大学を卒業したらすぐに結婚したい!今の彼と幸せになる方法

「大学卒業後にすぐに結婚したい!けど、卒業後すぐに結婚して本当に大丈夫かな。

それに進路はどうしよう。」と、結婚に対する期待と将来への不安を感じてはいませんか?

「現在大学生で付き合っている彼がいて、その彼とはとても仲良く、大学卒業後すぐの結婚も考えている。」そんな彼がいるのはとても素敵なことですね。

若いうちに運命の人と出会えたことはかけがえのないものです。

しかし、その素敵な出会いを大切にするために、大学卒業後すぐの結婚は本当にしても大丈夫なのでしょうか?

大学卒業後といいますと、一般的には就職する方がほとんどです。

社会で活躍するために大学へ学びに行っているのですから当然のことでしょう。

そんな中、大学を出てすぐ結婚するというのは、選択肢の一つではありますが、あまり選ばれない選択肢です。

では、大学卒業後すぐに結婚をすることで何か問題が起きるのでしょうか。

また、就職よりも結婚を優先することで何か問題が起きるのてしょうか。大学卒業後すぐの結婚におけるリスクか見ていきましょう。

大学卒業後すぐの結婚にはリスクが伴う?!

大学卒業後すぐの結婚にはいくつかのリスクが伴います。

それは、学生時代が終わり、親の保護の元で生活していた環境から、自分で生きていかなければならないという環境の変化によって起こります。

自分で生きていくとは、自分で生きるためのに必要なものは自分で揃えるということです。

経済面はもちろん、生活面、精神面での自立が必要です。親がずっと面倒を見てくれるという人も中にはいるかもしれませんが、基本的には、親から自立しなければいけません。

では、社会に出て自立する上で、大学卒業後にすぐに結婚をするならばどんなリスクが伴うのか見ていきましょう。

大学卒業後の大きな環境の変化がより考え方・生活の在り方の変わる

大学生卒業後、社会に出ると大きく環境が変わります。そしてその環境の変化に伴い、考え方や生活の在り方も変化します。

社会に出て一番の環境の変化は就職をするということです。

学生時代はお金を払って学びに行くという段階でしたが、これからは、仕事をすることでお金をもらうのです。

自分のために学んでいたときとは違い、会社や顧客の満足を結果として生み出していかなければなりません。

また、人間関係や時間の使い方も就職先によって大きく左右されます。

結婚して二人で暮らしていくということは、二人で生活するだけの収入が必要になりますから、あなたと彼の双方または、どちらか片方の就職は避けて通れません。

次に起こる変化は生活面です。すでに同棲している方や一人暮らしで親から独立している方もいるかもしれませんが、大学卒業後に結婚し、二人で暮らすとなれば、親から自立し、二人で協力して生活していかなければなりません。

今まで家族がしてくれていたことを、全て自分達で行っていくようになるのです。

そして以上の二つの変化によって考え方も変化していきます。社会の在り方やその厳しさに直面することで今までとは違う考え方が生まれてくるでしょう。

今までは二人の関係が良好だったとしても、考え方の変化によりスレ違いが生じる可能性があります。

就職をしないことによる社会経験の乏しさはその後の人生に強く影響する

大学生卒業後にすぐに結婚をするため、専業主婦になる、またはパート・アルバイトをするという選択をする方もいるでしょう。

大学卒業後に正社員として就職をしないことは、その後の人生にとって影響を及ぼすこともあります。

一つ目は、将来の就職への影響です。結婚後に子供もがてきて、子供の手が離れたタイミングで就職をしようと思っても、社会に経験や実績のない場合、就職先を見つけるのは難しくなります。

大学卒業時に国家資格などを取得していたとしても、実務経験のない主婦を正社員として雇ってくれる雇用先は少ないでしょう。

二つ目は、社会経験の乏しさによって人間関係を築くことが難しくなることです。

経験によって得られる相手の気持ちを想像する能力が育たないため、夫や周囲の人達の気持ちを理解することが難しくなったり、人間関係で上手くいかないことがあったときにそれを乗り越える術が身に付いていないということが起こります。

また、子育てにおいても、社会に出て精神的な成長をする前に子供を育てるということは、心の許容範囲が狭いため、すぐにキャパオーバーになりやすいのです。

経済的な不安がある

現代の社会では、夫婦共働きが主流です。

女性が活躍できる場がたくさんあるというポジティブな面もありますが、収入面において共働きでないと暮らしていけないというネガティブな面もあります。

彼は同じ学生ですか?または働いていますか?結婚後の二人の暮らしを支えるだけの収入が彼にはありますか?

年齢の若いうちは、収入が少ない場合が多いですから、共働きで家計を支えないと生活が苦しくなる世帯が多いのです。

周囲の理解を得にくい

大学卒業後にすぐに結婚したいという気持ちを親や周囲に伝えましたか?親だったら社会経験も積んでいない未熟な我が子が大学生卒業後すぐに結婚したいと言っても賛成しにくい方が多いでしょう。

ましてや大学を出す援助をしたんですから、就職にも期待をしていたはずです。あなたの幸せを願って、反対もしくはもう少し時間をかけて考えるように説得してくる可能性が高いでしょう。

また仮に就職したとしましょう。就職してすぐに「近々結婚する予定です。」と伝えることができますか?

もし伝えられたとしても、すぐに辞めてしまうのではないかという不安を与えてしまうため、あまり仕事を教えてもらえなかったり、重要なことは任せてもらえなくなり、キャリアアップに支障をきたす可能性があります。

大学卒業後の人生設計を描き、結婚に向けて準備しよう!

大学卒業後すぐの結婚には様々なリスクがあることを先述しましたが、二人の将来の幸せはどのうように築いていけばいいのでしょうか?

それは、大学卒業後の二人の人生設計を描き、結婚に向けた準備を行っていくことで築いていけます。

二人の人生設計とは、大学卒業後にどのような人生を歩んでいきたいのかを考え、計画を立てることです。

お互いにそれぞれ理想やしたいことがあるでしょうし、二人でしていきたいこともあるでしょう。

今思い描ける限りでいいので、二人で話あって見ましょう。「25歳までに子供を作る」、「30歳で家を買う」など何歳までにこれをするというのを具体的に計画してみてください。

二人の人生設計ができあがったら、結婚に向けて準備を始めましょう。では具体的にどのように準備していくのか見ていきましょう。

大学卒業後の環境の変化を受け入れ、二人で支え合おう!

大学卒業後に来る大きな変化ははっきり言って致し方のない変化です。学生から社会人になることは多くの変化をもたらします。

まずは環境です。社会人になることで、職場という新しい環境に入ることになります。

また、自分で暮らしを支えていくという生活面でも新しい環境になります。

それに伴い考え方も生活の在り方も変わってきます。では、その大きな変化をどのように乗り越えることで、二人の幸せな結婚生活に繋がるのでしょうか。

それは、ズバリ二人で支えあうことです。当たり前と思う方も多いと思いますが、これが意外と難しいのです。

それぞれの環境の変化についていくのが大変で相手を思いやることが難しくなりますし、その大変さを理解して欲しいという欲求が出てきます。

お互いに理解を求め、相手を理解しようとする努力を怠りやすくなるのです。それによって、スレ違いが起こりやすくなります。

ある程度社会経験を積んだ後でしたら、その分要領も分かり仕事も生活も精神的にも余裕が出てきますが、社会人になったばかりで右も左も分からない状況では余裕がなくなって当然です。

では、その状態で相手を理解し思いやるにはどうしたらいいでしょうか?

それは、「二人の時間を必ずとること」、「相手が話を聞けるタイミングで話しかけること」、「愚痴・悪口を言わないこと」、「相手に感謝を伝えること」の4つのことを実践することです。一つ一つ具体的に見てみましょう。

一つ目の「二人の時間を必ずとること」は、定期的に二人で話す時間を持つことです。

具体例としては、「毎日夕飯を一緒にとる」、「毎日お風呂に一緒に入る」などです。

毎日が難しい場合は、週に一度からでも構いません。その場合の具体例としては、「一緒に散歩をする」、「一緒に外食に行く」など気分転換も含めた休みの日にしかできないことをすることをオススメします。

この様に二人の時間を必ずとることで、会話をする機会が生まれ、お互いに相手が今何を考えているのかを知ることができ、相手のことが良く分からない状態での思い込みによるスレ違いが起きにくくなります。

ここで注意点としましては、「会話をする時間をとる」ことが大切なことなので、そこに重点を置いて二人の時間をとるようにしてください。

「テレビを見る」、「ゲームをする」、「レジャーに行く」などの二人で楽しい時間を共有することも大切なことですが、お互いを理解するために「話す」時間を作ってください。

次に二つ目の「相手が話を聞けるタイミングで話しかけること」は、あなたが話しかけたいタイミングで話かけるのではなく、彼が話を聞ける状態であるかを見極めてから話しかけることです。

例えば、彼が「スマホで誰かとラインしているとき」、「集中してテレビを見ている・ゲームをしているとき」など、彼が他のことに集中しているときに話しかけても彼の耳にあなたの声は届きません。

「なんで話を聞いてくれないの?」という前に話しかけるタイミングは相手にとって適当か考えてみましょう。彼が話を聞けるときに話かければ、会話がスムーズに進み、お互いを理解する上で良いコミュニケーションがとれるでしょう。

次に三つ目の「愚痴・悪口を言わないこと」は、あなたの置かれた状況への愚痴・悪口を彼に言わないことです。

ストレスが溜まり愚痴や悪口を言いたくなる気持ちは良く分かりますが、こちらは発散のつもりでも、ストレスをぶつけられた方もストレスが溜まるのです。

「解決のために相談」をすることはいいことですが、女性によくあるただ愚痴や悪口を聞いて欲しいというのは、彼にとって迷惑なことでしかありません。

愚痴や悪口をいい続けていたら、彼はあなたとの時間を一緒に過ごしたくなくなるでしょう。

理解どころか余計にスレ違いが生じてしまいますので、彼との仲を深めるために「愚痴・悪口を言わない」ことです。

最後に四つ目の「相手に感謝を伝えること」は、日頃から相手に対する感謝の気持ちを言葉で伝えるということです。

彼が一生懸命働いていることや何かしてくれたことに対して必ず感謝の気持ちを伝えて下さい。

仕事をし稼いでくれること、家事をしてくれることは当たり前のことではありません。

あなたが彼のためにしていることも、彼のためにあなたが努力していることですよね?彼がしてくれることも決して当たり前ではないのです。

まずはあなたから日々感謝の気持ちを伝えましょう。

あなたから感謝の気持ちを伝えることで、彼もあなたへの感謝の気持ちを伝えてくれるようになるでしょう。

お互いに感謝し合う関係を築くことができれば、相手を思いやり、相手を幸せにしたい、そのために、頑張ろうと想合い、お互いを支え合うことができます。

この4つを是非実践してみてください。二人で実践するのもいいですが、まずあなたから始めてみてください。

それによって、彼の気持ちや態度にも変化がおこるでしょう。

また、社会人になる前から彼との良好な関係を築くのに役に立つ内容ですので、今から始めてみることをオススメします。

大学卒業後、社会に出て人生経験を積もう!

大学卒業後の進路に関してですが、今の彼との結婚を考えていて、「専業主婦になりたい」、または「パート・アルバイトで働こう」とお考えの方もいると思いますが、彼との結婚をするにしても大学卒業後はまずは就職をすることをオススメします。

就職し社会に出て実務経験を積むことで、今後の就職の選択肢の幅が広がります。大学で資格をとっていたとしても、卒業後すぐに就職して実務経験を積んでいなければ、この先子供ができ、育児が終わったあとにその資格を活かそうとしても、その時が初めて就職となれば、就職先を見つけることは難しくなります。

実務経験を伴ってこそ、その資格はあなたのものになると思った方がいいでしょう。

また、もし大学卒業後に就職していれば、子供ができたときだけ休職するという選択肢も増えます。

就職することであなたにとってプラスになることはもう一つあります。

それは、就職し、社会経験を積むことで、人の気持ちが理解出来る「人間性」が育ち、良い人間関係を築くことができるようなることです。

学生時代にも「人間性」を築く機会はあったと思いますが、就職して始めて見える世界が必ずあります。

仕事をしてお金を貰う立場に立つことは、責任が問われますし、結果を求められます。

そしてその仕事を成す過程において学生時代以上に「人間性」を養うことができるのです。専業主婦・パート・アルバイトには問われる機会の少ない「責任」・「結果」を求められることで「人間性」を養う機会が増えるということです。

その分決してラクではないですが、その「人間性」があってこそ、相手の気持ちを想像し、思いやる能力により、良好な人間関係を築くことができるのです。

彼との関係性においても、家庭を支えるために一生懸命仕事をしてくれる彼の気持ちや状況を理解し思いやることができるようにもなりますので、彼に対する感謝の気持ちも大きくなり、彼との仲を深めることができるでしょう。

では、就職先ですが、まずは資格や大学で学んだことを活かせる職場を探してみましょう。

その方が将来に役立つ実務経験が積め、子育て後の復職にも有利になります。もし彼との就職先と遠く、遠距離にならざる負えない場合は、「3年間」などの期間を彼との間で決めて就職することをオススメします。先が見えているとあなたも彼も安心できるでしょう。

次に「就活をしてみたけど資格を活かす就職ができない」、「遠距離や結婚への何か不利な条件を受け入れたくない」などの場合は二人の結婚生活を優先した上で、何かスキルの身に付く就職先を探してみましょう。

その場合、大学で取得した資格を活かす実務経験は積めませんが、新しく資格をとるチャンスになったり、スキルアップすることができます。

あなたの今後の人生にプラスになる就職先を探しましょう。そのプラスが今後の人生の選択肢を広げてくれます。

そして「人間性」を養う上での人生経験はどの職場でもたくさん積めます。

決まった就職先の環境や出会う人達の中で、たくさんの人生に経験を積み、豊かな「人間性」を育てましょう。

豊かな「人間性」を育てる上で大切になことは、「逃げない」ということです。

「逃げない」というと、「我慢や忍耐」を想像しやすいですが、「我慢や忍耐」ではなく、「事実と向き合って、行動する」ことが大切です。「事実と向き合って、行動する」とは、乗り越えるべき課題に対し、愚痴や不満を漏らさず、課題を乗り越えるための努力をするということです。

そうすることで、課題を乗り越えるとともに、あなたの「人間性」は確実に養われていきます。

就職により、「実務経験」と「人間性」を養うことはあなたのより良い人生と素敵な結婚生活を送るでの重要な財産となるでしょう。

二人で家庭の経済を支えよう!

前項目で経験のために就職をすることをオススメしましたが、就職をすることで経済的にもメリットがあります。

昨今では夫婦共働きが主流であり、二人で家計を支えていく夫婦がほとんどです。

とくに就職したばかりのころは給料が少ないのが一般的ですから、一人の給料では暮らしていくのがやっとか、もしかすると暮らしていくのも厳しいかもしれません。

暮らしていく上で金銭的余裕がなくなると、人は心の余裕も失いやすくなります。

心の余裕のなさから、あなたも彼も不必要にストレスが溜まりやすくなり、喧嘩を引き起こすことにもなりかねません。

せっかく幸せな結婚生活を送るために結婚したのに、不要な喧嘩はしたくないですよね。

ですので、大学卒業後すぐは、彼一人の収入に頼らず、あなたも就職するこで二人で家計を支えていくことをオススメします。

二人とも就職し家計を支えていけば、その分暮らし余裕ができます。生きていく上でお金を稼ぐ必要はありますが、生きていくためだけでなく、経済的に余裕を作ることできれば、その余裕から色々なことができます。

趣味やレジャーを楽しむこと、スキルアップのための勉強をすること、子供を生む前に貯金を作ることもできます。

ういった余裕から生まれるプラスアルファの部分が人生を彩り、より豊かな結婚生活をもたらしてくれるでしょう。

就職先は先述した「資格を活かす就職先」か「結婚を優先させた上でスキルアップできる就職先」を探しましょう。

ただお金を稼ぐためだけに働くのではなく、あなたの今後の人生にプラスになる要素が多い職業を選びましょう。

お金の余裕は心の余裕に繋がります。あなたも就職し家計を二人で支えることで、経済的にも精神的にも余裕のある生活をすることができます。

そうすれば余裕の無さから発生する衝突やスレ違いを防ぐこともでき、より良い結婚生活を送ることができるでしょう。

二人の誠意で周囲に納得してもらおう!

大学卒業後すぐの結婚は親や周囲の賛成を得にくいとお伝えしていましたが、もし親の理解を得ていないのならば、まずは親の理解を得るための努力をしましょう。

成人すれば親の了承なしに結婚することも可能ですが、親の理解を得ることで精神的にも安定しますし、今後の両家との付き合いや子育ての上でのサポートなどを考えると、理解を得て結婚した方が安心できます。

第一、大切な家族に反対されたままは嫌ですよね。ですので、結婚前に親の理解を得る努力をしましょう。

どんな努力をする必要があるかといえば、「結婚に対しての本気度が伝わるか」と「親を安心させる」の二点に焦点をあてて行動してみましょう。

親が反対するのは、我が子の幸せを願っているからであり、不幸になってほしくないからです。

二人の本気度と結婚をしても二人で上手くやっていけるという安心感が親に伝わり、あなたが幸せになれると思えれば、二人の結婚を認めてくれるでしょう。

行動の具体例としては、「両家の実家に二人で挨拶に行く」、「二人で実家に訪れる回数を増やす」、「会話の中で彼(あなた)を誉める」、「結婚をしてからの計画を具体的に伝える」などです。

まずはコミュニケーションの頻度を増やし、彼またはあなたの良さを知ってもらいましょう。

そして、二人の結婚に対する具体的な考えや計画を伝えることにより、本気度を知ってもらうとともに、安心してもらいましょう。

二人の結婚に対する誠意や具体的な計画が伝われば反対していた親も結婚を許してくれるでしょう。

次に就職先ですが、これは女性の場合、就職してすぐには言わないことをオススメします。

ある程度の信頼関係を築いた上で伝えましょう。

タイミングとしては、彼がいることは就職後すぐに伝えてもいいでしょう。

そして就職後半年過ぎを目安に彼と結婚を考えていることから伝えてましょう。

就職先の雰囲気もありますから、あくまでも目安ですが、急に「結婚します!」と伝えるのではなく、まずは彼と結婚したいと思っていることを伝え、彼との結婚が具体的に決まったら、結婚することを伝えましょう。

そうすることで相手も理解しやすくなります。昨今では結婚=会社を辞めるという選択だけではなく、結婚をしてもそのまま仕事を続ける方も多いですから、会社からの信頼や期待を得てスキルアップするためにも、最初から結婚を全面に出さず、段階を踏んで伝えましょう。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

結婚は人生の新しいスタート!二人で幸せになろう

結婚は「ゴールイン」と言いますが、あくまでも二人の新しい「スタート」です。

大学卒業後に今の彼と結婚したいというお気持ちはとても素敵なものですが、結婚すれば全てが上手くいくわけでも、結婚が最終目的地でもありません。

結婚してからが二人の結婚生活のスタートです。二人の幸せな結婚生活のためにまずは準備をしましょう。

二人の新しいスタートをするための準備として、「二人の人生設計をする」ことで具体的に未来を想定し、「相手を理解し思いやる」ことで環境の変化を二人で支えあって乗り越え、「就職して実務経験・人生経験を積む」ことで将来の就職に対する選択肢を増やし、良い人間関係を築くために人間性を向上させ、「就職して二人で家計を支える」ことで経済的・精神的に余裕を作り、「周りの理解を得る」ことで周囲からの応援を受けるための行動しましょう。

大学卒業後すぐに結婚するよりも、準備した上で結婚した方が、様々なリスクを減らし、幸せな結婚生活を送れるでしょう。