逆プロポーズ、絶対失敗したくない!成功確率を上げるおすすめの場所とは?

なかなか「結婚しよう」と言ってくれない彼に、逆プロポーズを考えている女性は増えています。

これを読んでいるあなたも、その一人かもしれません。

しかし、いざ逆プロポーズをするとなると、どんな場所を選べば良いのか迷いませんか?

逆プロポーズの場所選びを間違えてしまうと、あなたの気持ちが彼に上手く伝わらず、彼の結婚への気持ちが高まるどころか、あなたから離れていく可能性もあり、逆プロポーズは失敗に終わってしまうことも。

逆プロポーズに失敗しやすい場所とは主に、

  1. 家族になった姿を想像できない場所
  2. 2人だけの空間ではない場所

となります。

これらの場所を事前に知っておき、逆に成功しやすい場所を選ぶことで、逆プロポーズの失敗の確立を低くすることもできます。

成功しやすい具体的な場所を挙げると、

  1. 行きつけの居酒屋、バー
  2. 2人の思い出の場所

となります。これらの場所は家族になった姿を想像しやすく、2人きりの空間を作りやすいため、失敗を避けるのに有効です。

この記事では、逆プロポーズの失敗しやすい場所と成功しやすい場所、また、なぜそういえるのかをお伝えし、逆プロポーズの失敗しないよお手伝いが出来れば幸いです。

彼に自分からプロポーズしたい!でもどんな場所でするべきか迷う・・・

彼に自分から逆プロポーズをすることで、結婚を早く進めたいと思う女性は大勢います。

確かに、逆プロポーズは結婚への大きな促進剤となります。ただし、それは成功した場合の話。

多くの男性にとって、女性からの「結婚」という言葉は重く感じるもの。勇気を出して気持ちを伝えても、彼が結婚の圧力を感じてしまうと、引かれてしまったり、最悪の場合は関係が悪化したりすることもあります。

また、結婚の話を何度も持ちかけてしまうと、「いつも結婚の話ばかりするな・・・」と思われてしまい、いつかプロポーズしようと思っていた彼の気持ちが変わってしまう可能性も。

このように、逆プロポーズは大きなリスクを伴います。できるだけ少ない回数で、できれば一回で彼の結婚への気持ちを前向きにできなければ、逆効果となってしまうのです。

一回で印象に残る逆プロポーズをするという高難易度の技を成功させるにあたり、肝心なのはどこで逆プロポーズをするかということです。

頭では理解していても、具体的にどんな場所で逆プロポーズをすればいいかイメージするのは難しいですよね。

経験者に相談したいと思っても、実際に逆プロポーズをしたことのある女性は全体から見ればまだまだ少ない現状です。

逆プロポーズに失敗する場所とは

先述の通り、逆プロポーズには失敗のリスクがあります。失敗を避けるために重要となるのは逆プロポーズをする場所です。

逆プロポーズというと、どこか特別な場所で、特別な言葉で伝えなければならないと思っていませんか?もしそうなら、その考えは捨ててしまいましょう。

非日常的な場所で、いかにも演出しているような言葉で逆プロポーズをする女性に対し、彼が感じるのはあなたの結婚への焦りです。

あなたの焦りを感じ取った彼は、あなたが本当に自分と結婚したいのか、単に誰でもいいから結婚したいのか分からなくなってしまい、あなた本来の長所を感じることができなくなってしまいます。

その結果、彼の結婚への気持ちがどんどん冷めてしまうことも。

そうならないために、失敗しやすい場所を知っておくことが大切です。

失敗しやすい場所①:家族になった姿を想像できない場所

彼にとって、結婚したいかどうかは、あなたと家族になりたいかと思うかどうかにかかっているといえます。

将来的に結婚を望んでいる独身男性に結婚したい理由を尋ねたところ、最も多かったのが「家族を持ちたいから」という回答で、7割近い男性がそう答えました。
(引用:内閣府 平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書

この結果から、多くの男性が結婚の延長線上に家族で過ごす姿を思い描いているということが分かります。

裏を返せば、家族になるイメージを持てなければ、なかなか結婚に踏み切ることができないということです。

例えば、あなたがいつも行かないような高級レストランで、気合みなぎる様子で逆プロポーズをしている姿を想像してみてください。

彼はあなたの気迫に圧倒され、驚くと同時に今後の不安を感じてしまうのではないでしょうか。

そんな状況では、家族になった姿など想像できませんよね。

失敗しやすい場所②:2人だけの空間ではない場所

大勢の人の前での逆プロポーズは、彼のプライドを傷つける可能性があり危険です。

友人の前でのサプライズプロポーズに憧れを持つ女性は多いですが、それを彼に向けてするべきではありません。

彼の結婚への決断力の無さが友人の前で露呈する形になり、彼にとっては致命的な、恥ずかしい経験として心に刻まれる可能性があるからです。

男性の多くは、頭のどこかで「自分が彼女を引っ張っていかないと」と考えているものです。

「彼女に押し切られて結婚した」と友人間で知れ渡ってしまうことは、彼の面目をつぶすことに繋がりかねません。

逆プロポーズに適した場所の条件は、家族になった姿を想像できることと、2人きりでいられること

失敗しやすい場所①を踏まえると、逆プロポーズの失敗を避けるためには家族になった姿を想像できる場所が必要であることが分かります。

家族になった姿を想像できる場所とは、結婚後に多くの時間を過ごすと思われる場所です。

また、失敗しやすい場所②から、逆プロポーズには2人きりの場所も必要であることが分かります。

では、これら2つの条件を満たす具体的な場所を提示します。

逆プロポーズに成功しやすい場所①:家

インドア派のカップル、同棲しているカップルにおすすめなのが、家での逆プロポーズです。

なぜならそのようなカップルにとって、家が日常に最も近い場所といえるからです。

家でご飯を食べたり、映画を観たりしているときなど、2人が同じ場所でゆっくりとくつろいでいるときに、結婚した友達や芸能人の話などから結婚の話題を振り、さりげなく「私も結婚したいな」と伝えるのが効果的です。

ポイントは、リラックスした雰囲気で結婚の意思を伝えること。

「将来はこんな雰囲気の家庭を築けるのかな」と、彼が前向きな想像をするのを助けます。

さらに、家は胃袋をつかむのに絶好の場所。朝彼が起きる前に、彼が好きそうな朝ごはんを用意しておきましょう。

ご飯とお味噌汁、焼き魚などシンプルなもので十分です。

彼が起きたときにキッチンからいい匂いがしてくれば、「この人と家族になったら朝はこういう感じなのかな」とイメージしやすく、あなたが家庭的な奥さんになるイメージを持ってもらいやすくなります。

私の友人は、結婚に踏み切らない彼に長い間モヤモヤしていましたが、彼の大好きなタンドリーチキンを極め、「いつか結婚したいな」とさりげなく伝えたところ、彼女の誕生日に彼の方からプロポーズされました。

家は家族になった姿を想像できる場所であり、2人きりの空間でもあります。

絶好の逆プロポーズの場所といえるでしょう。

ただしお伝えしたとおり、何度も「結婚したい」と言ってしまうと、あなたが「結婚に焦っている」と捉えられる可能性があるため、できるだけ少ない回数に留めましょう。

また、あなたが突然料理を用意し、家庭的な自分を演出すると、彼にはとても不自然に映ります。

日ごろから彼のために簡単なものを作っておき、「料理は日常のこと」というイメージをつけておきましょう。

逆プロポーズに成功しやすい場所②:行きつけの居酒屋、バー

外食の多い2人なら、よく行く居酒屋、レストラン、バーなども逆プロポーズに適した場所といえます。

中の雰囲気や店員のことをよく知っているいつものお店では、普段通りに通り過ごせるため、夫婦になった後も変わらずそこに通っている光景をイメージしやすく、家族になった姿を想像するのに適した場所といえるでしょう。

いつものお店で食事をしている最中に、そのお店の居心地の良さを話題に挙げ、「これからもずっと2人で一緒にここに来たいよね」と言ってみましょう。

勘の良い彼なら「今のプロポーズ?」と気づいてくれるはずです。

このさりげなさが丁度よく、彼に圧力をかけずに結婚を意識させることができます。

とある友人(男性)は、彼女と結婚のきっかけを掴めず、長い間ずるずると付き合っていました。

ある日、いつも通り行きつけの居酒屋で彼女と食事。そこで彼女の方から「年をとってもここに来たいよね」と言われました。

それがきっかけとなり、勢いで「結婚しようか」と言えたそうです。

ただし、鈍い彼の場合は、「ずっと一緒にここに来たい」と言われてもそれが逆プロポーズだと気づかない可能性があるので、彼の性格を見極めてから実行しましょう。

また、顔なじみのマスターや、友達夫婦を交えて食事をするのも効果的です。

結婚経験者に同席してもらい、結婚生活の楽しさ、子供の愛しさ、自分たちが結婚して良い意味で変わったことなどを話してもらえば、彼も結婚に対して前向きになってくれるかもしれません。

経験者である他人の言葉は心に響きやすいものです。

しかし、失敗しやすい場所②にあるように、その場で逆プロポーズをするのはNGです。

2人きりになった帰り道こそ、逆プロポーズの大チャンス。「私のあんな夫婦になりたいな」と、結婚したい気持ちをさりげなく伝えましょう。

同席してもらう人の結婚関係がうまくいっていることも重要です。結婚の苦労話や後悔を聞かされてしまっては、彼の気持ちが後ろ向きになる可能性があるので注意しましょう。

逆プロポーズに成功しやすい場所③:2人の思い出の場所

新鮮味を感じられなくなってきているマンネリ気味のカップルや、結婚前から熟年夫婦のように落ちいてしまい、わざわざ結婚というプロセスを踏むことを躊躇しているカップルには、2人の思い出の場所で逆プロポーズをすることを提案します。

思い出の場所の中でも特に、初めて会った場所、告白された場所、初めてのデートの場所など、初心を思い出すことのできる場所がいいでしょう。

なぜなら、その場所を訪れることで初々しい気持ちが思い返され、それまで歩んできた日々がどれほど素晴らしいものであったかを再確認することができるからです。

重ねてきた日々の尊さを感じることができれば、結婚後の明るい未来を想像しやすいでしょう。

思い出の場所で、「あんなことがあったよね」と、彼と一緒に昔を振り返ってみてください。思い出話に花が咲いたら、「いつか子供と一緒に来たいね」など、将来を連想させる言葉を伝えてみましょう。

彼はあなたと家族になった姿を想像し、「そろそろちゃんと結婚しないとな」と思ってくれるでしょう。

私の親しい友人は、彼との関係にマンネリを感じていました。

ある日、彼と初めてデートをした水族館を再び2人で訪れた際、付き合ったばかりの頃を思い出し、歩みを振り返ることで彼の性格の良さや一途なところを再確認したそうです。

それは彼の方も同じでした。そして、周りで子供たちがはしゃいでいるのを見て、「いつか子供を連れてきたいよね」と彼に伝えたところ、彼は頷き、一カ月も経たないうちに彼の方からプロポーズされました。

このように、2人の思い出の場所は、お互いの良さを見つめる機会を与えてくれます。

2人が積み上げてきた絆を改めて確認できれば、結婚後の未来もきっと大丈夫だと自信を持てることでしょう。

しかし、ここでも2人だけの空間を作る必要があります。

失敗しやすい場所②でお伝えしたように、周りに人がいる中での逆プロポーズは、彼のプライドを傷つけるリスクがあります。

彼にしか聞こえない声でこっそりささやくなど、2人だけに聞こえる声で逆プロポーズをするよう配慮しなければなりません。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

逆プロポーズに失敗しないためには、家族になった姿を想像でき、2人きりでいられる場所を選ぶことが大切

逆プロポーズに失敗しやすい原因は、家族になった将来を想像できない場所や、大勢の人の前でプロポーズをすることだとお伝えしました。

それを解決するには、彼があなたと家族になった姿を想像でき、2人きりでいられる場所を選ぶ必要があります。

日常に近く、あなたと彼が自分たちしく過ごせる2人きりの場所をチョイスしてください。リラックスした空間で、家族になった未来をイメージさせることで、結婚に対する彼の気持ちはグッと前向きになります。

逆プロポーズは結婚に近づく可能性も、逆に離れる可能性もある諸刃の剣。どんな場所でどんな風に伝えるかを事前に考え、焦らず行動することがとても重要です。

自分からプロポーズをして嫌がられたらどうしよう、と不安になるのは当たり前のことです。

あなたの勇気ある一言が、きっと彼の背中を押す大きなきっかけになるはず。幸せな未来を自分で掴みにいきましょう。

【要約文】