料理が上手いだけではダメ?!結婚したいと思われる料理上手の条件

彼との結婚を意識して料理の腕を磨くために精を出しているにも関わらず、「彼が結婚を考えてくれない」、「彼がなかなかプロポーズしてくれない」と悩んではいませんか?花嫁修業のために料理の腕を磨いているはずなのに、なかなか結婚できないとお困りの女性は、料理の腕を磨くだけではなく、彼との結婚を目指す上で、違うポイントも磨く必要があるのかもしれません。

本記事では、料理上手な女性が「完璧さより効率を求めた家事をして、しっかり者をアピールする」、「経済面で夫に依存せず、家計を支えられる主婦になる姿勢を示す」、「聞き上手・もてなし上手になって彼の心を癒せる女性になる」というプラス要素を身につけることで、彼に結婚を意識させる女性になる方法をお伝えします。

結果として、彼はあなたから安心感と癒しを得ることができ、結婚生活をポジティブにイメージすることができるでしょう。

「胃袋を掴め」は古い?!料理が上手いだけでは男性の心は掴めない

結婚願望のある女性への「結婚したいなら男性の胃袋を掴め」という言葉は、結婚を考える女性なら誰でも一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか。

お分かりかと思いますが、「結婚したいなら男性の胃袋を掴め」とは、「料理上手になって男性の心を掴もう」ということですね。

長年の間、料理上手であることは、男性が結婚相手に望む第一条件として認知されてきましたし、家庭円満の秘訣とされてきました。

しかし、近年、男性が結婚相手に望む条件が少しずつ変わってきており、料理上手なだけでは、男性の心が掴めないというのです。料理上手な女性または結婚のために料理を勉強している女性には寝耳に水ですね。

ではなぜ男性が結婚相手に望む条件が変わってきて、またどう変わってきたのか見ていきましょう。

料理が上手いだけではダメ!男性が結婚相手に求める条件

近年、男性が結婚相手に望む条件が変わってきたのは、家庭の在り方が昔と今と変わってきたからです。

昔は男性が働きに出て、女性が家を守る・家事を全て行うことが主流でした。その時は美味しい料理を家で出してくれる女性を男性は求めていたのですね。

まさに「結婚したいなら男性の胃袋を掴め」という時代のことです。

では現在の家庭の在り方はどうでしょうか。

女性の社会進出が一般的となり、夫婦共働きが主流となりました。またそれに伴い、男性も家事を行う割合が増え、「主夫」という言葉ができる程となりました。女性が家を守る・家事の全てを行う時代ではなくなってきたのです。

では、時代の変化とともに、男性が結婚相手に求める要素はどのように変化しているのでしょうか。変化の原因とどう変化しているのか見てみましょう。

家事を分担する家庭が増え、男性も料理ができるようになった

昔は女性は専業主婦が多く、家事の全てを行うのが主流でしたが、現代では夫婦共働きが主流となり、家事を分担する家庭が多くなりました。

また、男女共に晩婚化が進み、男性は一人暮らしの時に自分で家事をする機会が増えました。

男性は、妻に頼らずとも自分で料理ができる人も増えました。

つまり、男性の家事への参入とともに、以前のように「妻に料理を作ってもらう」ことが100%当たり前ではなくなっているのです。

「手の空いている方が料理をする」という夫婦もいますし、「料理上手な男性」が夫であれば、料理は100%夫が行う夫婦もいます。

料理に対して女性への負担や期待がが減るとともに、料理は女性の最重要任務ではなくなってきたのです。

もちろん、料理上手な妻が全く求められなくなったということではなく、女性の社会進出と共に様々な生き方が選択できるようになり、それによって求められることも変化してきているということです。

夫婦共働きで家計を支える必要がある

前項目で現代は夫婦共働きが主流になり、女性に求められることが変わってきたとお伝えしましたが、女性が活躍できる社会になったことにより、「家事の全てを女性が負担し、女性や家族は男性が養う」というよりも、「家事は分担して、女性にも家計を支えてほしい」と願う男性が増えてきています。

現代はバブル時代のようにお金が稼げるわけではないです。しかし、日本はとても豊かな国となり、教育やレジャー・趣味などの選択肢は増え続けており、富裕層以外でもお金を使う機会が増えてきているのです。

では、その現代の日本において豊かな生活をしようと思ったら、やはりお金が必要になるのです。そうなると男性は、一人で家庭を養うよりも、「妻にも働いてもらい一緒に家計を支えて欲しい」と思うわけです。

家事のスペシャリストより、家事は分担してでも、女性も家計を支えてくれることに重点をおく男性が増えているのです。

ストレス社会で働く現代の男性は心の癒しを求めている

現代はストレス社会と言われていますが、日本人の特性上、真面目で忍耐強い分、ストレスを溜めやすく、上手く発散できない人が多くいます。

男性が仕事を終えて、家に帰ったとき、美味しい料理があったら、嬉しいでしょう。

ただ、美味しい料理だけで男性の抱えたストレスは発散できるのでしょうか?心は癒されるのでしょうか?美味しい料理はお金を払えばいくらでも食べれるのです。

美味しい料理を作ってくれる妻に癒してもらいたいのであり、美味しい料理は言わば雑誌の付録のようなものです。

美味しい料理を作ってくれる女性でも、その料理を食べている間、愚痴ばかり話す妻だったらどうですか?男性は癒されますか?一生懸命働いて帰ってきたのに、もっと稼いでこいという妻だったらどうですか?

美味しい料理はあくまでも二の次です。あなたがどんな女性かを男性は見ています。男性は心から癒してくれる女性を求めているのです。

料理上手にプラス要素を身に付け、結婚したいと思われる女性になろう

料理上手は彼に結婚を意識させるアピールポイントの一つになりますが、「男性の家事への参入」・「夫婦共働きが主流」・「男性はストレス社会において心の癒しを求めている」の三点から、料理上手なだけでは結婚を意識させるのは不十分たとお伝えしました。

では、彼に料理上手をアピールするだけでは結婚に結びつかないとしたら、どんなことをしたら彼に結婚したいと思わせることができるのでしょうか?

本記事では、どんな女性と男性は結婚したいと思うのか?という観点から、料理上手な女性が彼に結婚したいと思わせるプラス要素をお伝えします。料理上手にさらなる魅力を付け加えることで、彼が結婚したいと思う女性へと近づけるでしょう。

料理の勉強は頑張っているけれど、「彼が結婚を考えてくれない」、「彼がなかなかプロポーズしてくれない」とお悩みでしたら、これからお伝えするプラス要素を身につけてみることをオススメします。

完璧さより効率を求めた家事をして、「しっかり者」をアピールしよう

男性も家事ができる現代において、女性が家事をする上で男性に結婚を意識させるポイントは何でしょうか?

そのポイントとは、「効率良く家事を行うしっかり者として家庭を支えてくれる女性である」と男性に思わせることです。

そこで料理上手な女性はどのように「効率良く家事を行うしっかり者として家庭を支えてくれる女性である」ことをアピールしていけばいいのでしょうか。

料理上手な女性は、「効率良く料理を作ること」で「効率良く家事を行うしっかり者」をアピールすることができます。

「効率良く料理を作れること」は「家事全般を効率良くこなせる」というイメージに繋がり、それが「しっかり者である」アピールになるのです。

得意の料理を活かして、彼に「しっかり者」であることをアピールし、彼に結婚を意識させましょう。

「効率良く料理を作れること」で彼に結婚を意識させるには、

①「料理上手の方向性が間違っていない」こと、

②「料理上手であることを上手くアピールする」ことが大切になります。

まず①「料理上手の方向性が間違っていない」とはどういうことか見ていきましょう。

男性が家事をするようになったと言っても、料理上手な女性を嫌いな男性はほとんどいないでしょう。

ただし、どのような料理上手であるかが結婚を意識させる上では重要なポイントになります。

あなたは「料理上手」と聞くとどんな人を連想しますか?最近はSNSの発展とともに、彩り鮮やかで盛り付けも豪華、いわゆる見た目にこだわった料理が増えました。

男性の胃袋を掴む料理としてアップされているものもそうです。

いわゆる見た目重視の「派手さ」が目立つ料理が多いです。そのせいか見た目やSNS映えしそうな凝った料理を作れることが、料理上手であるかのように勘違いする女性がいます。

彩りや見た目は食欲をそそるので大事なポイントではありますが、一番重要なポイントではありません。

男性は見慣れない凝った料理より、慣れ親しんだ料理を美味しく作ってくれる女性を好む人が多いのです。

「料理上手の方向性が間違っていない」ことで重要なのは、

  • 「彼の好みを知り、好みに合わせた料理を作る」
  • 「見た目よりも味を重要視する」
  • 「慣れ親しんだ食材を使う」
  • 「健康面にある程度気を使う」

ことを意識して料理を作って見てください。

「彼の好みを知り、好みに合わせた料理を作る」ことでまず彼の心を掴みましょう。

そして、「見た目よりも味を重要視する」ことで彼の舌を掴みましょう。

「慣れ親しんだ食材を使う」ことは親近感が湧き、あなたとあなたの作った料理に生活感を感じることができます。

そして、「健康面にある程度気を使う」ことで、食事面のサポートはあなたに任せようと思わせることができるのです。

ここで「ある程度」と付け加えたのは、行きすぎるほど健康面を意識させるすると、見映えにこだわったSNSの料理と同じで、生活感のない料理になってしまうからです。

彼があなたとのこれからの結婚生活を連想できる料理を作っていきましょう。

次に、②「料理上手であることを上手くアピールする」には、

  • 「段取りを組み、手際良く料理をする」
  • 「食材にこだわりすぎず、あるもので料理をつくる」
  • 「定番料理を美味しく作る」
  • 「お金をかけすぎずに料理を作る」

ことを料理をする際に意識して見てください。

一つ目の「段取りを組み、手際良く料理をする」を実践するには、後片付けまで含めて、段取りを組み、効率の良さを重視し、料理を素早く仕上げることを意識しましょう。料理の手際の良さは全ての家事の手際の良さを連想させます。

二つ目の「食材にこだわりすぎず、あるもので料理をつくる」を実践するには、いつも行くスーパーに売っている食材や、自分の家もしくは彼の家にある食材で料理をすることを意識しましょう。

身近な食材を使って料理をすることで彼に親近感を与えましょう。

食材にこだわって何軒もスーパーを回ったり、わざわざ取り寄せるなどの行為は、たまにはいいですが、あまりに常習的ですと、生活感のなさを感じさせてしまいます。

三つ目の「定番料理を美味しく作る」を実践する際には、ハンバーグ・オムライス・カレーライス・味噌汁など子供の頃から慣れ親しんだ定番料理を凝りすぎずに美味しく作ることを意識しましょう。

慣れ親しんだ定番料理ですから、抵抗感なく食べれますし、その料理が美味しかったら、まさに彼の胃袋をつかむことができるでしょう。

ここで凝りすぎにと付け加えたのは、凝りすぎてアレンジし過ぎると親近感が失われてしまうからです。

四つ目の「お金をかけすぎずに料理を作る」を実践するには、二人の収入から決めた予算の範囲内でお金をかけすぎずに料理を作ることを意識して下さい。

予算内で料理を作ることで、「やりくり上手」をアピールしましょう。たとえ美味しい料理でも、毎日お金をかけて料理されたら、その食費が家計を圧迫してしまいます。彼にとってはとても生活感のある行動には思えないですね。

彼に「効率の良い家事を行うしっかり者」であることを伝えるためには、①「料理上手の方向性が間違っていないこと」ことを土台として、②「料理上手であることを上手くアピールする」ことで、いかに親近感を感じさせ、実際の結婚生活を連想させられるかがポイントです。

彼にあなたと結婚したら、家事の面で家庭を支えてくれるという安心感与えるてあげましょう。結果的にそれがあなたとの結婚を意識させることに繋がるのです。

経済面で夫に依存しない!家計を支えられる主婦になろう

共働きが多く、夫の給料だけでは余裕のある暮らしをすることは難しい現代において、男性の経済的な不安を減らし、結婚を意識させるにはどうしたらいいでしょうか?

それは、「経済的に余裕のある暮らしができるという安心感を彼に持たせる」ことがポイントです。

一部の高給取りを除き、男性一人の給料で余裕のある暮らしをすることが難しいことは、男性もよく分かっています。

そのため、家族を養うことにプレッシャーを感じ、結婚に踏み切れない男性もいます。

それにもかかわらず、女性側が彼に養ってもらいたいと思っていたら彼はどう感じるでしょうか?それこそプレッシャーを感じ、結婚に距離を置いてしまうでしょう。

では、「経済的に余裕のある暮らしができるという安心感を彼に持たせる」にはどうしたらいいでしょうか。

それは、経済的な依存をされるという不安を与えないこと、つまり①「彼に養ってもらいたいという依存心を捨てる」、②「あなた自身が仕事を継続し、家計を支える姿勢を示す」ことを実践してみてください。

まずはあなたの①「彼に養ってもらいたいという依存心を捨てる」ことが大切です。彼の収入に関係なく、「男性に依存せずに自立している女性」を男性は好みます。

もし依存されることを願う男性だったら、その男性もあなたに何かしら依存している可能性が高いです。

自立し、お互いに支え合う関係を作るためにも、あなたの「彼に養ってもらいたいという依存」は捨てましょう。

「依存心を捨てる」には、不安や自信のなさを払拭する必要があります。根本的にはあなたが自分自身に対する自信をつけなければなりませんが、経済的な自立や安心感のためには、

  • 「彼の収入を具体的に把握する」
  • 「彼の収入からして、自分にどれ程の収入があれば望む生活ができるのか把握する」

この二つを具体的な数値で把握して見てください。数値が漠然としていると不安になりやすいですが、数値が明確になると、現実的に物事を捉えられるようになり、安心感を持つことでき、現実に沿った行動をとりやすくなります。

そしてその上で、②「あなた自身が仕事を継続し、家計を支える姿勢を示す」ことをしてください。

共働きでないと余裕がなくなるのならば、あなたも仕事を継続するしかありません。どのような形で仕事を継続するかは別にとして、あくまでも「働いて家計を支える姿勢を示す」ことが彼に安心感を与えます。

①「彼に養ってもらいたいという依存心を捨てる」を実践する際にした、「彼の収入を具体的に把握する」、「彼の収入からして、自分にどれ程の収入があれば望む生活ができるのか把握する」ことによって、どれ程の収入が必要かは分かっていますから、その収入を得るための行動をすればよいのです。

では、結婚後の働き方の選択肢としては、

  • 「今の仕事をそのまま続ける」
  • 「職場は変えず、勤務形態を変更してもらう」
  • 「今の仕事を活かしフリーランスになる」
  • 「結婚生活を優先させる上で適した場所・時間の会社へ転職する」

などがあります。彼の収入と彼との結婚生活に合わせてどの働き方にするのか決めましょう。ただしそれは実際に結婚するとなってからの話なので、そのために今からできることに取り組みましょう。今からできることと言えば、

  • 「資格をとる」
  • 「フリーランスになる準備をする」
  • 「産休・育休など女性への待遇のいい会社に転職する」

などです。

結婚することが決まってから準備することもできますが、今から準備を始めることで、選択肢の幅か広がりますし、彼に結婚をさりげなくアピールすることができます。ただし、彼へのアピールはあくまでもさりげなくです。

「あなたとの結婚のためにしてるの!」とあからさまにアピールするのはプレッシャーになりかねません。

経済的にあなたが自立していく意志があることが伝われば、彼への金銭面でのプレッシャーは少なくなり、結果として彼があなたとの結婚を考える上で安心感を与えることができるでしょう。

聞き上手・もてなし上手になって彼の心を癒せる女性になろう

ストレス社会である現代において、働く彼を癒し、彼に結婚を意識させるにはどうしたらいいでしょうか。ストレスを抱えた彼を癒す手段としてあなたはすでに「料理上手」という武器を持っています。

しかし、料理上手だったとしても、あなた自身が彼を癒せる存在になれているのか考えてみてください。例として、料理を振る舞った際の彼に対するあなたの態度で、次のことをしてしまっていないか考えて見てください。

  • 「料理を誉めてくれることや良い反応を強要していないか」
  • 「彼の話を聞こうとせず、自分のことばかり話していないか」
  • 「愚痴ばかりを聞かせていないか」
  • 「彼に対する不平・不満を言っていないか」

以上で当てはまるものがあるならば、たとえ美味しい料理を振る舞ってくれても、あなたの態度が彼にストレスを与えている可能性があります。

それでは、彼はあなたとの結婚は考えにくいでしょう。あなた自身が彼を癒せる存在かどうかと、彼をどれたけもてなすことができるかが、彼があなたとの結婚を意識する上でのポイントになります。

彼を癒す存在となり、彼をもてなすには

  • 「まずは彼の話を聞く。自分の話は、その後か彼が聞く耳を持っているときにする」
  • 「愚痴・不平・不満を言わない」
  • 「いつも笑顔でいる」
  • 「彼に感謝の気持ちを伝える」
  • 「彼に甘える」

実践してみてください。

一つ目の「まずは彼の話を聞く。自分の話は、その後か彼が聞く耳を持っているとき」を実践するには、「彼が話すことを聞く」のはもちろんですが、彼がどんなことを望んでいるのか、話したいと思っているのか質問することも大切です。

自分のことを話すことが苦手な男性もいますが、何も思っていないわけではないので、優しく彼について色々質問してみましょう。

そして、彼の話を聞いたあとで、彼があなたの話を聞ける態勢のときに話を聞いてもらいましょう。テレビやゲームなど何かに集中しているときに話かけても耳に入らないのは当然ですので、話すタイミングに気をつけましょう。

二つ目の「愚痴・不平・不満を言わない」を実践するには、あなたの心のなかには愚痴や不平、不満が溜まっていても言うのはやめましょう。

どうしても聞いて欲しいときは、「どうしたらその状況を改善できるのか、その問題を解決したい」という前提でアドバイスを求めるというのは有効です。

ただただ愚痴や不平、不満を聞かせるのは相手にとってストレスになりますからやめましょう。

三つ目の「いつも笑顔でいる」を実践するには、自分で思っているより笑えていない場合がありますので、鏡を見て笑顔の練習をすることをオススメします。あなたがいつも笑顔でいることで、その場の雰囲気が明るくなります。

四つ目の「彼に感謝の気持ちを伝える」を実践するには、小さなことにも感謝の気持ちを伝えることを意識してください。

プレゼントを貰ったり、頼み事をしてくれたときなどに感謝の気持ちを伝えるのは簡単ですが、普段、当たり前のようにしてもらっていることにも感謝の気持ちを伝えましょう。

そうすると、彼があなたのためにしてくれていることが沢山あることにも気づけるでしょう。

五つ目の「彼に甘える」を実践するには、「愛嬌をふりまく」、「スキンシップをする」、「彼が無理なく叶えられるお願い事をする」ことをオススメします。

男性は依存されるのは嫌いでも、頼られること、甘えられることは喜ぶ人が多いので、あなたのできる範囲で取り組んでみてください。

女性は男性に丁寧に扱われることを望む人が多いと思いますが、あなたが彼に丁寧に扱われたいように、彼もあなたに丁寧に扱われたいのです。

彼にとって癒しの存在となり、もてなし上手になって、彼を喜ばせましょう。彼の心を癒す女性になってこそ彼が手放したくない結婚したい女性になれることでしょう。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

魅力溢れる女性になって結婚相手をゲットしよう!

彼にあなたとの結婚を意識してほしいと思っても、彼の気持ちをコントロールはできません。彼にあなたとの結婚を意識してもらうには、あなたが結婚したいと思われる女性になることが大事なのです。

あなたはすでに料理上手という武器を持っています。料理上手なだけでなく、複数の魅力を持ち合わせることで彼が結婚したいと思える女性へと近づくことができるでしょう。

本記事では、料理上手な女性がプラス要素を身につけることで、彼に結婚を意識させる女性になる方法をお伝えしています。

料理上手な女性は、「完璧さより効率を求めた家事をして、しっかり者をアピールする」ことで、男性が家事をできる現代においても、家庭を支えてくれるという安心感を彼に与えることができます。

そして、「経済面で夫に依存せず、家計を支えられる主婦になる姿勢を示す」ことで、男性一人の収入では余裕のある暮らしができない事への彼が持つプレッシャー払拭させることができます。

そして、「聞き上手・もてなし上手になって彼の心を癒せる女性になる」ことで料理だけではなく、あなた自身が彼を癒せる存在になることができます。結果として、彼に結婚を意識させる女性になることができるのです。

彼はあなたを幸せにするための存在にしているのではありません。

彼が結婚したいと思うのは、一緒にいて幸せになれると思える女性です。あなたと結婚すれば幸せになれると思わせてあげましょう。そして、あなたも彼も幸せになりましょう。