彼氏と結婚したいのかわからないと悩むとき、心を整理する方法とは?

例えば30歳の女性に3年間付き合っている彼氏がいれば「そろそろ結婚かな?」と考えるのは自然なことです。

だけど、それと同時に「結婚相手は本当に今の彼氏でいいのかな?」と悩んでしまうこともあるでしょう。

好きな気持ちはあって一緒にいて楽しい人でも、結婚相手となると一生を共に過ごすパートナーになるわけなので、そこは慎重に考えてしまう人が多いでしょう。

「彼氏と結婚したいのかわからなくなってきた」と頭の中が混乱してきたら、一度冷静になり、順番を追って考えていきましょう。

本時事では、彼氏と結婚したいのかわからくなってきた女性が、なぜ結婚はできないかもと思ってしまうのかの理由を挙げ、それを基にどのようなプロセスを踏んで考えていけば、自分は彼氏と結婚したいのか、もしくはしたくないのかの迷いが消えるのかをご紹介いたします。

迷いが解決しないまま結婚をしてしまうと、結婚後の後悔に繋がることもあるでしょう。

できるかぎり迷いは消し去り、「彼氏が私にとって最高の結婚相手」という気持ちで結婚を決断したいですね。

彼氏と結婚したいのかわからなくなってきた

彼氏と付き合って3年、年齢もお互い30歳になった頃のタイミングだと、そろそろ結婚かなと考えてしまう女性は多いでしょう。

しかし、恋愛は今が楽しければそれで良かったけれど、結婚となるとこれから先、自分の未来が幸せに暮らしていけるかと言うとんでもなく大きな問題です。

そう簡単に相手を決めることはできません。

3年間楽しくお付き合いをしていた彼氏ですら、結婚したいのかわからなくなってしまうほど考えてしまうことは、よくあることでしょう。

だけど、そんな迷いがあるところに、彼氏がプロポーズをしてきて、勢いで結婚を決断してしまったら、迷っていた部分がうやむやになったまま結婚生活に突入してしまいます。

結婚後に、気になっていた部分が結婚生活をしていく上での問題にまで膨れ上がったら、「あのときの私の心の迷いが正しかったのに」と後悔をすることになるかもしれません。

彼氏と結婚したいのかわからない理由とは?

結婚後に後悔をしないためにも、彼氏と結婚したいのかわからなくなるほどの気になる部分は、解決をしてから結婚を決断する方がよいでしょう。

迷いがあるまま流されて結婚するよりも、自分できちんと決断をした結婚の方が、気持ちもすっきりして前向きに結婚生活が送れるのではないでしょうか。

では、大好きで付き合っている彼氏なのに、結婚したいのかわからなくなり悩むとき、何が理由となっているのかを挙げてみましょう。

友人の夫と比べてしまう

先に結婚をしている友人が数人いたら、友人の夫と自分の彼氏を比べてしまう人もいるでしょう。

学生の頃の彼氏であれば、面白い人やかっこいい人と付き合っていたら羨ましく思われたりすることもあったかもしれませんが、結婚相手となってくると、基準が変わってきます。

結婚は生活なので、やはり仕事や収入が気になる人が多いでしょう。

他にも、家事や育児を積極的に手伝う人や、妻の友人とも気さくに付き合える人など、結婚後の生活でよき夫、よき父親になりそうな人が羨ましく思われるようになるのではなないでしょうか。

また、今はSNSを通して、友人の生活の様子がどんどんと情報として入ってきます。

だから余計に、友人の夫と自分の彼氏を比べてしまい、「彼と結婚してもこんなに素敵な家は建てられないな」や「休日は夫が夕飯を作ってくれるなんてありえない」など、今の彼氏が見劣りして見えてしまう機会が増えてしまっている可能性があります。

友人のSNSをチェックしてはいろいろと比べてしまう人は、結婚相手を決めるのにも判断基準を友達の夫との優劣で考えてしまうのではないでしょうか。

気になる習慣や癖がある

付き合った当初から彼氏に気になる習慣や癖があっても、お付き合いをしているだけであれば目をつぶれたことでも、結婚相手となると引っかかってしまうこともあるでしょう。

例えばお箸のマナーを親から教えてもらった女性が、寄せ箸やちぎり箸をする彼氏に「食事のマナーとして良くないよ」と言っても「そんなの関係ない」と主張するような彼氏であれば、彼氏はもうそのままでもいいとしても、「この人と子育てをしていくのは無理かも」と思い悩むことも考えられます。

また、夜はお風呂に入って体を綺麗に洗ってから布団に入るのが当たり前に育った女性には、仕事から帰ってそのままパジャマに着替えて寝てしまい、朝シャワーを浴びる習慣の男性とは、毎日一緒に寝ることなんて考えられないと言う人もいるでしょう。

そういう気になる部分を解決しないまま結婚したら、結婚後は毎日のストレスになって、積もりに積もった時に爆発してしまうかもしれません。

結婚をして、ずっと彼氏の気になる習慣や癖を毎日目にするのかと思うと、気が重くなる人もいるでしょう。

彼との生活は理想の結婚生活とは違う

地元で出会った彼氏なので、最初は実家も近い人なのかと思っていたら、まさかの飛行機で里帰りするような距離であり、しかもゆくゆくは実家に戻るつもりだと言われていたら、結婚を考えるときにネックになってしまうこともあるでしょう。

自分の理想の結婚生活が実家の近くで暮らすことである女性の場合、将来的に知らない土地に引っ越しをするなんて受け入れられない人もいるでしょう。

他にも、彼氏は数年に1回転勤がある仕事なので、自分が同じ会社にずっと勤めることができないと予測されたり、家事を一切やらない人なので、子どもが生まれたら自分が仕事をかなりセーブするのだろうなと思われたりして、それが自分の理想とかけ離れていたら、お付き合いはいいとしても、結婚は無理かもと思う人もいるでしょう。

思い描いている理想の生活に、彼氏がぴったりとはまらない、でも彼氏の人柄は好きだなと悩んでいると、彼氏と結婚がしたいのかわからなくなってしまいます。

結婚をしてから、「やっぱりこの生活は無理」となって別れを選ぶ可能性があるならば、結婚前に「自分の理想」を相手に伝えて話し合う時間を持つのがいいでしょう。

彼氏と結婚したいのかを考える手順

彼氏と結婚をしたいのか分からなくなっている時、女性の心の中がどのようになっているのかを挙げてみました。

そして、迷いがあるなら解決をしてから結婚を決断する方が、結婚後に後悔がないのではということも見えてきました。

では、ここからは彼氏と結婚したいかわからなくなっている迷いの気持ちを整理する方法を、手順を追ってご紹介いたします。

友人の夫と彼氏を比べる心を捨てる

まずは、自分の結婚相手を考えるときに、友人の夫と比べることはやめましょう。

結婚とは自分自身のこれからの生活であることを再確認し、人と比べるのではなく「自分にとっての幸せ」を最優先に考えましょう。

世間で言うスペックの高い人と結婚をして、あなたが幸せになるとは限りません。

特に友人のSNSをこまめにチェックして、自分と比べる癖が付いている人は要注意です。

みんなに自慢できる人と結婚して「いいね」と言ってもらうことばかりを考えていませんか?

またそういう人は、友人に少し彼の欠点を指摘されただけでも、必要以上に気にして落ち込んでしまったりもするものです。

友人の夫と比べるのをやめて彼氏と結婚をした結果、予算の都合で友人たちのような派手な結婚式が挙げられなかったとします。

それをこっそりと失笑するような友人がいるかもしれません。あなた自身も恥ずかしく思うかもしれません。

しかし、結婚式をどこで挙げたか、総額いくらかかったかは、その後の結婚生活が幸せかどうかに何の関係もありません。

例えば、あなたが毎日の夕飯を家族全員で囲むことが日常で育ち、自分が母親になってもそうしたいし、それが自分の幸せだと思っていたとします。

しかし、結婚相手を友人に自慢できる高収入な人で選び、豪華な結婚式や素敵な新居を準備してもらえても、夫は毎日仕事が忙しく、広い家で夫の帰りを待つ日々だと悲しくなりませんか?

友人と比べることばかりを判断基準にしていると、自分の身の回りの事が自分の理想とはかけ離れていってしまうのではないでしょうか。

どうしても比べてしまう癖がある人は、SNSを見ることをやめましょう。やめられないにしても、友人の写真を見て羨ましく思えた時は、「それは生活の中でみんなに見せたいほんの一部にすぎない」と理解し、自分の生活とは関係ない別の人の出来事と思うようにしましょう。

実際に個人のSNSは、人にアピールできるようないいところだけを掻い摘んでいるものがほとんどです。その競争から降りましょう。

自分が今持っている幸せに目を向けて、これから先に決めなくてはいけないことは、自分がいかに幸せになれるのかを判断基準にして、自分の心で決めたほうが、自分の理想に近づくのではないでしょうか。

問題点を譲れること譲れないことに振り分ける

彼氏の習慣や癖に、どうしても引っかかるところがあり、彼氏と結婚したいかわからなくなるほど悩んでいる人は、どこに引っかかっているのかを挙げて、譲れることと譲れないことに振り分けてみましょう。

すべてが理想どおりのパーフェクトなんていう、あなたにとって完璧な相手に出会える確率なんてほとんどないので、引っかかるところがあるからといって、すぐに結婚を諦めていれば、結婚自体できる確率は極めて低くなるでしょう。

だけど、引っかかるところをそのままにして結婚すると、付き合っている頃よりも一緒に過ごす時間が長くなる分、余計に気になり悩まされることになるかもしれません。

例えば彼氏の気になるところが、食事のマナーを軽視する、帰宅後にお風呂に入らずに寝る、休みの日はほぼ寝ているの三つとしましょう。それを譲れることと譲れないことに振り分けます。

その時に判断をする基準は、自分の中にのみ存在することを忘れてはいけません。

先ほどの友人の夫と比べる物差しを持ってきて、「友人は休みの日はいつも夫婦で出かけている写真をアップしているし、自分もそうしたい」なんて思う必要はないでしょう。

判断軸を友人との比較にすると、あなた自身の理想とは違った結果になってしまいます。

あなたが彼氏を好きな理由が何かをよく考えて、それが情熱を持って仕事に取り組んでいる姿であることを再確認したとします。

そうしたら、帰宅後に疲れてそのまま寝てしまっても、休みの日は休息にしか当てられなくても、それは彼氏が仕事に120パーセントの力を注いでいるから仕方がないと大目に見てあげることもできるようになるのではないでしょうか。

結婚後にそこが再度気になってしまうかもしれません。その時は、「結婚前から分かっていた。でも私が大目に見ると決めた」と思い出しましょう。

食事のマナーを軽視しているところは、結婚をしたら毎日食事を一緒にするし、子育てをすることになれば子どもも真似をするかもしれないと考えると、譲れないと考える人もいるでしょう。

そうやって譲れない項目があれば、彼氏と話し合う項目として挙げておきましょう。

このように気になるところを譲れることと譲れないことに振り分けると、考えなければいけない項目を減らすことが可能です。

そして、結婚前に話し合わないといけない問題が浮き彫りになってくるでしょう。

彼氏と結婚したいのかわからなくなった人は、自分の基準でこれだけはどうにかして欲しいと思う事柄をはっきりとさせておき、彼氏と話し合う材料として持っておきましょう。

ずっと悩んだり、頭が整理されていないまま感情をぶつけて「やめて」と言ったりするよりも、前向きに結婚に向かっていけるでしょう。

結婚をするかどうか決める前に話し合う

彼氏と結婚したいのかわからなくなるほどの気になる項目が挙がった人は、結婚を決める前に彼氏と話し合う機会を持ちましょう。

気になるまま結婚をして、後から後悔をするほど悩んだら、結婚生活が苦しくなります。

しかし、話し合うつもりが喧嘩になってしまったら、元も子もありません。

話し合う前に、感情的にならないことと、論点をずらさないことを肝に銘じておきましょう。

そして、自分にも同じように指摘される点があるかもしれないことや、今まで彼氏が指摘しても直してくれなかったのは、言い方などに問題があったかもしれないなど、自分にも非があることを認める準備や、彼氏の言い分も一度は聞き入れるなど、心に余裕を持っておきましょう。

先に挙げた食事のマナーを軽視する彼氏とは、結婚したいかわからないと悩んでいる人は、その胸の内を打ち明けてみましょう。

本人にも自覚があり、改善していきたい気持ちがある人であれば、あなたの気持ちを分かってくれることでしょう。

しかし、大人になるまで長年貫いてきたスタイルは、そう簡単には変わらないと腹をくくる覚悟が必要です。

思いを伝え、あなたの気持ちを分かってくれただけでも成果は上がったと捉え、家では必要以上に気にすることをやめ、外食はマナーが気にならないようなお店を選ぶなど、少しでもあなたのストレスが減る方法を考えましょう。

そして、実際に結婚をして子どもにマナーを教えるときに一緒に教えてあげましょう。

しかし、全く聞き入れない彼氏もいるでしょう。それが、今回の論点の食事のマナーに限る場合であれば、そこだけを今後どのように改善するべきかを考えればいいのですが、人からの指摘を全く受け入れようとはしない人だと感じた場合は、結婚自体を考え直さないと、これからもいろいろな問題が出てきたときに、あなたが苦労することになりそうです。

その他、あなたの理想の結婚生活が地元に住み続ける事であり、それは譲れないと思っているのに、彼氏が転勤の多い職種であり、そこがネックで彼氏と結婚したいか分からなくなっている場合も、彼氏にそのことを打ち明けてみましょう。

それがきっかけでお互いの理想の結婚生活について語り合い、解決の糸口が見つかるかもしれません。

あなたがひとりで思い悩んでいたのに、彼氏に話したら「いずれは転勤のない地元の企業に転職も考えているよ」なんて、拍子抜けするぐらいの回答が得られるかもしれません。

彼氏と結婚したいかわからないと、一人で悩んでいても解決できないことがほとんどでしょう。

頭の中を整理し、冷静にあなたの気持ちを伝えれば、ふたりで問題に向き合うことができます。

すぐに問題を解決できないにしても、一人で考えているよりかは一歩前進します。

そして、ふたりの結婚生活をふたりで考えるきっかけにもなるでしょう。

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!
早く結婚したいけどきっかけがないと悩んでいませんか?結婚準備のきっかけがない、タイミングを逃した、カップルの倦怠期・デートマンネリ化・・・。そこでおすすめがブライダルフェアです。気軽にデート感覚で参加できて、結婚を考えるきっかけになります。[続きは下記]

併せて読む

「早く結婚したいけど結婚のタイミングがわからない」と悩んでいませんか? 結婚したいと思っている彼がいても、なかなか結婚の話を切り出すのは難しいですよね。 結婚への焦りを感じられたくないから、結婚の話題は避けているかもしれません。 […]

ブライダルフェア活用法!悩み解消・デートでも!おすすめサイト!

彼氏と結婚したいかわからないと悩んだら、問題を整理し彼氏に打ち明けましょう

彼氏とそろそろ結婚かなというタイミングになり、彼氏との結婚生活を妄想した途端、彼氏と結婚したいかわからなくなってしまうという状況に陥ることはよくあることでしょう。

それほど、恋人と結婚相手とでは、求めることが違ってくるものです。

もし、彼氏としては良かったけれど、結婚するなら気になる点がいくつかあるならば、あなたの価値観を軸に譲れることと譲れないことに分けましょう。

ここで大切なのは、あなたにとってすべてが完璧な人なんていないと考え、譲ることも考えることです。

そして、どうしても譲れないと思うことは彼氏に打ち明け、冷静に彼氏の言い分も聞きながら話し合いましょう。

彼氏と結婚がしたいかどうかわからなくなるほどの悩みは、一人で考えるよりも二人で考えた方が解決の手段も多く見つけることができるでしょう。

そして、彼氏があなたの気持ちを聞いたことによって、結婚をより真剣に考えていくきっかけになるかもしれません。

結婚は二人の問題です。二人の理想の生活は、二人で考えていきましょう。