好きな人と結婚したいと願う時、おまじないを味方に付ける方法とは?

「好きな人と結婚したい」

これが幼いころからの憧れだと言う女性も多いでしょう。

現実はそう甘くはないと分かった年齢になっても、やっぱりその憧れは捨てきれません。

やっと結婚したいぐらい好きな人に出会って、そろそろ結婚かなと思っても、なかなか彼からのプロポーズがなければ、本当に結婚ができるのか不安になってきます。

そんな心が弱っている時、何かに頼りたくて「おまじない」をしてみようかという思いになる人もいるでしょう。

おまじないは、誰でも簡単にできるので、小中学生の頃からよくやっていた人もいるでしょう。

その経験上からも、おまじないをすることで、効果が必ず出ると約束されているものではないことはご存知でしょう。

本記事では、好きな人と結婚がしたいと願う時、おまじないをしたいと思う心の内をのぞき、おまじないを味方に付けるプロセスをご紹介します。

おまじないは、願いが叶わなかったら意味がないものではありません。

心が弱っている時や迷いがある時に、おまじないをすることによって気持ちが整理され、「おまじないをしたから大丈夫」と自信を持たせてくれることでしょう。

その自信が、良い結果をもたらしてくれるかもしれません。

好きな人と結婚したいけれど、どうしたらいいのか分からない

好きな人とお付き合いができて順調ではあるものの、全く結婚の予兆がなければ「このまま結婚できるの?」と不安になることもあるでしょう。

その不安な気持を抱えたまま過ごすのは辛く、彼と過ごしている時間も楽しく感じられません。

だからといって逆プロポーズをする勇気もなく、ただ過ぎていく日々を悶々と過ごしてしまいます。

毎日を憂鬱に過ごしていると、彼とふだんなら何ともないことで喧嘩をしてしまうかもしれません。

結婚ができないのであれば別れようかなど、ネガティブな考えばかりが頭をよぎる状態に追い詰められることもあるでしょう。

何かに頼りたく「おまじない」が頭をよぎるけど、そんな落ち込んでいる気分の時は「どうせやっても叶う訳がない」と、何かを信じる力を出すことも難しくなってしまいます。

好きな人と結婚したいと願う時、おまじないが気になるのはなぜ?

結婚したいぐらい大好きな彼がいるのに、何の結婚の予兆もなく、毎日を憂鬱に過ごしている状況から、一歩踏み出したいと考えたとき、ふと「おまじない」でもしてみようかと思うこともあるでしょう。

子どもの頃から慣れ親しんでいる人も、そうでない人も、「好きな人と結婚したい」という願いをおまじないに頼りたくなる時というのは、かなり追い詰められている状況にいることが多いのではないでしょうか。

では一体どういう状況なのか、その心の内を3つ取り上げてみましょう。

すべての手をつくした

年齢も二人とも30歳を超え、仕事も順調。お互いの実家にも遊びに行ったこともあり、特に何も問題が見当たらない。

彼の言動から彼にも結婚の意思はあるように思えて、自分の結婚したい気持ちもやんわりと伝えたので、きっと分かってくれていると信じている。

共通の友人に結婚の話題を振ってもらったり、一緒に住みたい家の話をして結婚をイメージさせてみたりと、いろいろとプロポーズのきっかけ作りをしてみたつもり。

なのにプロポーズがなく待ちくたびれたら、後は何をしたらいいのか分からなくて悩んでしまいます。

全くどうしたらいいのか分からなくて立ち止まってしまった時、道しるべになるような何かを求め、その時「良く効くおまじないでもやろうかな」と思いつく人もいるでしょう。

このように、すべての手をつくしたのに彼がプロポーズをしてくれないと思い悩んだとき、最後の手段として「おまじない」に懸けようとする人もいるのではないでしょうか。

何かにすがりたいぐらい不安

大好きな彼に出会えたことは嬉しいけれど、今までに失恋を経験したことがある場合などは、「本当に結婚ができるのかな、大好きな彼とできるのかな」と考えてしまうものです。

こんないも不安な気持ちを抱える必要なんてないと分かっていても、その思いから抜け出せず過ごしていると、彼と会っている時間でさえ楽しめなくなってしまいます。

そんな時、ふと小学校の時にやった「おまじない」を思い出し、その目に見えない不思議な力に、今こそ頼りたいと思うこともあるでしょう。

不安な毎日から抜け出し、「おまじないをしたから大丈夫。願いは叶う」という安心感を得たいがために、おまじないと効力が欲しいと思うこともあるのではないでしょうか。

とにかく早く結婚したい

大好きな人と順調にお付き合いをしていても、それだけでは満足が得られず「とにかく早く結婚をしたい、もう待てない」と思っている人もいるでしょう。

自分の年齢や友人の結婚、親からのプレッシャーなど理由は様々ですが、「早く結婚がしたい」と強く願っていると、その焦りが態度にも表れ、彼にプレッシャーを与えてしまいかねません。

そのことが原因で、あと一歩で結婚かもしれないところを、別れに導いてしまっては元も子もありません。

彼からプロポーズをしてほしいので、彼にはばれずに、彼を結婚に導く方法として、「即効性が期待できるおまじない」はないかと探す人もいるでしょう。

おまじないは人知れずやるものです。そっと魔法のように彼の気持ちを動かせるのではないかと「おまじない」に期待をする人もいるでしょう。

好きな人と結婚したいと願う時、おまじないをする上で大切なことは?

「好きな人と結婚がしたい」という願いがあるのになかなか叶わないとき、「おまじないをしよう」という思いに至る心の内を挙げてみました。

しかし、おまじないをすれば必ず願い事が叶い、好きな人と結婚ができるわけではありません。

それでもおまじないをすることで、願いを叶える一役を買ってくれることはあるのではないでしょうか。

「好きな人と結婚がしたい」という願いがある時、どのようにすれば、おまじないを味方に付け、願い事に近づくことができるのか、手順を追って見ていきましょう。

STEP1 願い事をはっきりとさせる

おまじないを始める前に、「今つきあっている彼と結婚がしたい」という願い事が、自分にとって本当の気持ちなのかをもう一度確かめましょう。

特に、「早く結婚をしたい」と焦っている人ほど、自分の気持ちを見つめなおすことが大切です。

おまじないが成功してもいいのかどうか、願いが叶った未来をイメージしてみて、心からそうなりたいと願っているのかを確認しておかないと、後から「やっぱり違った」なんてことになりかねません。

また、おまじないは強く信じる心が大切なので、心から望んでいる願いでなければ叶う可能性も低くなるのではないでしょうか。

「早く結婚をしたい」気持ちが強くて、彼が結婚のベストパートナーかどうかを見落としてはいないでしょうか。おまじないを始めることをきっかけに、冷静に彼と本当に結婚がしたいのかどうかを考えてみましょう。

おまじないは誰にでも簡単にできるものですが、正式な儀式のひとつでもあります。

よって、おまじないを始める前に、部屋を綺麗に掃除して、お風呂に入り、静かな部屋で一人で行うことを進めているものもあります。

願い事をはっきりとさせる段階から、このような環境で行うと、より深く自分自身の心と向き合うことができるのではないでしょうか。

そこで、自分はただ周りに影響されて、早く結婚がしたかっただけだと気付く人もいるでしょう。彼と結婚するべきかをもうちょっと見極める時間が欲しいと思う人もいるでしょう。

そのように思ったとしても、それはおまじないをしようと思ったあなたにとっての良い結果です。不安や焦りの境地から、自分の心を整える事ができたわけです。

そして、ここで「彼と結婚がしたい」という気持ちが本当だと、自分の願い事をはっきりとさせた事が、その後の結婚に向かう時間も結婚後の人生においても、自分が良く考えた上で選んだ選択だという自信を持たせてくれることでしょう。

冷静に考えた結果、「好きな彼と結婚がしたい」という気持ちが本当の願いだと確信ができたら、自信を持っておなじないに進むことができます。その自信が願いを叶える原動力になるでしょう。

STEP2 おまじないを前向きに楽しむ

好きな人と結婚ができるのかと不安な気持ちを抱えて毎日が憂鬱な人ほど、どのおまじないをするのかを選んだり、おまじないに必要な道具を揃えたりするときの、わくわくしてくる気持ちが大事です。

「おまじないなんて効果がないんじゃないの」という半信半疑の気持ちで取り組んでいては、願いを叶えたい気持ちも弱くなってしまい、その気持ちがおまじないの効果にも反映されてしまうのではないでしょうか。

好きな人と結婚ができるおまじないを調べたら、インターネットにも本にもたくさんの情報があります。

それをひとつひとつ読んでみて、使うアイテムやおまじないを進める手順から、自分の好みのものを選ぶのも楽しいものです。

「好きな人と結婚ができるおまじない」の中には、花を準備するものもあります。

何でもいいからと適当に準備した花と、花屋さんに足を運んで、たくさんの花の中から願いを叶えてくれそうな花を探して準備した花では、準備の段階で願いを託す花に込められた思いに差ができてしまいます。

準備するアイテムにも「どうか願いが叶いますように」という前向きな思いを注入していきたいものです。

おまじないの中には、準備するアイテムが多かったり、毎日続けなければならなかったりと、面倒だなと感じるものもあるでしょう。

初めはわくわくした気持ちで取り組めていても、途中から「こんなことをして本当に願いは叶うのかな」と気持ちが冷めてくることもあるかもしれません。

例えばパワーストーンを身に付けるおまじないをするのにも、何となく身に付けているだけで、全然願いが叶わないなと半ば諦めた気持ちでいるのと、毎日願いを込め直すようにストーンを触りながら「好きな人と結婚したい」と唱えたり、綺麗に手入れをしたりと、願いが叶うと信じて前向きな気持ちで身に付けているのとでは、「願い事を叶えたい」という思いが全然違います。

願いどおりに「好きな人と結婚できる」と信じて、明るく前向きな気持ちでおまじないを実践している方が、あなたが思い描く理想の未来を引き寄せるパワーになるのではないでしょうか。

STEP3 おまじないを続ける あきらめない

彼からプロポーズをしてもらえるように、全ての手をつくしたのに全く効果がなく、「おまじない」をしてみたのに全然効果が表れないと、またもやあきらめかけている人は、もうひと踏ん張りしておまじないを続けてみましょう。

「おまじないをして願いを叶えたい」と強く願っていても、誰もがすぐにその効果を得られる訳ではありません。

おまじないの中には、毎日続けることが必要なおまじないや、何かをずっと身に付けるものがあります。それは、願い事はずっと思い続けることが大切だからです。

あなたは今すぐにでもプロポーズして欲しいと思っていても、彼にもプロポーズをしたいタイミングがあります。

STEP1で結婚するのは彼しかいないという確信を得たのであれば、ここで諦めて、また彼ほどの好きな人に出会えて結婚に至る確率の方がかなり低いものになるでしょう。

あなたの願いが「好きな人と結婚したい」であるならば、焦らずに、彼のプロポーズのタイミングが来るのを待つことも大事です。

その待っている間、彼の事を信じ続ける力を、おまじないが手助けしてくれることでしょう。

待っている間に「どうせ叶わない」と不安がよぎることもあるかもしれませんが、ネガティブな感情は押しやりましょう。

そして、「おまじないをしたから大丈夫」と信じて、毎日を意欲的に過ごしていれば、不思議と力が湧いてきて、それが運気をもたらしてくれるかもしれません。

かと言って、おまじないの力に丸投げをして、自分の努力を怠れば今まで積み上げてきたものもなくなってしまいます。

おまじないを信じて、「好きな人と結婚をする」ことに向かって、彼との関係を良好に保つように、そして選んでもらえるように努力を惜しまず続けていれば、おまじないがあなたの願いを叶えるサポートをしてくれるのではないでしょうか。

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気!
恋愛悩みは人それぞれです。でも人に気軽に相談できないため、一人で抱え込むことになってしまうのです。そんな悩みに的確なアドバイスをくれるのが電話占い。進むべき未来へのヒントをもらえるので、ネガティブな恋愛をポジティブに変えることができます。[続きは下記]

併せて読む

「いつも恋愛がうまくいかない…」と悩んでいませんか? 恋愛は楽しいことばかりではありません。 片思いはもちろん、両想いであっても悩みは尽きません。 倦怠期、マンネリ、喧嘩、嫉妬など、さまざまな問題に悩まされているでしょう。 […]

電話占いで恋愛の悩みを解消!当たると人気おすすめ3選!

好きな人と結婚をしたいと願う時、おまじないを味方に付けて願いを叶えましょう

好きな人と結婚がしたいと毎日願っているのに、なかなか彼がプロポーズをしてくれなかったら、不安になります。

すぐにでも結婚をしたいと思っている人にとっては、焦りが態度に表れ、彼との関係もうまくいかなくなることもあるでしょう。

そのように心が弱くなっている時に、おまじないが味方になってくれることもあるでしょう。

おまじないをすることで、もう一度自分の願いが本当のものなのかを見つめなおし、そして目には見えないパワーが背中を押してくれることを信じたら、不安な毎日から一歩踏み出すことができます。

おまじないをしたからといって、すぐに願い事が叶う訳でもなく、確実に叶う訳でもありません。

しかし、おまじない自体を楽しみ、願いが叶うことを想像しながら日々を過ごしていれば、毎日をポジティブな気持ちで過ごせるのではないでしょうか。

そうやって、おまじないのパワーをうまく味方に付ければ、願いが叶うチャンスも訪れるのではないでしょうか。

要約文