スピード婚に最適なのはいつから?時期を見据えて一年以内に結婚へ!

あなたのまわりに付き合って間もなく、スピード婚をした人はいますか?

交際から始まって3か月から1年満たない期間の場合をスピード婚と呼びますが、「これからもずっと一緒にいたい」と思う相手に出逢えた場合、ダラダラと交際を長引くより、スピード婚の方が要領よく感じます。

今や珍しくないスピード婚ですが適した時期があるのはご存じですか?

ジューンブライトなどの結婚式に時期があるようにスピード婚にも最適な時期や季節があります。

もしこの時期を逃すと、ずるずる先延ばしになってしまい、最悪の場合気持ちが覚め、破局してしまうという恐れがあります。

これを避けるためには、無計画に交際をするのではなく、適切な時期を理解してそれを踏まえて、行動していくことが大切です。

プロポーズしてくれるのを何も考えず、のらりくらりで待っていると、結婚を逃してしまいます。

時期やタイミングを知ることで、季節のイベントに合わせてアクションを起こせるので、事前に計画を立てることができます。

さらに適切な年齢を知ることでライフスタイルや結婚の準備につなげることができるのです。

このように時期を見据えて事前に準備し行動することで成功につなげられます。

スピード婚を狙う女性の切実な4つの悩み

そもそもなぜ私たちはスピード婚をしたいと思うのでしょうか

  • 妊娠、出産を考えていて、早く子供が欲しい
  • 早く結婚を決めて親を安心させたい
  • 早く結婚をして経済的、精神的に安定したい
  • 最高の相手に巡り合えた時早く結婚して一緒に過ごしたい

以上の点を考えている方が多いのではないでしょうか?

ではこの問題を放っておくとどうなるでしょうか?

自然妊娠のしづらさや高齢出産の問題

を重ねると妊娠をするうえでさまざまなリスクを抱えます。

これらに加え、若いうちに子供を育てたかったなど、精神的にも負担が出てきてしまいます。

両親に結婚について心配されてしまう

年齢に上がってくると、結婚について問いただされることが多くなります。

大人になり、自立していてもしても親からしたらいつまでも気がかりなものです。

子供の結婚と早く孫の顔が見たいと心待ちにしている両親を喜ばせることができません。

自己否定をしてしまう

まわりの結婚や出産など環境の変化に敏感に反応していまい、「どうせ私なんて・・・」と自分を攻めてしまいます。

最高の相手を逃してしまう

価値観やフィーリングが合う相手だったとしても、交際が長くなりタイミングを逃してしまうと気持ちが覚め相手を逃してしまうことがあります。

女性は特に体のことを考え、結婚願望があるなら早めに結婚したほうがいいでしょう。

スピード婚の時期を見誤るとどうなるか

ここまでで、早く結婚をしないと女性は様々な問題が生じることがわかりました。

しかしスピード婚を願って婚活をしても、年齢や時期でうまく結婚に辿り着かないことがあります。

この問題を無視して勢いで行動しても相手を逃してしまいやすいです。

ではスピード婚をしたくても、なぜできないのか主な原因を2つ解説していきます。

スピード婚でも焦りは禁物!アラサー世代は最も危険!?

今は晩婚化が進み、30代で結婚する方が多くなってきましたが。スピード婚をするに関しては30代からが最も危険です。

なぜなら年齢が上がるにつれ、友人や同僚が結婚や出産などまわりの変化が大きく、焦りがでてしまうからです。

焦りが出てきてしまうと的確な判断が難しくなりスピード婚の時期を見誤りやすいです。

そして最も怖いのが、年齢が上がるにつれ、結婚率が下がるということです。

国勢調査によると、35歳の女性が40歳までに結婚できる確率はわずか2%程度といわれています。

このデータをもとに30代の女性が35歳までに結婚している確率はなんと3分の1になるのです。

そしてスピード婚になるともっと確率が下がってしまうのです。

これらを踏まえアラサー世代は環境の変化や焦りなどによりスピード婚が難しいと言えます。

季節と時期が適切ではないとうまくいかない!?行動する時期の重要性

半年で結婚する!と意気込みを入れて行動しても、時期があっていないとスピード婚ができない可能性があります。

社会人は人事異動や転職など『現状のまま』が難しく、環境や心境の変化で気持ち変わることもあります。

実際相手の転勤などで結婚が先延ばしにされたり、遠距離になってしまい、最悪の場合別れてしまうことがあります。

彼についていく判断をしても、しばらくはお互い環境に慣れるまで結婚は先延ばしになってしまうことが多いです。

このようにタイミングが合っていないといくら結婚秒読みの状態だったとしても突然のライフスタイルの変化のせいで急に関係が悪くなり、スピード婚ができなくなってしまいます。

なんでも行動が大事といいますが、スピード婚を狙う場合はがむしゃらに行動してもタイミングが合ってないといい結果が出ないでしょう。

スピード婚の時期を見失わない対処法3つ

ではなぜ最適な時期がわからないのでしょうか?

それはスピード婚に限らず、結婚の時期は人それぞれだと考えている人が多いからです。

確かにそれも一理ありますが、結婚願望がある場合、「いずれその時が来るだろう」と何もしないのは間違いです。婚活をしていても結婚できないのは下記の3つができていない人が多いです。

頭で考えず、なんとなく行動する程度では結婚にはつながりません。

スピード婚をするには「早く結婚する」と強い覚悟を持って、時期を見失わないよう行動することが大切になります。

結婚したいと思ったその日からリサーチをはじめ、積極的に行動する

早く結婚したいと思ってもただ待っているだけじゃままでは何も訪れません。

まずは結婚したい男性が見つかったら相手の興味があることや好きなことを研究し、相手を喜ばす行動をしましょう。

なぜなら男性は気遣いがあり、家庭的な女性には結婚を意識するようになってきます。

あなたの行動次第で喜ばすこともできますし、愛情もますます深まっていきます。

その時にあらかじめ『1年以内に結婚する』と目標を決め、その間に相手のリアクションを見ながら距離を縮めていきましょう。

実際にスピード婚をした方は思い立ったらすぐ行動ができる人が多いです。

スピード婚をした芸能人の方でもどちらかが、強くアプローチし行動したことによって結婚につながったケースの方は多くいます。

私の知人の話ですが、紹介された相手を「この人しかいない」と気に入り、その後猛アタックをし、スピード婚をしたカップルがいます。

その相手も最初は逃げ腰だったようですが、次第に誠実さや、尽くしてくれるところに惹かれ、結婚を決めたそうです

このように、受け身体質にならず、すぐに行動を実行できる人がスピード婚につながるのでしょう

目標を作り、それに向けて行動することで、遠回りなく結婚に近づくことができます。

しかし相手が乗り気ではなく苦手なことを無理やりさせてしまうとせっかくの予定は台無しです。

そうならないために事前に、相手の好きなもの、場所、季節などをリサーチして『相手の喜ぶことに合わせてあげる』と成功する確率が高いです。

具体的には「○か月後に旅行に行き、共に過ごし将来のこと想像させる」「クリスマスにディナーを食べに行きサプライズをする」とあらかじめ期限を設定し手帳に書き込むといいでしょう!

もし手ごたえがあるなら、「○か月後にプロポーズをしてもらう!」と思い切った目標を立てるのもいいですね

あまり会う時間がなく短期間で相手のことがわからないのなら同棲し、二人で過ごす時間を増やすのもおすすめです。

一緒に生活することで、二人で過ごす時間が増えて、計画も立てやすくなります。

相手に合わせた予定や計画をして、思い出を積み重ねていき「この人とずっと一緒にいたい」と思わせましょう。

ただ単に結婚したいと思いながら時を過ごすのではなく、目標の時期までに行動に移したらスピード婚ができる確率がぐっと上がりますよ!

最適なスピード婚の年齢は25歳以上がベスト!

スピード婚に最適な年齢は25歳以上が最適な年齢です!

25~28歳の女性は若い女性より落ち着いて見え、出産や育児のことを考えて男性からも結婚相手として意識されやすい年齢になるのでスピード婚につながりやすいです。

またこの時期にスピード婚をすると、のちの妊活に向けての準備も焦ることなくできます。

年齢が上がってくるとまわりがどんどん結婚していき、どうしても焦りが出てくるのでまわりと同時期にスピード婚をすることで気持ちにも余裕が出ます。

そして、早く子供が作れるので出産や育児の負担が比較的軽くなるでしょう。

25歳からは丁度適齢期で結婚する友人が増えてくるときに波に乗ることができ、気持ちも楽になります。

しかし、反対にその年齢でスピード婚をしてしまうと、仕事のキャリアが途切れてしまう可能性があります。

20代中ごろの仕事のできるようになってきた時の結婚はその後の妊娠や出産がある場合、キャリアが一時的に途切れてしまいます。

しかし子供を産んでからでも仕事復帰をして昇進ができるので若いうちにスピード婚をして幸せを手に入れるのが適切だと思います。

私のある友人は25歳になり、少し焦りが出始め婚活サイトに登録しました。

その後価値観や金銭感覚が一致した男性と意気投合しすぐに交際をスタートしました。

はじめから結婚前提だったこともあり、期間を決めてすぐ同棲をはじめ、同棲後は依存しすぎないように相手の自由を尊重しお互い一人の時間を大切にし、記念日や季節のイベントも重視して、月日を重ねていきました。

その努力もあってか、彼と交際半年でゴールイン!今では子供もでき幸せに過ごしています。

スピード婚は若者に多いイメージがありますが、年々25歳以上の世代も増えてきています。

これは長年交際をしていたカップルが結婚に至らず破局し、その後次の交際相手とスピード婚をするケースが多いようです。

今の時点で意中の男性がいない場合は、相手を見つけやすい年齢なので、積極的に出会いを求めて行動するようにしましょう。

具体的には婚活イベントやパーティに足を運んでみるといいでしょう。年齢が高いイメージがありますが。

25歳以上になると結婚を考える人が増え、同年代の人が多くいます。

一人で行く勇気がないなら、まだ結婚していない友達と行くのもいいですね。

そして結婚をした友達夫婦にだれか紹介してもらうのも一つの手です。

あなたをよく知っている友達からの紹介は幸せを運んでくれるかもしれません。

先ほど高くなるほど時期を見失いやすいという話をしましたが若すぎるのも危険です。

その理由は、経験がない20代前半は若さがゆえ、見切り発車をしてしまい失敗して後悔することがあります。

現時点で25歳以下の人はこれまで仕事や恋愛経験を積み重ね、結婚したい人が現れたら、焦らず人生の先輩や友達に相談をして焦らずに相手を見極めてから行動に移しましょう。

30代の方は反対に焦って行動しないようにしましょう。焦りは人や周りが見えなくしてしまいます。

結婚したい人が現れた時は焦らず緻密に計画することで成功につなげることができます。

まだ気持ちに余裕がある年齢が若い段階で結婚を決めて幸せなスピード婚をしましょう。

スピード婚を狙うなら夏から冬までに狙うべき!

スピード婚うえでベストな時期はズバリ夏から冬です!

⑤Reason実際あるアプリのデータによると、カップルが別れやすい季節は春で、反対に夏の間は別れにくいのだそうです。春は出会いの季節でもありますが、別れの季節でもあります。

冬から春は新生活の期待が高まると同時に、異動や転職など環境が少しずつ変化していくと、心境の変化も出てきて別れるカップルも増えていきます。

これにより春までの期間の細かくいえば、2月~3月までに結婚を決めましょう!

この夏から冬の季節はお祭りやクリスマスなどのイベントが多く、仲も進展しやすいです。

花火大会やクリスマスを共に過ごし、気持ちが高まると、そのタイミングで結婚の約束をしてスピード婚をするカップルが多いです。

特にクリスマス前は男性も恋愛モードになりやすく、うまくいけばお正月で親のあいさつまで一気に進めることができます。

たとえば秋に出逢いクリスマスまでに結婚を前提に交際がスタートしクリスマスを一緒に過ごし、お正月には親にあいさつを済ませ、1か月後に結婚と3月までにと締め切りを決めて行動するとスムーズにスピード婚をすることができます。

この方法だと明確に季節のイベントに合わせて、計画を立てることができます。

具体的には夏に花火大会でムードを高め、帰り道に結婚観を話したり、クリスマスにサプライズをしたりなど細かな計画を立てることができます。

しかし、冬までの期間が短く予定を盛りだくさんにしてしまうと、空回りして計画が台無しになってしまうことです。

タイムリミットが迫っているなら、イベントに焦らず自分の気持ちを伝えて一緒に過ごす時間を増やすことが大事です。

うまく計画が進まなかった場合は思い切って結婚の話題を出してみましょう。

今のご時世では計画しても何が起きるかわからず予定を立てていても事が進まないことあり、予定していた旅行の計画のシチュエーションが台無しになってしまうこともあるでしょう。

そういう時は普段の会話に結婚について織り交ぜてみるのもいいです。

この時に注意するべきことは、相手にどう思っているのか問い詰めるのではなく、相手のことをよく観察しながらさりげなくタイミングを見計らって話題を出すのがいいでしょう。

最終的には相手を待つだけではなく『逆プロポーズ』っていうのもアリですね!

春までにスピード婚をして「あの時は楽しかったね」と二人で仲良く振り返れる思い出をたくさん作りましょう。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

楽しい未来を見据えて行動することが大切

あなたの『結婚したい』という気持ちに素直になり、結婚したい人が現れれば、すぐ行動に移してください。

闇雲に行動をせず、あなたが今現在の時期に何をすべきかを理解し、相手に合わせて計画し行動しましょう。

夏から冬にかけてはカップルのイベントが盛りだくさんです。今が夏なら花火をしたり、星空を見に行き、二人の時間を作りつつ、二人の今後について考えてもらいましょう。

なかなか外に出ることが難しいなら、思い切って同棲するのもアリでしょう。

スピード婚を実現できた人は無意識に行動できた人たちです。

焦りや不安で時間を無駄にせず今できることをやっていき、相手に結婚を意識させましょう。

結婚までふたりのかけがえのない思い出をつくり、どんどんスピード婚へ近づいていきましょう。