真剣に恋愛したい人必見!ネットの相手を恋愛で本気にさせる方法

インターネットを使って相手と出会い、本気の恋愛をしたことはありますか?挑戦したことがある人であれば、それがかなり困難であることがわかるはずです。

自分が真剣でもネット上の相手を恋愛で本気にさせることは至難の技でしょう。顔が見えないネットでいくらたくさんのやりとりを重ねても、恋愛の相手としては認識されない場合が多いのです。

対面で恋愛を始める以上に地道な努力が必要かもしれません。

本記事では、「誠実な自己開示と真剣に相手を理解する」ことで、ネットの相手を恋愛で本気にさせる方法をお伝えします。

結果として、「暇潰しの対象のまま関係が変わらない」「友人や恋愛の対象からどんどん外れてしまう」可能性を下げていけるはずです。

顔が見えないネットだからこそ、速い反応ではなく誠実で丁寧な対応によって「他にはない」関係を少しずつ作っていけるでしょう。

ネットで素敵な人に出会えても、本気の恋愛までいかない?

インターネットを使うと、指一本で様々な人と出会い、コミュニケーションをとることができます。

同じ趣味、職種、意見、興味関心を持った人と年齢、性別、場所を越えて出会えるため、便利なツールでしょう。

最近では、このようなネットの利便性を使って出会い、恋愛に発展するケースもあるようです。

普段、男女の出会いがほとんど見込めない人にとってはネットが恋愛するための「頼みの綱」になっているかもしれません。

しかし、ネットで出会い、真剣な恋愛にまで発展させるというのは非常に難しいことでしょう。相手の情報が限られている中で、関係を作り、維持し、深めていかなければならないからです。

「ネットが頼みの綱」というなかで真剣に恋愛相手を探している人は、この関係作りが大きな壁になるのです。

自分が本気でも相手が「なかなか恋愛モードにならない」「本気で考えてくれない」場合が多いでしょう。

しかし、このまま「ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない」状態が続く場合、「話し相手」「友達」がたくさん増えるだけで、本当に必要としている「恋愛の相手」は見つからない可能性が高いのです。真剣に頑張っている人ほど、くたくたに疲れてしまうでしょう。ぐったりと疲れ無気力になる前に、「ネットの相手を恋愛で本気にさせることができない」という問題に取り組み、自分の行動を改善していく必要があるのです。

では、「ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない」原因は何でしょうか。具体的に考えてみましょう。

ネットの相手を恋愛で本気にさせる事が困難、関係育たない「軽薄な発信」

ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない原因は、「軽薄な発信」をしてしまっているためかもしれません。

ネットは早いやりとりが可能です。

相手から連絡があれば、即時に内容を返す人も多いでしょう。

確かに「すぐに返信する」ことで「相手に関心や好意を伝える」ことはできますが、その分、「あの言い回しは止めればよかったかな」「もうちょっと考えてから送ればよかったな」と後悔することもあるかもしれません。

このように「相手からの内容」に対して瞬時に送り返してしまう場合、内容が「軽薄」になりやすいのです。

たとえば、「相手が送ってきた内容」に対してあまり考えずに「表面的な内容」ばかり返してしまう、前にも話題になったことについて「同じ質問を繰り返してしまう」、相手がちらっと出した「本音をスルー」してしまう等です。

多くのやりとりをしていても、実は「相手にちゃんとした興味を持てていない」「すれ違いの多いコミュニケーションが生じている」可能性があるのです。

このような「軽薄な発信」を続けている限り、1対1の関係はしっかり育っていかないでしょう。恋愛関係を望むなら、尚更です。「ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない」のは当然とも言えるでしょう。

では、「表面的なやりとり」「同じ質問を繰り返す」「本音はスルー」といった軽薄な発信を続ける場合、どのような問題が生じてしまうのでしょうか。具体的に考えてみましょう。

暇潰しの対象から変化なし、関係が構築できない「表面的なやりとり」

ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない原因の1つは、「表面的なやりとり」をしてしまっているためかもしれません。

相手からの発信内容は様々でしょう。自分のことを話してくれる場合もあれば、質問をしてくることもあるかもしれません。

これらのやりとりは関係の土台作りとなります。

「相手が安全な存在なのか」「常識的な会話ができるのか」「同じことで共有しあえるか」等をお互いに探りながらやりとりを通して関係を作っていくのです。

しかし、「相手からの発信内容」に対してスピーディーに返信する場合、「中心となっている内容とはズレた返信をしてしまう」「相手が掘り下げて話したかっただろう内容を無視してしまう」かもしれません。

たとえば、相手が「通勤時間が1時間半かかる」「○駅から△駅まで立ちっぱなし」といった内容を送ってきたとき、「○駅って駅ビルに美味しいラーメン屋さんあるよね」といった返信をしてしまうのです。

相手の一番言いたい部分は「通勤時間が長い」「電車も立ちっぱなし」だから「つらい」「大変」ということなのに、「○駅」にだけ注目して表面的な返信をしてしまうケースです。このようなコミュニケーションのすれ違いが多い場合、ちゃんとした関係を作っていくのは非常に困難といえます。

相手がほとんど見えない上に、「伝わった」「受けとってもらった」という感覚が生じにくく、やりとりのメリットを感じない可能性が高いからです。「どこのラーメン屋が美味しいか」といった情報交換や暇潰しの対象になってしまうかもしれません。

頑張ってたくさんやりとりしている割には、関係はほとんど進展しないでしょう。結果的に「ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない」という悩みに繋がっていくのです。

友人対象から外れる、関係が積み重ならない「同じ質問」

ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない原因の1つは、「同じ質問」を繰り返してしまっているためかもしれません。

やりとりを続けていると、2人の中で話題に出やすい内容があるでしょう。「前にも話した」ことがある内容です。

しかし、それは「相手が話したことを忘れているために何度も話題に出る」のではなく、興味関心が高くて再び話題に出ている可能性が高いでしょう。

話を2人で深める、広げるときなのです。

しかし、そのような場面で、「前にも2人で話した内容」や「前にも質問した内容」を再び初めてのように聞いてしまう人がいます。

たとえば、相手が「私には双子の姉がいて、どちらとも仲がよかったんだよ」といったような話を過去にした場合でも、後日、「兄弟いたっけ?」と返信してしまうケースです。数えられるくらいの回数であれば許されますが、繰り返す場合、「自分に興味がない」「他にもたくさんの人とやりとりしているのかも」と思われてしまうかもしれません。

相手にしてみれば、このような「同じ質問」が出る度に、信頼感が崩れてしまうでしょう。それでは2人の関係は積み重なっていかないのです。

「親しい友人」の対象からも外れてしまうでしょう。頑張ってたくさんやりとりしている割には、関係の質は変わらず止まってしまうのです。結果的に「ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない」という悩みに繋がっていくでしょう。

恋愛対象から外れる、関係が特別にならない「本音をスルー」

ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない原因の1つは、「相手の本音をスルー」してしまっているためかもしれません。

やりとりを続けていくと、相手がちょっとした弱音や愚痴を伝えてくることがあるでしょう。

相手が普段の生活の中で抱えている不安感や孤独感が顔を出す瞬間です。このとき、相手は「励ましてほしい」「詳しく聞いてほしい」「共感してほしい」という気持ちを持っている可能性が高いでしょう。

しかし、「ネガティブな言葉に何と返したらよいかわからない」「愚痴や弱音は話したくない」といった理由から、「その部分には触れない」「別の内容にすり替えてしまう」人がいます。

たとえば、相手が「あー、職場の人間関係いやだなぁ。憂鬱」と送ってきたとき、「自分は明日、夜勤」等と返信してしまうケースです。

相手の職場の人間関係に対する不安感、憂鬱感を完全に放り投げてしまっています。

相手は温かい言葉や共感の言葉を期待して投げかけている可能性が高いため、「スルーされた」ことに失望するかもしれません。

いつもこのように「本音をスルーしてしまう」場合、相手にとって特別な存在にはならないでしょう。

自分のちょっとした感情すら受け止めてくれない人に対して「そばにいてほしい」「本気で恋愛をしたい」と思うことはほとんど無いといえます。

恋愛対象からは外れてしまうでしょう。頑張ってたくさんやりとりしている割には、もうひとランク上の関係には進めないのです。結果的に「ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない」という悩みに繋がっていくでしょう。

「誠実な自己開示と真剣に相手を理解する」ことで、脱「話し相手」

ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない原因は、「軽薄な発信」をしてしまっているためと前述しました。

「表面的なやりとり」「同じ質問の繰り返し」「本音はスルー」といった軽薄な発信を続けることで、相手との関係を作る、維持する、深めることが困難になっているのです。

そのため、「ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない」に繋がっているでしょう。では、どのような工夫をしていけば、ネットの相手と本気で恋愛ができるのでしょうか。

本記事では、「誠実な自己開示と真剣に相手を理解する」ことで、ネットの相手を恋愛で本気にさせる方法をお伝えします。

具体的には、

①「自分のことを正直に丁寧に伝える」

②「相手の発信内容を具体的に聞きながら、共感の言葉を返していく」

を実践していきます。

ネットで関係を構築していく場合、相手の顔が見えない分、「相手への思いやり・配慮」の言葉が非常に重要になります。

相手のことを聞く前に「まずは自分から」心を開き、そして相手が発信してきた内容を1つひとつ大事にすることが必要でしょう。

「ネットの相手を恋愛で本気にさせたい」のであれば、相手の気持ちや表情を想像しながらやりとりをすることが大前提になるのです。

では、「誠実な自己開示と真剣に相手を理解する」とは、どのように実践すればよいのでしょうか。具体的に考えてみましょう。

「誠実な自己開示と真剣に相手を理解する」ことで、安心できる関係へ!

「表面的なやりとり」によって関係が構築できず、相手にとって暇潰しの対象のまま変化できないのは、「恋人ができない焦りが強い時期」が多いでしょう。

焦りが強いとき、人は自分の不安感で頭がいっぱいになりやすいといえます。

「返信がすぐ来るか」「いつ頃会えるか」等に気を取られ、相手の発信内容については二の次になりやすいでしょう。

すると、部分的なことへの返信になる、相手が伝えたかった内容を無視してしまうことになってしまうのです。

相手との関係を作ることが困難になり、情報交換や暇潰しの相手のまま変わらないでしょう。そのような場合、

①「相手に興味を持った理由や自分のことを丁寧な言葉で伝える」
②「相手の発信内容1つずつを大事にし、質問・共感の言葉を丁寧な言葉で返していく」

を実践してみて下さい。

焦りが強い場合、「相手との距離感を急いで縮めようとする」人がいます。

しかし、ため口でズカズカと相手の心の中に侵入してくる人は安全な人かどうか疑われてしまいます。瞬時に返信ができなくても、まずは自分から情報開示をし、相手が安心してくれることが非常に大事になるでしょう。

たとえば、恋人ができない焦りが強いケースが①「相手に興味を持った理由や自分のことを丁寧な言葉で伝える」をしてみたところ、「内容」や「丁寧さ」を吟味しながらコメントを書くことができました。

このケースは今までは「音楽、好きなんですね」等、思ったことをそのまま、短い文にして即座に送っていたのです。

しかし、丁寧に伝えることを心がけると、「初めまして。東京に住んでいる(ペンネーム)です」から始めた方がよいことに気づきました。

堅苦しいと思うかもしれませんが、ちゃんと関係を作っていける人は、ネットの中でも、「最初は適切な距離をしっかりとっていて丁寧」なことが多いのです。

このケースは自己紹介の後に「紹介されている音楽、実は私も大好きなものばかりで思わず、コメントしてしまいました」「私は小さい頃、ピアノを習っていたため、とても馴染みがあります」等を送りました。

このように相手に質問はせず、あくまでも自分のことを丁寧な言葉で伝えることで警戒心を減らすことができるでしょう。

そして、相手から返信があった場合、②「相手の発信内容1つずつを大事にし、質問・共感の言葉を丁寧な言葉で返していく」を実践しました。ここからが2人の関係スタートです。

このケースは「共感の言葉を返す」ために、相手の返信内容をしっかり読むようになりました。

「相手が何を伝えたいか」がわからないと共感できないからです。たとえば、相手が「モーツァルトが軽快で好きです。クラシック音楽が好きという友人がいないので話せて嬉しいです」と送ってきた場合、今までであれば「私はベートーベンが一番好きです」と送っていました。

しかし、このケースは相手に共感することをまず心がけたのです。「モーツァルト、私も大好きです。軽快なメロディーは心が軽くなりますよね」「私もクラシック音楽について話せる人がいなかったのでとても楽しいです」といったように相手の言葉を中心にした返信ができていることがわかります。

相手の内容を受け止めた後であれば、「モーツァルトはどんなときに聞きますか?」「ベートーベンはどうですか?」等の質問も自然であり、話はどんどん広がる、深まるでしょう。

2人のやりとりは音楽の話題を挟みながら、ちゃんと関係を作っていける可能性が高いといえます。安心してやりとりできる関係になり、情報交換や話し相手以上に関係は進んでいくでしょう。

さらに、

①「自分のことを正直に丁寧に伝える」
②「相手の発信内容を具体的に聞きながら、共感の言葉を返していく」

を継続すると、音楽以外の話もどんどんできるようになるでしょう。

自分のことをオープンに話してから、相手に共感、質問の言葉を返していくことで、相手はあなたとのやりとりが「安心する」「癒やしになる」と思ってくれるかもしれません。

①「相手に興味を持った理由や自分のことを丁寧な言葉で伝える」
②「相手の発信内容1つずつを大事にし、質問・共感の言葉を丁寧な言葉で返していく」

ことで、「表面的なやりとり」によって関係作りが困難になることを防止できます。

相手の顔が見えない中で関係を作っていくためには「丁寧な人」「同じ気持ちを持っている人」といったような「安心感」は必要不可欠なのです。相手に安心してもらえる関係になれば、まずは知人としてやりとりを維持していけるはずです。

「ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない」という悩みを解消できる可能性が高まっていくかもしれません。

「誠実な自己開示と真剣に相手を理解する」ことで、信頼できる関係へ!

「同じ質問」を繰り返すことで関係が積み重ならず、友人対象からも外れてしまうのは、「やりとりが続いて気を抜く時期」が多いでしょう。相手とのやりとりが途絶えずに続いている場合、緊張感が無くなってくるかもしれません。

スピーディーにやりとりした以前の内容を忘れる、必要なときに思い出せないことが出てくるでしょう。相手からの信用が崩れ、友人としても関係維持が難しくなるかもしれません。そのような場合、

①「自分の身近な生活や仕事について感情面も含めて伝える」
②「相手の発信内容について感情面も含めて聞き、共感の言葉で返していく」

を実践してみてください。

「そういえば、前にも話したね」とごまかす人もいるでしょう。数回程度のことであれば笑い話になるかもしれません。

しかし、できる限り、相手のエピソードを印象づけて忘れないためにも、自分や相手の感情を取り入れた内容をやりとりしていくとよいでしょう。また、感情面のやりとりも丁寧に共感していければ、関係を深めるチャンスになるのです。

たとえば、やりとりが続いて気を抜いているケースが①「自分の身近な生活や仕事について感情面も含めて伝える」をしてみたところ、相手とのやりとりの質が変化してきました。「あれ、何だっけ?」という軽い内容から、個別の話が中心になってきたのです。

このケースの場合、「部下の教育の仕方で悩んでいるんだよね」「失敗したときは一生懸命サポートしているんだけど、あまり自分の行動については反省しないみたいで同じミスをするんだよね」「教育って難しいね、しんどい」等のような「自分の苦しい感情も含んだ話」を自分から話すことで、一気にやりとりの内容が「身近な生活や仕事の話」に移行しやすくなるでしょう。

相手からも同様の「自分の生活に踏み込んだ話」を送ってくるようになる可能性が高まるのです。そうなったとき、関係を一歩進めるチャンスでしょう。

「忘れてしまう」「同じ質問をしてしまう」内容ではなく、「相手ならではのエピソード」「印象に残りやすい感情面を含んだ話」ができるからです。

そして、②「相手の発信内容について感情面も含めて聞き、共感の言葉で返していく」をしたところ、「お互いが生活のどのようなことでどのような感情になるのか」を共有できるようになるでしょう。

共感の態度を崩さずに接していけば、相手は信頼して「ありのままの感情」出してくれるようになるかもしれません。

たとえば、このケースは「部下についての悩み」を相手に送ったことから、相手から「私の場合は上司から勘違いで怒鳴られるのがつらいなぁ」と「職場の人間関係の悩み」が送られるようになってきたのです。

それに対して「上司から怒鳴られるなんてしんどかったね」「勘違いで怒鳴るなんて腹立つ上司だね」「相手の立場を考えながら自分の意見をはっきり言うのって難しいね」といった共感の言葉を返すことで、お互いの「日常のしんどさ」をしっかり「わかり合う」ことができました。

2人のやりとりは「感情を含んだお互いの生活」の話題を挟みながら、関係をさらに強くしていける可能性が高いといえます。個別性の高い話ができるようになると、印象に残る内容が多くなり、同じ質問も減少するでしょう。

信頼してやりとりできる関係になっていくはずです。ちゃんと話ができる友人関係以上へと進んでいくでしょう。

さらに、

①「自分のことを正直に丁寧に伝える」
②「相手の発信内容を具体的に聞きながら、共感の言葉を返していく」

を継続すると、お互いにネガティブな感情も含めた自分の意見をたくさん出せるようになるでしょう。「こんなこと言ったら嫌われるかな」「この話題は止めた方がいいかな」という遠慮や躊躇をせず、色んなテーマの意見交換ができるかもしれません。

①「自分の身近な生活や仕事について感情面も含めて伝える」
②「相手の発信内容について感情面も含めて聞き、共感の言葉で返していく」

ことで、「同じ質問の繰り返し」によって信頼感が積み重ならないことを防止できます。相手の顔が見えない中で関係をしっかり維持していくためには、個別性の高い「感情面も含んだやりとり」をし、「伝わっている」「理解してもらっている」という「信頼感」を持ってもらうことが必要不可欠なのです。相手に信頼される関係になれば、友人以上の関係として楽しくやりとりを維持していけるはずです。

「ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない」という悩みを解消できる可能性は徐々に上がっているでしょう。

「誠実な自己開示と真剣に相手を理解する」ことで、唯一無二な関係へ!

「本音をスルー」することで2人の関係が特別なものにならず、恋愛対象から外れてしまうのは、「深刻な話題を回避してしまう人」が多いでしょう。

泣いている、怒っている、落ち込んでいる等、相手が深刻になっている状態が苦手な場合、その状況を回避しがちです。気づかないふりをする、話を変えてしまうかもしれません。

相手からしたら、普段どんなに話が合って仲が良くても「自分の奥の部分を受け入れてもらえなかった」と感じるでしょう。すると、本気で恋愛する対象にはならないのです。そのような場合、

①「自分は深刻な話は苦手だが、相手のことを支える努力はしていきたいと正直に伝える」
②「相手の不安感や孤独感が出てきたら丁寧に最後まで聞き、頑張ったねや大丈夫という一言をかける」

を実践してみて下さい。

「深刻な話は抜きにして関係を進めようとする」人もいるかもしれません。

しかし、なぜ深刻な話を回避しがちなのかわからない場合、相手は不安なままでしょう。正直に自分が深刻な話が苦手であることを伝えた上で、相手のために「努力して支えたい」と話すことで、自分の気持ちは特別であることを伝えていけるはずです。

たとえば、深刻な話題を回避してしまうケースが①「自分は深刻な話は苦手だが、相手のことを支える努力はしていきたいと正直に伝える」をしたところ、相手にしっかりと恋愛感情が伝わったのです。

「自分の苦手なことも相手のためなら努力する」という姿勢は、「たくさんいるうちの友人」ではなく「たった一人の特別な人」に向けたものといえます。

このケースは「深刻な話はどうしてよいかわからずに固まってしまう」「落ち込んでいる様子が可哀想でつらくなる」という自分の弱点を正直にさらけ出しました。

その上で「でもあなたを支えていくためには、逃げずに話をちゃんと聞くことから始めたい」といったことを伝えたのです。自分側から「自分の本音」を丁寧に伝えることで、一気に恋愛モードに持っていくことも可能でしょう。

そして、実際に相手に困難が降りかかったときに、このケースは②「相手の話を丁寧に最後まで聞き、頑張ったねという一言をかける」に挑戦することができたのです。

とにかく話をそらさずに最後まで一生懸命受けとるだけでも、相手は満足するかもしれません。

このケースは「そうだったんだね、頑張ったね」といった相槌が精一杯だと考えられますが、その姿勢自体が相手の力になれるでしょう。「相手のために向き合う努力をしている」ことが伝わるからです。

2人で成長していけることをお互いに実感できるでしょう。この段階までいけば、唯一無二な関係になっているかもしれません。ネットの相手を恋愛で本気にさせることができる可能性が高いでしょう。

さらに、

①「自分のことを正直に丁寧に伝える」
②「相手の発信内容を具体的に聞きながら、共感の言葉を返していく」

を継続すると、安定した恋人関係を維持できるでしょう。弱点や本音をお互いに理解しているため、同棲や結婚など、物理的な距離が近づいても、内面的なギャップを感じることは少ないはずです。

①「自分は深刻な話は苦手だが、相手のことを支える努力はしていきたいと正直に伝える」
②「相手の不安感や孤独感が出てきたら丁寧に最後まで聞き、頑張ったねや大丈夫という一言をかける」

ことで、「本音をスルーする」ことによって特別な存在になれないまま関係が続くのを防止できるかもしれません。相手の顔が見えない中で関係をさらに深めていくためには、この人となら「お互いに特別な努力ができる」「一緒に成長していける」と確信できることが必要不可欠なのです。

相手と一緒に成長していける関係になれば、恋愛関係を安定して維持していけるはずです。「ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない」という悩みは解消できるでしょう。

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気!
恋愛悩みは人それぞれです。でも人に気軽に相談できないため、一人で抱え込むことになってしまうのです。そんな悩みに的確なアドバイスをくれるのが電話占い。進むべき未来へのヒントをもらえるので、ネガティブな恋愛をポジティブに変えることができます。[続きは下記]

併せて読む

「いつも恋愛がうまくいかない…」と悩んでいませんか? 恋愛は楽しいことばかりではありません。 片思いはもちろん、両想いであっても悩みは尽きません。 倦怠期、マンネリ、喧嘩、嫉妬など、さまざまな問題に悩まされているでしょう。 […]

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気おすすめ3選!

「誠実な自己開示と真剣に相手を理解する」ことで、心で繋がる恋人へ!

インターネットを使って趣味仲間を作ることはできても、「本気で恋愛する相手」を作るとなるとレベルがぐっと上がってしまうでしょう。

恋人関係は1対1の特別なものだからです。しかし、恋人を作るために「ネットが頼みの綱」になっている人にとっては、難しくても真剣に頑張るしかないでしょう。どうしたら、その真剣な頑張りを相手に表現できるのでしょうか。

本記事では、「誠実な自己開示と真剣に相手を理解する」ことで、ネットの相手を恋愛で本気にさせる方法をお伝えします。

①「自分のことを正直に丁寧に伝える」
②「相手の発信内容を具体的に聞きながら、共感の言葉を返していく」

を実践してみて下さい。

結果として、暇潰しの対象のまま関係が変わらない、友人や恋愛の対象からどんどん外れてしまう可能性を下げていけるはずです。「ネットの相手を恋愛で本気にさせる事ができない」という悩みを解消できるかもしれません。

顔が見えないネットだからこそ、「より丁寧な対応をする」ことで、相手に基本的な「安心感」「信頼感」を与え、「一緒に成長していける」特別な存在になっていける可能性が出てくるでしょう。

心で繋がった関係を作ることができれば「相手を本気にさせる」ことは十分可能なのです。