結婚したいかわからないアラフォー女性必見!自分の本心を探るには2つの質問が大切

現在、多くのアラフォー女性が婚活に励んでいます。

しかし、アラフォー女性の婚活は苦労を強いられることが多く、精神的ダメージから次第に結婚願望が薄れ、結婚したいかわからなくなるのも珍しくありません。

「結婚したいかわからない」という状態を放置しておくと、婚活はますます上手くいかなくなり、だからといって婚活をやめれば将来後悔するという、大きな弊害が生まれてきます。

婚活を続けるにしてもやめるにしても、今後の人生を上向きにするには、自分が結婚したいかを早いうちにしっかり把握しておく必要があります。

結婚したいかわからなくなったときには、

  1. 子どもが欲しいかどうか
  2. 老後一人で過ごせるかどうか

という質問を自分自身に投げかけてみることが大切です。

これらを自問自答することで、自身の結婚願望の有無を明らかにすることができます。

①の質問では、子どもが欲しい場合は結婚が必要になりますし、特に子どもを望まない場合は、彼氏やペットという存在がいれば十分ということも考えられます。

②では、老後一人で過ごせるという自信があれば、老後に対する漠然とした不安を抱えずに、独身を謳歌することができるのです。

本記事では、結婚したいかわからない女性に、本心を探るヒントをご紹介することで、今後の人生を良い方向に導きます。

婚活中のアラフォーだけど、本当に結婚したいかわからなくなってきた

これまで、良い相手に巡り合わなかったり、仕事が忙しかったり、長く付き合っていた彼氏と結婚に至らなかったり、結婚願望がなかったり・・・様々な理由で現在も独身のアラフォー女性は大勢います。これを読んでいるあなたも、その一人かもしれません。

何となく婚活を始めたけれど、20代~30代前半の女性に比べ、アラフォー女性の需要は多いとは言えず、結婚するのは至難の業。頑張っていてもなかなか成果が得られないことの方が多いのではないでしょうか。

そうした中で、結婚への意欲が次第に薄れ、本当に結婚したいのかわからなくなってきていませんか?

結婚したいかわからない状態では、このまま婚活を続けるか、思い切ってやめてしまうか、迷いが生じますよね。

婚活を続けるという選択をしたとしても、自身の結婚に対する意欲が薄ければ、積極的に相手にアピールしたり、デートを重ねたりするのは精神的苦痛が伴います。だからといって婚活をやめてしまうと、将来「あのときもっと頑張って婚活しておけば良かった」と後悔するかもしれません。

しかし、結婚という未知の分野において、自分の本心を把握するのは難しいですよね。

アラフォー女性が結婚したいかわからないままでは、婚活や今後の人生に弊害が生じる

アラフォー女性が婚活を始めると、理想と現実のギャップに苦しむことがたくさんあります。

アラフォー女性は人生の経験値が高いため、自分で何でもできてしまう人が多く、結婚相手にも多くの条件を求めがちになります。

しかし同年代の男性は、年齢の若い女性を求めることが多く、男性の条件が整っていれば整っているほど、アラフォー女性の婚活市場にはほとんど現れません。

アラフォー女性の実際の婚活現場では、相手の容姿、収入、年齢、結婚歴など、様々な点で妥協を求められることが一般的で、そうした現実を突きつけられる中で、次第に「こんなに妥協するなら結婚しなくてもいいのかもしれない」と思うようになるのです。

結婚したのかわからなくなったとき、その気持ちを放置すると、様々な弊害が生じます。

例えば、結婚したのかわからないまま、だらだらと婚活を続けると、

  • 本来は妥協すべきポイントにこだわり過ぎてしまい、条件を満たす男性に出会えず、時間ばかり過ぎていく
  • 結婚への意欲の低さが相手に伝わり、良い印象を与えられない

といった弊害が生じ、なかなか良い結果を出すことができません。

そして、婚活への意欲が更に失われていき、結婚がますます遠くなるという悪循環に陥るのです。

しかし、すぐに婚活をやめてしまうと、「本当に結婚をしなくて良いのだろうか」という疑問を抱えたまま生きていくことになります。

これから友人たちが結婚や家庭の話題をすれば、耳を塞ぎたくなるかもしれませんし、街で夫婦や子供を見たときに胸が痛くなることも考えられます。

将来「あのとき結婚しておけばよかった」と後悔したとしても、後の祭り。

年齢が上がれば上がるほど結婚へのハードルが高くなるため、結婚するのは難しいでしょう。

アラフォー時代にもっと婚活を頑張ればよかったと思っても、もう遅いのです。

これらの弊害を生じさせないために、出来るだけ早いうちに、あなたが本当に結婚したいのか明確にしておく必要があります。

あなたが本当に結婚したいということが分かれば、婚活に一層積極的に取り組めるようになり、結果的に良い相手に出会える確率が高まります。

反対に結婚しなくても良いと思っていることがはっきりすれば、今後は周りの目を気にせず、あなたが本当にしたいことに全力を注ぐことができます。

では、自身の結婚願望を探るにはどうすれば良いのでしょうか。

結婚したいかわからないアラフォー女性は、2つの質問を自問自答すればいい

アラフォー女性が結婚したいかわからない場合は、出来るだけ早く、自分が結婚したいかしたくないかを明確にすることが必要だとお伝えしました。

結婚に対する自分の本心を探るため、アラフォー女性が自問自答すべきことは2つあります。

  1. 子どもが欲しいかどうか
  2. 老後一人で過ごせるタイプかどうか

なぜこれらの質問をすることで本心が分かるのか、その回答からどんなことがわかるのか、詳しくご紹介します。

結婚したいかわからないアラフォー女性が自問自答すべきこと①:子どもが欲しいかどうか

子どもが欲しいかどうかという質問は、結婚したいか判断するうえで大変有用な質問です。

なぜなら、子どもを儲けるには、基本的には一度結婚することが必要だからです。

子どもが好き、友人が子どもと過ごしているのを羨ましく感じる、親に孫の顔を見せて喜ばせてあげたい、こんなアラフォー女性は婚活を続けるべきです。

現在、不妊治療技術の発展により、多くのアラフォー女性が妊娠し、無事に出産を終えられるようになりました。

あなたにもまだまだ出産のチャンスがあります。

しかし、高齢出産のリスクを考えれば、妊活は早ければ早いほど有利で、どうしても子供が欲しい場合は出来るだけ早く結婚相手を見つけるべきです。

子育ては大変ですが、子供のいる生活は多くの幸せをもたらし、自身を成長させてくれる大きなチャンスでもあります。

結婚相手が条件を満たしていなかったとしても、一緒に子育てをしていくパートナーという目で見れば、良いところが沢山見えてくるかもしれません。

反対に、子どもが欲しいと思えない場合は、結婚しない人生を考えてみるのもいいでしょう。

子育ては思うようにいかないことの連続で、気力、体力ともに大きく消耗します。

キャリアを中断せざるを得なかったり、友人に会う時間が減ったりすることも大いに考えられます。

自分が子ども中心の生活に耐えられるかどうかを考え、もし耐えられないという答えが出れば、あなたが幸せになれる方法は結婚以外にあるかもしれません。

子ども以外にも、人生を一緒に過ごしていける存在はいます。例えば、一緒にいて居心地の良い人がいるなら、結婚という形をとらず、彼氏としてお付き合いしていくのもありです。

結婚しなければ、子どもを儲けることを考えずに済みますし、義両親などの関係も気にすることなく、2人だけで人生を楽しむことができます。

また、子供の代わりにペットを迎えるという手もあります。ペットは子供のように愛情を注ぐことができますし、楽しみや癒しを与えてくれる最愛のパートナーとなります。

ただし、子どもが欲しいかという問いにYESかNOではっきり答えられない場合は、すぐに答えを出さず、実際に子育てを経験している友人に直接話を伺ってみると良いでしょう。

  • 子育てがどれほど大変だったか
  • 子育て中、やりたいことをどれほど我慢したか
  • 子どもがいてよかったと思うのはどんなときか

こういった質問を投げかけてみて、子どもがいるメリットとデメリットを天秤にかけてみてください。

そうすれば自ずと、あなたが子どもが欲しいと思っているかどうか見えてくるでしょう。

私の友人は、30代を謳歌し、40歳手前になって「どうしても子供が欲しい」という気持ちが捨てられず、結婚相談所を介して結婚相手を見つけました。

不妊治療を経て42歳で女の子を出産。最初はとても大変そうでしたが、その子が成長するにつれてだんだん楽しくなり、「今子育てができているのは、40歳前に結婚しようと決意したから。あのとき頑張って本当に良かった。」と言っていました。

このように、結婚したいかわからないアラフォー女性は、「子供が欲しいかどうか」と軸に考えてみることで、結婚に対する本音が見えてきます。本当の気持ちが明らかになれば、婚活への積極性が上がることで早く成果が出たり、逆に結婚に悩むことなく、のびのびと独身生活を過ごしたりできるのです。

結婚したいかわからないアラフォー女性が自問自答すべきこと①:老後一人で過ごせるタイプかどうか

独身のアラフォー女性の多くは、老後に漠然とした不安を抱えているのではないでしょうか。

「老後に一人でいたくないから、何となく結婚した方がいいと思っている」、こんな気持ちで婚活をスタートさせた人も多いはずです。

しかし、結婚した方が幸せな老後を過ごせるとは限りません。独身の方が、老後を楽しめることもあるのです。

結婚したいかわからなくなったときは、あなたが老後を一人で過ごせるタイプなのか、そうでないタイプなのか見極めることが大切です。

  • 仕事以外に打ち込めるものが無い
  • 仕事仲間以外に仲の良いコミュニティが無い
  • 一人で過ごすのが苦手

あなたがこういったタイプの女性なら、老後を一人で過ごすのは難しいでしょう。

老後は仕事がなくなり、余暇時間がたっぷりあります。一人で過ごすのが苦手だったり、仕事以外のコミュニティで本音で話せる仲間がいないと、老後に今よりも強い孤独を感じてしまう可能性があります。

こういったタイプの女性は、結婚相手と一緒に過ごすことで、孤独感が和らぎ、仕事以外に楽しみを見つけるきっかけにもなるため、結婚が良い結果をもたらす可能性が高いです。

  • 趣味が多い
  • 自分のためにお金や時間を使うのが好き
  • 友達が多い
  • 資金力がある

あなたがこういったタイプなら、結婚しなくても、老後を楽しむことができるでしょう。

夢中になれる趣味があれば、老後の余暇時間を好きなだけ自分の趣味に充てることができます。

また、友人が多ければ、老後も友人と一緒に食事をしたり、旅行をしたり、何かとアクティブに過ごせるため、孤独を感じることは少ないでしょう。

あなたに資金力があれば、自分の生活費を心配せずに、好きなことにお金を使うことができます。

こういった女性は、結婚後、自分の時間を自由に使えないことにストレスを感じたり、結婚相手に自分のペースを乱されるとイライラしがちなので、結婚しない方が幸せになれる可能性があります。

私の職場に、結婚しないことを決めているアラフォーの女性がいました。いつも自分磨きに余念がなく、若々しくてキラキラと輝いており、素敵な彼氏がいて、仕事も趣味も全力で楽しんでいました。

なぜ結婚しないのか尋ねると、「20代、30代の経験から、誰かのために自分のやりたいことを我慢するのが無理だと分かったから」と言っており、「結婚しない方がずっと幸せ」と一点の曇りもない笑顔で答えてくれました。

結婚したいかわからなくなったときは、老後一人で楽しめるタイプなのか、孤独を感じやすいタイプなのか自問自答してみましょう。

そうすることで、あなたが本当に結婚したいのかどうか見えてきます。

ただし、老後は楽しいことばかりではありません。あなたが老後を楽しめるタイプであっても、高齢になって体が動かなくなったり、病気になったりしたときに、家族の支えが無くても乗り越えられるのかしっかり考えておきましょう。

婚活サイト有効活用術!本気の恋愛や結婚をGET!
早く結婚したいと結婚の焦りを感じていても、結婚相手に出会えないと悩んでいませんか?婚活サイトは本気の恋愛を考えているあなたにおすすめの婚活方法です。婚活サイトで効率良くお相手を見つけるための活用法をご紹介していきます。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したい」「結婚につながる本気の恋愛がしたい」と思っていませんか? 結婚への焦りを感じているのはあなただけではありません。 結婚したいと思っていても、相手が見つからないと悩んでいる人は非常多いです。 本気の恋愛がしたくても[…]

婚活サイト有効活用術!本気の恋愛や結婚をGET!おすすめ3選!

結婚したいかわからないアラフォー女性は、子ども・老後について自問自答することで、本当の気持ちが見えてくる

アラフォー女性が婚活の現実を知ったとき、結婚したいかわからなくなるのはよくあることです。

その気持ちを放っておくと、婚活を続ける場合は上手くいかず、婚活をやめる場合は将来への不安を消し去ることができません。

こうした不安を解消するには、自身が結婚したいのかしたくないのか、自分自身で納得しておく必要があります。

その際は、

  1. 子供が欲しいかどうか
  2. 老後一人で過ごせるタイプかどうか

という質問を自問自答することで、本当の気持ちが見えてきます。

あなたの人生はまだまだ続きます。結婚して良い家庭を築くのか、時間とお金を自分のためにたっぷり使って人生を謳歌するのか、今のあなたには決める権利があります。

結婚したいのか、しなくても良いのか、自分なりに納得のいく答えを探しましょう。