お見合いでの出会いを真剣交際へ発展させるタイミングの見極め方

「お見合いで出会った女性と真剣交際をしたい!」と願いながらも、「真剣交際に発展させるタイミングが掴めない」と悩んではいませんか?

お見合いで知り合った女性に好意を抱きながらも、真剣交際を前にそのタイミングが掴めず、悩んでしまうことがあるかもしれません。

その場合は、タイミングを掴めない原因を知り、タイミングを見極める力を身に付ける必要があるでしょう。

本記事では、お見合いで出会った女性との向き合い方を変えることで、真剣交際を始めるタイミングを見極める方法をお伝えします。

結果として、女性の気持ちを理解し、女性に配慮ある行動をとれるようになることで、あなた自身の真剣交際へのタイミングを見極める力を養うことができます。

女性との関係性を向上させながら、真剣交際へのタイミングを見極める力を付けることができたならば、お見合いで知り合った女性をリードし、より良い真剣交際へと発展させることがてきるてしょう。

真剣交際はいつ始めたらいい?タイミングが掴めない!

お見合いで知り合った女性との真剣交際を始めたいと望みながらも、そのタイミングが掴めずに悩んではいませんか?

結婚相談所を通してお見合いをし、出会った相手に好意を抱きながらも、真剣交際を始めるタイミングが分からず、悩んでしまうことがあるかもしれません。

結婚相談所を通して、結婚相手を探している人の多くは、交際経験が少ないという人が多いかもしれません。

その場合、真剣交際のタイミングが掴めないのは、その交際経験の少なさゆえに、相手とのやりとりに難しさを感じているためではないでしょうか。

交際経験の少なさが、相手の女性を理解することや、交際への発展のタイミングを伺うことを難しくさせているということです。

では、交際経験の少なさゆえに、真剣交際を始めるタイミングを掴む上で、具体的にどのような問題に直面することになるのか見ていきましょう。

お見合いで出会った相手とのやりとりの難しさの原因

お見合いで出会った女性との真剣交際を始めるタイミングが掴めない原因は、交際経験の少なさゆえに、相手とのやりとりに難しさを感じているからでしょう。

交際経験の多い男性の場合は、今までの彼女との付き合いの中でのやりとりで、何度もトライ&エラーを繰り返して来たため、女性の気持ちや告白のタイミングにおおよその予測をつけて動くことができます。経験はその人の力や知恵となるのです。

しかし、女性との交際経験が少ない場合、経験から得られる知識が乏しいため、女性の気持ちを理解できず、女性に配慮した行動をとることは難しいでしょう。

その場合、自分のペースで交際を進めてしまい、女性の気持ちに気づけない、告白のタイミングも分からないという状況に陥りかねません。

では、経験の少なさから、女性の気持ちを理解できない、女性の気持ちに配慮できないとするならば、具体的にどのような問題が出てくるのか見ていきましょう。

[経験の少なさからくる]知識不足

お見合いで出会った女性との真剣交際を始めるタイミングを掴めないのは、経験の少なさゆえに、女性心理を判断するための知識が不足しているからかもしれません。

女性との交際経験が多く、女性の気持ちを理解している男性は、出会った女性の反応から、自分にどれくらい好意を持ってくれているのか、どれくらいこの交際に対し真剣になっているのかを、感じとることができるでしょう。

その感じとった反応から、おおよその予測をつけ、相手の女性と真剣に交際することができるのか、また、真剣交際を始めるタイミングを見極めることができます。

しかし、女性との交際経験が少なく、女性の気持ちを理解する知識を持ち合わせていないとすれば、女性の反応を読み取る力、反応から気持ちを察する力に欠けるため、女性があなたに対してどのくらい好意をよせているのか、この交際をどのくらい真剣に考えているのかを察することが難しくなります。

そうなると、こちらは好意を寄せていて、真剣に交際を考えていこうと思ったタイミングで、相手の女性からお断りをされるなんてこともありえるのです。

このように、経験の少なさからくる知識不足は、女性心理を理解する力に欠き、お見合いで出会った女性との関係を真剣交際へと発展させるタイミングが掴めない、真剣交際に発展させられないという結果を招いてしまうかもしれないのです。

[経験の少なさからくる]マイペース

お見合いで出会った女性との真剣交際を始めるタイミングを掴めないのは、経験の少なさゆえに、マイペースに行動してしまっているからかもしれません。

女性との交際経験の多い男性は、経験の多さから、自分のペースも大切にしつつ、女性のペースへの配慮や、決断・判断をするべきタイミングを見極め、行動する力を身に付けている人が多いでしょう。

しかし、交際経験の少ない男性は、経験の少なさから、女性のペースに配慮できず、決断・判断するタイミングを見極めて行動することができないため、自分のペースで物事を進めてしまうことが多いことでしょう。

自分のペースで物事を進めてしまうと、相手の女性の気持ちがまだ伴っていない時期に告白してしまったり、行動が遅すぎて相手の女性を不安にさせてしまい、その結果、交際を断られてしまうこともありえるのです。

このように、経験の少なさから、マイペースに交際を進めてしまうと、お見合いで出会った女性のペースに配慮できず、決断・判断をするタイミングを誤ってしまう可能性があるのです。

[経験の少なさからくる]アピール不足

お見合いで出会った女性との真剣交際を始めるタイミングを掴めないのは、経験の少なさゆえに、女性へのアピールが不足しているからかもしれません。

女性との交際経験の多い男性は、女性に対して、自分の気持ちを上手くアピールできている人が多いでしょう。

上手くアピールすることで、真剣交際への前向きな気持ちが伝われば、女性側も心を開きやすくなり、その後の関係が進展しやすくなります。

しかし、交際経験の少ない男性は、自分の気持ちを上手くアピールできない、または、自分の気持ちをアピールしないため、女性に「この人は私を好きなんだろうか」という不安を与えてしまう可能性があるのです。

こちらは真剣でも、その気持ちが伝わらなければ、相手の女性は、あなたから離れてしまったり、他の男性を選んでしまうかもしれません。

このように、経験の少なさから、自分の気持ちを上手くアピールてきないと、相手への好意が伝わらず、真剣交際に発展させることが難しくなってしまうかもしれないのです。

女性との向き合い方を変えて、真剣交際を始めるタイミングの見極めよう

お見合いで出会った女性との真剣交際を始めるタイミングが掴めない原因は、交際経験の少なさゆえに、相手とのやりとりに難しさを感じているからだと前述しました。

女性との交際経験の少なさは、女性の気持ちを理解することや、配慮することを難しくさせてしまうため、交際をスムーズに進める上で、障害になる可能性が高いのです。

お見合いで出会った女性との真剣交際を始めるタイミングを見極めるには、交際経験の少なさを補うための知識と行動力が必要なのではないでしょうか。

本記事では、お見合いで出会った女性との向き合い方を変えることで、真剣交際を始めるタイミングを見極める方法をお伝えします。

真剣交際を始めるタイミングを見極めるには、あなたの女性との向き合い方を変える必要があります。

女性との交際経験の少なさからくる、女性心理への知識不足、マイペースな行動、アピール不足を補う必要があるということです。

女性の気持ちを理解し、配慮することができるようになれば、お見合いで出会った女性との関係性を向上させることができ、あなたの相手との関係性を見極める力もアップします。

そうすれば、自ずと真剣交際を始めるタイミングを決めるができることでしょう。

では、女性との交際経験の少なさからくる、女性心理への知識不足、マイペースな行動、アピール不足を補い、女性の気持ちを理解し、配慮するためには、どのようにしたら良いのか見ていきましょう。

女性心理を理解し、真剣交際を始めるタイミングを見極めよう

交際経験の少なさから、女性の気持ちを上手く察することができないとするならば、女性心理を理解することで、お見合いで出会った女性との真剣交際を始めるタイミングを見極める力を付けましょう。

お見合いで出会った女性との関係を、仮交際から真剣交際へ発展させる上での女性心理を理解するには、「仮交際の間の女性の反応や行動を注意深く観察」してみましょう。

いきなり女性心理を理解しようとしても、男女の考え方には大きな違いがあるため、簡単にできるものではありません。

そこで、「真剣交際に発展させられるタイミングを知る」ことに絞って、女性の反応や行動から、女性心理を理解することをオススメします。

仮交際の間の女性の反応で注意深く観察すべき点は、

  • 「会う回数が増えているか」
  • 「会わないときの連絡の頻度が増えているか」
  • 「自分への質問をしてくれているか」

に着目してみてください。

「会う回数が増えているか」は、週一のペースで会えているかを基準にしてみましょう。

どうしても都合が合わない時もあるとは思いますが、仮交際期間の間に週に一回会って、デートできるのならば、わざわざ週に一回はあなたに会うための時間を作っているわけですから、相手の女性もあなたに好意を抱いていると言っていいでしょう。

「会わないときの連絡の頻度が増えているか」は、デートなど実際に会う時間以外にどのくらい連絡をとりあっているかを見るもので、最低でも朝晩必ず連絡を取り合えている、さらに仕事の休み時間などにも連絡をくれているならば、あなたとのやりとりに重きを置いている、あなたに好意を抱いていると言えるでしょう。

「自分への質問をしてくれているか」は、あなたにどれ程興味を抱いているのかを見るものです。

あなたも彼女に興味があるならば、色々と質問をしたくなりませんか?

それと同じように、あなたへの興味・関心は質問として現れてきます。

デートの時や、会えない時のやりとりの中で、あなたに色々と質問をしてくれているのならば、あなたに興味を持っている、あなたに好意を抱いていると言えるでしょう。

今まで女性心理に対する知識が不足していたならば、
「女性の気持ちが良く分からない」→彼女の反応から、彼女の気持ちを察することができない、気持ちが分からないためどう行動していいか分からない

というように、彼女の気持ちや反応から次の行動を決めることが難しくなります。

しかし、上記の判断基準を用いて彼女の反応を見た場合には、

「会う回数が増えているか」→週一会えているなら⚪、会えていないなら×
「会わないときの連絡の頻度が増えているか」→朝晩や合間の時間に連絡をくれるなら⚪、朝晩以下の連絡頻度なら×
「自分への質問をしてくれているか」→質問をたくさんしてくれるなら⚪、ほとんど質問をしてくれないなら×

というように、女性の行動から簡単にあなたへの気持ちを判断力することができます。

このように、お見合いで出会った女性の反応や行動から、あなたへの気持ちを知ることができれば、真剣交際に進めるタイミングなのか、真剣交際に進める関係性を築けているのかを判断することができます。

上記の基準から、あなたへの好意を抱いている可能性が高いと判断できたならば、、それは、真剣交際へ進めるタイミングと言えるでしょう。

決断力を身につけて、真剣交際を始めるタイミングを見極めよう

交際経験の少なさから、マイペースに行動をしてしまうことで、女性への配慮に欠けてしまうならば、決断力を身につけ、スピードを持った判断をすることで、お見合いで出会った女性との真剣交際を始めるタイミングを見極める力を付けましょう。

真剣交際へと進めるために、必要な決断力とスピードを持った判断をするためには、

  • 「完璧を求めない」
  • 「自分で決める習慣をつける」
  • 「判断材料を収集をする」

を実践してみましょう。

「完璧を求めない」は、判断力が発揮できないときは、完璧を求めすぎて、優柔不断になっている可能性があるため、完璧を求めすぎるのは辞めようということです。

例えば、「彼女との関係に完璧な相性を求めているため、なかなか良い出会いが見つけられずにいる」場合です。

そもそも100%相性の良い相手は存在しません。合わない所があって当たり前ですし、違いがあるから補え合える部分だってあるのです。

しかし、完璧を求めすぎてしまうと、自分に完璧に合う女性を探してしまい、そんな人は存在しないのに、あれこれ迷って考えているうちに、せっかく出会った女性を逃してしまうなんてことになりかねません。

もし「完璧を求めない」という言葉だけでは、基準が立てられないとするならば、お見合いで出会った女性にあなたが求めることを箇条書きにし、その6割を満たしているかを判断基準にしてみてください。

6割程度が程よく相性が良く、自分にないものも持っている女性ということです。

「自分で決める習慣をつける」は、普段から判断力に欠ける人の場合、色々な事柄を「自分で決められない」でいることでしょう。時間をかけて迷っても、判断の質は変わりません。

誰かに判断を委ねても、最終的には自分に全て返ってくるのです。

「レストランでメニューを決める」などの身近な所からでいいので、普段から、「自分で決める」ことを意識的に行いましょう。

「自分で決める」経験を積んでいくと、次第に判断するスピードが早くなり、マイペースに物事を進めて相手に不安を与えてしまうことは少なくなるでしょう。

「判断材料を収集をする」は、判断力に欠ける場合、そもそも判断材料が揃えられていない場合があります。

例えば、お見合いで出会った女性に関しての情報を全く収集できていない場合です。自分が彼女にどう写っているかばかり気になって、肝心の彼女に対することをどれくらい知っているのかということです。

彼女のことを全然知らないのであれば、判断できなくて当たり前です。彼女について、彼女がどのような思いを持ってあなたと交流しているのか、デートや普段のやりとりのなかで彼女に直接質問して聞いてみましょう。

彼女のことがある程度分かれば、判断のスピードは一段と早くなるでしょう。

今までマイペースな行動をとっていたとすれば、

「マイペースで判断力とスピードに欠けていた」→なかなか二人の関係を進めようとしないあなたに女性が不安になる、見切りをつけて他の男性との交流を進める

などの状況に陥りかねません。

しかし、彼女に配慮する形で物事を進めることができたなら、

「判断力とスピードを持って物事を決めて行動する」→あなたに二人の関係を進めようとする意思を感じることができる、女性は安心してあなたとの交流を進めようと思える

というように、マイペースからくる彼女の心離れを阻止し、二人の交流を円滑に進めることがてきるでしょう。

このように、判断力と判断するスピードがあれば、マイペースに物事を進めて、お見合いで出会った女性に不安を与えてしまう、二人の関係事態を悪化させてしまうということを避けることがてきるでしょう。

そして、女性に配慮する形で交流を進めていくことで、二人の関係はより深まっていくことが期待できます。そうすれば、二人の関係がより良くなっていることと、判断力が向上しているため、お見合いで出会った女性との真剣交際のタイミングを掴みやすくなるでしょう。

本命であることをアピールして、真剣交際を始めるタイミングを見極めよう

交際経験の少なさから、女性へのアピール不足で彼女に不安を与えているとするならば、本命であることをアピールすることで、彼女との関係を発展させ、お見合いで出会った女性との真剣交際を始めるタイミングを見極める力を付けましょう。

お見合いで出会った女性へ、本命であることをアピールするためには、

  • 「好意を言葉にして伝える」
  • 「好意を行動で示す」

ことを実践してみましょう。
「好意を言葉にして伝える」は、

  • 「好き」などのあなたの「好意を伝える言葉」
  • 「キレイですね」などの「相手を誉める言葉」
  • 「ありがとう」などの「相手への感謝を伝える言葉」

を伝えようというものです。気持ちは言葉にして表さなければ意外と伝わらないものです。

女性は言葉にして伝えてくれることを喜び、安心する人が多いので、普段からあなたの好意を言葉にして伝えていきましょう。そうすることで、彼女は初めてあなたの気持ちを理解し、それが彼女に対するアピールとなります。
「好意を行動で示す」は、

  • 「連絡をこまめにする」などの「彼女に興味関心があることを示す行動」
  • 「プレゼントをする」、「ご飯を奢る」などの「彼女を喜ばせる行動」
  • 「重いものは持ってあげる」、「彼女に車道側を歩かせない」などの「彼女を大切にする行動」

をしましょう。

「好意を言葉にして伝える」と同様に、気持ちは態度で示さなければ伝わりません。

女性は、「丁寧に扱ってくれる」ことを好む人が多いので、あなたの好意を行動で示すことは、彼女にあなたの気持ちをアピールすることになるのです。

今までお見合いで出会った女性との交流の間に上記のようなアピールができていなかったとするならば、

「好意を言葉にして伝えられていない」、「好意を行動で示していない」→女性はあなたの好意に気づかない、好意を感じられないので「私にはあまり興味がないのかも」と不安を与える、好意を感じられないので他の人との交流のを積極的に進める

など真剣交際のタイミングを掴むどころか、彼女の気持ちが離れていってしまうかもしれません。

では、上記のようなアピールをした場合はどうてしょうか。

「好意を言葉にして伝える」、「好意を行動で示す」→あなたの気持ちを感じとり女性からもあなたへの好意を表してくれる、あなたを信頼し積極的に交流を進めてくれる

など、えなたの好意を感じることで、女性もあなたの気持ちに応えるように行動が変わってくるでしょう。

このように、言葉と行動であなたの「本命である」という気持ちを彼女にアピールすることができたならば、彼女に不安を与えることなく、彼女からの好意の気持ちも期待することができ、お互いに好意を持ち合う良い関係を築くことができるでしょう。

良い関係性を築くことができたならば、お見合いで出会った女性との真剣交際に発展させるタイミングは、自ずと分かってくるでしょう。

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気!
恋愛悩みは人それぞれです。でも人に気軽に相談できないため、一人で抱え込むことになってしまうのです。そんな悩みに的確なアドバイスをくれるのが電話占い。進むべき未来へのヒントをもらえるので、ネガティブな恋愛をポジティブに変えることができます。[続きは下記]

併せて読む

「いつも恋愛がうまくいかない…」と悩んでいませんか? 恋愛は楽しいことばかりではありません。 片思いはもちろん、両想いであっても悩みは尽きません。 倦怠期、マンネリ、喧嘩、嫉妬など、さまざまな問題に悩まされているでしょう。 […]

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気おすすめ3選!

真剣交際にはタイミングの見極めが大事!

お見合いで出会った女性との真剣交際を始めたいと願いながらも、そのタイミングが掴めずに悩んでしまう男性がいることでしょう。

今まで女性との交際経験が少なかったとするならば、女性の気持ちを感じとることや、女性の気持ちに配慮する行動をとることは難しいかもしれません。

真剣交際のタイミングを見極めるためには、女性との関係性を向上させるための知識や行動力を身に付ける必要があるでしょう。

本記事では、お見合いで出会った女性との向き合い方を変えることで、真剣交際を始めるタイミングを見極める方法をお伝えします。

お見合いで出会った女性との真剣交際を始めるタイミングが分からないならば、女性の心理を理解するために、「仮交際の間の女性の反応や行動を注意深く観察」し、女性へ配慮をする判断力を磨くために、「完璧を求めない」、「自分で決める習慣をつける」、「判断材料を収集をする」を実践し、女性への好意をアピールするために、「好意を言葉にして伝える」、「好意を行動で示す」を実践してみましょう。

女性へのあなたの気持ちや態度によって、女性の気持ちや反応は変わるものです。今、真剣交際のタイミングを掴めていないとするならば、まず女性との向き合い方を変えてみましょう。

そうすることで、女性があなたに心を開き、あなたも女性の気持ちを感じとることができるようになるでしょう。女性の気持ちを感じとることができるとき、真剣交際へ発展させるタイミングを感じとることができると言えるでしょう。