真剣に交際している彼とスキンシップをとることができるようになる方法!

彼と真剣に交際をしているものの、いつまでたっても彼がスキンシップをとってくれないと悩んでいるあなた。彼と「手を繋ぎたい」「キスをしたい」という気持ちになってはいるけれど、あなたからスキンシップをとっていいものなのか、一体どうすればいいのか分からず、悩んでいませんか。

ひょっとすると、彼もまた、あなたと真剣に交際しているからこそ、スキンシップをとりたくても、スキンシップをとるタイミングが分からず、行動に移せないでいる可能性があります。

そんな奥手の彼にスキンシップをとってもらうためには、まずあなたが行動に移さなければなりません。

「スキンシップをとりたい」という合図を出すことが大切です。それでも彼がスキンシップをとってこない場合は、勇気を出してあなたからスキンシップをとりましょう。何もせずに、ただただ悩んでいても、前に進むことはできません。

本記事では、真剣に交際している彼と、スキンシップをとる方法をご紹介しています。

この記事を読むことで、ただ待っているだけではなく、あなたが一歩を踏み出すことに繋がると確信しています。勇気を出して行動に移しましょう!

真剣に交際しているものの、彼があなたにスキンシップをしてこず悩んでいる

彼と交際へ発展する前に、お互いの意思を確認し、真剣に交際しているあなた。付き合って半年ほど経ったにもかかわらず、彼からスキンシップがない。

「私に魅力がないのかな?」「ひょっとしたら何か違うと思われているのかな?」と悩んでいませんか。

彼がどうしてスキンシップをしてこないのか分からず、かと言ってあなたから彼にスキンシップをはかってもいいものなのかも分からない。

スキンシップをとることで、よりお互いの愛が深まることにもつながります。このままスキンシップをとらなければ、自然消滅してしまう可能性もあります。

モヤモヤしているうちに、あっという間に1年が経ってしまうのではないかと不安になりますよね。

どうすれば、彼とスキンシップをとれるようになるのか分からず悩んでいる

彼とスキンシップをとりたいと思っている。けれども、彼からあなたにスキンシップをとってくることはない。

しかし、あなたからも彼にスキンシップをとっていいのか分からないでいます。

もしスキンシップをとると引かれるのではないかと不安に苛まれていませんか?

スキンシップをとるには、タイミングや雰囲気が重要です。あなたがもし、彼からいきなりキスをされたり、手を繋がれたりしてもびっくりしますよね。

どういうタイミングや雰囲気でスキンシップをとることが、自然な流れになるのか。あなたがよくても彼は触れてほしくないと思っているのではないか。

だからこそスキンシップをとる方法に悩むのではないでしょうか。

あなたからスキンシップをとるのは恥ずかしいし勇気がいる。

できれば、彼からスキンシップをとってほしい・・・。

今のモヤモヤしている状況を抜け出して、彼とスキンシップをとりたい。

キンシップをとることで、相手のぬくもりや相性がより分かることに繋がります。

ですが、このままスキンシップをとらない状況が続くと、相手を深く知ることもできず、そのうちお互いに気持ちが冷めてしまい、別れの原因になる可能性があります。

しかし一体どうすれうば、彼とスキンシップをとることが出来るのか分からないため悩んでいるのではないでしょうか。

スキンシップをとる方法を考える

彼とスキンシップをとる方法が分からないままだと、モヤモヤしますよね。

分からないからこそ、できれば彼からスキンシップをとってほしいと思うあなた。

ひょっとすると彼自身も、あなたにスキンシップをとるタイミングが分からず、悩んでいるかもしれません。

半年経ってもスキンシップをとってこないのであれば、彼は相当な奥手なのでしょう。ですから、彼がスキンシップをとりやすい雰囲気に、あなたが持っていくのです。

「手を繋いでいいよ」「キスしていいよ」とあなたの合図を待っているのかもしれません。

その合図を彼に示しましょう。そうすることで、彼もあなたにスキンシップをとりやすくなるはずです。

それでも何もしてこなかったら、あなたが行動を起こす必要があります。

スキンシップをとる方法について、下記2つを挙げています。彼があなたにいっこうにスキンシップをとってこないのですから、スキンシップをとるタイミングや雰囲気が分からないでいる可能性が高いです。

なので、彼からスキンシップをとってもらうためには、彼がスキンシップをとりやすい雰囲気をつくることが大切です。

それでもスキンシップをとってこない場合は、あなたからスキンシップをとらなければ、二人の関係は発展しません。勇気を出して一歩を踏み出すことが大切です。

スキンシップをとりやすい雰囲気をつくる

彼は、あなたと真剣に交際しているからこそ、あなたになかなかスキンシップをとることができないでいる可能性が高いです。

「すぐに手を繋いだりキスをしたりしたら、軽く見ていると思われるんじゃないか」「遊び人だと思われるんじゃないか」という不安があるのかもしれません。

実際、私の男友達も、真剣だからこそ簡単にスキンシップをとることができず、半年経って徐々にスキンシップをとるようにしたそうです。

スキンシップをとるときは、少し恥ずかしいし緊張もしますよね。

彼からスキンシップをとってほしいなぁと思う女性が多いのではないでしょうか。ですから、まずはあなたが、彼があなたにスキンシップをとることができるような、雰囲気をつくってみましょう。

では一体、そういった雰囲気をどうやってつくればいいのか。例を2つあげます。

ドライブデートをしている時

運転してくれる彼のために、飲み物やお菓子を用意しておきます。

飲み物はストローをさして彼がすぐ飲めるようにすること、お菓子はポッキーやプリッツといった、彼に「あーん」と食べさせてあげやすいものがいいでしょう。

食べ物を相手の口に持っていってあげることは、かなり距離を縮める行為です。

あなたがもし彼から、「はい、あーん」と食べ物を口に持ってこられたら、少しドキっとしませんか?

ちょっと緊張してしまうかもしれませんね。

ですが、車内で二人きりだからこそ、そういったことがしやすい状況ではあります。

また、彼にあげた飲み物を「私も一口飲んでみたい!いい?」と聞いて、間接キスになるような行為も、ぐっと二人の距離が近くなるでしょう。

「私はあなたとスキンシップをとりたいの」という想いが伝わるはずです。

車の中は二人きりなので、外で手を繋ぐよりもハードルが低いでしょう。

彼が右手でハンドルを持ち、左手であなたの手を繋ぐきっかけになります。私の友人の彼氏は、外では恥ずかしくて手を繋ぐことは滅多にないそうですが、彼氏とドライブデートをするときは、彼の左手と友人の右手を繋いでいるそうです。

あなたの彼も、ずっとあなたにスキンシップをとってこないということは、おそらく奥手なのでしょう。

しかし、そんな奥手な彼ですので、二人きりの空間でも恥ずかしがって「自分で食べるからいいよ」と言われる可能性もあります。

その時は、無理に食べさせてあげようとしないでください。焦りは禁物です。そっと彼にお菓子を差し出すだけでいいでしょう。

夜景を見ている時

周りに人がいるところでスキンシップをとりやすい雰囲気をつくっても、奥手な彼は「恥ずかしい」と感じて、あなたからの合図を察知しても、なかなか行動に移せない場合もあります。

すので、周りが気にならないような暗い空間である夜景を見る時がいいでしょう。

周りにも人はいるかもしれませんが、暗いので日中よりは恥ずかしくはありませんね。

「夜景、とっても綺麗だね、連れてきてくれてありがとう。

でも、冷え性だからちょっぴり手が冷えて寒いかも」とさりげなく伝えてみるのもいいでしょう。

彼がそっと手を握るきっかけにもなるでしょうし、あなたの腰に手を回すきっかけにもつながる可能性が高いです。彼が着ている羽織をあなたに着せてくれるかもしれません。

しかし、「冷えて寒い」と言うと、「ごめんね。車内に戻ろう」という流れになるかもしれません。

その時は焦らず、「綺麗だからもう少しだけ見ていたい」と言って粘りましょう。

その時に、スキンシップをとるきっかけになるかもしれません。明るい日中よりも、奥手な彼もスキンシップをとりやすくなります。

あなたからさりげなくスキンシップをとる

スキンシップをとるような雰囲気をつくったにもかかわらず、彼がスキンシップをとってこなかった場合。

勇気がいるかもしれませんが、あなたからスキンシップをとりましょう。

雰囲気をつくっても彼がスキンシップをとってこないのであれば、あなたから行動するほかありません。

ただじっと待っていても何も変わりません。私の男友達に、奥手な友達がいるのですが、彼女からスキンシップをとってくれて嬉しかったと話していました。

もちろん、いきなりキスをする必要はありません。私の友人は、遊園地でデートしていたときに、彼の小指をさりげなく軽く握って、自分からスキンシップをとったそうです。

あなたが行動に移すことで、彼もあなたがスキンシップをとっていいと思っていたんだと分かり、安心するはずです。

では一体、自分からどうやってスキンシップをとればいいのか。

例えば、あなたが彼と公園を散歩している時。会話をしながら歩いている時に、さりげなく彼の手を触りましょう。

いきなり彼の手をしっかり握るのではなく、小指をそっと触る程度に。

「あなたと手を繋いで歩きたい」というオーラを出しましょう。

私の男友達も、小指をそっと握られるのはドキッとすると言っていました。

さりげなくて可愛いなと思うそうです。彼も、それをきっかけに、あなたと手を繋ぐことができるでしょう。

しかし、彼の小指にそっと触れても、彼があなたの手を100%繋ぐ保証はありません。

ひょっとすると、そのまま彼の小指を握って歩くことになるかもしれません。ですが、だからと言って握った小指をすぐには離さず、彼の様子をうかがいましょう。

焦りは禁物です。彼の手や腕に触れる機会が多くなることで、「僕も彼女に触れていいんだな」と気づかせるきっかけになるでしょう。

あなたがそういったスキンシップをとることで、奥手な彼も、あなたにスキンシップをとりやすくなります。

いきなり腕を組んだり、手をしっかり握ることはハードルが高いですよね。でも彼の腕にそっと触れたり、手をさりげなく触ることで、「あなたとスキンシップをとりたい」というあなたの気持ちは伝わりやすくなるでしょう。

心で思っているだけでは相手に伝わりません。勇気を出してあなたが行動をすることで、彼との関係をより深く発展することに繋がるのかも。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

スキンシップをとりやすい雰囲気をつくり、あなた自身も行動に移す

彼も、あなたと真剣に交際しているからこそ、軽い男と思われたくないがために、あなたにスキンシップをとるタイミングに悩んでいるかもしれません。

しかし、あなたは彼と「手を繋ぎたい」「キスをしたい」と思っている。彼からスキンシップをとってほしいと持っているあなた。

そのために一体どうすればいいのか。まず、あなたがスキンシップをとりやすい雰囲気をつくること。

それでも彼がなかなかスキンシップをとってこないのであれば、あなたから彼にスキンシップをとりましょう。

行動に移さなければ、何も変わりません。相手に求めるばかりでなく、あなたが変わる努力をすることも大切です。

スキンシップをとることは、真剣に交際しているからこそ、勇気がいることでしょう。「軽いと思われないかな」「恥ずかしいな」という気持ちになるかもしれません。

しかし、一歩を踏み出すことで、より二人の関係が深く繋がっていくきっかけになるのです。