結婚と結婚しようとしていませんか?婚活前に知っておきたいこと

結婚したい!」という強い思いから、「結婚と結婚しよう」としてはいませんか?

結婚はこれからというアラサー女性の方のなかには、周囲の環境からの焦りや幸せになりたいという思いから、結婚に対する期待が大きくなるあまり、「結婚と結婚をしよう」とする人が増えてしまうのです。

結婚に期待を膨らませてしまうあまり、「結婚すること=幸せ」と思い込んでしまっているということです。

その思い込みは、結婚の失敗へのリスクを高める原因になりかねません。結婚は結婚するためにあるものではなく、相手と幸せになるためにあるものであり、幸せになるためには、自分達の努力が必要であることを再認識する必要があるでしょう。

本記事では、結婚に対する焦燥感と万能感を見直し、結婚に対する自分の姿勢をあらためることで、幸せな結婚をする方法をお伝えします。

結婚に対する万能感と万能感を見直すことど、結婚に対する自分の気持ちや姿勢を明確にするこができます。

結果として、あなたが幸せな結婚をするために必要なことが見えてくるでしょう。

結婚と結婚して幸せになろうとするのではなく、本当に幸せになるための行動をすることができるようになるでしょう。

結婚したら必ず幸せになれると思っていませんか?

結婚はこれからというアラサー女性の皆さん。結婚したら必ず幸せになれると思っていませんか?

アラサーになり、友達や職場などの周囲に既婚者が増え、「次は私も」と結婚に対する期待が大きくなっている頃ではないでしょうか。

アラサーになると周囲の環境からの焦りや幸せになりたいという思いから、結婚に対する期待が大きくなりやすいのです。

ではここで質問です。「あなたは結婚に何を求めていますか?」答えは人によって変わると思いますが、「幸せ」、「安心感」、「安定」などの答えが多いのではないでしょうか。では、そのあなたが求めることは、結婚すれば誰でも必ず得られるものなのでしょうか。

質問をした理由は、結婚への焦りと期待から「結婚と結婚しようとしているのではないか」ということをお伝えしたかったからです。

結婚は幸せになるための一つの手段ですが、「結婚すること=幸せ」とは限りません。

結婚に期待を膨らませてしまうあまり、「結婚すること=幸せ」と思い込みやすいのです。

「結婚と結婚でもいいから結婚したい!」という人もいるかも知れませんが、結婚と結婚しても幸せにはなれるとは限りません。

ではなぜ、結婚と結婚をしようとしてしまうのか、結婚と結婚しても幸せになれない原因を見ていきましょう。

結婚と結婚しようしても幸せにはなれない

アラサーになり、結婚を強く意識する人が増える中、結婚と結婚をしようとしてしまう原因は、結婚に対する過度な焦りと過度な期待によるものでしょう。

結婚というと、「幸せ」、「安心感」、「安定」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。「幸せ」といえば、夫や子供との幸せな時間や、愛されている自分の姿を思い浮かべることでしょう。

「安心感」といえば、一人ではない、家族が側にいることで得られると言えるでしょう。

「安定」は、経済的な心配をしなくてもいいという部分が大きいのではないでしょうか。

では、その、「幸せ」、「安心感」、「安定」は、結婚すれば必ず手に入るものと言えるのでしょうか。手に入るかは、相手によりますし、あなた次第でもあります。

つまり、過度な焦りと期待から結婚を急いでも、「幸せ」、「安心感」、「安定」が必ず得られるとは限らないのです。

では、過度な焦りと期待から結婚を急いでも、結婚に求める「幸せ」、「安心感」、「安定」を得られるとは限らないのはなぜなのか見ていきましょう。

取り残されたくない!結婚に対する焦燥感

結婚と結婚をしようとしてしまう原因の一つは、「結婚に対する過度な焦り」によるものです。

それは「結婚に対する焦燥感」とも言えます。その「結婚に対する焦燥感」は、「私だけ取り残されるのは嫌!」、「取り残されたくない!」という思いから出てくるのです。

この「取り残されたくない」という思いは、友達や職場に既婚者が増加することによる周囲の環境の変化や、「30歳までには結婚するべき」という、世間の風潮、言わば世間体から生まれると言えるでしょう。

その環境や風潮の中に身を置くことで、周りから取り残された感覚を受け、結婚に対して焦りを感じるようになるのです。

では、その焦燥感によって婚活をしたらどうなるのでしょうか。焦燥感から婚活をすることは、「早く結婚したい!」、「早く幸せになりたい!」と気持ちが先走り、「あなたが本当に結婚に望むことが見えなくなる」、「相手の良さを損得で判断してしまう」など、あなたの判断力を鈍くさせる可能性があります。

つまり、焦燥感による婚活は、判断を誤る可能性が高くなると言えるでしょう。

もしそれで結婚できたとしても、それは本当に自分のための結婚と言えるでしょうか。

相手との幸せな結婚になり得るでしょうか。ただ焦る気持ちから結婚と結婚をしようとしている状態であり、本当に幸せになれるとは言いがたいでしょう。

結婚したら幸せになれる!結婚に対する万能感

結婚と結婚しようとしてしまう原因の二つ目は、「結婚に対する過度な期待」によるものです。

それは「結婚に対する万能感」と言えます。「結婚に対する万能感」は、結婚したら必ず幸せになれるという思い込みです。

結婚したら必ず幸せになれるという思い込みは、言わば不安の裏返しです。

結婚をすれば今の不安を拭えるはずという思い込みが、結婚すれば必ず幸せになれるという思い込みになっているのです。

今の不安というと、先ほどあげた焦燥感からくるものや、見えない将来への漠然とした不安からくるものが多いでしょう。

また、今の現状に満足できず、私はもっと幸せになれるはずというような思いも、結婚したら必ず幸せになれるという思い込みに繋がっていると言えます。

結婚に万能感を抱いて結婚をすると、必ず幸せになれるという思い込みから、期待外れになる場合があります。

勝手に結婚や相手に期待しすぎてしまうからです。

幸せは結婚相手と築いていくはずなのですが、結婚生活が上手くいかないと、「相手が幸せにしてくれない」、「結婚したら幸せになれるはずたったのに」という失望感を感じる可能性が高くなってしまうのです。

結婚生活において上手くいかないことは多かれ少なかれあることですし、それらは夫婦で乗り越えていくもののはずです。

しかし、万能感により相手との結婚ではなく、結婚と結婚をしてしっていると、上手くいかないことを相手や結婚のせいにしてしまいやすく、それでは幸せな結婚生活を送ることは難しいでしょう。

このように、結婚に対する万能感は、あなたの思い込みによるものであり、その万能感は、結婚を幸せになれる絶対的なもののように感じさせてしまうため、結果的に幸せのための努力や相手との歩みより減らしてしまい、結婚したのに幸せになれないと感じる可能性が高くなるのです。

婚活を始める前に!結婚への焦燥感と万能感を見直そう

未婚のアラサー女性は結婚を強く意識するあまり、結婚と結婚をしようとしてしまっている可能性があります。

結婚と結婚をしようとしまう原因は、周囲の環境や風潮からの結婚に対する焦燥感と、結婚したら必ず幸せになれるという結婚に対する万能感によるものです。

結婚に対する焦燥感と万能感は、アラサー女性の判断力を鈍らせ、幸せになるための努力を怠らせます。

それが結婚の失敗へのリスクを高めてしまうのです。

結婚は結婚するためにあるものではなく、相手と幸せになるためにあるものであり、幸せになるためには、自分達の努力が必要であることを再認識する必要があるでしょう。

本記事では、結婚に対する焦燥感と万能感を見直し、結婚に対する自分の姿勢をあらためることで、幸せな結婚をする方法をお伝えします。

結婚に対する焦燥感と万能感を見直すことで、結婚に対する自分の気持ちや姿勢を明確にすることができます。

それは結果として、相手と出会うための婚活をスムーズにさせてくれることに繋がるでしょう。

または、結婚以外の選択肢も見せてくれるかもしれません。結婚と結婚して幸せになろうとするのではなく、本当に幸せになるための行動をすることができるようになるでしょう。

結婚に焦る前に!結婚への自分の気持ちを確かめよう

もし今、周囲の環境や世間体から結婚に焦燥感を感じているのなら、幸せな結婚をするために、その焦りの原因を見直しましょう。

焦りの原因を見直すには、

①「焦るきっかけとなった出来事を探る」

②「その出来事から自分が感じた感情を分析する」

③「感情の奥の本音を探る

を実践することです。

①から③までを実践することで、「なぜ焦っているのか」、そしてその奥にある「自分の本当の気持ち」を明確にすることができるのです。

まず①「焦るきっかけとなった出来事を探る」の実践は、思い起こせる限りの出来事をあげてみてください。あげる際は、心の中で思い返すだけではなく、次の項目のために、ノートにやスマホに記録してください。

次に②「その出来事から自分が感じた感情を分析する」の実践は、①「焦るきっかけとなった出来事を探る」であげた項目の一つ一つに対して、そのとき感じた感情を分析し、思ったことを出来事の下または隣に書き出して見ましょう。

最後に③「感情の奥の本音を探る」の実践は、①と②で書き出した、出来事とその時の気持ちの下または隣に、「本当はどうありたいのか」という思いを書き出して見ましょう。

この①~③を例をいくつかあげてみますと、

・①出来事「仲のいい友達が全員結婚した」
→②感情「取り残されているようで焦る。私も早く結婚したい。」
→③本音「みんなみたいに素敵な人と出会って幸せな結婚をしたい。」
・①出来事「親から結婚はまだなの?いい人はいないの?と言われた」
→②感情「やっぱり年齢的にもう結婚したほうがいいよね。早く相手を見つけなきゃ。」
→③本音「周りの目は気になるけど、仕事でもっとキャリアを積みたい。」
などです。

もし、③「本音」がすぐ出てこない場合は、③「本音」が出てくるまで、②「感情」を何度も分析してみてください。

・①出来事「職場で後輩が何人も先に結婚している」の場合
→②感情「私の方が年上なのに。まだ結婚できないのは恥ずかしい。」
→②感情「早く結婚しなきゃ。結婚して寿退社したい!」
→②感情「結婚したら、今より幸せになれるよね?」
→③本音「結婚して幸せな家庭を築きたい。」

感情的になっているときほど、自分の本音が見えなくなっている場合が多いです。「本当はどうありたいのか」にたどり着くまで、感情を分析してみてください。

あなたの焦りの奥の本当の気持ちに気づけましたか?このワークをすることであなたの本当に願っていることが分かるでしょう。

それによって、自分にとっての結婚の必要性や、自分にとって結婚がどんな意味があるのかを確かめることができます。

そうすれば、焦りからではなく、自分の本当の気持ちに基づいて、今後の婚活などの行動を進めていくことができるでしょう。そうすれば、焦燥感からくる判断の誤りを起こす心配もなくなります。

結婚に期待する前に!自分の幸せはどこにあるのか見直そう

次に、もし今、結婚に対する過度な期待から、結婚すれば必ず幸せになれるという思い込みがあるのなら、幸せな結婚をするために、その結婚に対する万能感を見直しましょう。

結婚に対する万能感を見直すためには、

①「結婚へ何を期待しているか明確にする」

②「その期待はどうなったら叶うのか分析する」

③「その期待に対する自分の思いを分析する」

④「叶えるための行動を分析する」

ことを実践してみてください。あなたが何に期待し、その期待がどうやって叶うのかが分かると、結婚すること事態が、全ての幸せを叶えてくれるものではなく、幸せになるためにはどうしたらいいのかが分かります。

まず①「結婚へ何を期待しているか明確にする」ですが、「あなたが結婚に期待していること」を全てあげてみてください。

先ほどの焦燥感のワークと同様に、ノートやスマホなどに書き起こしてみましょう。

次に②「その期待はどうなったら叶うのか分析する」ですが、「あなたが結婚に期待していること」が叶ったところを想像し、「どうなったら叶ったといえるのか」を分析し、①「あなたが結婚に期待していること」の下または隣に書き出してみましょう。

次に③「その期待に対する自分の思いを分析する」ですが、結婚に対する万能感と向き合うには、とても大事な箇所です。ここでは、②「どうなったら叶ったといえるのか」で分析したことに対し、「どう捉えているのか」を深く見ていくところです。

結婚に対する万能感が強い場合は、②「どうなったら叶ったといえるのか」のところで、相手や環境に過度な期待をしている可能性が高いです。

「夫が⚪⚪してくれたら叶う」、「環境が⚪⚪になったら叶う」の様に、思っている場合は過度な期待をしていると言えるでしょう。

つまり、相手や環境が幸せにしてくれると思っている、相手や環境に依存しているということです。

相手や環境は確かに大切なので、見極める力が必要ですが、あなたが何もしなくても、相手や環境があなたを幸せにしてくれるわけではありません。

相手や環境はあなたを幸せにするために存在しているわけではないからです。今あなたが期待に対してどう捉えているのかを率直に②「どうなったら叶ったといえるのか」の下または隣に書き出してみましょう。

最後に④「叶えるための行動を分析する」ですが、「期待が叶った」と言える状態にするには、あなたが「どう行動したらいいのか」分析し、③「その期待に対する自分の思いを分析する」の下または隣に書き出してみましょう。

③で「どう捉えているのか」に対し、あなたの捉え方を分析できたなら、それに対して、「自分がどう行動していくか」を決める工程です。

捉え方が依存している状態の場合でも、自分の行動を決め、実践していくことで、少しずつ依存から自立へと変わっていくことができるようになります。

例えば、

・①期待「結婚したら、幸せな家庭を築きたい」
→②想像「夫に愛されている私なら叶ったといえる」
→③捉え方「夫が愛してくれたら幸せと思っている」
→④行動「夫に愛される私になろう」
・①期待「結婚したら、経済的に安心したい」
→②想像「夫がたくさん稼いできてくれたら叶ったといえる」
→③捉え方「夫の稼ぎが良かったら幸せと思っている」
→④行動「夫が仕事に専念できるように支えよう」

などです。

整理すると、自分の捉え方が相手や環境に依存している状態が結婚に万能感を抱いている状態です。

自分の結婚に対する捉え方や気持ちを明確にした上で、結婚に向き合うことで、結婚に対する万能感により過度な期待をして結婚した場合に起きる、「こんなはずじゃなかった」を防ぐことができます。

相手に幸せを望むことは悪いことではないですが、自分の幸せを全て相手に委ねるのではなく、幸せのために行動しましょう。

そして、相手の幸せのためにも行動できたなら、相手との間により大きな幸せを築いていくことができるでしょう。

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気!
恋愛悩みは人それぞれです。でも人に気軽に相談できないため、一人で抱え込むことになってしまうのです。そんな悩みに的確なアドバイスをくれるのが電話占い。進むべき未来へのヒントをもらえるので、ネガティブな恋愛をポジティブに変えることができます。[続きは下記]

併せて読む

「いつも恋愛がうまくいかない…」と悩んでいませんか? 恋愛は楽しいことばかりではありません。 片思いはもちろん、両想いであっても悩みは尽きません。 倦怠期、マンネリ、喧嘩、嫉妬など、さまざまな問題に悩まされているでしょう。 […]

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気おすすめ3選!

結婚と結婚しないで!あなたの幸せはどこにあるのか見直そう

結婚はこれからというアラサー女性の方のなかには、周囲の環境からの焦りや幸せになりたいという思いから、結婚に対する期待が大きくなるあまり、結婚に対する執着心が芽生え、「結婚と結婚をしよう」とする人が増えてしまうのです。

結婚に期待を膨らませてしまうあまり、「結婚すること=幸せ」と思い込んでしまっているということです。

その思い込みは、結婚の失敗へのリスクを高める原因になりかねません。結婚は結婚するためにあるものではなく、相手と幸せになるためにあるものであり、幸せになるためには、自分達の努力が必要であることを再認識する必要があるでしょう。

本記事では、結婚に対する焦燥感と万能感を見直し、結婚に対する自分の姿勢をあらためることで、幸せな結婚をする方法をお伝えします。

結婚に対する焦燥感を見直すには

①「焦るきっかけとなった出来事を探る」

②「その出来事から自分が感じた感情を分析する」

③「感情の奥の本音を探る」を実践しましょう。

①から③までを実践することで、「なぜ焦っているのか」、そしてその奥にある「自分の本当の気持ち」を明確にすることができるます。

次に結婚に対する万能感を見直すには、

①「結婚へ何を期待しているか明確にする」

②「その期待はどうなったら叶うのか分析する」

③「その期待に対する自分の思いを分析する」

④「叶えるための行動を分析する」

ことを実践しましょう。

あなたが何に期待し、その期待がどうやって叶うのかが分かると、結婚すること事態が、全ての幸せを叶えてくれるものではなく、幸せになるためにはどうしたらいいのかが分かります。

結婚に対する万能感と万能感を見直すことで、結婚に対する自分の気持ちや姿勢を明確にすることができます。

結果として、あなたが幸せな結婚をするために必要なことが見えてくるでしょう。

結婚と結婚して幸せになろうとするのではなく、本当に幸せになるための行動をすることができるようになるでしょう。