喧嘩になりやすくなってしまいます。

この流れにならないためには、あなた自身は”彼氏は何かアドバイスをしなければならないと思っただけで悪気はない“という事を知り、彼氏には”自分はあなたに話を聞いてほしいだけなのだ“という事をあらかじめ知っておいてもらう事が必要です。

仕事で嫌な事があったのを聞いてほしいという場合でも、話し出す前に一呼吸おいて

「今日は仕事ですごく嫌な事があって、誰かに話さないと辛いからただ話を聞いてほしいんだ」

と前もって伝えておけば、彼氏も

『そうか。この話はただ聞いてほしいから話しているのであって、アドバイスはいらないんだな』

と認識する事ができ、途中で余計な口を挟んであなたを怒らせる事もなく、お互いにイライラしてしまうリスクが激減します。

嫌な事があった時はそんな前置きを入れるのも面倒で、勢いに任せてそのまま話し出したくはなりますが、この一言を入れる事で、スムーズに“嫌だった事”を彼氏に話せるようになります。

また、実際にアドバイスがほしい時も

「ちょっと意見を聞きたいんだけど」

というように前置きを入れるとよいでしょう。そうする事で、回数を重ねるごとに

「話を聞いてほしいんだけど」

という前置きがなくても、

『今回は意見を聞きたいとは言っていないし、話を聞いてほしいんだな』

と彼氏の方で察する事ができる確率も上がっていきます。

一言追加するだけで会話でのイライラが減少するので、ぜひ覚えておきましょう。

喧嘩の回避2.デートに乗り気になってくれない→自分からもプランを提案しよう

せっかくのデートなのに、結局どこにもいけなかったり楽しめなかったりしたら残念に思ってしまい、そこから喧嘩に発展してしまう事も。

彼氏がゴロゴロしていたり、なかなか出かけようとしないなどデートに乗り気でないという時は、

  • 本当にものすごく疲れていてゆっくりしたい
  • ものすごく疲れているわけではないが何だか面倒くさい

の2パターンが考えられます。

前者の場合は体力や精神力が限界という事なので、ゆっくり休んでもらって余裕ができたらまた一緒に遊びに行くという対策しかありませんが、問題は後者です。

普段忙しく働いている男性は、休みの日はゆっくりしていたいと思いがちではありますが、喧嘩を回避するには、なぜ彼氏がデートが面倒だと思ってしまうのか知っておく必要があります。

例えば、デートのプランを立てる時、彼氏に

「どこに行きたい?」「何食べる?」

と聞かれたら

「どこでもいいよ」「何でもいいよ」

と言うことが多かったりはしないでしょうか。

また、どこでもいいと言いはしたけれど、彼氏が

「じゃあロボットの展示イベントへ行こう」

など、全然あなたが興味のないイベントや展覧会を提案してきたら、

「さすがにそれはちょっと嫌だな」

と言ってしまう事もあるはず。そうなると、彼氏はデートプランを考えるのが面倒になってしまいます。

どこでもいいとは言っても興味がある範囲でデートプランを考えたいものですが、彼氏はあなたの興味がある範囲がどこまでなのか知らない可能性があります。

そのため、具体的にどこに行きたいか決まっていない場合でも

「体を動かせるところがいいな」

「美術館はどうかな」

など、行こうと思う範囲を指定しておくと彼氏側も

「ボルダリングでもする?」

「○○市の美術館は面白そうかも」

というようにプランを提案しやすくなります。

「どこでもいい」

と言った場合は、どんなところを提案されても否定しないことが必要。彼氏にデートプランを任せて否定する流れが多いと、彼氏もデート=面倒なものと思ってしまいます。

今の時点ですでに彼氏がデートに全然乗り気でなく、上記のように聞かれる事もないという場合は、自分から具体的なデートプランを提案してみましょう。

ポイントはなるべく2人とも楽しめるものにする事です。

・まずは水族館へ行く→その後水族館の隣にあるカフェ→最後に電車で移動してビアガーデンなど、具体的にデートの雰囲気がイメージできるプランを提案してみると、彼氏の中で『デートプランを考えるのが面倒くさい』というデートに消極的な理由が解消され、スムーズに2人で出かけられるはず。

また、プランを交互に立てるようにしても、彼氏はあなた好みのデートコースが分かりますし、あなたも彼氏の興味がある事や一緒に楽しめることが分かってきます。

お互いにデートプランを任せる時は、

「この後は公園に行きたいな」

などの提案はいいけれど

「それは面白くなさそう」

といった否定はしないというルールを決めておくと、プランを考えることが面倒くさいものという意識が生まれにくくなります。

デートは自分がリードするのではなくていつも彼氏に色々決めてほしいと思うかもしれませんが、大切なのはデートに乗り気でないという理由での喧嘩を回避し、2人で楽しくデートできることです。

積極的にデートプランを提案する事で、彼氏との休日を喧嘩で無駄にする事もなく有意義に過ごせるようになるのです。

喧嘩の理由3.連絡が取れない→返信しづらい内容を避ける

彼氏へのlineは、とくに用事がなくても送りたくなるもの。

「今日は虹が出ているよ」

「めちゃくちゃ暑いね」

など、何気ない事も共有したい!と思ってしまいますよね。それなのに相手から返信がないと、なんだか残念な気持ちになりますし、それが何度も重なると不満が溜まって喧嘩になってしまう事も。

しかし、文字でのコミュニケーションが苦手な人からすると、そういったとりとめのないlineはどう返信したらいいのか分からず、結果的に放置してしまうという事もあります。

また、

「おはよう」

「おやすみ」

などの一言も、無視するつもりはなくても色々やることがあると、連絡するタイミングが掴めず、他の用件がはっきり分かるlineの方の返信を優先してしまいがちに。

そのため、彼氏からの返信があまりないなら、lineでは返信しにくい内容を送るのは避け、

「次のデートどうする?」

「今日は出張先どんな感じだった?」

など、答えやすい短文のみを送るようにしてみましょう。

彼氏と何気ないやり取りをしたい時は

「電話していい?」のみlineで送るようにし、電話で話すように変えてみると、返信がないことに関するイライラからの喧嘩はだいぶ防げます。

私の彼氏もlineはあまり返信がないのに電話だとすぐに出るタイプだったので、それはなぜなのか聞いてみたのですが、lineだとなんと返信するか迷っているうちにできなくなってしまうので、実際に話す方が何気ないやり取りが楽だからという事でした。

彼氏には隙間時間にちょっとした報告もしたいと思いがちですが、返信がなくてイライラしてしまうなら頻度を減らすのが吉。

その分電話で話すことによって、彼氏と話したいと思う内容のストックも多くなり、連絡を取るのが楽しみになるはずです。

喧嘩の回避4.金銭感覚に違和感→個人の事には干渉しない

彼氏が、趣味の道具や友人関係など、あなたなら使わないようなところにお金をかけていたらなんだかモヤモヤして、

「そんな無駄遣いしなくてもいいのに」

と言いたくなってしまうかもしれません。

さらに普段のデートがそこまで豪華ではなかったりしたらモヤモヤが更に大きくなってしまう事も。

しかし、どんなに気の合うカップルでもそれぞれの趣味や別々の交友関係の時間は必要です。

彼氏の趣味が車なら、あなたとのデートが楽しくても、車のメンテナンスをしたり1人でドライブに行ったりする時間と費用を削るかどうかは別の問題。

また、応援しているアーティストの遠征にいつも行くからといって、あなたのことを大切に思っていないという事にはなりません。

まずは、彼氏にとってはそれらが大切なものであるということをしっかりと理解することが必要です。

デート中にあなたばかりが奢らなければならなかったり、彼氏が浪費しすぎてあなたに迷惑がかかったり、生活に問題が出てきたりしない限りは、個人のお金の使い方には干渉しないほうが良いものです。

もっと豪華なデートをしたいと思った時は、

「そんなものに使って…」という風に彼氏を否定するのではなくて、

「デートやこれからのための費用を2人で貯めていこう!」

という風に前向きな提案をしていきましょう。

2人の共有の貯金箱を作って、それぞれ毎日300円ずつ貯めていくなど、無理なくデート費用を捻出できるようにすると、彼氏のお金の使い方にイライラして喧嘩になるという事態が起きにくくなります。

いくらずつ貯金箱に入れていくかは話し合って決めればいいので、必ずこの金額にしなければならないというものはありません。

私も引き出しの財布にデート費用を毎週1500~2000円ずつ貯めていく形式にしたのですが、気兼ねなくデートを楽しむことができ、彼氏が趣味の模型を集めたりしていても特に気にならなくなりました。

彼氏の金銭感覚に違和感を覚えた時はどうしても一言言いたくはなりますが、、お互いの感覚を尊重する事を意識すると、変な干渉からの喧嘩を防ぐことができ、長続きするカップルになれるのです。

喧嘩の回避5.やきもちから喧嘩に→嫉妬心を理解して素直に伝えて!

彼氏が他の女性と親しげにしていたら、やきもちを焼くのは普通のことですし、それによって彼氏に怒ってしまい、喧嘩になるというのもよくあることです。

この場合喧嘩を回避するには、彼氏に怒る前に、自分がやきもちを焼いているのだということを理解し、その気持ちを彼氏に知ってもらうことが必要。

他の女性のことで不安になったり嫌な気持ちになったりしたら、素直に

「結構○○さんとよく会ってるみたいだけど、仲良さそうだからちょっとやきもちを焼いてしまう」

というように自分がやきもちを焼いたということを伝えましょう。

彼氏は特に悪気もなく、仕事関係の人やただの友達だから普通に会っているだけで、問題はないと思っている可能性が高いので、伝えてみて初めてあなたが不安に思っていたり、嫌な気持ちになったりしていたということが分かるのです。

実際に浮気をしているわけではないのにそのように思ってしまうのは、心が狭いと思われるのではないかと心配でなかなか伝えられないかもしれませんが、

男性は束縛されるのは苦手でも全くやきもちを焼かれないのも寂しく思いがち。

彼氏があなたのことが好きなら、

「特に○○さんが好きとかはないけど、そう思うなら少し会うのは控える」

などあなたの気持ちを理解してくれるはずです。

「浮気してるでしょ!」

「あんなに仲がいいなんておかしい!」

のように怒ってしまうと、

「そんな風に思うなんてそっちの方がおかしい」

などと言い返されたりして喧嘩に発展しやすいので、怒ったり責めたりするのではなくてやきもちを焼いたという自分の気持ちだけを伝えるのがコツです。

そうする事で、あなたに対して悪かったと言う気持ちと、自分の事を好きでいてくれて少し嬉しいという気持ちが彼氏の中で生まれ、あなたが彼氏の交友関係で嫌な思いをするという喧嘩の原因を生じにくくするのです。

逆に彼氏があなたにやきもちを焼いて喧嘩になるという場合もあります。

男性と仕事などで比べられるのは嫌いな人が多いので

「会社の○○さんはすごく仕事ができて、まだ30歳なのに部長なんだよ」

など、他の身近な男性のことを

「仕事ができる」

「能力がある」

など、特に言う必要のない時に口にするのは避けましょう。

芸能人など遠い存在よりも、実際に会うことのある関係の男性を比較対象にされる方が怒ってしまう事が多いのです。

こういった彼氏側のやきもちを焼く気持ちも理解して、やきもちからの喧嘩を回避していきましょう。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

カップルでも価値感は違うもの!お互いを理解して喧嘩の理由をなくしていこう!

カップルで喧嘩をしてしまうと、気持ちも落ち込んで悲くなったり、それが原因で別れにつながってしまう危険性もあるので、できるだけ避けたいもの。

喧嘩をしないためには、まずは喧嘩が起こってしまう理由を知っておく事が必要です。

どちらかが100%悪いわけではないのになぜか起きてしまう喧嘩の最大の理由は、実は価値感の違い。お互いの価値感の違いを理解して話し合う事で、大きな喧嘩になってしまうことを防げるのです。

カップルでもそれぞれ別の考え方があることを意識して、喧嘩になる前に相手を知り、自分のことを知ってもらうように心掛けましょう。

そうすることでうまく喧嘩を回避して、お互いのことを理解できる素敵なカップルになれるのです。