早く結婚したい!20歳で結婚するメリットデメリット

20歳、大人になった!早く結婚して早く幸せになりたい!成人して目に見える世界が広がり、結婚というものを身近に感じ始めていますか。

もし身近に感じ始めているとすれば、結婚て本当に幸せになれるのかな?今から考えるのは早すぎるのかな?とまだ見ぬ結婚に対して期待と不安で悩んでいませんか。また、周囲から、まだ早い!もっと社会経験を積んでから!などと言われ悩んでいませんか。

今回は、20歳と言う若さでの結婚は、早婚と言われますが、早婚はなぜ不安になりやすいのか、反対されやすいのか、早婚の不安要素を紹介します。

また、早婚に対する判断基準としてメリットデメリットを紹介していきます。参考にして頂くことで、漠然としていた結婚がより鮮明に見えてくるでしょう。

20歳、早く結婚したい!それって本当に幸せになれるの?

20歳になり大人になって選択肢が広がった今、幸せになりたい!と結婚について考えていますか?10代の頃から意識していた、あるいは、身近な友人やSNS・メディアなどで20歳ですでに結婚したという方を目にする機会があり、意識するようになったという方もいるかも知れません。

では結婚と言うとどんなイメージが湧くでしょうか。好きな人といつも一緒に過ごせる。ほっとできるような心休まる場所ができる。経済的に安定・安心できる。就職しなくていい。など幸せに期待を膨らませる方も多いはず。

その一方、不安要素も頭をよぎるのではないでしょうか。この人と結婚して幸せになれるのかな。結婚したら遊べなくなる。仕事ができなくなる。自由が無くなる。

家事に追われる。子供ができたら世話が大変。一人の時間が持てない。など相手に対する不安や、独身・学生の頃には気軽にできていたことができなくなり、家事や育児などの負担が増えて大変になるのではという思いもあるでしょう。

期待を膨らませつつ、不安も拭いきれない。結局早く結婚して良いのか悪いのか、幸せになれるのかなれないのか。まだ見ぬ未知の世界にどうしたらいいか分からないかという方が多いのではないでしょうか。

20歳で結婚!早婚には不安要素が多い

20歳になって早く結婚したい!と期待を膨らませているのに、中々一歩が踏み出せない。または、周囲に反対される。それは年齢をある程度重ねねてから結婚するよりも、不安要素がたくさんあるからです。

多くの経験をすることによって培われる社会を生き抜く力は年齢を重ねるごとに強くなります。その力はもちろん結婚生活においても重要になります。

社会経験は生活を営む上で、また、夫婦関係・親子関係・その他の人間関係において重要な知識と生き抜く術を与えてくれます。

経験が乏しい状態で結婚をするということは本人もそうですし、ご両親・ご家族・周囲の身近な方々にとっても不安材料となるでしょう。

どちらかというと、ご両親・ご家族・身近な方々の方が心配で気が気ではないかも知れません。ただ、結婚それ事態はあなたを幸せにしてくれる要素に充分なりえます。

経験が少ないから結婚はまだしてはいけないではなく、どんな不安があるのか、またメリットデメリットは何なのかちゃんと知って判断をしようと言うことです。ではどんな不安があるのか、メリットデメリットは何なのか具体的に見ていきましょう。

20歳で結婚!早婚の不安要素

 

相手に対する不安

今、相手のいる方、いない方ともに悩み所があるでしょう。

相手のいる方は、本当にこの人で良いのかという不安です。「学生時代から付き合っていて、気心知れて、一緒にいる時間が幸せ。この幸せがずっと続いたらいいな。

だけど結婚するのはまた別かも知れない。結婚したら人が変わるって話も聞いたことあるし。この先この人とずっと一緒にやっていけるのだろうか。」「経済的にお互いまだ安定してないし。

もしすぐ子供ができたら、ちゃんと暮らしていけるかな。」「彼は年上で私よりもしっかりしている。頼りにしてはいるけど。貯金とかちゃんとしているのかな。」などなど良い所も知ってるし悪い所も知っているからこそ、ずっと続く幸せに期待しつつも不安があるのですね。

一方、今、相手がいない方。結婚に対する期待が膨らむ一方でどんな人を結婚相手に選んだらいいのか。

また、どうやって探したらいいのか。相手選びに対する不安です。最近は街コンなどのイベントや結婚相談所の充実などで、プライベートで相手に出会いが中々ないという方も相手探しがしやすい環境が整っています。

ただ、20歳という若さでその環境を利用していいのか。そこでいい人が見つけられるのか。街コン・結婚相談所などの利用に対する不安とそこに参加する男性に対する不安があることでしょう。

自由がなくなる

プライベートや学業・仕事など今までは自分のペースで自分の思う通りにできていたことが、相手に合わせないといけない、相手に制限されるのではと、個人の自由が奪われる事に対する不安をお持ちの方も多いでしょう。

家事・育児に対する不安

今までは家事をそこまでしていなかった、または全くしてこなかったという方も多いのではないでしょうか。

そんな中、結婚して二人になったら、全部自分でしないといけないかも知れない・実家の家族に頼れない・夫と分担はできるだろかなど日々の生活にプラスして家事の負担がのし掛かるのではという不安です。

また、結婚して二人のかわいい子供が欲しい!子供が好きだから絶対欲しい!など子供に対する期待が膨らみつつ、子供ができたらちゃんと育てられるのかな。夫は育児に協力してくれるだろうかなど子育ても不安の一つですね。

経済的不安

これはとくに夫婦の双方が若い場合に多いですが、まだ経済的に安定していない時期に結婚するという不安です。

お互いに働けたら経済面で支えられて独り暮らしよりはむしろ余裕がでるかも知れません。しかし、子供ができたらどうでしょう。

或いは子供ができたから結婚したいという場合はどうでしょう。夫だけの収入で生活していけるか不安になりますね。

不安要素は人それぞれであげたらきりがないかも知れません。では早婚をしていいのかどうなのかその判断材料として次にメリットデメリットを見ていきましょう。ご自身にとってどうかを基準に見てみて下さい。

20歳で結婚!早婚のメリット

 

経済的に安定する

20歳という若い年齢だと経済的に余裕がない。または今の時代、先行きに不安も多いでしょう。それを経済的に安定している相手と結婚すること、または共働きによってその余裕ができ、不安を解消することができます。

若いうちに子供が埋める

35歳を過ぎたら高齢出産となり、妊娠率の低下や出産リスクが大きくなります。妊娠率や出産・育児の体力を考えると早めに産んだ方がいいといえるでしょう。また、何人も子供が欲しい場合も早い方がいいと言えるでしょう。

キレイなうちに結婚できる

20歳を過ぎればどうしても老化はつきものです。年齢を重ねる美しさはありますが、若さと言う美しさもあります。

若いうちにウェディングドレスが着たい。若くてキレイな奥さん・お母さんになりたい。という若さゆえの美しさでしか叶えられない願いを叶えることができます。

好きな人と多くの時間を一緒に過ごせる

愛し合う人との大切な時間をより多く持つことができます。これは同居、同棲になりますが、家庭を持ち一緒に過ごす時間が増えることで、たくさんの喜びや幸せを共有することができます。

安心感が持てる

独り暮らしでは何かと不安なことも多いでしょう。昨今、物騒な事件も多いですから女性なら尚更です。

しかし、結婚して同じ家に住むことで、相手に守ってもらえるという安心感を持つことができます。また1人じゃないという精神面での安心感も持てます。

自慢できる

若くて結婚すると、周りより早く結婚するという場合も多いと思います。その幸せな姿を身近な人達に自慢できます。

相手が選べる

若いうちから結婚に向けて行動した方が、相手を選ぶという点では選択肢が広がります。婚活をしたら、相手の年齢も広範囲で選べるし、アプローチしてくる人も多いでしょう。

20歳で結婚!早婚のデメリット

 

出かけづらくなる

一人の生活とは違い、相手に気を使い、合わせなくてはならない部分も多いです。夕飯を一緒に食べるのが基本になったり、毎日のスケジュールをシェアするのが当然になり、相手に何も言われなくても自ら自分の行動を制限する人も多いのではないでしょうか。

仕事に没頭しづらくなる

仕事が好きな人や生き甲斐を感じている、将来のためにもキャリアアップしたいなど、今までは仕事に没頭できていたけれど、結婚生活が主になり残業がしづらくなったり、今までのように仕事に時間を費やせなくなります。

束縛される

相手に大切に思ってもらうのは嬉しいことですが、人によっては束縛が激しい場合もあります。もちろんそうでない人もいるでしょうし、人によりますが、今すでに束縛されているなら、結婚して一緒に暮らすようになれば、行動の制限は今まで以上になるでしょう。

家事の負担が増える

今まで実家で暮らしていた方はもちろん、独り暮らしの方も、家事をしたことない・家事が苦手という場合には家事の負担が大きいでしょう。日本はまだまだ女性が家事をしている率が高いですから、それを期待している男性も多いです。全く手伝ってくれない人もいます。

育児の負担ができる

一番、自分の時間が割かれるのは育児です。プライベートも仕事も子供優先になり、自分の思うようには行きません。20歳という若さならやりたいことも多いでしょうから尚更負担に感じるでしょう。

価値観・性格の違いによる不一致が招じる

生きてきた環境の違う二人が一緒に暮らすのですから当然と言えば当然ですが、付き合っていた頃には分からなかった価値観・性格の不一致は必ず起きます。

 

不安要素と早婚のメリット・デメリットはお分かり頂けたでしょうか?もちろん早婚ならではの事もあれば何歳で結婚しても起きる事もあります。

ただ、人生経験の浅い20歳だと、とくに不安とデメリットの部分が歳を重ねてから結婚するよりも大きい負担になる場合が多いです。ではメリットデメリット知った上でどう判断していったらいいのか、何を基準にしたらいいのかを見ていきましょう。

本当に早婚が幸せなのか見極めよう

早婚の不安要素・メリット・デメリットを見て何を感じましたか?皆さんそれぞれ違うことを感じたでしょう。幸せになりたい!その気持ちは良く分かります。ただ一歩立ち止まってよく考えて見て下さい。

今の時代、結婚は誰かに決められるものでもなければ、結婚をするかどうかさえ個人の選択に委ねられています。結婚をしたからといって必ずしも幸せになれるとは限りません。

厚生労働省の平成30年の統計では、婚姻件数59万件に対し、離婚件数は20万7千件で、その年だけで見ると約3組中、1組は離婚していることになります。
(参考:平成30年人口動態統計の年間推移 厚生労働省ホームページ)

3組に1組は上手くいかなかったということですね。

それは結構高い割合に感じませんか?これは早婚だけでなく全ての世代に関するデータです。早婚ならなおさらです。次のデータを見て下さい。


(画像出典:年齢別に見た離婚 厚生労働省ホームページ)

圧倒的に20代での離婚が多いのが実状です。

ではその上でどういう選択をしていくのか、社会経験の少なさは判断を鈍らせたり、誤った判断をしかねません。両親・家族・身近な人々に相談するのもいいでしょう。

おすすめは早婚をして幸せに暮らしている人と早婚したが離婚したまたは離婚を考えているなど失敗したと感じている人の両方に意見を聞くことです。

片一方だと考え方が偏り判断を間違う恐れがあるからです。ただし、あくまでも他人の意見は参考として下さい。20歳という若い年齢であっても、最終的に決めるのはあなたです。

あなた次第であなたが幸せになるかどうか決まります!そんな無責任なと思う方もいるでしょう。ただその通り、他人はあなたの人生に責任をとってはくれません。

それは全然知らない他人だけでなく、両親・家族・友人・職場など近くの人々もです。協力はしてくれるでしょう。しかし、結婚をするのはあなた自身です。身近な誰かが代わりに結婚して、結婚生活をしてくれる分けではありません。

早婚それ事態は良くも悪くもないのです。反対に言えば良くなることも悪くなることもあります。大事なのは自分で選んで、自分で責任をとるということです。

誰かが進めてくれたから、誰かが良いと言っていたから結婚したのに上手くいかなかった!と言われても、相手も困るし、あなたも幸せではありません。

相手にとってはそれがいいと思ったのです。または実際に良かったのです。結婚に反対された場合もそうです。相手にとってはそれがベストだと思ってアドバイスをくれているのです。

ただ、あなたにとってのベストは相手には分かりません。だってあなた自身ではないからです。何があなたにとって重要なのか、あなたを幸せにしてくれる要素は何なのか、それはあなたにしかわかりません。

あなたは何を求めて結婚を考えていますか?もしあなた自身も分からないなら、じっくり自分に聞いてみて下さい。自分の気持ちと向き合う時間をじっくりとってみて下さい。

自分で選択して幸せを掴んで!

メリット・デメリットを色々お伝えしましたが、メリットかデメリットどちらかだけにはなりません。

どちらも受け入れなくては結婚できません。何事もそうですが、全ての事には良い面もあれば悪い面もあります。

その上で、何があなたにとって一番重要なのか、それを見極めてください。その他の部分は相手や身近な人達の協力や家庭における工夫で乗り越えられることも多いです。

一番大切なのは最終的な判断はあなた自身でするということです。あなたの人生です。幸せはどこからか訪れるものでも、結婚相手がくれるものでもありません。

相手も幸せになりたいのです。何かや誰かに幸せにしてくれることを期待しても一瞬の幸せは感じることができたとしても、本当の幸せや永続的な幸せも手にすることは難しいでしょう。

何かや誰かから貰った幸せは次は失うのが怖くなるからです。ずっと与えてもらい続けなければなりません。幸せは自分で気づいて、自分でなるものです。

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気!
恋愛悩みは人それぞれです。でも人に気軽に相談できないため、一人で抱え込むことになってしまうのです。そんな悩みに的確なアドバイスをくれるのが電話占い。進むべき未来へのヒントをもらえるので、ネガティブな恋愛をポジティブに変えることができます。[続きは下記]

併せて読む

「いつも恋愛がうまくいかない…」と悩んでいませんか? 恋愛は楽しいことばかりではありません。 片思いはもちろん、両想いであっても悩みは尽きません。 倦怠期、マンネリ、喧嘩、嫉妬など、さまざまな問題に悩まされているでしょう。 […]

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気おすすめ3選!

自分にとってのメリットデメリットを把握し、最終判断は自分でしよう

結局、幸せになれるかは自分次第なのです。早婚に重要なメリットを感じて結婚したとしても、そのあとの努力次第で幸せになれるかどうかは変わりますし、自分だけでなく相手とのお互いにの努力が必要不可欠です。

ただもし自分で決めたことならば、上手くいかなかったときも諦めがつきやすいですし、諦めがつけば次の行動がとれます。

早婚に踏み切ったのも、その相手を選んだのも自分だからです。何かや誰かのせいにしてずっと文句をいい続けても誰も幸せにはなりません。

自分にとってのメリットデメリットは何なのか、何を一番大切にしたいのか、自分としっかり向き合って下さい。そして素敵な人生を掴んで下さい。