逆プロポーズを成功させたい!婚約指輪の代わりにプレゼントできるものとは

「そろそろ結婚したいけど彼からプロポーズがない…」

アクションの無い彼に逆プロポーズを企てている女性も多いのではないでしょうか。

プロポーズは男性から女性にするものというイメージがありますが、女性から男性へプロポーズするのも珍しいことではありません。

一般的にプロポーズといえば婚約指輪をイメージしますよね。ドラマや映画でよくみる、プロポーズと共に婚約指輪を渡すシチュエーションに憧れて、指輪を渡したいと考える方が多いと思います。しかし同時に

「好みの指輪のデザインが分からない」
「指のサイズが分からない」

などの問題に悩む方も多いのではないでしょうか。

あらかじめ確認しようにも変に勘繰られてしまう可能性があるため、サプライズで指輪をプレゼントするのは難しくなります。

かといって逆プロポーズに手ぶらは相手に不信感を抱かせてしまいます。

そうなると別のプレゼントを考える必要がありますが、指輪の代わりに何を贈ればよいのでしょうか。

プロポーズという一大イベントですから、プレゼントは慎重に選びたいところです。とはいえすぐに決められるものでもありませんし、どんなプレゼントがあるのかざっくりと考えてみましょう。

例えば指輪を基準に考えてみると、

  • 指輪の好みが分からない  …分かるものから選ぶ
  • 指輪と同等の特別感が欲しい…サプライズ重視で選ぶ

になり、さらに具体的にしてみると、

  • 分かるものから選ぶ    …相手の周りのものや好きなものから選ぶ
  • サプライズ重視で選ぶ   …普段目にしないものから選ぶ

となり、イメージしやすいのではないでしょうか。

指輪の代わりにプレゼントできるものはあります。重要なのは相手に喜んでもらえるかどうかです。

本記事では、プレゼントの選び方と具体例を掲載し、あなたの逆プロポーズを成功に導きます。

逆プロポーズにふさわしいプレゼントとは

まずはプロポーズの意味や目的を理解して、プレゼントの全体像をイメージしましょう。

それらを明確にすることで、プレゼント選びで悩んでいる理由が見えてきます。

プロポーズには「結婚の申入れをすること」という意味があります。

つまりプロポーズをするということは相手に「生涯を共にするパートナーになってほしい」と伝えているわけです。

そこで重要になってくるのが、プロポーズと共に渡すプレゼントです。選んだプレゼントで相手をがっかりさせてしまえば、せっかくの逆プロポーズも台無しになってしまいます。

人生の今後を決める一大イベントになるわけですから、誕生日やお祝い事で贈るプレゼントとは違う意味になります。

すなわち、逆プロポーズにふさわしいプレゼントは「相手に喜んでもらえるもの」「恥ずかしくないもの」になるのではないでしょうか。

プレゼント選びの悩みには2つの原因がある

ここまでお伝えした逆プロポーズにふさわしいプレゼントの全体像から、プレゼント選びの悩みの原因は2つあります。

まず1つ目は、相手に喜んでもらえるものをプレゼントしたいと考えたとき、そのプレゼントが相手の好みにあうかどうかが分からないことが原因でうまく選べないということです。

2つ目は、恥ずかしくないものを贈りたいと思っていても、どんなものがプロポーズにふさわしく特別感のあるプレゼントか分からないことが原因になっています。

①「相手に喜んでもらえるもの」→相手の好みにあうか分からない

相手の好みにあわなければ喜んでもらえるとは限りません。例えば、プレゼントされたアクセサリーのデザインが普段着ている服装にあわなかったり、趣味が音楽だからとギターを贈られても、もらう側に興味がなければ困ってしまいます。

自分が気に入っているデザインが相手に気に入られるとは限りませんし、全く関心のないジャンルをプレゼントして喜んでもらえるかどうかは怪しいでしょう。自己中心的なプレゼントは避けたほうが無難です。

相手への配慮が足りなければ、それだけで結婚へのモチベーションは下がってしまいます。

②「恥ずかしくないもの」→特別感のあるプレゼントが分からない

重要な場面ですから、「ダサい」と思われるようなプロポーズは避けたいですよね。

軽い気持ちと受けとれるプレゼントや、ムードやロマンに欠ける雰囲気の中プロポーズをしても相手の気持ちを台無しにしてしまいます。

しかし、特別感を求めるあまり過度な演出で相手を不快にさせてしまえば本末転倒です。

とはいえ相手に満足してもらえるような特別感のあるプレゼントが分からず頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

①リサーチして逆プロポーズを成就させよう!好みや身の回りから選ぶプレゼント

好みに合うものが分からないのであれば、まずは相手の身の回りで分かるところから探してみましょう。

相手に関心のないものをプレゼントしても喜んでもらえるとは言い難いですから、普段身に着けているものや、日常的に使っているもの、趣味や好きなものから考えるのがいいかもしれません。

仕事でスーツ着用であればネクタイはつけるでしょうし、愛煙家ならライターは必須アイテムでしょう。

しかし、これらを調べたら終わりではありません。

例えば、普段から腕時計を身に着けていたとしても、種類は多岐にわたります。ビジネス用かカジュアル用か、ベルトの素材に何が使われているのか、サイズ感はどれくらいなのか、などです。

好みは人それぞれです。失敗しないためにも、相手の好みは入念にリサーチして、お気に入りのデザインやブランドを把握しておきましょう。

シンプルなデザインを好む相手であれば、派手なデザインは避けたほうがよいでしょうし、好きなブランドがあれば、同ブランド内からプレゼントを選んでもよいかもしれません。

日ごろから相手の言動に注目してみましょう。注意深く観察していれば、何かヒントが見つかるかもしれません。

下記にプレゼントの具体例をあげておきます。

アクセサリー

ブレスレット、ネックレス

指輪以外に身に着けるものといえばアクセサリーを思い浮かべる方も多いでしょう。

ブレスレットには「あなたを束縛したい」という意味があり、ネックレスには「あなたを独占したい」という意味があるので、大切な人に気持ちを伝えるのに最適です。

どちらも様々な種類があり、相手の好みやファッションにあわせて選ぶのがいいでしょう。

例えば、シンプルなファッション好きには細身で落ち着いた色を、派手なファッション好きならインパクトのあるデザインなどです。

また、名前やイニシャルを刻印できるものがあるので、指輪の代わりでもおおいに特別感を演出できます。

しかし、金属製のものを贈るときは注意しましょう。

相手が金属アレルギーの場合があるので、アレルギーかどうか判別できないときは、反応しやすいといわれているニッケルやコバルトが使われているものは避けたほうが無難です。

普段からアクセサリーを身に着けている相手であれば、好きなデザインやサイズ感におおよその目途がつけられるので指輪の代わりに選びやすいプレゼントといえます。

普段使いできるもの

腕時計

腕時計には「一緒の時間を過ごしましょう」という意味があるので、結婚を申し込むにはぴったりのプレゼントといえます。

ビジネス時、プライベート時などその日のスタイルで使い分けることができるので、すでに持っている人にも贈りやすいプレゼントです。

贈るときには相手の使うシーンを想像して種類を決めていきましょう。

ビジネス用ならアナログの時計、アウトドアで使うものであれば、スポーティーで防水性のあるものなどです。

また、イメージはあるが目当ての時計が見つからない方や、オリジナルの時計が欲しい方にオーダーメイドできる腕時計もありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

しかし、腕時計に対してこだわりが異常に強かったりする場合は避けたほうがいいかもしれません。

腕時計も、日常的に着用している相手であればお気に入りのデザインやブランドを把握しやすく、込められた意味もプロポーズにふさわしいので選びやすいプレゼントになるでしょう。

ネクタイ

仕事でスーツを着ることがあればネクタイは数本あっても困りません。

ネクタイには「あなたに首ったけ」という言葉があり、これは「相手にすっかりほれこんで夢中になること」という意味があるのでプロポーズにぴったりのプレゼントといえるでしょう。

しかし、女性はネクタイを着用する機会がないため、選ぶ基準が分からないと思いますので失敗しないためにもしっかりと下調べしておきましょう。

ネクタイには幅のサイズで種類が分かれていて、太いほうはレギュラータイ、細いほうはナロータイと呼ばれています。

ナロータイはプライベート用が多いので、仕事で使う場合はレギュラータイを選んでおけば間違いありません。また、ネクタイの素材は、高級感のあるシルク素材がプレゼントの定番です。

最後に決めるのがデザインです。相手が持っているネクタイの系統にあわせて選ぶのが無難ですが、普段とは違う系統のネクタイを選ぶ場合はスーツやシャツとの組み合わせを考えてみましょう。

スーツ、シャツ、ネクタイを同系色でそろえたり、他の色を合わせても3色以内で収まるようにするとまとまった印象になります。また、派手なネクタイを選ぶ場合は他のアイテムが無地だときれいにまとまります。

相手が普段着ている種類からネクタイを選べば間違いはないでしょう。

毎日の仕事にはかかせないアイテムですから、相手のネクタイの情報を得る機会が多く、プレゼントに適しているのではないでしょうか。

嗜好品・趣味

お酒、ライターなど

お酒が好きな相手には生まれた年のワインを、たばこをよく吸うなら高級感のあるライターなど相手の趣味にあわせたプレゼントもいいかもしれません。

バイク好きならグローブ、音楽鑑賞が趣味ならヘッドフォンやスピーカーなどです。とはいえ好きなものですから特定のブランドでそろえていたり、知識不足で購入してしまうと元のものよりグレードが下がったり、型式があわなかったりする場合があるので注意しましょう。

失敗しないためにも、欲しがっているものはないか、使い古しているものはないか事前に確認しておきましょう。

また、その趣味に詳しい人や、ショップの店員に相談してみるのもいいかもしれません。

嗜好品や趣味は相手が間違いなく関心があるものなので、もらって嬉しくないということはほとんどないでしょう。

加えて、好きなものに関しては饒舌になりやすいので、情報を引き出しやすいという面も選びやすいプレゼントといえます。

手料理

手料理をふるまって相手の胃袋をつかんでみましょう。

家庭的な一面をアピールすることで、相手の結婚へのモチベーションを高めることができるかもしれません。

料理が苦手な方でも愛情をこめて作れば相手にもその気持ちが伝わるはずですし、日ごろから料理する方であればいつもよりも凝った料理に挑戦して相手を驚かせましょう。

例えば、コース料理(前菜→スープ→魚料理→肉料理→デザート)をつくって普段とは違う特別感を演出したり、手作りのケーキにプロポーズの言葉を添えて相手に思いを伝えることができます。

また、家の中であっても非日常感を演出するためにテーブルにランチョンマットを敷いたり、お花で飾り付けするなどの「テーブルコーディネート」をして演出を盛り上げましょう。

当日、時間が足りない、材料が間違っていることがないように本番前には必ず試作をして、難易度や段取りを確認して備えておきましょう。

とくに料理が苦手な方は念入りに準備をして、不安をなくしておきましょう。

デートで外食するのは定番ですから、ある程度の食の好みを把握している方は非常に多いと思います。味の濃いものが好き、中華系のレストランを好む、苦いものは嫌いなどです。

好き嫌いが明確に出るので、相手の好みが分かりやすいプレゼントと言えるでしょう。

②雰囲気重視で逆プロポーズの成功率アップ!サプライズ感のあるプレゼント

ここからは、①で紹介したプレゼントは一般的過ぎると考えている人にむけて、さらにサプライズ感のあるプレゼントを紹介していきます。

大事な逆プロポーズですから、一生の思い出に残るようなサプライズをしたいと考えている方も多いでしょう。

サプライズとは驚きや不意打ちを意味します。

例えば、普段目にしないものや、日常から非日常に切り替わるプレゼントはサプライズといえるでしょう。

とはいえ、どんなものなら喜んでもらえるのか、失敗するかもしれないと悩んだり不安に感じたりするかと思いますので、下記に具体例をあげておきます。

お花

ロマンチックなプロポーズといえば花束を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

選ぶときは花言葉の意味を考慮しましょう。例えばプロポーズの定番であるバラは本数によって意味が変わってきます。

1本なら「一目惚れ」、9本なら「ずっと一緒にいよう」、100本なら「100%の愛」などです。

また、定番の花には、ひまわり「あなただけを見つめている」、赤のチューリップ「愛の告白」の意味が込められています。

そのほか、365日それぞれ生まれた日にちで決められている誕生花を調べてプレゼントするのも特別感があります。

しかしなかには、「世話の仕方が分からない」「家に花瓶がない」といった男性もいます。

そんな方にはアートフラワーやドライフラワーを選べば手入れする必要がないので安心してプレゼントすることができます。

男性は女性に比べて花束をもらう機会は少ないでしょうから、逆プロポーズのプレゼントとしては大きなサプライズを演出できるはずです。

花言葉の意味を説明しながら渡せばより特別感のあるプロポーズになるでしょう。

旅行

プレゼントはものだけではありません。旅行を企画するのも非日常感を演出できておすすめです。

夜景の見えるレストランや夕陽がきれいな海辺、景色が一望できる展望台など憧れのシチュエーションでプランを練ってみましょう。

また、初めて一緒に行ったデートや旅行先などの記憶に残る場所は、ふたりの過去を振り返りながら思いを伝えられます。

直前で時間が足りなかったり、雰囲気作りがうまくいかない状況を避けるためにも、サプライズでプロポーズする際は時間に余裕をもってスケジュールを立てておきましょう。

いつもとは違う場所でのプロポーズは、ありふれた日常よりも特別感を感じられるのでサプライズになることは間違いありません。

単純にプレゼントを渡すよりもより印象的に思い出に残ることでしょう。

動画

今まで撮った写真や動画を編集してムービーで流し、ふたりの軌跡をたどりながらプロポーズをするのも特別な雰囲気を演出できるので思い出に残ります。

一緒に過ごす休日にDVDを見ることを提案し、映画に見せかけて作成したムービーを流したり、映画館を貸し切って思い出のムービーを流しながらサプライズプロポーズできる場所があったりと、インパクト大で忘れられないプロポーズになること間違いなしです。

その時のためにあらかじめ写真や動画はたくさん残しておきましょう。SNSでの何気ないやり取りもスクショしておけば動画で使えるかもしれません。

しかし、動画づくりは慣れていない人にとっては難易度が高いので、得意としている友人に頼むか、プロへ依頼して動画を作成しましょう。

思い出を振り返りながらのプロポーズは強く記憶に残りやすく、普段の空気感とは違い今までの余韻に浸りながらの雰囲気を演出できるので、大きなサプライズを期待できるプレゼントと言えるのではないでしょうか。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

指輪の代わりにプレゼントできるものはたくさんある

「大事なプロポーズは婚約指輪を贈るもの」という印象が大きいですが、デザインやサイズが分からず悩んでいる方は多いと思います。

しかし、指輪にこだわらなくとも、指輪の代わりにプレゼントできるものはたくさんあります。

逆プロポーズを成功させるためには、彼が喜んでくれるかどうかが一番重要です。何も考えずに高額なものや凝ったものを贈って、がっかりさせてしまえば意味はありません。

彼の好きなものはなにか、満足してもらえるにはどうしたらよいかじっくりと考えてみましょう。

「自分のことをここまで考えてプレゼントを選んでくれた!」と彼に気持ちが伝われば指輪でなくとも嬉しいはずです。

逆プロポーズへの道を踏み出す手助けになれたでしょうか。大事なのは気持ちです。

自信がなくても、喜んでほしいというあなたの気持ちが伝わればきっとうまくはずです。あなたのプロポーズが成功しますように。