逆プロポーズってどうすれば良いの?男性に嬉しいと感じてもらうポイント!

いまお付き合いしている大好きな彼と、少しでも早く結婚したい!なのに、いつまでたっても彼がプロポーズをしてくれない。

彼のプロポーズを待つのはもう疲れた。そんな女性は、思い切って逆プロポーズをして彼を喜ばせてみてはいかがでしょうか?

でも、逆プロポーズってどうやるの?女性からのプロポーズで喜んでもらうことなんてできるの?そんな疑問や不安で頭を抱えてしまい、なかなか逆プロポーズに踏み出せず、時間だけが過ぎてしまう方も多いでしょう。

しかし、これらの悩みは下記のポイントを押さえることで解消につながるかもしれません。

  • イメージにとらわれず自信を持つ
  • 2人が幸せを感じることができる時間、場所を選ぶ
  • 婚約指輪に代わるような、女性ならではのアイデアを計画する

これらのポイントを意識することで、逆プロポーズを前向きにとらえることができ、男性にとっても嬉しいサプライズとなることでしょう。

その理由は、逆プロポーズが恥ずかしいことではなく、幸せなことだからです。この記事を読んで、少しでも多くの女性が自分に自信を持って逆プロポーズを実行できれば良いですね。

男性に嬉しいと感じさせる逆プロポーズは難しい?

「周りの友達が結婚ラッシュ。私たちもそろそろ結婚したいのにいつまでたっても彼からプロポーズをしてくれない。」

「プロポーズ待ちにつかれたので、逆プロポーズをしたいけど、女性からのプロポーズは引かれそう。」

「自分からプロポーズをしちゃいたいけど、どうすれば彼が嬉しいと感じるプロポーズができるかわからない。」

「結婚にガツガツしてると思われそうで不安。」

「彼とのいまの関係が壊れてしまいそうで不安。」

上記のような不安や疑問が頭を巡り、決心できないまま時間が過ぎていく、なんてことありませんか?

不安や疑問を抱えたまま逆プロポーズをしてしまうと、彼にも思いが伝わりにくく、中途半端なまま終わってしまうことも。

これらの問題は、女性に逆プロポーズを躊躇させてしまい、せっかく自分からプロポーズができるチャンスが回ってきたのにその機会を自ら逃してしまうことにつながりかねません。

人生一度のプロポーズですから、自分でも納得のいくプロポーズがしたいですよね。まずは原因から探ってみましょう。

逆プロポーズで嬉しいと思ってもらいたいけど、時間だけが過ぎていく

せっかく女性が逆プロポーズを決意したのに、なかなか踏み出せず、うやむやになってしまうのはすごく勿体ないです。

そもそもなぜ、女性たちが逆プロポーズを躊躇してしまうのか、原因は3つあります。

下記の原因によって、女性たちはプロポーズに憶病になってしまうと考えられます。

プロポーズは男性からのイメージが強い

ドラマや映画でもそうですが、一般的に想像されるプロポーズは、男性が女性に婚約指輪を渡し、「結婚してください」と言うイメージですよね?

そもそも女性からするプロポーズに、「逆」という言葉がついてしまっている時点で、女性からプロポーズをする人たちが珍しいみたいになってしまっていますよね。

このイメージの影響もあり、プロポーズをされた男性は、「まさか自分がプロポーズをされるなんて!」と想定外のことに驚いてしまうこともあります。

女性がプロポーズされる場合は、タイミングさえ分かれば彼からのプロポーズを予測することもできますよね。

予測していたプロポーズと予測していなかったプロポーズでは、感じ取り方も少し変わってきてしまいます。

このように、プロポーズは男性からという強いイメージが、逆プロポーズをしようと試みる女性の不安要素になっていると考えられます。

いつ、どこですれば良いかわからない

まずタイミングですが、仕事の忙しい彼だとタイミングを見失いがちですよね。

同棲しているカップルだと、毎日一緒にいることが当たり前になってしまい、さらにタイミングを見失ってしまいます。

次に場所ですが、一般的にプロポーズの場所としてよく耳にするのは、高級レストラン、夜景の見えるホテルのスイートルーム、ディナークルーズなどです。

これらは、憧れのプロポーズの場所としてランキングにも上位に入っています。

しかし、そもそもこのランキング自体も、女性がプロポーズを受ける側で考えたランキングになってしまっています。

なので、男性がプロポーズを受ける側になった場合、女性目線で統計されたランキングも参考にならなくなってしまいます。

ネット上でもまだまだ情報が少ないのでシチュエーションが浮かびにくいのも難点です。

婚約指輪のような、うってつけの贈り物がない

女性がプロポーズを受ける際、婚約指輪をもらうことがよくありますが、男性に婚約指輪を渡すのは少し違うような気がしますよね。

婚約指輪があれば、たとえ言葉がなかったとしてもすぐにプロポーズだと認識することができるうえに、綺麗な指輪を目の前にテンションも上がります。

つまり、男性は、婚約指輪のおかげでスムーズにプロポーズを遂行できると考えられます。

その婚約指輪が使えないとなると、何か他に渡したほうが良いのか?言葉だけではつまらないのかな?など、さらに悩む要素が増えてしまいますね。

逆プロポーズで彼に嬉しい!幸せ!と感じてもらう

このような原因から、せっかく逆プロポ―ズを決心したのに、だらだら悩んでしまいうやむやになってしまうことが多いのですが、そのチャンスを逃してはいけません。

逆プロポーズは、そんなに難しいものではありません。

彼と結婚したいという気持ちがあれば、誰にだって逆プロポーズはできます。

そのポイントは「イメージにとらわれず、まずは自分に自信を持つこと」「2人が幸せを感じられるときに」「女性ではのアイデアで喜んでもらう」の3つです。

このポイントを選んだ理由は、彼が嬉しいと思う空間を作り出すために重要なことだからです。

下記では、様々なシチュエーションを取り上げてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

イメージにとらわれず、まずは自分に自信を持つこと!

このポイントをおさえることでうまくいくパターンは、彼自身もあなたとの結婚を考えているが、プロポーズ自体に悩んでしまい言い出せていないケースです。

彼自身が成しえなかったプロポーズを、あなたから逆プロポーズという形で実行してあげることで、彼にとって嬉しいサプライズとなるでしょう。

そのため彼がもしあなたと結婚したいと考えていることが前もって分かれば、そのときが逆プロポーズのチャンスです。

彼自身の気持ちを前もって探ることが出来れば、逆プロポーズに自信が持てるようになるでしょう。

また、彼に結婚願望があるかどうかわからなかったとしても、プロポーズができない訳ではありません。

プロポーズは自分の思いを伝えるためのものであり、男性からというイメージに縛られる必要はありません。

実際に男性自身もそのイメージにプレッシャーを感じているので、お互い様だと考えると自信が持てるかもしれませんね。

どうすれば自分に自信が持つことができ、彼に嬉しいと思わせる逆プロポーズができるのか具体例を下記にご紹介します。

彼と結婚したいけど、彼からのプロポーズがないので逆プロポーズを決心したが、いまいち自信が持てない。

その場合は前もって彼に結婚について質問してみましょう。

結婚願望はあるのかどうか、いつ頃結婚したいと思っているのか、などを、さりげなく会話の中に混ぜてみます。

あくまで探りの段階なので、あなたが結婚したいと思っていることを伝える必要はありません。

直接聞きづらいようでしたら、彼の友人に聞いてみるのも良いかもしれません。

その結果、彼からポジティブな答えが得られた場合、思い切って「結婚したい。」と伝えてみましょう。

思わぬ逆プロポーズに男性が驚いてしまったとしても、それを逆手にとれば、「大好きな彼女が勇気を振り絞ってプロポーズをしてくれた。」というポジティブな見方になり、それが嬉しさにつながります。

逆プロポーズの計画を立てる前に、彼の気持ちを読み取り自分自身に自信を持つことからはじめてみましょう。

2人が幸せを感じられるときに!

この対策がうまくいく環境は、彼自身があなたと一緒にいたいと思っているときです。

彼があなたを必要とし、会いたい、離れたくない、そう思ってくれている場面では、あなたが彼のそばにいることで彼は幸せを感じています。

その環境を作り出すために、具体的なポイントを考えてみたので、下記をご覧ください。

まず、タイミングですが、彼の心に余裕があるときが最優先です。仕事が忙しい時期や、悩んでいる時期は避けましょう。

その理由は、プロポーズを受け入れたのちには、お互いの両親への挨拶、会社への報告、役所手続き、同棲の準備など、慌ただしくなってしまうことが予想されるからです。

また、彼の気持ちに余裕がないと、あなたとの結婚を前向きに考えられなくなってしまうこともあります。

必ず、彼が落ち着いて行動できる時期に実行しましょう。

次に場所ですが、2人がリラックスでき、幸せを感じられる場所が最適です。

もしくはその後の帰り道などでも良いでしょう。2人が幸せを感じられる瞬間、彼はあなたと付き合って良かったと再認識します。そのタイミングで逆プロポーズをすると、彼があなたとの将来をイメージしやすくなるからです。

具体的なシチュエーションをいくつかあげてみます。

彼の仕事が落ち着いたので、あなたは連休を使って彼との温泉旅行を計画。

日中は、観光地を歩き回り、美味しいものを食べたりして、夜は温泉旅館でくつろいで思いっきりリフレッシュします。

そして、2人で旅館の部屋で豪華な夕食を食べているときや貸し切り風呂で二人きりの空間を楽しんでいるときに、「そろそろ結婚したいなあ。」と素直に思いを伝えてみましょう。

いつもと違う空間でプロポーズをすることで、彼もプロポーズを受け流したり、はぐらかすことなく真剣に受け止めてくれるでしょう。

次は、いつもの土日に車を使って少し遠くへ遊びに行ったとします。

目的は楽しいことであれば何でも大丈夫です。共通の趣味のスポーツ観戦に行く、海や山などの自然あふれる観光地に行く、テーマパークに遊びに行くなどです。

一日中楽しんだあと、「今日は楽しかったね!」と話しながら車で家に帰るとき、幸せだけどなんだか少し、名残惜しくて寂しい気持ちがありませんか?

そのときがチャンスです。車の中、もしくは家についてバイバイする直前に「結婚して一緒の家に帰れたらいいのにね。」とさりげなく彼に声をかけてみましょう。

楽しかった後、お別れをするときに寂しいと感じるのはもちろん彼も同じです。「結婚すれば、もう寂しい思いをせずにずっと一緒にいられるんだよ。」ということに気づかせてあげましょう。

このように幸せを実感できるシチュエーションで逆プロポーズすることによって、彼を嬉しいという気持ちにさせ、プロポーズの成功率もグッとあがることでしょう。

女性ならではのアイデアで喜んでもらう

「結婚したい」と素直に思いを伝えるのも良いですが、逆プロポーズの際に彼の喜ぶものを取り入れてみることで、より一層彼に嬉しいと思わせる環境をつくることができるでしょう。

婚約指輪はなくてもプロポーズは可能です。言葉があればプロポーズは可能です。

しかし、せっかく人生に一度のプロポーズをするのであれば、より男性に嬉しいと思ってもらえる逆プロポーズにしたいですよね。

そのために、彼の喜ぶシチュエーションは何か、じっくり考えてみましょう。

長年付き合ってきたあなたなら、彼の喜ぶポイントもなんとなく理解しているはずです。前もって彼のことを知り尽くし、彼の好みに応じて、あなたならではの逆プロポーズを計画してみましょう。

具体例を2つあげてみます。それは、手紙と手料理です。その理由は、手紙は口で言い表すには照れ臭い言葉で、ストレートに表現できるため、気持ちが彼の心に響きやすいです。

手料理は、家庭的な女性をアピールするチャンスです。

それぞれのアイデアを使ったシチュエーションを下記でご紹介します。

忙しい彼と会うときはいつも決まって夜だけ。

そんなあなたは、週末の夜、彼と一緒に夜ご飯を食べに行きます。

いつものようにご飯をたべたあと、彼の家かもしくはあなたの家に遊びに行きます。休みの前日の夜に、好きな人と一緒にご飯を食べて、一緒に家に帰る。それだけで幸せな空間ができあがります。

そして家に帰って、彼と一緒にテレビを見ながら話しているときに、「結婚したいなあ。」と呟くように言ってみましょう。

しかし、お酒を飲んでいたりすると、受け流され曖昧になってしまうかもしれません。

次の日の別れ際に、「本当にあなたとずっと一緒にいたいから読んでほしい。」などと言ってあらかじめ用意していた手紙を渡しましょう。

手紙を使うことによって夜のプロポーズに現実味を持たせることができ、彼も真剣に考えてくれるはずです。

次に手料理です。記念日や誕生日、クリスマスなど、お祝い事の日に一人暮らしの彼の家で遊びにいきます。

お祝い事を理由に「今日は私が料理を作るね。」と伝えます。

そして、彼の大好物を作ってあげましょう。あなたが作った手料理を食べると、彼は嬉しい、幸せと感じます。

味は関係ありません。

作ってあげるという事実が大切です。

彼が手料理を食べ終わり、ひと息ついたところで、「これからもあなたに料理作ってあげたいなあ」と優しく伝えてみましょう。

家で一緒に手料理を食べることで、あなたとの家庭を彼にイメージさせます。「こんなに自分を思ってくれる人と結婚したい。」と思わせることが出来ればプロポーズはうまくいくでしょう。

上記の対策を取り上げた理由は、女性が得意とする手料理や、言葉よりも気持ちを伝えやすい手紙を使うことで、男性があなたとの家庭を真剣に考えるきっかけになりうるからです。

プロポーズがなかったとしても、手料理を振舞われたり、手紙をもらったりすると男性は喜びますので、きっと男性の心にグッと響く嬉しいプロポーズになること間違いなしです。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

自信を持って、彼に嬉しいと感じさせるプロポーズを!

いまお付き合いしている大好きな彼と、少しでも早く結婚したい!なのに、いつまでたっても彼がプロポーズをしてくれないので思い切って私からプロポーズをすることを決意。

でも、逆プロポーズってどうやるの?女性からのプロポーズで喜んでもらうことなんてできるの?そんな疑問や不安で頭を抱えてしまい、なかなか逆プロポーズに踏み出せず、時間だけが過ぎてしまっていた方。

これらの悩みは下記のポイントを押さえればすぐに解消できます。

「イメージにとらわれず自信を持つ」「2人が幸せを感じることができる時間、場所を選ぶ」「婚約指輪に代わるような、女性ならではのアイデアを計画する」この3点を抑え最高のシチュエーションを作り出すことにより、男性を喜ばせる逆プロポーズができます。

なぜなら、逆プロポーズは恥ずかしいことではなく、幸せなことだからです。

あなた自身が自信を持ち、そのうえでお互いが幸せだと感じられるシチュエーションで素直に思いを伝えれば、きっと彼は喜んでくれるでしょう。

この記事を読んで、少しでも多くの女性が自分に自信を持って逆プロポーズを実行できれば良いなと思いっています。