どうしよう!結婚したい彼女がうつ病に。幸せな結婚をするため

「どうしよう!結婚したい彼女がうつ病にかかってしまった!」、「彼女と結婚したいけど、大丈夫かな」と悩んではいませんか?大切な彼女ががうつ病になったことに、動揺し、愛情を持ちつつも、不安な気持ちが大きいのではないでしょうか。

うつ病の彼女と向き合うには、彼女への気持ちだけでは解決できないことがあります。様々な挫折の可能性を乗り越えていく必要があるのです。

本記事では、幸せな結婚をするための、うつ病とうつ病の彼女への向き合い方をお伝えします。

結果として、うつ病とうつ病の彼女と向き合う中で発生しうる挫折しやすい局面を乗り越えやすくなります。

向き合い方を知って彼女と一歩一歩進んでいきましょう。そうすることで、その先に、目標とするうつ病の完治と彼女との幸せな結婚が見えてくるでしょう。

彼女がうつ病に。結婚したいけど本当に大丈夫なのか不安

「付き合っている彼女がうつ病になってしまった」、「その彼女と結婚したいが、結婚して本当に大丈夫なのか不安」と悩んではいませんか?うつ病は現代病とも言われており、いつ誰がかってもおかしくはありません。

しかし、いざ身近な人がうつ病になってしまったとしたら、どうすればいいのかと悩まざるおえないでしょう。

あなたの気持ちとしては、「彼女のことは前と変わらず愛しているし、もともと結婚を考えていたので、その意思は変わらない」、「彼女のうつ病を何とかしてあげたいし、支えてあげたいと思っている」というような、彼女に対する愛情が先にありつつも、「本当にうつ病の彼女と結婚しても大丈夫なのか」、「結婚して上手くやっていけるのか」という不安があるのも事実でしょう。

あなたが彼女を想う気持ちは素敵なものですが、うつ病の彼女との結婚は、その気持ちだけで乗り越えるのは難しいでしょう。

では、うつ病の彼女と結婚をする上でどんなことがハードルになるのかを見ていきましょう。

うつ病の彼女との結婚は気持ちだけでは乗り越えられない

あなたがいくら「彼女のうつ病をなんとかしたい!」、「彼女を支えたい!」、「うつ病を乗り越えて彼女と結婚したい!」と思っても、実際にうつ病の彼女と結婚するとなると、それは気持ちだけでなんとかなるものではないでしょう。

うつ病について調べて頂ければ分かると思いますが、うつ病は簡単に治せる病気ではないと言われています。

簡単に治せる病気ではないということは、病気と向き合い続け、彼女に寄り添い続けるのはとても大変なことと言えるでしょう。簡単な気持ちでは挫折する可能性が高くなるということです。

では、うつ病とうつ病の彼女と向き合い、幸せな結婚をする上で、それを妨げ、挫折する原因になるのはどんなことなのか見ていきましょう。

[挫折の原因]うつ病のこと、うつ病で苦しむ彼女のことが分かっていなかった

うつ病とうつ病の彼女と向き合い、幸せな結婚をする上で、それを妨げ、挫折する原因として、まずは、「うつ病のこと、うつ病で苦しむ彼女のことが分かっていなかった」ということがあげられます。

うつ病と闘うと決めたまでは良かったのですが、相手を知らない、闘い方が分からない状態で闘いを挑んでしまう場合、それが挫折につながるのです。

あなたは、うつ病とはどんな病気か良くご存知ですか?どのような症状があるのか、どうやって治療していくのかご存知ですか?うつ病と向き合うためには、うつ病に対する知識と理解が必用不可欠です。

うつ病という病気を正しく理解していないことは、目的地だけ定めて、航路を把握せずに出航するようなものです。

航路が分からずに進めば、どう舵をとったらいいかわからず、遠回りは当然、そもそもたどり着くかさえ分かりません。

始めは希望に満ち溢れて出航したのに、あまりにも目的地が見えなくて途中でやめてしまうということになりかねません。

ましてや、間違えた道を進み、船が沈んでしまうかもしれないのです。

それがまさに、うつ病を正しく理解していないことが原因で途中で挫折してしまう場合があるということです。

また、うつ病で苦しむ彼女のことを理解できていますか?良き理解者となっていますか?

うつ病を治そうとするあまりに、苦しんでいる彼女の気持ちを置き去りにしてはいませんか?

病気を患ったのは、あなたではなく彼女です。「結婚をしたい!そのために早く治してあげなきゃ!」という気持ちがいつの間にか、一番苦しんでいるはずの彼女をさらに苦しめてしまう、彼女との間に溝を作ってしまうことになりかねません。

このように、うつ病とうつ病を患った彼女への知識・理解不足により、途中で挫折してしまう場合があるのです。

[挫折の原因]うつ病との長期戦により疲弊してしまった

うつ病とうつ病の彼女と向き合い、幸せな結婚をする上で、それを妨げ、挫折する原因として、次に、「うつ病との長期戦により疲弊してしまう」ということがあげられます。

うつ病について調べて頂ければ分かると思いますが、うつ病は今日明日、一週間後、一ヶ月後、一年後にすぐ治る病気ではないと言われています。

一見治ったように見えても、つねに爆弾を抱えているような状態が長く続き、治ったと思ったら、再発することもあり、うつ病の完治にはとても長い時間がかかるというのです。

では、その長い期間を彼女と一緒に乗り越えていけるでしょうか。始めは「彼女のうつ病をなんとかしてあげたい!」、「彼女を支えたい!」、「うつ病に勝って、彼女と結婚したい!」という情熱でなんとかなるかもしれませんが、完治までの長い期間は先の見えない道のりになるでしょう。

あなたは先の見えない道のりを彼女とともに闘っていけますか?

このように、情熱だけではなんともならない、うつ病との長期の闘いに挫折してしまう場合があるのです。

[挫折の原因]うつ病の彼女を支えようとして、自分自身が追い込まれてしまった

うつ病とうつ病の彼女と向き合い、幸せな結婚をする上で、それを妨げ、挫折する原因として、最後に、「うつ病の彼女を支えようとしていたはずが、自分自身が追い込まれてしまう」ということがあげられます。

「彼女のうつ病をどうにかしたい、支えよう、そして彼女と幸せな結婚をするんだ!彼女を幸せにしてあげたい!」というような彼女への気持ちは素敵ですが、その気持ちの大きさから、「完璧な彼氏、完璧な夫」になろうと頑張りすぎて、自分を追い込んでいたという場合があるのです。

「彼女にはこう接しなくては」、「彼女にできないことは代わりにやってあげなくては」など、完璧さを求めて、「しなければならないこと」を増やしてしまい、結果として、自分の時間を犠牲にしたり、ストレスを抱え込み、心の余裕までもなくなってしまうのです。

このように、頑張りすぎて自分を追い込んでしまったとき、挫折する場合があるのです。

彼女との幸せな結婚をするためにあなたができること

うつ病の彼女と結婚したい場合、その妨げになる原因は、「うつ病のこと、うつ病で苦しむ彼女のことが分かっていない」、「うつ病との長期戦により疲弊してしまう」、「うつ病の彼女を支えようとして、自分自身が追い込まれてしまう」ことだと先述しました。

彼女に対する気持ちだけでは乗り越えられない場合があるのです。

では、うつ病と向き合い、彼女との幸せな結婚をするためにはどうすればいいのでしょうか?

本記事では、うつ病とうつ病の彼女との向き合い方、彼女と幸せな結婚をするためにあなたができることをお伝えします。

彼女への気持ちを抱くだけでなく、向き合い方やできることがわかれば、途中で挫折することなく、前向きに寄り添っていくことができるでしょう。

前向きに寄り添い続けることができたなら、結果として彼女と結婚したいという願いを叶えることができるのではないでしょうか。

[彼女との幸せな結婚をするために]うつ病と彼女に対する理解を深めよう

うつ病と向き合い、彼女と幸せな結婚をするために、始めは、

①「うつ病への知識と理解を深め、接し方を学ぶこと」

②「彼女を理解すること」が大切です。

まず、①「うつ病への知識と理解の深め、接し方を学ぶこと」ですが、目的地にたどり着くためには、航路を知って出航するべきと先述したように、うつ病と向き合うためには、その闘い方を知らなければ上手くいかなくなってしまうでしょう。

まずは、うつ病との闘い方を知るために、

  • 一般的なうつ病の症状、原因、治療法を調べる
  • うつ病患者への接し方、ケア方法を調べる
  • うつ病を克服した症例を調べる

この三点を実践して見て下さい。全てが彼女に当てはまるとは限りませんが、この知識がベースとなり、その後、彼女とうつ病と向き合う上での参考になり、また、応用が利くようになるでしょう。

次に、②「彼女を理解すること」です。いくら基礎知識があったとしても、彼女のことを知らなければ先に進めません。

言わば、航路は分かっているのに、航海の仕方が分からないようなものです。

航海に何が必要でどんなことが起こるのかは、出航前にある程度予測し、準備してから出発しますよね。

それと同じ様に、彼女のことを理解することで、これから起こる様々なことへの対処法などを予測し準備することができます。

彼女のことを理解するためには、

  • 彼女の症状、状態を把握する
  • 彼女の家族、友人や身近な人、担当医に相談する

この二点を実践してみてください。彼女の症状と状態を把握するためには、彼女へ質問することと、あなたの観察したことを日々ノートに記録することをオススメします。

色々な症状が出たり、場面や日によって違う場合もあるかもしれないからです。

そして、記録しておくことで、客観的に分析し、普段気づかないことにも、ノートを見返すことで気づくことができるかもしれないからです。

そして、一人で全て行おうとするのではなく、彼女の家族、友人、身近な人や担当医に相談してみましょう。

あなた一人では、一側面しか見えない場合がありますし、一人ではなく、チームを組むことで、サポート力の強化とあなたへの援護を期待できます。

このように、①「うつ病への知識と理解の深め、接し方を学ぶこと」、②「彼女を理解すること」を実践することで、闘うための準備を整えることができます。

準備を整えることで、これからの闘いを有利に進めやすくなるでしょう。

[彼女との幸せな結婚をするために]長期戦になる覚悟をしよう

次に、うつ病と向き合い、彼女と幸せな結婚をするために、うつ病との闘いは長期戦になることを覚悟しましょう。

うつ病は完治までに長い時間がかかる可能性があると言われているため、うつ病と向き合うには、長い目が必要ということです。

うつ病と長い目で向き合うためには、

①「結果を求めないこと」

②「今を大事にすること」

が大切です。

まず、①「結果を求めないこと」ですが、「結婚」という目標がありますし、一生懸命取り組むのですから、当然、改善・完治といった目に見える成果・結果が欲しくなるでしょう。

しかし、長期戦である以上、成果や結果を求め過ぎると返って苦しくなってしまいます。そこで、長期戦を闘う上で、すぐに結果を求めないためには、

  • 日記をつける
  • 成果や結果ではなく、何ができるかに意識を向ける

ことをオススメします。

前項にて、彼女への理解を深めるために、ノートに記録をとることをオススメしましたが、同様に、ノートに記録をとる・日記をつけることで、日々の取り組みを客観的に見ることがてきます。

客観的な視点で見つめることで、状況を冷静に判断しやすくなりますし、一見気がつかないような小さな成果を発見することができるかもしれません。

次に、成果や結果ではなく、何ができるかに意識を向けるということですが、日記をつける際に、明日できること、今後できることを考え、記録することをオススメします。

頭で考えるだけだと、考えがまとまりづらく、中々上手くいかない時などに負のループにはまりやすいからです。

目に見える形にすることで、客観的にその日を振り返り、明日は何ができるか考えると、冷静に前向きに考えやすくなるでしょう。

そして、事前にできることを考えておくことで、その日の行動がしやすくなります。

すぐに結果がでなくても、何かしらの成果が見えなくても焦らないことです。

二歩進んで一歩さがる、ときには、一歩進んで二歩下がることもあるでしょう。結果はすぐに出なくて当然というくらいの気持ちで取り組んで見て下さい。

次に、②「今を大事にすること」ですが、目標の結婚と完治に向かって、「今を大事にすること」で長期戦を乗り越えていこうということです。

「今を大事にする」ためには、「今(今日)、充実した時間を過ごすこと」をしましょう。

「今(今日)、充実した時間を過ごすこと」とは、結婚やうつ病の完治に関係なさそうなことで構いませんので、二人で楽しめることをする時間をとってみてください。

もし、楽しむ気持ちになれないのなら、食事を一緒にするなど、二人で過ごす時間をとるだけで構いません。

結婚してから一緒に幸せな時間を過ごすのではなく、今から幸せな時間を一緒に過ごすことを意識してみましょう。そうすることで、病気と向き合う気持ちも紛れますし、幸せな結婚生活の先取りのようになり、目標に気持ちが向かいやすくなるでしょう。

以上の二点、①「結果を求めないこと」、②「今を大事にすること」により、長期戦を挫折せず、闘っていくことができるてしょう。

[彼女との幸せな結婚をするために]彼女を支える完璧な夫を演じるのはやめよう

最後に、うつ病と向き合い、彼女と幸せな結婚をするためには、うつ病の彼女を支えようとして完璧な夫を演じてはいけません。

うつ病の彼女を支えているはずが、完璧を求めすぎて、自分が壊れてしまう場合があるため、完璧な彼、夫を演じるのはやめようということです。

完璧な夫を演じずに、彼女を支えるには、

①「彼女のためにあなたができる範囲のことだけをする」

②「自分の心のゆとりを保つこと」

が大切です。

まず、①「彼女のためにあなたができる範囲のことだけをする」ですが、完璧な夫を演じようとすると、知らず知らずに自分のキャパシティーを越えてしまっていることがあるのです。

始めは、それなりの情熱がありますから、自分のキャパシティーを越えていても、なんとか気持ちで乗り越えていけるでしょう。

しかし、時間が経つにつれて、幾度となく自分のキャパシティーを越えてしまうと、その負担が一気にのし掛かってくるように感じてしまうのです。

自分の睡眠時間を削っていたら、体調を崩すことにもなりかねませんし、気づかぬうちに、ストレスが溜まっていることもあるでしょう。

逃げ出したくなったり、彼女を避けるようになってしまう、最悪、別れを選択する場合もありえます。

あなたが追い込まれては、彼女を支えることはできません。

色々してあげたいと思う気持ちは分かりますが、あなたにできる範囲のことを、できる分だけすれば「よし」としましょう。

次に、②「自分の心のゆとりを保つこと」ですが、あなたにできることをできる範囲でしていくことでも、心にゆとりを持つことができますし、他には、彼女との時間だけではなく、自分の時間も大切にすることです。

彼女にかかりっきりになるのではなく、自分の趣味の時間や友達と過ごす時間なども大切にしてください。そうすることで、気分がリフレッシュし、ストレス発散になり、結果として、心のゆとりを保つことができるでしょう。

そうすることで、彼女に寄り添い続けることができるのです。

以上二点の①「彼女のためにあなたができる範囲のことだけをする」、②「自分の心のゆとりを保つこと」で、完璧な夫を演じ、あなた自信が追い込まれてしまうということを防ぐことができるでしょう。

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気!
恋愛悩みは人それぞれです。でも人に気軽に相談できないため、一人で抱え込むことになってしまうのです。そんな悩みに的確なアドバイスをくれるのが電話占い。進むべき未来へのヒントをもらえるので、ネガティブな恋愛をポジティブに変えることができます。[続きは下記]

併せて読む

「いつも恋愛がうまくいかない…」と悩んでいませんか? 恋愛は楽しいことばかりではありません。 片思いはもちろん、両想いであっても悩みは尽きません。 倦怠期、マンネリ、喧嘩、嫉妬など、さまざまな問題に悩まされているでしょう。 […]

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気おすすめ3選!

向き合い方を知って、うつ病の彼女を支え、幸せな結婚を目指そう

結婚を考えている彼女がうつ病を発症した場合、彼女をサポートしたいという愛情と共に、病気や結婚への不安を抱えることになるでしょう。

うつ病は簡単に治せる病気ではないと言われていますから、向き合うには、彼女への気持ちだけでは解決できないことがあります。様々な挫折の可能性を乗り越えていく必要があるのです。

本記事では、幸せな結婚をするための、うつ病とうつ病の彼女への向き合い方をお伝えします。

うつ病のこと、うつ病で苦しむ彼女のことが分かっていなかった場合は、

①「うつ病への知識と理解の深め、接し方を学ぶこと」

②「彼女を理解すること」を、

うつ病との長期戦により疲弊してしまった場合は、

①「結果を求めないこと」

②「今を大事にすること」を、

うつ病の彼女を支えようとして、自分自身が追い込まれてしまった場合は、

①「彼女のためにあなたができる範囲のことだけをする」

②「自分の心のゆとりを保つこと」

を実践しましょう。

闘い方を知って、うつ病とうつ病の彼女と向き合うことで、挫折しやすい局面を乗り越えやすくなります。焦る必要はありません。

彼女と一歩一歩進んでいきましょう。その先に、目標とするうつ病の完治と幸せな結婚が見えてくるでしょう。